アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CM

TVCM / 上原ひろみ / 伊藤園 TEAs’ TEA NEW AUTHENTIC(ティーズ ティー ニューオーセンティック)「走り出す旋律」篇

 最近の上原ひろみの活躍ぶりが目覚ましい。例えば「ザ・トリオ・プロジェクト」の『SPARK』が,全米ビルボードの「Top Jazz Albums」という総合ジャズ・チャートにおいて初登場1位を獲得したそうです。
 同時に全米ビルボードの「Traditional Jazz Albums部門」でも1位を獲得したそうで,これは『SPARK』の出来うんぬんではなく「HIROMI」ブランドの“名前で獲った”第1位に上原ひろみの凄さを感じた今日この頃…。

 でもでも。それってアメリカでのお話なのです。日本に住み福岡に住んでいる管理人には「HIROMI」のブランド力を実感することはなかったのです。
 でも,本当に上原ひろみが売れている。そのことを目に見える形で実感することになりました。それがこちらのTVCMです。


 茶系飲料ブランド「ティーズ ティー ニューオーセンティック」のコンセプトは『正統なのに,独創的』。
 “世界のHIROMI”がクラシックからジャズに移り変わるピアノに乗せて『正統なのに,独創的』なコンセプトを表現するとこうなるのでしょう。贔屓目なしに素晴らしいと思います。

 普段は“ジャズ・ピアニスト”というよりも「プログレ・キーボード・プレイヤー」の印象が強い上原ひろみに“ジャズ”を感じてしまいます。
 「走り出す旋律」篇のタイトル通りに,ピアノが,そして上原ひろみが走っている。見せる&魅せる→TVCM

 “手数王”サイモン・フィリップスと組んだアクロバティックな演奏が上原ひろみ「トレードマーク」に違いないが,個人的に上原ひろみの聴き所とは,感情が大爆発するバラードにこそあると信じている。

 ゆえに続編となる?「〇〇〇〇」篇では,しっとりとピアノを弾き上げる「大空を見つめる」上原ひろみを見てみたい…。
 お茶や紅茶って,ゆっくりと座って味わうものだと思うから〜。茶畑・静岡のお姫様「HIROMI」〜。

 うん。「TEAs’ TEA」を飲んでみようっと〜。

TVCM / 上原ひろみ / PARCO 2012 XMASキャンペーン


 「アドリブログ」でも既報した,上原ひろみ主演(キャンペーン・モデル) パルコ」2012秋キャンペーンTVCMでしたが,未だ一度も目にしていません。楽しみにしていたのにぃ。本当に流れてるの?
 津田沼パルコや千葉パルコと違って福岡パルコは力ないのかなぁ。同じ九州でも熊本パルコは力あったのになぁ。

 あっそうか! TVCMを流さなくても上原ひろみのスチール写真が驚異の集客力なのでしょう。管理人もパルコ前で「二度見」してしまいましたよ。上原ひろみが“ファッション・モデル”然していました。HIROMIさんが“かわゆい”〜。

 そんな「パルコ」2012年の広告塔=上原ひろみ主演の新TVCMがお披露目されました。
 新作は2012冬キャンペーン=「XMASキャンペーン」。上原ひろみの「ジングル・ベル」が“表情豊か”で楽しいのです。

 上原ひろみの“弾む”ピアノにウサギも粉雪混じりでカラダを揺らしています。「あなたにもわたしにも」楽しいクリスマスの夜。
 2012年のクリスマスは神戸チキン・ジョージで「T−スクェア」の【YOUR CHRISTMAS】の夜。聴けるといいなぁ。お願い!安藤正容サンタさ〜ん。

 うん。「パルコ」で服買ってこよ〜。

TVCM / 上原ひろみ / PARCO 2012 秋キャンペーン


 御年○歳の管理人にとって「パルコ」と来れば「マルイ」と並ぶ“ファッションの聖地”である。109でも百貨店でもなく〜。
 バブリーな青春時代を振り返ると,ほぼ毎週「パルコ」で買い物していた記憶がある。よくローンまで組んで高額スーツとか買ったよな〜。

 だから上原ひろみが「パルコ」の「2012秋冬キャンペーン・モデル」を務めるという記事を読んだ時,我が目を疑った。あの上原ひろみが〜。
 上原ひろみは“ジャズ・ピアニスト”そのものである。これが矢野沙織小林香織山中千尋なら分かる。でも上原ひろみがファッション・ビルの広告塔? う〜ん?

