アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

名盤

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-55

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は207〜212位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

バド・パウエル・イン・パリ(SHM-CD/紙ジャケットCD)★212.DEAR OLD STOCKHOLM
BUD POWELL IN PARIS
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

Quiet Kenny★210.MY IDEAL
QUIET KENNY
ケニー・ドーハム

--------------------------------------------------------------------------------------

Last Date★210.EPISTROPHY
LAST DATE
エリック・ドルフィー

--------------------------------------------------------------------------------------

枯葉★208.RECADO BOSSA NOVA
AUTUMN LEAVES
マンハッタン・ジャズ・クインテット

--------------------------------------------------------------------------------------

ワルツ・フォー・デビイ★208.MY ROMANCE
WALTZ FOR DEBBY
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ★207.SISTER SADIE
BLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

--------------------------------------------------------------------------------------

 ビル・エヴァンスの【マイ・ロマンス】がランクイン。この順位は低すぎる〜。『ワルツ・フォー・デビイ』と来れば【マイ・フーリッシュ・ハート】と【ワルツ・フォー・デビイ】がワン・ツー・フィニッシュであろうが,管理人が3番手争いに推すのが【マイ・ロマンス】。【マイ・ロマンス】の“夢見る少女マンガの音世界”がたまらない。

 頭の中はエロ一色の“ムッツリ・スケベ”なビル・エヴァンスが,理想の女性の処女性を重ねていく。これぞ男の【マイ・ロマンス】。もはや理想の処女など存在しないのに…。いや,きっと何処かに必ずいる。これも男の【マイ・ロマンス】。

 ビル・エヴァンス後年の【マイ・ロマンス】は,見つかりそうで見つからない“男の焦燥感”が漂っていくのだが『ワルツ・フォー・デビイ』の【マイ・ロマンス】は,お花畑のビル・エヴァンス
 なるほど。ビル・エヴァンスという男は“ムッツリ・スケベ”なジャズ・ピアニストである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-54

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は213〜218位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

The Complete Last Concert★218.SUMMERTIME
THE LAST CONCERT
モダン・ジャズ・カルテット

--------------------------------------------------------------------------------------

ジャズ・ジャイアント★216.TEMPUS FUGUE-IT
JAZZ GIANT
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

サムホエア・ビフォー★216.MY BACK PAGES
SOMEWHERE BEFORE
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

Sunday at the Village Vanguard★214.ALICE IN WONDERLAND
SUNDAY AT THE VILLAGE VANGUARD
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

モーニン★214.BLUES MARCH
MOANIN'
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

ストーリー・オン・ダイアル Vol.1★213.YARDBIRD SUITE
CHARLIE PARKER ON DIAL VOL.1
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットの【マイ・バック・ペイジ】がランクイン。ジャズと共にフォーク・ロックも好んだキース・ジャレットにとっては,お気に入りの音楽を自分流に演奏したにすぎない。
 【マイ・バック・ペイジ】の“アーシーな乗り”がいい。従来のジャズ,従来のピアノ・トリオとは一味違う“異端児”と呼ばれたキース・ジャレット一流の表現手法が光っている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-52

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は225〜229位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Saxophone Colossus★229.BLUE SEVEN
SAXOPHONE COLOSSUS
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

When There Are Grey Skies★229.ST. JAMES INFIRMARY
WHEN THERE ARE GREY SKIES
レッド・ガーランド

--------------------------------------------------------------------------------------

キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ★228.STARS FELL ON ALABAMA
CANNONBALL ADDERLEY QUINTET IN
CHICAGO

キャノンボール・アダレイ
--------------------------------------------------------------------------------------

バド・パウエルの芸術★225.INDIANA
THE BUD POWELL TRIO
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・ファニー・バレンタイン★225.MY FUNNY VALENTINE
MY FUNNY VALENTINE
マンハッタン・ジャズ・クインテット

--------------------------------------------------------------------------------------

ソウルトレーン★225.RUSSIAN LULLABY
SOULTRANE
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

 ソニー・ロリンズの【ブルー・セブン】がランクイン。大名盤中の大名盤=『サキコロ』は,その5曲全てが大名演なのだが『サキコロ』一,セッション度が高いのが【ブルー・セブン】である。

 【ブルー・セブン】の主役はリズム隊である。ダグ・ワトキンスの重たく引きずるようなベースマックス・ローチハイ・ハットが刻む無敵の4ビート。ソニー・ロリンズテナー・サックスが,短いフレーズでテーマを撫でながら,次第に演奏としての体を成してゆく様が,もうタマラナイ!
 NO。聴き所はこれだけでは終わらない。ハイライトはマックス・ローチドラム・ソロが終わった後! このままラスト・テーマでフェードアウトの展開から,なぜかまた盛り返す! 全員興に乗せられたのだろう。ドラム・ソロの前と後ではソニー・ロリンズのノリが違う。大盛り上がりのアドリブ・ショーである。
 いえいえ,真のクライマックスは最後の最後。やはり【ブルー・セブン】の主役はリズム隊である。ダグ・ワトキンスの“倍音たっぷり”のベースが肝である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-51

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は231〜236位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ウェイ・アウト・ウエスト+3★236.WAY OUT WEST
WAY OUT WEST
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

モンクス・ミュージック+2★236.WELL YOU NEEDN'T
MONK'S MUSIC
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

Milestones★235.STRAIGHT, NO CHASER
MILESTONES
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

クル・セ・ママ★232.KULU SE MAMA
KULU SE MAMA
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ+2★232.JORDU
CLIFFORD BROWN AND MAX ROACH
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

The Best Of Max Roach And Clifford Brown In Concert★232.TENDERLY
MAX ROACH AND CLIFFORD BROWN
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

ナウズ・ザ・タイム+1★231.CONFIRMATION
NOW'S THE TIME
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

 ソニー・ロリンズの【ウェイ・アウト・ウエスト】がランクイン。ソニー・ロリンズの「特異なタイム感覚」で進行する“こぶし”と“手癖”のアドリブ・ショー。鼻歌交じりなのに,超ド級のアドリブが流れてくるから,ク〜ッ〜。
 レイ・ブラウンベース・ソロとシェリー・マンドラム・ソロの前後に入る“合いの手”のハイ・センス。やっぱりソニー・ロリンズこそが,ジャズ史上,最高のインプロヴァイザーである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-50

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は238〜240位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

たそがれのヴェニス★240.THE GOLDEN STRIKER
NO SUN IN VENICE:PLAYS ONE NEVER
KNOWS
モダン・ジャズ・カルテット

--------------------------------------------------------------------------------------

リラクシン★240.OLEO
RELAXIN'
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

1958マイルス+2★240.STELLA BY STARLIGHT
1958 MILES
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ノウ・ホワット・アイ・ミーン+2★240.WALTZ FOR DEBBY
KNOW WHAT I MEAN
キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

【HQCD】チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・ダイアル Vol.1★239.A NIGHT IN TUNISIA
CHARLIE PARKER ON DIAL VOL.1
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・ソング★238.MY SONG
MY SONG
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットの本質は“メロディ・メーカー”である。ヨーロピアン・カルテットでの【マイ・ソング】を聴いてほしい。「時に甘く,時に冷たく,時に温かい」珠玉のメロディ。中盤のピアノ・ソロでのスロー・ダウンに郷愁を感じる。
 書きたいこと語りたいことが山ほど詰まった【マイ・ソング】の結論! 【マイ・ソング】の真実とは,事前に書かれた【ケルン,1975年1月24日 パート】である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第52回(2009年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第52回(2009年度)のグラミー賞が本日発表された。
 ビヨンセの6冠,テイラー・スウィフトの4冠が話題ですが,今年の主役は故マイケル・ジャクソン! マイケル・ジャクソンと来れば,ジャズ好きにはクインシー・ジョーンズであろうが,特別功労賞受賞のマイケル・ジャクソンを偲んで上映されたは,映画『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』からの【アース・ソング】! なんと流行の3D映像で上映された模様。管理人は3D『アバター』を見た〜い!

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 − JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


75★ 75
Joe Zawinul & The Zawinul Syndicate


----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


Dedicated to You: Kurt Elling Sings the Music of Coltrane and Hartman★ Dedicated To You: Kurt Elling Sings The Music Of Coltrane And Hartman
Kurt Elling

----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Improvised Jazz Solo


Watts★ Dancin' 4 Chicken
Terence Blanchard, soloist /
Track from : Watts (Jeff "Tain" Watts)

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual Or Group


Five Peace Band - Live★ Five Peace Band - Live
Chick Corea & John McLaughlin Five Peace Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


Book One★ Book One
New Orleans Jazz Orchestra


----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


Juntos Para Siempre★ Juntos Para Siempre
Bebo Valdes And Chucho Valdes


----------------------------------------------------------------------------

 2008年度の「チック・コリア&ゲイリー・バートン」のゴールデン・コンビに続いて,2009年度は「チック・コリア&ジョン・マクラフリン」のシルバー・コンビ?にて連続受賞! チック・コリアは,一体どこまで上り詰めてしまうのでしょうか?

 「チック・コリア&ジョン・マクラフリン」名義による『ファイヴ・ピース・バンド・ライヴ』は“コマーシャリズムを越えた”2009年度の代表作!
 チック・コリアがメンバーを選び,ジョン・マクラフリンがバンド名をネーミングした『ファイヴ・ピース・バンド』は“ジャズ・ジャイアント”チック・コリアジョン・マクラフリンの“2枚看板”に加え,ベースクリスチャン・マクブライドドラムヴィニー・カリウタアルト・サックスケニー・ギャレットの“超大物”5人衆に,スペシャル・ゲスト=ハービー・ハンコックまで参加したドリーム・バンド!

 『ファイヴ・ピース・バンド』の“夢のライブ”をCDで拝めるよう,何度神様へお願いしたことか…。
 管理人にとって『ファイヴ・ピース・バンド・ライヴ』は,神様からの贈り物&一生の宝物である。この音&音!

 さて,チック・コリアの2年連続グラミー受賞について書いてきましたが,実はもう一人=テレンス・ブランチャードも「Category 47」で2年連続グラミー受賞
 そりゃぁ『ファイヴ・ピース・バンド』が大好きですが“獲って当然”『ファイヴ・ピース・バンド』以上に,管理人はテレンス・ブランチャードの連続受賞を喜んでいます。頑張れ,テレンス・ブランチャード! 目指せ,3年連続グラミー受賞

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-49

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は244〜247位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

オール・アローン★247.ALL ALONE
ALL ALONE
マル・ウォルドロン

--------------------------------------------------------------------------------------

ユア・アンダー・アレスト★247.TIME AFTER TIME
YOU'RE UNDER ARREST
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ラウンド・アバウト・ミッドナイト★246.DEAR OLD STOCKHOLM
'ROUND ABOUT MIDNIGHT
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・ディア・ライフ★245.MY DEAR LIFE
MY DEAR LIFE
渡辺貞夫

--------------------------------------------------------------------------------------

チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス〜コンプリート・マスター・テイク★244.JUST FRIENDS
CHARLIE PARKER WITH STRINGS
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

 あぁ,我が青春の渡辺貞夫の【マイ・ディア・ライフ】がランクイン! 毎週土曜日の深夜に聞き慣れた【マイ・ディア・ライフ】の素晴らしさが30年後の今,はっきり理解できる!
 そんな【マイ・ディア・ライフ】の凄さを,20年前に見抜いたジャズ・スポットのオーナーの眼力には恐れ入る。NO! 【マイ・ディア・ライフ】が245位とは一桁評価を誤ったのかも?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第52回(2009年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2009年,グラミー賞FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


☆ UrbanusStefon Harris & Blackout
☆ Sounding PointJulian Lage
☆ At World's EdgePhilippe Saisse
☆ Big NeighborhoodMike Stern
☆ 75Joe Zawinul & The Zawinul Syndicate

----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


☆ No RegretsRandy Crawford (& Joe Sample)
☆ Dedicated To You: Kurt Elling Sings The Music Of Coltrane And HartmanKurt Elling
☆ So In LoveRoberta Gambarini
☆ TideLuciana Souza
☆ DesireTierney Sutton (Band)

----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Improvised Jazz Solo


☆ Dancin' 4 ChickenTerence Blanchard, soloist / Track from: Watts (Jeff "Tain" Watts)
☆ All Of YouGerald Clayton, soloist / Track from: Two-Shade
☆ Ms. Garvey, Ms. GarveyRoy Hargrove, soloist / Track from: Emergence
☆ On Green Dolphin StreetMartial Solal, soloist / Track from: Live At The Village Vanguard
☆ Villa PalmerasMiguel Zenon, soloist / Track from: Esta Plena

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual Or Group


☆ Quartet LiveGary Burton, Pat Metheny, Steve Swallow & Antonio Sanchez
☆ Brother To BrotherClayton Brothers
☆ Five Peace Band - LiveChick Corea & John McLaughlin Five Peace Band
☆ RemembranceJohn Patitucci Trio
☆ The Bright MississippiAllen Toussaint

----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


☆ LegendaryBob Florence Limited Edition
☆ Eternal InterludeJohn Hollenbeck Large Ensemble
☆ Fun TimeSammy Nestico And The SWR Big Band
☆ Book OneNew Orleans Jazz Orchestra
☆ Lab 2009University Of North Texas One O'Clock Lab Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


☆ Things I Wanted To DoChembo Corniel
☆ AureaGeoffrey Keezer
☆ Brazilliance X 4Claudio Roditi
☆ Juntos Para SiempreBebo Valdes And Chucho Valdes
☆ Esta PlenaMiguel Zenon

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-48

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は249〜254位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス★254.ONE FOR HELEN
BILL EVANS AT THE MONTREUX JAZZ FESTIVALビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

Now He Sings, Now He Sobs★249.STEPS - WHAT WAS
NOW HE SINGS, NOW HE SOBS
チック・コリア

--------------------------------------------------------------------------------------

The Complete Africa/Brass Sessions★249.GREENSLEEVES
AFRICA/BRASS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

バラード★249.WHAT'S NEW
BALLADS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

More Study in Brown★249.I'LL REMEMBER APRIL
MORE STUDY IN BROWN
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

「危険な関係」オリジナル・サウンドトラック★249.NO PROBLEM
LES LIAISON DANGEREUSES
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

 「お城のエヴァンス」から【イントロダクション/ワン・フォー・ヘレン】がランクイン! 管理人にとって「お城のエヴァンス」は,冒頭のフランス語によるラジオ・スイス・ロマンドのジェオ・ヴォマードのメンバー紹介が命? もうあの声あっての「お城のエヴァンス」になってしまった。そういう意味でも【イントロダクション/ワン・フォー・ヘレン】がランクインしたのは,相当,あの声にやられている同士が多いのかも?
 冗談はさておき【イントロダクション/ワン・フォー・ヘレン】の弾んだ演奏が文句なしに素晴らしい。円熟した今でも元気ハツラツなエディ・ゴメスジャック・デジョネットの若かりし日の演奏は,歴代のビル・エヴァンス・トリオ中,最もパワフル! 特にリズムを刻むではなく“つっかける系”ジャック・デジョネットとの唯一の公式録音がお宝。今夜もビル・エヴァンスジャック・デジョネットの幻影をキース・ジャレット・トリオに思い見てしまう。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-47

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は255〜257位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション★257.TIN TIN DEO
MEETS THE RHYTHM SECTION
アート・ペッパー

--------------------------------------------------------------------------------------

Last Date★257.MISS ANN
LAST DATE
エリック・ドルフィ

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・マン・ウィズ・ザ・ホーン★257.THE MAN WITH THE HORN
THE MAN WITH THE HORN
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

Clifford Brown with Strings★257.SMOKE GETS IN YOUR EYES
CLIFFORD BROWN WITH STRINGS
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

ブルースの真実★255.STOLEN MOMENTS
THE BLUES AND THE ABSTRACT TRUTH
オリバー・ネルソン

--------------------------------------------------------------------------------------

ホワッツ・ニュー★255.WHAT'S NEW
WHAT'S NEW
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

 クリフォード・ブラウンの【煙が目にしみる】は,ジャズ史にさん然と輝く“粋な”名バラードである。クリフォード・ブラウンの諸作の中では評価の低い『ウィズ・ストリングス』であるが【煙が目にしみる】だけは別格! 【煙が目にしみる】を演奏するジャズメンが“決して避けては通れない”絶品のストリングス・アレンジとNO.1ソリスト=ブラウニーの“粋な”アドリブに,ジャズメン魂が宿っている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-46

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は261〜262位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

PARKER'S MOOD SADAO WATANABE LIVE AT BRAVAS CLUB'85★262.STELLA BY STARLIGHT
PARKER'S MOOD
渡辺貞夫

--------------------------------------------------------------------------------------

ジャズ・アット・マッセイ・ホール★262.SALT PEANUTS
JAZZ AT MASSEY HALL, VOL.1
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

セロニアス・ヒムセルフ+1★262.MONK'S MOOD
THELONIOUS HIMSELF
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

Clifford Brown with Strings★261.STARDUST
CLIFFORD BROWN WITH STRINGS
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

 【星影のステラ】は,渡辺貞夫の「次元を超えた名演」である。元来のロマンスの名曲を“カラッと”歌い上げていくのだが,渡辺貞夫が燃えれば燃えるほど,バックの熱演から遠ざかる感動の独り舞台! 
 渡辺貞夫の独り異なるベクトルが,バックの名演を喰っていく。これぞ「やったもん勝ち」のジャズの醍醐味である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-45

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は265〜268位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

テナー・マドネス [紙ジャケット仕様]★268.TENOR MADNESS
TENOR MADNESS
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

ヴィレッジ・ヴァンガードの夜★265.A NIGHT IN TUNISIA
A NIGHT AT THE VILLAGE VANGUARD
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

プリーズ・リクエスト★265.THE DAYS OF WINE AND ROSES
WE GET REQUESTS
オスカー・ピーターソン

--------------------------------------------------------------------------------------

1958マイルス+2★265.LOVE FOR SALE
1958 MILES
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

 【テナー・マドネス】は,ジャズ史に輝く2大テナーである,ソニー・ロリンズジョン・コルトレーンによる唯一の共演トラック! 世紀の名演を予想するも,実際の演奏は【テナー・マドネス】ならぬ【テナー・クールネス】? これが共演ではなく競演であればランキング1位も可能であろうが,うん,これは265位にふさわしい共演であろう。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-44

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は269~275位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・ジニアス・オブ・バド・パウエル+2★275.TEA FOR TWO
THE GENIUS OF BUD POWELL
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

ナイト・トレイン★275.NIGHT TRAIN
NIGHT TRAIN
オスカー・ピーターソン

--------------------------------------------------------------------------------------

フォー・ジャンゴ★269.DJANGO
FOR DJANGO
ジョー・パス

--------------------------------------------------------------------------------------

ブラック・コーズ★269.BLACK CODES
BLACK CODES
ウイントン・マルサリス

--------------------------------------------------------------------------------------

Far Cry★269.LEFT ALONE
FAR CRY
エリック・ドルフィー

--------------------------------------------------------------------------------------

Blue Train★269.LOCOMOTION
BLUE TRAIN
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ+2★269.THE BLUES WALK
CLIFFORD BROWN-MAX ROACH
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・ビギニング・アンド・ジ・エンド★269.DONNA LEE
THE BEGINING AND THE END
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

 ジョー・パスによるジャンゴ・ラインハルトへのトリビュート盤=『フォー・ジャンゴ』には,2つの【ジャンゴ】が収録されている。
 【ジャンゴ】と来ればMJQによる決定的な名演があるが,ジョー・パスの【ジャンゴ】が乙である。慣れ親しんだヴァイヴに勝るとも劣らないアコースティック・ギターによるテーマが“涙もの”である。
 インテンポになってからのアドリブでは,ジャンゴ・ラインハルトへの愛が溢れるジョー・パス・オリジナル! ストレートな定番フレーズで攻めるジョー・パスこそ,ジャズ・ギターの巨匠である。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-43

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は同率277位の10トラックの発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ウェイ・アウト・ウエスト+3★277.I'M AN OLD COWHAND
WAY OUT WEST
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

バド・パウエルの芸術★291.EVERYTHING HAPPENS TO METHE BUD POWELL TRIO
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