 上原ひろみさん,ごめんなさい。スチール写真を見ました。TVCMは動画で見ました。イケテます。「パルコ」にはHIROMIさんがぴったりです。

 『MOVE』を演奏している上原ひろみは“ジャズ・ピアニスト”その人なのですが,スイーツをほおばり読書にいそしむ上原ひろみにドッキドキ。上原ひろみがこんなにも“かわゆい”なんて…。
 お買い物した靴とカバンを抱え上げた姿が,あまりにも似合いすぎで,本当に困ります。上原ひろみの流し目は杉良太郎以上の殺し目?

 うん。「パルコ」で服買ってこよ〜。

TVCM / 宇多田ヒカル X 菊地成孔 / ペプシネックス


 年内での活動休止〜無期限休養を発表した宇多田ヒカル。そんな宇多田ヒカルの最後のTVCMとなるかもしれない「ペプシネックスPEPSI NEX)」。そのプロデューサーに指名されたのが“我らが”菊地成孔である。
 【愛の讃歌】(【愛のアンセム】)である。おフランスである。ゆえに菊地成孔なのであろう。

 昨日(10/2)より放送中の新CMは,巨大ボトルによる「ペプシネックスPEPSI NEX)」ビッグボトル・バンドをバックに,宇多田ヒカルがフランス語と自作の邦訳詞で熱唱している。文句なしに宇多田ヒカルは“アーティスト”である。

 管理人は普段ジャズフュージョンしか聴かないが(正確には毎日ラジオであらゆる音楽を耳にしてはいますが)宇多田ヒカルには縁がある。
 何と言っても【FIRST LOVE】。サンボーン・フリークとしては【FIRST LOVE(フィーチャリング・デヴィッド・サンボーン) 】は外せない。そしてトドメは寺井尚子の「まっぱ」の名演にある。あぁ,宇多田ヒカルの早熟ぶり。

 デビッド・サンボーンから菊地成孔へ…。
 【FIRST LOVE】から11年後の【愛のアンセム】は,フルート太田朱美フェンダー・ローズ坪口昌泰ベース鈴木正人ドラム本田珠也パーカッション井谷享志からなる,いつもの菊地組&菊地サウンド。超COOL
 ただし時間も短いし,宇多田ヒカルの絶大なる存在感で,完全なるバック・バンド。まぁ,しょうがない。菊地サウンドの完全版は【HYMNE A L’AMOUR 〜愛のアンセム〜】を買って聴くことにしようっと。

 それにしても宇多田ヒカル,何か吹っ切れていないか!? ノビノビと自己表現する【FIRST LOVE】の頃の輝きを感じさせる。宇多田ヒカルが自分の歌を楽しんでいる。
 これぞ菊地成孔プロデュースの真骨頂! 菊地サウンドに引っ張られて乗れないわけがない。楽しくないわけがない。思うに宇多田ヒカルは煮詰まってしまったのだと思う。変に,大人になろう,ならなきゃ,と頑張りすぎたのだと思う。
 活動を休止する前に菊地成孔とコラボレートしてほしい。ジャズにハマッタラ,休養なんてしてられない! 「あれもやりたい。これもやりたい」少女の頃の宇多田ヒカルに戻れるのに…。

 宇多田ヒカルと菊地成孔で10曲演ったら,きっと面白いものができる。宇多田ヒカルならUAになれる。UAを越えられる?
 「HIKARU UTADA × NARUYOSHI KIKUCHI」の『CURE JAZZ 2』を聴いてみたい。すごく聴いてみたい。