コンプリート・スタジオ・レコーディングス・オン・サヴォイ・イヤーズ VOL.4★277.PARKER'S MOOD
CHARLIE PARKER ON SAVOY VOL.4
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

コンプリート・スタジオ・レコーディングス・オン・サヴォイ・イヤーズ VOL.1★277.KOKO
CHARLIE PARKER ON SAVOY VOL.1
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

ヨーロピアン・コンサート(SHM-CD)★277.DJANGO
EUROPEAN CONCERT
モダン・ジャズ・カルテット

--------------------------------------------------------------------------------------

Our Delights★277.AUTUMN LEAVES
OUR DELIGHTS
トミー・フラナガン

--------------------------------------------------------------------------------------

Crescent★277.CRESCENT
CRESCENT
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

オレ!(+1)(完全生産限定盤)★277.OLE
OLE
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

メモリアル・アルバム★277.EASY LIVING
CLIFFORD BROWN MEMORIAL ALBUM
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

アット・ベイズン・ストリート+8★277.I'LL REMEMBER APRIL
AT BASIN STREET
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

 おお,問答無用のジャズ・ジャイアンツのオン・パレード! ソニー・ロリンズバド・パウエルチャーリー・パーカークリフォード・ブラウンという“天才”に入り混じる,モダン・ジャズ・カルテットトミー・フラナガンの“いぶし銀”!
 そして最後はやっぱりジョン・コルトレーン。有無を言わせぬジョン・コルトレーンに決定であろう。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-42

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は287〜290位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ブルー・トレイン+2★290.I'M OLD FASHIONED
BLUE TRAIN
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

エヴリバディ・ディグズ・ビル・エヴァンス+1★288.PEACE PIECE
EVERYBODY DIGS BILL EVANS
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

Live at Birdland★288.I WANT TO TALK ABOUT YOU
COLTRANE LIVE AT THE BIRDLAND
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

ベース・オン・トップ★287.YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO
BASS ON TOP
ポール・チェンバース

--------------------------------------------------------------------------------------

 ビル・エヴァンス名演は多いが【ピース・ピース】を知らずして“リリシズム”ビル・エヴァンスは語れない!
 永遠に反復されるCとFのコードを伴い,エヴァンスでしか描けない,いや,エヴァンスでさえ再現不能のピアノ・ソロ! ヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ盤では味わえない“リリシズム”の最高傑作である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-41

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は291~295位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

HUSH-A-BYE★295.HUSH-A-BYE
HUSH-A-BYE
森山威男

--------------------------------------------------------------------------------------

処女航海★294.THE EYE OF THE HURRICANE
MAIDEN VOYAGE
ハービー・ハンコック

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・コンプリート・オーバーシーズ+3 ~50ス・アニバーサリー・エディション~★292.CHELSEA BRIDGE
OVERSEAS
トミー・フラナガン

--------------------------------------------------------------------------------------

Live at Birdland★292.AFRO BLUE
COLTRANE LIVE AT THE BIRDLAND
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

バド・パウエルの芸術★291.I SHOULD CARE
THE BUD POWELL TRIO
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

 【アイ・シュッド・ケア】の名演と来ればピアノもの。【アイ・シュッド・ケア】の数あるピアノ名演は『バド・パウエルの芸術』から始まった!
 バド・パウエルの,ロマンティックではあっても“さらり”とした情感の演奏が,ジャズ・ピアニストたちの創造性をかきたてた!
 バド・パウエルの偉大な一歩は『ジャイアント・ステップス』である。【アフロ・ブルー】も同様であろう。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-40

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は296〜300位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ホワッツ・ニュー★300.AUTUMN LEAVES
WHAT'S NEW
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

E.S.P.★298.E.S.P.
E.S.P.
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

Blue's Moods★298.I'LL CLOSE MY EYES
BLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

--------------------------------------------------------------------------------------

At the Opera House★296.MY FUNNY VALENTINE
AT THE OPERA HOUSE
スタン・ゲッツ & J.J.ジョンソン

--------------------------------------------------------------------------------------

ゴー・マン!★296.SUMMERTIME
GO MAN!
ソニー・クリス

--------------------------------------------------------------------------------------

 ここに来て「いぶし銀」のランキング! ビル・エヴァンスフルートとの共演盤。マイルス・デイビスの中では不発の『E.S.P.』。マニアが愛するブルー・ミッチェルソニー・クリスの大傑作。スタン・ゲッツJJとのバトル盤と来ている。通だよなぁ。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-39

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は301~306位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

COLTRANOLOGY★306.MY FAVORITE THINGS
COLTRANOLOGY
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

Tijuana Moods★305.TIJUANA GIFT SHOP
TIJUANA MOODS
チャールズ・ミンガス

--------------------------------------------------------------------------------------

Full House★303.BLUE N' BOOGIE
FULL HOUSE
ウェス・モンゴメリー

--------------------------------------------------------------------------------------

Standards, Vol. 2★303.SO TENDER
STANDARDS VOL.2
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

プリーズ・リクエスト★301.YOU LOOK GOOD TO ME
WE GET REQUESTS
オスカー・ピーターソン

--------------------------------------------------------------------------------------

ブルースエット★301.BLUES-ETTE
BLUES-ETTE
カーティス・フラー

--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットは『スタンダーズ』の諸作の中に“そっと”自分のオリジナルを偲ばせるのが好きだ。【ソー・テンダー】も『スタンダーズ VOL.2』の中にあって,他のスタンダーズと同格,いや,それ以上の名演で光り輝いている。

ソー・テンダー】は,キース・ジャレットお得意のリズミックでエキサイティングな盛り上がりと,ロマンティックで叙情的なフレーズが交錯している。そこへ芸達者なゲイリー・ピーコックベースジャック・デジョネットドラムが溶け合い,キース・ジャレット・トリオならではのスタンダーズ・ソングが【ソー・テンダー】である。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

チック・コリア / グラミー受賞履歴

 拝啓 チック・コリア
 まずはアドリブログの「スーパートリビア」への殿堂入り。おめでとうございます。管理人の「虚言」を封じ込めた圧倒的な実力は天下一です。お見逸れしました。

 こうしてチック様の「グラミー受賞履歴」を眺めてみますと,チック様の良く言えば「マルチな才能」悪く言えば「ワルノリの閃き」が見事に露わにされています。これ程の守備範囲を誇るジャズ・ピアニストチック様の独壇場です。
 管理人は今日ここに決心いたしました。これからはチック・コリア大好き人間宣言! 努力してみようと思います。きっと世界が広がります。でも好きになれるのかなぁ?

 以下が,チック・コリアグラミー受賞履歴(13作品,15回)です。

----------------------------------------------------------------------------

No Mystery第18回(1975年度)受賞

★タイトル : No Mystery
カテゴリー : Best Jazz Performance By A Group

----------------------------------------------------------------------------

妖精第19回(1976年度)受賞

★タイトル : The Leprechaun
カテゴリー : Best Jazz Performance By A Group

★タイトル : Leprechaun's Dream
カテゴリー : Best Instrumental Arrangement

----------------------------------------------------------------------------

フレンズ第21回(1978年度)受賞

★タイトル : Friends
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Group

----------------------------------------------------------------------------

デュエット第22回(1979年度)受賞

★タイトル : Duet
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Group
☆Artist Performing Work : Chick Corea & Gary Burton

----------------------------------------------------------------------------

チック・コリア&ゲイリーバートン・イン・コンサート第24回(1981年度)受賞

★タイトル : Chick Corea & Gary Burton In Concert - Zurich, October 28, 1979
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Group
☆Artist Performing Work : Chick Corea & Gary Burton

----------------------------------------------------------------------------

Light Years第31回(1988年度)受賞

★タイトル : Light Years
カテゴリー : Best R&B Instrumental
Performance (Orchestra, Group Or Soloist)

----------------------------------------------------------------------------

Akoustic Band第32回(1989年度)受賞

★タイトル : Chick Corea Akoustic Band
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group

----------------------------------------------------------------------------

Native Sense: The New Duets第41回(1998年度)受賞

★タイトル : Rhumbata
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo
☆Artist Performing Work : Chick Corea & Gary Burton

----------------------------------------------------------------------------

Like Minds第42回(1999年度)受賞

★タイトル : Like Minds
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Gary Burton, Chick Corea, Pat Metheny, Roy Haynes & Dave Holland

----------------------------------------------------------------------------

Corea Concerto第43回(2000年度)受賞

★タイトル : Spain For Sextet & Orchestra
カテゴリー : Best Instrumental Arrangement

----------------------------------------------------------------------------

Rendezvous in New York第46回(2003年度)受賞

★タイトル : Matrix
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

The Ultimate Adventure第49回(2006年度)受賞

★タイトル : The Ultimate Adventure
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group

★タイトル : Three Ghouls
カテゴリー : Best Instrumental Arrangement

----------------------------------------------------------------------------

New Crystal Silence第51回(2008年度)受賞

★タイトル : The New Crystal Silence
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group
☆Artist Performing Work : Chick Corea & Gary Burton

----------------------------------------------------------------------------

注1)第18回(1975年度)受賞の『No Mystery』は「Chick Corea & Return To Forever」名義。

注2)第19回(1976年度)はダブル受賞。「Leprechaun's Dream」は『The Leprechaun』収録トラック。受賞ジャンルは「Arranging」。

注3)第31回(1988年度)の受賞ジャンルは「R&B」。

注4)第32回(1989年度)受賞の『Chick Corea Akoustic Band』は「Chick Corea Akoustic Band」名義。

注5)第41回(1998年度)受賞の「Rhumbata」は『Native Sense: The New Duets』収録トラック。

注6)第43回(2000年度)受賞の「Spain For Sextet & Orchestra」は『Corea Concerto』収録トラック。の受賞ジャンルは「Arranging」。

注7)第46回(2003年度)受賞の「Matrix」は『Rendezvous in New York』収録トラック。

注8)第49回(2006年度)はダブル受賞。「Three Ghouls」は『The Ultimate Adventure』収録トラック。受賞ジャンルは「Arranging」。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第51回(2008年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第51回(2008年度)のグラミー賞が本日発表された。
 コールドプレイが3部門,元レッド・ツェッペリンのロバート・プラントが5部門,新人賞がアデル…。
 「アメリカ人優先」で知られるグラミー賞にしては珍しく「UK旋風」が吹き荒れたわけだが,これも時代の象徴? 「強いアメリカ」が懐かしい?

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 − JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


Randy in Brasil★ Randy In Brasil
Randy Brecker


----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


Loverly★ Loverly
Cassandra Wilson


----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


モンタレー・ジャズ・フェスティヴァル50周年記念オールスターズ★ Be-BopTerence Blanchard, soloist /
Track from : Live At The 2007 Monterey Jazz Festival (Monterey Jazz Festival 50th Anniversary All-Stars)

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


New Crystal Silence★ The New Crystal Silence
Chick Corea & Gary Burton


----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


Monday Night Live At The Village Vanguard★ Monday Night Live At The Village Vanguard
The Vanguard Jazz Orchestra


----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


Song for Chico★ Song For Chico
Arturo O'Farrill & The Afro-Latin Jazz Orchestra


----------------------------------------------------------------------------

 「チック・コリア&ゲイリー・バートン」の黄金コンビ復活! グラミー受賞して初めて完全復活,と読んでいた管理人としてはうれしい限りです。昨今の再結成ブームに乗っかった「リターン・トゥ・フォーエヴァー」とは趣きが違う,と力説していた管理人の思いが通じたようで,ニンマリです。
 これは以前から告白していることですが,管理人とチック・コリアとの相性はあまりよろしくありません。勿論,チック・コリアの演奏はそのどれもが素晴らしいものです。CDも大抵のものは所有しています。
 でも“隠れファン”なのです。大手を振って好きとは言えない“後ろめたさ”を常に感じているのです。

 でもでも「チック・コリア&ゲイリー・バートン」名義ものは別。「チック・コリア&ゲイリー・バートン」による絶妙のコンビネーションを聴かされれば,手放しで大喜びできちゃいます。
 そんな達人2人の最新作『ニュー・クリスタル・サイレンス』は,チック・コリアによくありがちな企画盤です。大名盤クリスタル・サイレンス』のリリース35周年を記念した作品だそうな。まったくチック・コリアという人は…。

 しか〜し,そんなことどうでもいいんです。グラミー受賞で黄金コンビが“完全復活”したんです。グラミー賞を“取り損なった”パット・メセニーがライナーノーツも書いたんです。メセニーも納得の落選なんです!? さぁ,皆さんご一緒に「チックバートングラミー受賞おめでとう!」

 ん〜,今夜はどうした管理人? 明日はチック・コリアグラミー受賞特集です。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-38

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は307~310位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Sunday at the Village Vanguard★310.GLORIA'S STEP
SUNDAY AT THE VILLAGE VANGUARD
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

Interplay★310.INTERPLAY
INTERPLAY
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

アガルタ★310.PRELUDE
AGHARTA
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

ライブ・イン・ジャパン★309.MY FAVORITE THINGS
LIVE IN JAPAN
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

Zoot at Ease★307.SOFTLY, AS IN A MORNING
SUNRISE

ZOOT AT EASE
ズート・シムズ

--------------------------------------------------------------------------------------

ブルースエット★307.LOVE YOUR MUSIC SPELL IS
EVERYWHERE

BLUES-ETTE
カーティス・フラー

--------------------------------------------------------------------------------------

 ビル・エヴァンスの2曲が同時ランクイン! ピアノ・トリオに新たな概念を導入し,最後の最期までピアノ・トリオにこだわった,ビル・エヴァンスの代名詞が『インタープレイ』! しかし『インタープレイ』は,特別企画な異色のハード・バップ・クインテット作。楽しい演奏ではあるが“らしさ”は薄い。
 真実のビル・エヴァンスは,スコット・ラファロポール・モチアンとの『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』の中にある。この濃密な『インタープレイ』に,ビル・エヴァンスの頭の中の音楽が,いや,身体全体から沸き立つ音楽が色濃く表れている。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-37

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は313〜315位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

スタンダーズ,Vol.1★315.MEANING OF THE BLUES
STANDARDS,VOL.1
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

Impressions★315.INDIA
IMPRESSIONS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

Live at the Village Vanguard★315.SPIRITUAL
LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

Night Lights★313.NIGHT LIGHTS
NIGHT LIGHTS
ジェリー・マリガン

--------------------------------------------------------------------------------------

The Incredible Jazz Guitar of Wes Montgomery★313.AIREGIN
THE INCREDIBLE JAZZ GUITAR
ウェス・モンゴメリー

--------------------------------------------------------------------------------------

 【ミーニング・オブ・ザ・ブルース】を皮切りに,キース・ジャレット・トリオスタンダーズ・トリオ)の快進撃が始まった。【ミーニング・オブ・ザ・ブルース】を聴いて,初めてキース・ジャレットピアノに接した,という読者の皆さんも少なくないことと思う。そう。【ミーニング・オブ・ザ・ブルース】は二重の意味で,キース・ジャレット・ファンにとって“思い出の一曲”に数え上げられるべき名演である。
 いつ,何度聴いても“凄い”と思わせてくれる圧倒的な演奏力! 【ミーニング・オブ・ザ・ブルース】を繰り返し聴き込めば「ピアノで歌を語る」とは何たることかが掴めるはず。その意味でも【ミーニング・オブ・ザ・ブルース】が「キース・ジャレットの最初の一曲」に成り得る可能性は,四半世紀が経過した今でも変わってはいない。

 あっ,でもすぐに2曲目【オール・ザ・シングス・ユー・アー】にどっぷりとハマリ,5曲目【ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド】でトドメヲ刺される運命が待ち受けていることも言い添えておきますねっ。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第51回(2008年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2008年,グラミー賞FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


☆ Randy In BrasilRandy Brecker
☆ Floating PointJohn McLaughlin
☆ Cannon Re-Loaded: All-Star Celebration Of Cannonball AdderleyGregg Field & Tom Scott, producers
☆ Miles From IndiaBob Belden, producer
☆ LifecycleYellowjackets Featuring Mike Stern

----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


☆ Imagina: Songs Of BrasilKarrin Allyson
☆ Breakfast On The Morning TramStacey Kent
☆ If Less Is More...Nothing Is EverythingKate McGarry
☆ LoverlyCassandra Wilson
☆ DistancesNorma Winstone (Glauco Venier & Klaus Gesing)

----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


☆ Be-BopTerence Blanchard, soloist / Track from: Live At The 2007 Monterey Jazz Festival (Monterey Jazz Festival 50th Anniversary All-Stars)
☆ Seven Steps To HeavenTill Bronner, soloist / Track from: The Standard (Take 6)
☆ Waltz For DebbyGary Burton & Chick Corea, soloists / Track from: The New Crystal Silence
☆ Son Of ThirteenPat Metheny, soloist / Track from: Day Trip
☆ Be-BopJames Moody, soloist / Track from: Live At The 2007 Monterey Jazz Festival (Monterey Jazz Festival 50th Anniversary All-Stars)

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


☆ The New Crystal SilenceChick Corea & Gary Burton
☆ History, MysteryBill Frisell
☆ Brad Mehldau Trio: LiveBrad Mehldau Trio
☆ Day TripPat Metheny With Christian McBride & Antonio Sanchez
☆ StandardsAlan Pasqua, Dave Carpenter & Peter Erskine Trio

----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


☆ Appearing NightlyCarla Bley And Her Remarkable Big Band
☆ Act Your AgeGordon Goodwin's Big Phat Band
☆ SymphonicaJoe Lovano With WDR Big Band & Rundfunk Orchestra
☆ BlauklangVince Mendoza
☆ Monday Night Live At The Village VanguardThe Vanguard Jazz Orchestra

----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


☆ Afro Bop AllianceCaribbean Jazz Project
☆ The Latin Side Of Wayne ShorterConrad Herwig & The Latin Side Band
☆ Song For ChicoArturo O'Farrill & The Afro-Latin Jazz Orchestra
☆ Nouveau LatinoNestor Torres
☆ Marooned/AisladoPapo Vazquez The Mighty Pirates

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-36

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は318〜319位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Dippin'★319.THE DIP
DIPPIN'
ハンク・モブレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

The Complete Last Concert★319.BAG'S GROOVE
LAST CONCERT
モダン・ジャズ・カルテット

--------------------------------------------------------------------------------------

Circle Waltz★319.CIRCLE WALTZ
CIRCLE WALTZ
ドン・フリードマン

--------------------------------------------------------------------------------------

The Real McCoy★318.PASSION DANCE
THE REAL McCOY
マッコイ・タイナー

--------------------------------------------------------------------------------------

 ビル・エヴァンスと何かと比較されることの多いドン・フリードマン。そう思って聞かなくとも,ビル・エヴァンスのイメージが沸いてしまう代表作が『サークル・ワルツ』である。

 しかし『サークル・ワルツ』で思い浮かべる,エヴァンス像は「リバーサイド4部作」のエヴァンスではない。『ムーン・ビームス』や『ハウ・マイ・ハート・シングス』で感じる“趣き”である。
 【サークル・ワルツ】の何とも甘美で耽美なピアノ。水墨画,水彩画,フランス印象派を思わせる音の世界がここにはある。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-35

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は322位〜325位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Standards Live★325.TOO YOUNG TO GO STEADY
STANDARDS LIVE
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

Sonny Clark Trio★324.BE-BOP
SONNY CLARK TRIO
ソニー・クラーク

--------------------------------------------------------------------------------------

A Night at the Village Vanguard, Vol.1★323.OLD DEVIL MOON
A NIGHT AT THE VILLAGE VANGUARD,
VOL.1

ソニー・ロリンズ
--------------------------------------------------------------------------------------

Standards Live★322.FALLING IN LOVE WITH LOVE
STANDARDS LIVE
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレット・トリオの大名盤星影のステラ』から2曲が同時ランクイン! キース・ジャレット・トリオがまだ「スタンダーズ・トリオ」と名乗っていた時代の“壮快なライブ”! ザ・ライブ・バンドキース・ジャレット・トリオの船出を記念した“極上の”2曲である。

 【恋に恋して】におけるキース・ジャレット・トリオのヨガリ具合は“悶絶もの”である。この時のキースは相当来ている。しかしこのスインギーなハイテンションがウソのようなピアノの美しさ。このテイストは3人ではなく1人。トリオで表現した“ベースドラム・レス”なキース・ジャレットピアノ・ソロであろう。感情が迸る,実に激しい一音一音である。
 【トゥー・ヤング・トゥ・ゴー・ステディ】では一転,ピアノ・トリオとしてバランスのいい演奏である。キース・ジャレットゲイリー・ピーコックも当然良いが,特筆すべきはジャック・ディジョネットドラミング! ジャックにしては“地味な”終盤でのドラム・ソロには「ハートが鷲掴み」される思いである。
 やはりこの3人はタダモノではあ〜りません。好きだ〜。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-34

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は326位〜330位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★330.BIRD OF PARADISE
CHARLIE PARKER ON DIAL VOL.3
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

★329.BLUE MONK
THELONIOUS MONK TRIO
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

★326.SMOKE GETS IN YOUR EYES
SOLO ON VOGUE
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

★326.NIGHT HAS A THAUSAND
EYES

COLTRANE'S SOUND
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★326.WHAT IS THIS THING CALLED
LOVE?