TVCM / 伊東たけし / プレミアムローストアイスコーヒー


 伊東たけし起用の効果か? 「プレミアムローストコーヒー」が大ヒット中のマクドナルドから“夏仕様” 「プレミアムローストアイスコーヒー」 が新発売! TVCMには前作に引き続き,伊東たけし東儀秀樹の“クリアテイスト”黄金コンビが務めている。

 「プレミアムローストコーヒー」 では,伊東たけしの“雄姿”に興奮してしまったが「プレミアムローストアイスコーヒー」 では,さらなる衝撃映像が…。なんと,T−スクェアの4人全員が出演しているではあ〜りませんかっ!
 まあ,映像の9割は主演=伊東たけしなのですが(ポーズボタン OR コマ送りを駆使すれば)安藤正容河野啓三坂東慧の姿も確認できる。微妙。貴重。(数秒遅れて)やった〜!

 『夏全開』は高中正義の専売特許であるが「プレミアムローストアイスコーヒー」におけるT−スクェアの“はじけっぷり”は「初夏全開」! どこがマクドナルド・リニューアル・コーヒーのコンセプト=「洗練された上質な時間表現」なのっ,とツッコミたくなってしまう。若い。きっと「プレミアムローストアイスコーヒー」って渋みも苦みもないのでは?

 そんな“お宝衝撃映像”に最近まで気を取られっぱなしでしたが,目が映像に慣れてくると,次は耳がダンボに…。
 前作のCM曲は東儀秀樹作でしたが,今回は伊東たけしの書き下ろし! T−スクェア・スーパーバンドの『ワンダフル・デイズ』に,急遽・追加収録された【ISLET BEAUTY】! これぞ伊東たけしの爽やか&軽やかフュージョン全開! いい!

 『ワンダフル・デイズ』では,宮崎隆睦に“喰われた”伊東たけしだが【ISLET BEAUTY】だけは別。そう。TVCM同様,伊東たけしT−スクェアの顔である。今度は伊東たけしがエビちゃん喰い。この勢いでマクドナルドの顔になればなぁ。第3弾はもうないよなぁ。

TVCM / 伊東たけし / プレミアムローストコーヒー


 「おっ! 伊東たけしが帰ってきた!」。これはT−スクェアフレンドシップ』でのキャッチ・コピーのことではない。マクドナルド 「プレミアムローストコーヒー」CMの話である。
 そう。サントリーや住友金属のCMで鳴らした,T−スクェアの“元サックス奏者にして現サックス奏者”伊東たけしTVCMに「帰ってきた」のだ。
 
 イケメンが相変わらず絵になっている! なぜ“天下の”マクドナルド伊東たけしを起用したのか不明であるが,このCMの出来を見る限り,伊東たけしの起用は当たっている!
 コーヒー・カラーの画面をバックに“金ピカ”アルト・サックスが輝いている! もうそれだけでアダルト路線。打倒ドトール OR スタバ? 若者相手のハンバーガー・ショップからのイメチェンなのだろう。

 伊東たけしアルト・サックスがブロウする! 若手ジャズメン(坂東慧川崎哲平本間将人)とのセッション・シーンでは“大物の貫禄”たっぷりであるが「プレミアムローストコーヒー」片手のブレイク・シーンでは,まだまだ若々しい笑顔も…。
 「♪パラッパッパッパー I’m lovin’ Itoh」での“くすんだ”伊東節にしびれてしまう。いい。
 「マクドナルドが買いたいコーヒーで1番なら,僕も聴きたいサックスの1番を目指したい」とCM出演についてコメントした伊東たけし。まだまだ何花でも咲かせて欲しいです。

PS でも見たいマックのCMなら伊東たけしバージョンよりもエビちゃんバージョンですよね?

TVCM / 矢野沙織 / ASIENCE(アジエンス)


 ついにこの日がやってきました。矢野沙織,待望のデビュー! そう。TVCMのお話。
 「アドリブログ」“一押し”の矢野沙織ちゃんが,チャン・ツィイー(ハリウッド女優),知花くらら(2006ミス・ユニバース),ワン・チーミン(バレリーナ)と肩を並べました! そう。あくまでTVCMでのお話。 ← クドイ?