CLIFFORD BROWN AND MAX ROACH AT
BASIN STREET

クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

 セロニアス・モンクの2曲が同時ランクイン! 方やモンクオリジナルの【ブルー・モンク】。方やスタンダードの【煙が目にしみる】。
 モンクならば当然オリジナルが“買い”である。しかし時折演奏されるスタンダードにこそ,セロニアス・モンク“らしさ”を色濃く感じてしまうのも事実である。そう。セロニアス・モンクは,作曲家としてだけでなくピアニストとしても異彩を放っている。

 【煙が目にしみる】で聴かせる,セロニアス・モンクの“ユニークかつ超一流”のピアノ・タッチにKOされてしまう。オリジナルであろうとスタンダードであろうと「モンクモンク」! セロニアス・モンクは“唯一無二”のジャズメンである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-33

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は331位〜334位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★334.THE PRISONER
WINTER MOON
アート・ペッパー

--------------------------------------------------------------------------------------

★334.YOU'D BE SO NICE TO COME
HOME TO

CONCIERTO
ジム・ホール

--------------------------------------------------------------------------------------

★334.TAKE THE 'A' TRAIN
STUDY IN BROWN
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

★331.ALL THE WAY
CANDY
リー・モーガン

--------------------------------------------------------------------------------------

★331.THIS HERE
CANNONBALL ADDERLEY IN SAN
FRANCISCO

キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

★331.STRAIGHT LIFE
MEETS THE RHYTHM SECTION
アート・ペッパー

--------------------------------------------------------------------------------------

 アート・ペッパーの前期と後期を代表する2曲が同時ランクイン! 【ストレイト・ライフ】での“アドリブの冴え”は,リズム・セクションの動きに一層しなやかに反応したインタープレイ名演。一方の【ザ・プリズナー】では“魂の叫び”が,何とも言えない味を出している。
 「前期派,後期派」の論戦も大好きな管理人ですが,この2曲を続けて聴くと無口にならざるをえない。甲乙付けるのが無意味に思えてしまう。アート・ペッパーの演奏には時代を超えた音がある。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-32

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は337位〜339位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

Miles Davis, Vol.1★339.DEAR OLD STOCKHOLM
MILES DAVIS VOL.1
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★339.CRYSTAL SILENCE
CRYSTAL SILENCE
ゲイリー・バートン

--------------------------------------------------------------------------------------

★338.SPAIN
LIGHT AS A FEATHER
チック・コリア

--------------------------------------------------------------------------------------

★337.GOIN' HOME
GOIN' HOME
アート・ペッパー

--------------------------------------------------------------------------------------

 フュージョンを代表する名曲=チック・コリアの【スペイン】が338位にランクイン! でも・どうして・なぜ・何で・こんなに早く?
 理由は初演の『ライト・アズ・ア・フェザー』バージョンだからでしょ? 【スペイン】にはチック・コリア自身の再演も多ければ,フュージョンの名手たちの名演も多い。そう。『ライト・アズ・ア・フェザー』版以上の進化した【スペイン】が“ゴロゴロ”しているのです。
 では『ライト・アズ・ア・フェザー』版が悪いかと言うとそんなことは断じてない! 初演で主演は無理かもしれませんが処女作特有のエキスたっぷり。【スペイン】が好きです。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-31

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は341位〜345位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★345.SISTER SHERYL
WYNTON MARSALIS
ウイントン・マルサリス

--------------------------------------------------------------------------------------

★344.NARDIS
BILL EVANS AT MONTREUX JAZZ
FESTIVAL

ビル・エヴァンス
--------------------------------------------------------------------------------------

★343.FAT TIME
THE MAN WITH THE HORN
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★341.'ROUND MIDNIGHT
GENIUS OF MODERN MUSIC VOL.1
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

★341.WILLOW WEEP FOR ME
GROOVY
レッド・ガーランド

--------------------------------------------------------------------------------------

 この“偶然の”ランキングが凄い! ウイントンエヴァンスマイルスモンク,そして(ここだけはガーランドでなく)『GROOVY』! この5トラックはいずれも,5人のジャズ・ジャイアントを語る際に“外すことのできない”ビッグ・キーワード!
 それぞれ拝聴した後は,ジャズの入門書を片手に,熱く熱く語ってくださ〜い。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-30

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は346位〜350位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★350.THE PROPHET
AT THE FIVE SPOT, VOL.1
エリック・ドルフィー

--------------------------------------------------------------------------------------

★348.ALL THE THINGS YOU ARE/52ND STREET THEME
JAZZ AT MASSEY HALL, VOL.1
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

★348.MANHA DE CARNAVAL
GETTIN' AROUND
デクスター・ゴードン

--------------------------------------------------------------------------------------

★346.SEVEN STEPS TO HEAVEN
SEVEN STEPS TO HEAVEN
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★346.IT'S EASY TO REMEMBER
BALLADS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

 エリック・ドルフィーの【ザ・プロフェット】を楽しめれば,ジャズ好きも本物である。テーマの異様さとアドリブの連発など「厳しい」演奏が続いている。
 そんなジャズ・ファンにとっての“試金石”である【ザ・プロフェット】が350位とは実に素晴らしい。狙っても座れない絶妙の座席。出来すぎたシナリオである。

 【ザ・プロフェット】の上には,まだ349の名演がある。【ザ・プロフェット】の厚い壁! この厚い壁を乗り越えた者だけが,残る349の名演に触れることができる。もっともっとジャズの高みを目指せるか,それともジャズ・ファンをあきらめるか?
 【ザ・プロフェット】を避けてジャズの山頂を目指そうとも,途中で息切れするであろう。「急がば回れ」だ! 道先案内人=エリック・ドルフィーアルト・サックスと格闘できる者だけが「違いの分かる男」へと成長できる!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-29

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は351位〜352位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★352.CRYSTAL SILENCE
RETURN TO FOREVER
チック・コリア

--------------------------------------------------------------------------------------

★352.BUT NOT FOR ME
MY FAVORITE THINGS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★352.THEY SAY IT'S WONDERFUL
JOHN COLTRANE AND JOHNNY
HARTMAN

ジョン・コルトレーン
--------------------------------------------------------------------------------------

★351.AS TIME GOES BY
MANHATTAN SYMPHONIE
デクスター・ゴードン

--------------------------------------------------------------------------------------

 チック・コリアの【クリスタル・サイレンス】と来れば,ゲイリー・バートンとのデュオであろう。この評価については,チック自身も同様であって,新録音『ニュー・クリスタル・サイレンス』が話題である。
 では『リターン・トゥ・フォー・エヴァー』での【クリスタル・サイレンス】はどうかと言えば,ジョー・ファレルソプラノ・サックスが“寒々と鳴り響く”荒涼の世界が広がっている。そう。ゲイリー・バートンが「美しい静寂」だとすれば,ジョー・ファレルは「荒廃の静寂」なのである。

 10人中4人はゲイリー・バートンよりジョー・ファレルを推すと思われる程,両トラックの出来は拮抗しているのだが,これだけネーム・バリューに格差が生じた原因こそ『リターン・トゥ・フォー・エヴァー』の完成度の高さであろう。他の3トラックが絶品過ぎる!
 管理人も【クリスタル・サイレンス】目当てに『リターン・トゥ・フォー・エヴァー』を聴いたことはない。何とも勿体ない!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-28

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は355位〜360位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★360.JORDU
MORE STUDY IN BROWN
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

★359.SANDU
STUDY IN BROWN
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

★355.BLOWIN' THE BLUES AWAY
BLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

--------------------------------------------------------------------------------------

★355.BEMSHA SWING
BRILLIANT CORNERS
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

★355.WHISPER NOT
WHISPER NOT
ウイントン・ケリー

--------------------------------------------------------------------------------------

★355.GOOD-BYE
WATARASE
板橋文夫

--------------------------------------------------------------------------------------

 『STUDY IN BROWN』と『MORE STUDY IN BROWN』の兄弟盤から,クリフォード・ブラウンの2曲がランクイン!
 54〜56年のEMARCY時代の未発表テイク集である『MORE STUDY IN BROWN』であるが,残り物には福がある! そう。ブラウニーに外れなし。お蔵だからと侮るなかれ。【JORDU】も【SANDU】に肩を並べる名演である。

 クリフォード・ブラウンは活動期間が短いので,未発表とか別テイクとかお蔵があれば(ブートレグでさえ)発売してほしい。【JORDU】を聴くとその思いが強くなる。各レコード会社様,お願いしま〜す。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-27

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は361位〜365位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★365.WHISPER NOT
LEE MORGAN SEXTET
リー・モーガン

--------------------------------------------------------------------------------------

★362.'ROUND MIDNIGHT
MY FUNNY VALENTINE
マンハッタン・ジャズ・クインテット

--------------------------------------------------------------------------------------

★362.SUMMERTIME
HEAVY SOUNDS
エルヴィン・ジョーンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

★362.I WISH I KNEW
BALLADS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★361.APRIL IN PARIS
THELONIOUS HIMSELF
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

 『LEE MORGAN VOL.2』として通っている『LEE MORGAN SEXTET』は,いつも何かを感じさせてくれる。とりわけ【ウィスパー・ノット】にはリーモーの「若さと巧さ」が同居している。
 ベニー・ゴルソン特有の明るくシンプルなメロディとリー・モーガンのミュート・プレイが絶妙にマッチしている。浮遊するリズムとアンサンブルのコントラストが印象的である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ハービー・ハンコック / グラミー受賞履歴

 ハービー・ハンコックが,やってくれました! あのケニー・Gでさえ成し得なかった,グラミーの「最優秀アルバム」の大受賞! → 即決「スーパートリビア」への殿堂入り!

 こうしてハービー・ハンコックの「グラミー受賞履歴」を眺めてみると,ハービー・ハンコックの,良く言えば「マルチな才能」悪く言えば「迷走ぶり」が露わにされている。
 そう。グラミー受賞には縁がなかったが,ジャズ・ピアニストハービー・ハンコックの真骨頂はブルーノート時代にある。いっそのことグラミー受賞の諸作は後回しにして,ブルーノート名盤から入ってほしい。
 パット・メセニーがアイドル視する“あの時代の”ハービー・ハンコックが素晴らしい!

 以下が,ハービー・ハンコックグラミー受賞履歴(9作品,12回)です。

----------------------------------------------------------------------------

フューチャー・ショック第26回(1983年度)受賞

★タイトル : Rockit
カテゴリー : Best R&B Instrumental Performance

----------------------------------------------------------------------------

Sound System第27回(1984年度)受賞

★タイトル : Sound System
カテゴリー : Best R&B Instrumental Performance

----------------------------------------------------------------------------

The Other Side Of Round Midnight第30回(1987年度)受賞

★タイトル : Call Sheet Blues
カテゴリー : Best Instrumental Composition

----------------------------------------------------------------------------

A Tribute To Miles第37回(1994年度)受賞

★タイトル : A Tribute To Miles
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Ron Carter, Herbie Hancock, Wallace Roney, Wayne Shorter & Tony Williams

----------------------------------------------------------------------------

New Standard第39回(1996年度)受賞

★タイトル : Manhattan (Island Of Lights And Love)
カテゴリー : Best Instrumental Composition

----------------------------------------------------------------------------

Gershwin's World第41回(1998年度)受賞

★タイトル : St. Louis Blues
カテゴリー : Best Instrumental Arrangement Accompanying Vocal(s)

★タイトル : Gershwin's World
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group

----------------------------------------------------------------------------

Directions In Music第45回(2002年度)受賞

★タイトル : Directions In Music
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group
☆Artist Performing Work : Herbie Hancock, Michael Brecker & Roy Hargrove

★タイトル : My Ship
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

スピーク・ライク・ア・チャイルド第47回(2004年度)受賞

★タイトル : Speak Like A Child
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

River: The Joni Letters第50回(2007年度)受賞

★タイトル : River: The Joni Letters
カテゴリー : Album Of The Year

★タイトル : River: The Joni Letters
カテゴリー : Best Contemporary Jazz Album

----------------------------------------------------------------------------

注1)第26回(1983年度)受賞の「Rockit」は『Future Shock』収録トラック。受賞ジャンルは「R&B」。

注2)第27回(1984年度)の受賞ジャンルは「R&B」。

注3)第30回(1987年度)受賞の「Call Sheet Blues」は『The Other Side Of Round Midnight (Dexter Gordon)』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注4)第39回(1996年度)受賞の「Manhattan (Island Of Lights And Love)」は『New Standard』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注5)第41回(1998年度)はダブル受賞。「St. Louis Blues」は『Gershwin's World』収録トラック。受賞ジャンルは「Arranging」。

注6)第45回(2002年度)はダブル受賞。「My Ship」は『Directions In Music』収録トラック。

注7)第47回(2004年度)受賞の「Speak Like A Child」は『With All My Heart (Harvey Mason)』収録トラック。

注8)第50回(2007年度)はダブル受賞。「Album Of The Year」は主要4部門「General Field 」での受賞。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第50回(2007年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第50回(2007年度)のグラミー賞が本日発表された。
 注目のエイミー・ワインハウスが,最優秀レコード,最優秀楽曲,最優秀新人の主要3部門を含む5部門を受賞。カニエ・ウェストも4部門を受賞。
 …と,アメリカ全土はこの両雄の話題で持ちきりかと思いきや,メディアの関心事は民主党の大統領選挙一色。そこへ来てグラミー賞最大のニュースが,バラク・オバマ氏の最優秀朗読アルバム受賞! いや〜,恐るべし英米二重世界強国。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 − JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


★ River: The Joni Letters
Herbie Hancock


----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


Avant Gershwin (Dig)★ Avant Gershwin
Patti Austin


----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


★ Anagram
Michael Brecker, soloist /
Track from : Pilgrimage

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


★ Pilgrimage
Michael Brecker


----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


★ A Tale Of God's Will (A Requiem For Katrina)
Terence Blanchard


----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


Funk Tango★ Funk Tango
Paquito D'Rivera Quintet


----------------------------------------------------------------------------

 管理人の1年前の予想通り,グラミー賞の“常連”マイケル・ブレッカーが貫禄の2冠達成! でもでも自分でもビックリ。マイケル・ブレッカー・ファンとしては受賞の知らせをうれしく思うはずなのに,うれしくなかった。複雑な気持ちがした。どうもデキレースっぽくて“しっくり”こなかったのだ。
 超ド級豪華メンバー・フルサポートの「Category 48」は当然として「Category 47」=2007年最高のインプロヴィゼーションの称号は違うのではないか? あっ,いや,これはマイケル・ブレッカーを世界一のインプロバイザーと認めた上での感想です。要するに,絶好調ではないマイケル・ブレッカーの“ネーム・バリュー”だけで受賞を選出するのは,当のマイケル本人に失礼に思えたものでして…。
 仮に今日もマイケル・ブレッカーが生きていて,受賞の知らせを聞いたとしたら,盟友たちと共に勝ち得た「Category 48」の栄冠については大喜びするであろうが,自分の演奏に納得できていないのに「Category 47」受賞と聞かされても,ただ戸惑うだけではなかろうか…。すみません。思い入れがあるもので,つい…。

 さらに管理人に追い打ちをかけたのが,ハービー・ハンコックの『リヴァー〜ジョニ・ミッチェルへのオマージュ』の最優秀アルバム受賞のビッグ・ニュース! だって全世界で認められたジャズ名盤を未だ未聴なのですから,恥ずかしいやら悔しいやら…。

 明日はハービー・ハンコックグラミー受賞特集です。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-26

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は366位~370位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

DANCING IN YOUR HEAD★370.THEME FROM A SYMPHONY
(VARIATION TWO)

DANCING IN YOUR HEAD
オーネット・コールマン
--------------------------------------------------------------------------------------

ヴィレッジ・ゲイトのハービー・マン★370.COMIN' HOME BABY
AT THE VILLAGE GATE
ハービー・マン

--------------------------------------------------------------------------------------

LEFT ALONE★369.CAT WALK
LEFT ALONE
マル・ウォルドロン

--------------------------------------------------------------------------------------

THE AMAZING BUD POWELL VOL.2★366.I WANT TO BE HAPPY
THE AMAZING BUD POWELL VOL.2
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

MILES SMILES★366.FREEDOM JAZZ DANCE
MILES SMILES
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

JOHN COLTRANE AND JOHNNY HARTMAN★366.LUSH LIFE
JOHN COLTRANE AND JOHNNY
HARTMAN

ジョン・コルトレーン
--------------------------------------------------------------------------------------

 『ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン』は,ジョン・コルトレーンが“前面に出た”ジャズ・ヴォーカルの大傑作! 【ラッシュ・ライフ】でも,主役=ジョニー・ハートマンに遠慮なく,準主役のテナー・サックスが“おいしい”フレーズを“かっさらっていく”!
 それにしてもジョン・コルトレーンジョニー・ハートマンの相性がチリバツ! ジョン・コルトレーンの「低音テナー」とジョニー・ハートマンの「低音ヴォイス」がシンクロしている。
 【ラッシュ・ライフ】は,2人の“歌心と表現力”の結晶である。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-25

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は372位〜375位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★375.WHISPER NOT
CALIFORNIA MESSAGE
ベニー・ゴルソン

--------------------------------------------------------------------------------------

★373.WALKIN'
MILES IN BERLIN
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★373.MOVE
BIRTH OF THE COOL
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★372.
SATURDAY MORNING
SATURDAY MORNING
ソニー・クリス

--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビスの「クール」と「モード」の代表作が同時ランクイン! 『クールの誕生』は9重奏楽団。『マイルス・イン・ベルリン』は黄金クインテット。これだけの才能を「集結させ統率した」マイルス・デイビスは,やはり“帝王”と呼ばれるにふさわしい。

 管理人がマイルス・デイビスを“凄い”と思うのは【ムーヴ】でも【ウォーキン】でも,マイルス自身の出番は少ないのだが,それでもしっかり“マイルス・サウンド”してみせるところ。
 例えば,リー・コニッツウェイン・ショーターアドリブに狂喜し,見守り,その感動をマイルス自身のアドリブにフィードバックする“夢の循環”がここにある!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第50回(2007年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2007年,グラミー賞FIELD 10 − JAZZ』部門のノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


☆ Party HatsWill Bernard
☆ Downright UprightBrian Bromberg
☆ Re-ImaginationEldar
☆ River: The Joni LettersHerbie Hancock
☆ He Had a HatJeff Lorber

----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


☆ Avant GershwinPatti Austin
☆ Red EarthDee Dee Bridgewater
☆ Music Maestro PleaseFreddy Cole
☆ NightmovesKurt Elling
☆ On the Other SideTierney Sutton (Band)

----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


☆ LeveesTerence Blanchard, soloist / Track from: A Tale of God's Will (A Requiem for Katrina)
☆ AnagramMichael Brecker, soloist / Track from: Pilgrimage
☆ Both Sides NowHerbie Hancock, soloist / Track from: River: The Joni Letters
☆ LullabyHank Jones, soloist / Track from: Kids: Duets Live at Dizzy's Club Coca-Cola
☆ 1000 KilometersPaul McCandless, soloist / Track from: 1000 Kilometers

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


☆ PilgrimageMichael Brecker
☆ Live at the Village VanguardThe Bill Charlap Trio
☆ Kids: Duets Live at Dizzy's Club Coca-ColaJoe Lovano And Hank Jones
☆ Line by LineJohn Patitucci
☆ Back EastJoshua Redman