 「アジアン・ビューティ」のキャッチ・コピーで有名な花王のヘアケア用品『ASIENCE(アジエンス)』のイメージ・キャラクターに矢野沙織が選ばれました。
 以下,矢野沙織・オフィシャル・ウェブサイトからの抜粋。「内面を磨くことでほとばしる個性や才能がアジアン・ビューティのキーワード。ジャズを通じて,その個性と才能を発揮してきた矢野沙織と『ASIENCE(アジエンス)』との出会いはまさに自然の成り行きだった…」。なになに,ホホォ。大きくでたなぁ。

 でも,近年ビジュアル面でも成長著しいのは,確かに感じ取れる。いつまでも“天才少女”じゃいられない? 沙織ちゃんもオンナになったってことで…。
 5月14日から放送されていますので,すでに“ぎこちなさ&無表情がクールな”生・沙織を目にした方も多いのでは?

 おっと,ジャズ・ファンなら,目にしたではなく「耳にした」ですよね? そう。TVCMの演奏シーンで矢野沙織が吹いているのはCMのために書き下ろされた新曲【I&I】!
 この【I&I】は,6月20日にマキシ・シングルとしてリリースされるとのことです。CM撮影時のメイキング映像もCD−EXTRAとして収録されるとのこと。要チェック!

PS 管理人も『ASIENCE(アジエンス)』使っています。

TVCM / ウイントン・マルサリス / iPod(アイポッド)+iTunes(アイチューンズ)


 TVからジャズが流れ出す機会は多くない。それで,たまにTVからジャズが流れ出すと,どうしても過剰に反応してしまう。耳が喰いついてしまう。
 松永貴志矢野沙織による「報道ステーション」のテーマ曲【OPEN MIND】を,毎晩の“訓練の賜物”か,やっと普通に聴けるようになったと思っていたが,先日,まだ訓練が足りないことを痛感させられてしまった。
 そう。ちまたでも大好評のTVCMiPod+iTunes』の【SPARKS】! ウイントン・マルサリスである。

 やはりアップルはマイクロソフトの一歩先を走っている。コールドプレイ,U2,エミネムと,最近ではロック/ヒップ・ホップ界とのタイアップが続いていたこのCM枠に,突然のジャズ・ミュージシャンの起用! それも「ジャズ界の至宝」と謳われる,永遠の若手=ウイントン・マルサリスの起用とは…。
 ウィントン・マルサリス=「保守派」は間違いないので,この意表をつくコラボ&“鮮やかな裏切り”にシビレまくってしまった。

 このTVCMが超カッコイイ! ブルーを基調とした背景のテクスチャーや幾何学模様が,ウイントン・マルサリスの“知的でクール”なトランペットと見事にマッチしている。ダークなシルエットの中に浮かび上がる白色のヘッドフォン・コードが輝いて見える。商業的にも芸術的にも大傑作で呼べるであろう。
 管理人も,バックの男女のように踊ってみた〜い!
 このカッコ良さが分からない“時代遅れ”の頑固親父も多そうではありますが,このTVCMで若干年齢層の高い?ジャズ・ファンにも「iPod」の知名度が一気に浸透するに違いない。管理人はTVCMでの“NEW”ウイントン,大賛成ですよ。

 さて肝心のCMトラック【SPARKS】は,ジャズ・ブルース&オーギュメントスケールの“荒々しさ”がポイント! ジャズを聴かない人にも“サムシング”を訴える王道ジャズ! 真正面から一発KOを狙っている?
 すぐに欲しい。しかし【SPARKS】の購入は「iTunes Music Store限定」とのこと。管理人は圧縮オーディオは嫌いなので,ここはCD化されるまで我慢することにします。それまでは“夜な夜な”上記動画へアクセス&アクセス! 読者の皆さんも?

PS 管理人は『CDウォークマン』で頑張ります。CM効果薄いのかなぁ?

livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.