----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


☆ A Tale of God's Will (A Requiem for Katrina)Terence Blanchard
☆ Eternal Licks and GroovesThe Bob Florence Limited Edition
☆ HommageThe Bill Holman Band
☆ Sky BlueMaria Schneider Orchestra
☆ With LoveCharles Tolliver Big Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


☆ Funk TangoPaquito D'Rivera Quintet
☆ The MagicianSammy Figueroa And His Latin Jazz Explosion
☆ Borrowed TimeSteve Khan
☆ RefugeeHector Martignon
☆ Big Band Urban FolktalesBobby Sanabria Big Band

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-24

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は376位〜379位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★379.MY FAVORITE THINGS
LIVE AT VILLAGE VANGUARD AGAIN
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★379.MISTY
MISTY
山本剛

--------------------------------------------------------------------------------------

Art Pepper Meets The Rhythm Section★376.IMAGINATION
MEETS THE RHYTHM SECTION
アート・ペッパー

--------------------------------------------------------------------------------------

★376.
DONNA LEE
CHARLIE PARKER ON SAVOY VOL.1
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

★376.DEATH AND THE FLOWER
DEATH AND THE FLOWER
キース・ジャレット

--------------------------------------------------------------------------------------

 管理人のフェイバリット=キース・ジャレットの【生と死の幻想】が,ついに(早すぎる)ランクイン! “誇り高き”アメリカン・クァルテットの大傑作である!  
 【生と死の幻想】は,キース・ジャレット・ファンが選ぶ「敷居の高い」難曲である。キース・ジャレットの描き出す“壮絶な”音世界は,ちょっとやそっとじゃ理解できない,所謂「上級者向け」!
 この高濃度を“氷で薄めずロックで飲み干す”→ キースに“溺れ死ぬ”その瞬間,脳裏に【生と死の幻想】が浮かび上がる!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

2007/12/18 追記しました。続きもご覧ください。

続きを読む

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-23

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は381位〜383位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★383.CONFIRMATION
I'M OLD FASHION
渡辺貞夫

--------------------------------------------------------------------------------------

★383.BLACK MARKET
8:30
ウェザー・リポート

--------------------------------------------------------------------------------------

★383.TYNY'S TEMPO
CHARLIE PARKER ON SAVOY VOL.1
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

アワ・マン・イン・パリ★383.A NIGHT IN TUNISIA
OUR MAN IN PARIS
デクスター・ゴードン

--------------------------------------------------------------------------------------

★381.CENTRAL PARK WEST
COLTRANE'S SOUND
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★381.SPRING IS HERE
PORTRAIT IN JAZZ
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

 この6人。もしも渡辺貞夫だけに見劣りを感じてしまったとしたら,それは大間違いである。「世界のナベサダ」が,真に「世界のナベサダ」となった瞬間=【CONFIRMATION】を聴き直してから「出直して来い!」である。

 【CONFIRMATION】は,上り調子の渡辺貞夫が,ハンク・ジョーンズロン・カータートニー・ウィリアムスによる「グレート・ジャズ・トリオ」との“がっぷり四つ”。「グレート・ジャズ・トリオ」の面々も“パーカー派渡辺貞夫名演に“本家”チャーリー・パーカーとの共演気分を味わえたのではなかろうか?
 指折りのピアノ・トリオを“威風堂々”と従えた演奏こそ,世界のジャズ・ジャイアントの“証し”である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

2007/11/16 追記しました。続きもご覧ください。
2007/11/19 追記しました。続きもご覧ください。

続きを読む

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-22

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は387位〜389位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★389.BESAME MUCHO
AMONG FRIENDS
アート・ペッパー

--------------------------------------------------------------------------------------

★389.SUMMERTIME
MY FAVORITE THINGS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★387.MINOR MEETING
SONNY CLARK TRIO
ソニー・クラーク

--------------------------------------------------------------------------------------

リトル・スージー★387.MISTY
LITTLE SUSIE
レイ・ブライアント

--------------------------------------------------------------------------------------

 2007年9月は,平年より2度以上も気温が高い,観測史上最強の“残暑”だったそうです。こう暑い日が続くと“陽気なラテン系”ボサノヴァ,タンゴ,ルンバ,マンボ系の【ベサメ・ムーチョ】が聴きたくなるものだが,10月にはジャズスタンダードとしての【ベサメ・ムーチョ】がいい。アート・ペッパーの【ベサメ・ムーチョ】がいい。
 “憂いと艶”が連綿とつながる空気感が秋晴れに似合う&似合う! 『AMONG FRIENDS』の【ベサメ・ムーチョ】が,有名な「タンパのペッパー」盤よりも出来が良いと思っております。 ← もしかして,やっちゃったかなぁ?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

2007/10/15 追記しました。続きもご覧ください。
2007/10/28 追記しました。続きもご覧ください。

続きを読む

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-21

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は同率391位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★391.'ROUND MIDNIGHT
GENIUS OF MODERN MUSIC VOL.1
セロニアス・モンク

--------------------------------------------------------------------------------------

★391.BLUE BOSSA
PAGE ONE
ジョー・ヘンダーソン

--------------------------------------------------------------------------------------

★391.WATCHING THE RIVER FLOW
THE GADD GANG
スティーブ・ガッド

--------------------------------------------------------------------------------------

★391.EVERYTHING YOU DO
THE GADD GANG
スティーブ・ガッド

--------------------------------------------------------------------------------------

★391.CARAVAN
KENNY DREW TRIO
ケニー・ドリュー

--------------------------------------------------------------------------------------

THE MAN WITH THE BASS★391.
36141
THE MAN WITH THE BASS
ロン・カーター

--------------------------------------------------------------------------------------

★391.All GOD'S CHILLUN GOD RHYTHM
IN CONCERT
クリフォード・ブラウン

--------------------------------------------------------------------------------------

★391.MOSAIC
MOSAIC
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

★391.ARE YOU REAL?
MOANIN'
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

LINE FOR LYONS★391.MY FUNNY VALENTINE
LINE FOR LYONS
スタン・ゲッツ

--------------------------------------------------------------------------------------

 スティーブ・ガッドの初リーダーCDガッド・ギャング』から2曲が同時ランクイン! スタッフの続編を思わせる音造りの中にも,スティーブ・ガッドの良い意味で“わがまま”なドラミングが素晴らしい。スティーブ・ガッドドラム・ソロに他のメンバーがメロディを付けた,そんなスタンスの2曲である。
 批評家たるもの「甲乙をつけずには生きていけない人種」である。偶然なのかもしれないが,そんな批評家の代表格たる“ジャズ・マスター”たちが,同じアルバムの中の2曲を同順位に置いたとは…。この“肝っ玉の据わった”選曲に敬意を表します。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-20

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は401位〜402位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

アット・ザ・ファイヴ・スポット VOL.2★402.AGGRESSION
AT THE FIVE SPOT, VOL.2
エリック・ドルフィー

--------------------------------------------------------------------------------------

★402.DECOY
DECOY
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★402.SO WHAT
IN STOCKHOLM 1960 COMPLETE
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★402.NAIMA
LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD
AGAIN!
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★402.LOE LIFE
FUEGO
ドナルド・バード

--------------------------------------------------------------------------------------

★402.I REMEMBER CLIFFORD
1958-PARIS OLYMPIA CONCERT
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

★401.NIGHT DREAMER
NIGHT DREAMER
ウェイン・ショーター

--------------------------------------------------------------------------------------

 “帝王”マイルス・デイビスの2曲が同時ランクイン! かたやジョン・コルトレーン在籍「絶頂期」のライブ4枚組。かたや「復帰後の最高傑作」の呼び声高い1枚。
 この2曲を同順位に置いた“ジャズ・マスター”たちの気持ちがよ〜く分かります。読者の皆さんも分かりますか?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-19

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は408位~410位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

BUD POWELL★410.STELLA BY STARLIGHT
BUD POWELL
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

KELLY AT MIDNIGHT★408.TEMPERANCE
KELLY AT MIDNIGHT
ウイントン・ケリー

--------------------------------------------------------------------------------------

フル・ハウス★408.S.O.S.
FULL HOUSE
ウェス・モンゴメリー

--------------------------------------------------------------------------------------

 ウェス・モンゴメリーは,バックがどんなに大物であっても,存在感の薄れない稀なギタリストである。
 【S.O.S.】では,同率ランクインの“個性派テクニシャン”ウイントン・ケリーと共演しているが,ウェス・モンゴメリーの高速アドリブが,あのウイントン・ケリーをリードしていく!
 ケリー節全開の【テンパランス】を愛する人は【S.O.S.】は聴かない方がいいと思う。

 仮にウェス・モンゴメリーが“超・個性派テクニシャン”バド・パウエルと共演したならば…。ガップリ四つの大相撲…。想像するだけで楽しい一日が過ぎ去ってしまいます。はい。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

マイケル・ブレッカー / グラミー受賞履歴

 「ジャズ・ホーン」誌,特別編集「マイケル・ブレッカー特集号」によると,マイケル・ブレッカーの全ディスコグラフィは,LPCDが791,映像ものが28枚あるらしい。この“多産ぶり”は真に驚異的である。
 その中で,何を聴くか? → そこでグラミー賞
 ん? 4ヶ月前の宣言を忘れていた。アドリブログの「スーパートリビア」への“強制”殿堂入り!

 どうですか,この名演の数々! これぞマイケル・ブレッカーグラミー受賞履歴!
 マイケル・ブレッカーの歴史こそ,テナー・サックスの現代史! そう。マイケル・ブレッカーこそ(フリー・ジャズへ疾走していた頃の)ジョン・コルトレーンの後継者であった。 
 正統派のジャズではない。“アバンギャルドでアナーキー”な,ジャズ界の「異端児」に違いない。ただし,フュージョンを演ろうがファンクを演ろうが,決して“ジャズメン魂”は失われていない。

 以下のグラミー受賞履歴(8作品,13回)の中から,お好みでどうぞ!

----------------------------------------------------------------------------

Don't Try This At Home第31回(1988年度)受賞

★タイトル : Don't Try This At Home
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance Soloist (On A Jazz Recording)

----------------------------------------------------------------------------

Out of the Loop第37回(1994年度)受賞

★タイトル : Out Of The Loop
カテゴリー : Best Contemporary Jazz Performance
☆Artist Performing Work : Brecker Brothers

★タイトル : African Skies
カテゴリー : Best Instrumental Composition

----------------------------------------------------------------------------

Infinity第38回(1995年度)受賞

★タイトル : Infinity
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : McCoy Tyner Trio & Michael Brecker

★タイトル : Impressions
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

Tales From The Hudson第39回(1996年度)受賞

★タイトル : Tales From The Hudson
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group

★タイトル : Cabin Fever
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

Nearness Of You第44回(2001年度)受賞

★タイトル : Chan's Song
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

Directions In Music第45回(2002年度)受賞

★タイトル : Directions In Music
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Herbie Hancock, Michael Brecker & Roy Hargrove

----------------------------------------------------------------------------

ワイド・アングルズ第46回(2003年度)受賞

★タイトル : Wide Angles
カテゴリー : Best Large Jazz Ensemble Album

★タイトル : Timbuktu
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

Some Skunk Funk第49回(2006年度)受賞

★タイトル : Some Skunk Funk
カテゴリー : Best Large Jazz Ensemble Album
☆Artist Performing Work : Randy Brecker With Michael Brecker, Jim Beard, Will Lee, Peter Erskine, Marcio Doctor & Vince Mendoza conducting The WDR Big Band Koln

★タイトル : Some Skunk Funk
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

注1)第37回(1994年度)はダブル受賞。「African Skies」は『Out Of The Loop』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注2)第38回(1995年度)はダブル受賞。「Impressions」は『Infinity』収録トラック。

注3)第39回(1996年度)はダブル受賞。「Cabin Fever」は『Tales From The Hudson』収録トラック。

注4)第44回(2001年度)受賞の「Chan's Song」は『Nearness Of You』収録トラック。

注5)第46回(2003年度)はダブル受賞。「Timbuktu」は『Wide Angles』収録トラック。受賞ジャンルは「Arranging」。

注6)第49回(2006年度)はダブル受賞。「Some Skunk Funk」は『Some Skunk Funk』収録トラック。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-18

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は411位〜415位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

At Kosei Nenkin★415.KILLER JOE
AT THE KOSEI NENKIN
ミルト・ジャクソン

--------------------------------------------------------------------------------------

★414.LULLABY OF BIRDLAND
THE LULLABY
ケニー・ドリュー

--------------------------------------------------------------------------------------

PORGY AND BESS★411.SUMMERTIME
PORGY AND BESS
マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

★411.CHIM CHIM CHERRY
THE JOHN COLTRANE QUARTET PLAYS
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★411.SPEAK LOW
SPEAK LOW
ウォルター・ビショップ・ジュニア

--------------------------------------------------------------------------------------

 指折りのジャズ・スタンダードである【サマータイム】の名演は数あれど,マイルス・デイビスギル・エバンスのコラボレーションがNO.1!
 マイルス・デイビスミュートが冴えわたる。音数少なく一音一音に魂を込めている。この情感がたまらない。超好みである。
 一方,同じ子守唄でもケニー・ドリューの【バードランドの子守唄】は,静ではなく動! 確かにムーディーではあるが,エネルギッシュな演奏はもはや子守唄と呼ぶべきではない。
 子守唄子守唄の文脈で…。あっ,アップテンポの代表格,ビル・エヴァンスの【サマータイム】は好きですけど…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-17

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は416位~419位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

橋★419.THE BRIDGE
THE BRIDGE
ソニー・ロリンズ

--------------------------------------------------------------------------------------

JAZZ GIANT★419.CHEROKEE
JAZZ GIANT
バド・パウエル

--------------------------------------------------------------------------------------

GIRL TALK★418.ON A CLEAR DAY (YOU CAN
SEE FOREVER )
GIRL TALK
オスカー・ピーターソン

--------------------------------------------------------------------------------------

CHARLIE PARKER WITH STRINGS★416.APRIL IN PARIS
CHARLIE PARKER WITH STRINGS
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

BOOKER LITTLE★416.MINOR SWEET
BOOKER LITTLE
ブッカー・リトル

--------------------------------------------------------------------------------------

 4人のジャズ・ジャイアントに混じって,彗星のトランペッターブッカー・リトルランクイン
 【マイナー・スイート】は,アップテンポのアドリブを一気に吹ききりエンディングを迎える。この“潔さ”がブッカー・リトルの魅力。彗星ゆえ,決して4人のジャズ・ジャイアントに負けていはいない。

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-16

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は421位〜425位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★425.UNA MAS
UNA MAS
ケニー・ドーハム

--------------------------------------------------------------------------------------

★424.BYE BYE BLACKBIRD
IN PERSON FRIDAY AND SATURDAY
NIGHT AT THE BLACKHAWK

マイルス・デイビス
--------------------------------------------------------------------------------------

★423.YOU ARE TOO BEAUTIFUL
JOHN COLTRANE & JOHNNY HARTMAN
ジョン・コルトレーン

--------------------------------------------------------------------------------------

★421.QUICKSILVER
A NIGHT AT BIRDLAND, Vol.1
アート・ブレイキー

--------------------------------------------------------------------------------------

★421.AUTUMN LEAVES
SHE WAS TOO GOOD TO ME
チェット・ベイカー

--------------------------------------------------------------------------------------

 5曲中4曲までがトランペット名演である。ドーハムマイルスブラウニーチェット。そのスタイルは4者4様。しかしこのどれもがいい。
 “ラッパ”の表現は実に奥深い。それを裏付けるランキングである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500-15

 《 アメリカが生んだ文化・芸術であるジャズは,国の歩みと同様に,融合,発展,解放,そして時には模索と,最も人間臭い過程を繰り返してきた。
 『ジャズ名曲なし,名演あるのみ』の言葉通り,瞬時のインプロヴィゼーションに自己の感性と創造性の全てを賭けたアーティストたちの演奏は,テンションとなり,リラクゼイションとなって漂い流れる。
 そして,最も人間的な文化所産であるが故に,時代を超えた生命力を持ち続けているのだ。
 ジャズは生きている。モダン・ジャズ珠玉の名演。 》

 「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」。
 今回は426位〜430位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

★430.THE SONG IS YOU
NOW'S THE TIME
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

★429.NOW'S THE TIME
CHARLIE PARKER ON SAVOY VOL.1
チャーリー・パーカー

--------------------------------------------------------------------------------------

★426.'ROUND MIDNIGHT
QUARTET
ハービー・ハンコック

--------------------------------------------------------------------------------------

★426.O GRANDE AMOR
SWEET RAIN
スタン・ゲッツ

--------------------------------------------------------------------------------------

★426.B MINOR WALTZ
YOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

--------------------------------------------------------------------------------------

 やはりこのランキングは本物である。なぜって? だって,チャーリー・パーカーの,それも名うてのアドリブ・ナンバーが2曲もランクインしているのだから…。
 複雑なフレーズを余裕で吹ききる“貫禄”のビ・バップ! 管理人は,ただ古いだけの“古典芸能”には関心がないが,パーカーのそれは,多くの洗礼を浴びてきた現代の耳を持ってしても,最高に刺激的である。
 いい演奏は“風化”しない。時代を超えて,いつまでもジャズ・マニアを魅了する。ランキングに投票しようと思わせるまでに…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

2007/03/02 追記しました。続きもご覧ください。

続きを読む

第49回(2006年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 グラミー賞! いやはや,発表から2日も経ってしまい,読者の皆さんも少し興ざめ?するのかもしれませんが,年末のお約束を果たすため,第49回(2006年度)グラミー賞についてレポートしてみます。「速報!」版が多数出ている中での「遅報!」版の発行で〜す!

 “年に一度の音楽の祭典”今年のグラミー賞は,ディクシー・チックスが主要三部門を独占&計五部門を受賞したようですが,管理人的にはディクシー・チックスよりも“ジミに”技術部門のテクニカル賞を受賞したヤマハ! レコーディング用の各種機器の開発など長年の貢献が認められての受賞だそうだ。これでヤマハもソニーに追いついたわけで…。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『FIELD 10 − JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 45 - Best Contemporary Jazz Album


★ The Hidden Land
Béla Fleck & The Flecktones


----------------------------------------------------------------------------

Category 46 - Best Jazz Vocal Album


★ Turned To Blue
Nancy Wilson


----------------------------------------------------------------------------

Category 47 - Best Jazz Instrumental Solo


★ Some Skunk FunkMichael Brecker, soloist /
Track from : Some Skunk Funk (Randy Brecker w/Michael Brecker)

----------------------------------------------------------------------------

Category 48 - Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group


★ The Ultimate Adventure
Chick Corea


----------------------------------------------------------------------------

Category 49 - Best Large Jazz Ensemble Album


★ Some Skunk Funk
Randy Brecker With Michael Brecker, Jim Beard, Will Lee, Peter Erskine, Marcio Doctor & Vince Mendoza conducting The WDR Big Band Köln
----------------------------------------------------------------------------

Category 50 - Best Latin Jazz Album


SIMPATICO★ Simpático
The Brian Lynch / Eddie Palmieri Project


----------------------------------------------------------------------------

 グラミー賞の“常連”マイケル・ブレッカー(正確にはランディ・ブレッカー名義)が2冠達成! これはパット・メセニー同様,アドリブログの“殿堂”へと招待させていただかねば!
 恐らく来年は,マイケル・ブレッカーの遺作が発表 → 最後のグラミー受賞という図式が早くも目に浮かんできます。

 さて,注目の“激戦区”「Category 48」はチック・コリア! チック・ファンとしては勿論うれしいのだが,トリオ・ビヨンドの出来が余りにも良かっただけに,ひそかに応援していた者としては少し複雑。ケニー・ギャレットにしても受賞できたら“一皮むける”大チャンスだったのに…。う〜ん。

 管理人にこう思わせた,チック・コリア自身にも非があるのでは? 奇しくも『スーパー・トリオ』が,スイングジャーナル誌・2006ジャズ・ディスク《金賞》を受賞し,チック・コリアマイケル・ブレッカー以上に“価値ある”2冠達成!
 だが『スーパー・トリオ』は【スペイン】のフェードアウトにガッカリだったし『アルティメット・アドヴェンチャー』は,またもSF作家=ロン・ハバードのコンセプト・アルバムだし…。
 肝心な部分でどうにも相性が悪い…。これって,私だけ?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.