アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

名盤

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1988年度(第22回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1988年度(第22回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

V★【金賞】.
ラルフ・ピーターソン


----------------------------------------------------------------------------

パリ北駅着,印象★【銀賞】.パリ北駅着,印象
ケニー・ドリュー


----------------------------------------------------------------------------

枯葉★【銅賞】.枯葉
キース・ジャレット・トリオ


----------------------------------------------------------------------------

リユニオン★【ボーカル賞】.リユニオン
メル・トーメ&マーティ・ペイチ


----------------------------------------------------------------------------

プレイズ・マイルス&ギル★【日本ジャズ賞】.プレイズ・マイルス&ギル
高橋達也と東京ユニオン


----------------------------------------------------------------------------

ラスト・コンサート(完全盤)★【編集企画賞】.ラスト・コンサート〜完全盤
モダン・ジャズ・カルテット


----------------------------------------------------------------------------

ダブル・エクスポージャー★【制作企画賞】.ダブル・エクスポージャー
佐藤允彦フィーチャリング・エディ・ゴメス&スティーブ・ガッド

----------------------------------------------------------------------------

Tribute to Count Basie★【録音賞(海外)】.カウント・ベイシーに捧ぐ
 ジーン・ハリス


----------------------------------------------------------------------------

V★【録音賞(国内)】.
ラルフ・ピーターソン


----------------------------------------------------------------------------

Blues & Swing [DVD]★【最優秀ビデオ賞】.ブルース・アンド・スイング
 ウイントン・マルサリス



----------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットトリオの『枯葉』が【銅賞】受賞。。

 個人的に『枯葉』が【銅賞】とは納得できない。キース・ジャレットトリオの大量名盤群の中でも『枯葉』の演奏力が頭一つ分抜け出していると思うからだ。

 そう。『枯葉』の全トラックが横並びの名演ばかり。『枯葉』の全楽曲が『枯葉』全体の代表曲であり,キース・ジャレットトリオの代表曲である。
 スタンダードスタンダードの新アレンジとして演奏されるではなく,スタンダードキース・ジャレットトリオオリジナル曲として演奏されるような感覚がある。

 かつてフリージャズの洗礼を通過してきた,キース・ジャレットゲイリー・ピーコックジャック・デジョネットの名手3人がトリオを組んだからこそ表現できた「スタンダードはこういう言語で演奏されるべきである」という確たる信念がベースにあるのだと思う。

 キース・ジャレットトリオの「押し付け」から「お」が取れたら「しつけ」に変わる。全てのジャズ・ファンはキース・ジャレットトリオの「しつけ」を受けてこそ成長できる!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1987年度(第21回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1987年度(第21回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

STANDARD★【金賞】.スタンダード・タイム VOL.1
ウイントン・マルサリス


----------------------------------------------------------------------------

Civilization★【銀賞】.シビリゼーション
トニー・ウイリアムス


----------------------------------------------------------------------------

バド・アンド・バード★【銅賞】.バド・アンド・バード
ギル・エバンス&ザ・マンデイ・ナイト・オーケストラ


----------------------------------------------------------------------------

ダイアン・シューア&ザ・カウント・ベイシー・オーケストラ★【ボーカル賞】.ダイアン・シューア&カウント・ベイシー・オーケストラ
ダイアン・シューア

----------------------------------------------------------------------------

スクロール★【日本ジャズ賞】.スクロール
加古隆


----------------------------------------------------------------------------

The Complete Vol.2★【編集企画賞】.ザ・コンプリート・ダイナ・ワシントン・オン・マーキュリー VOL.1(1946〜49)VOL.2(1950〜52)ダイナ・ワシントン

----------------------------------------------------------------------------

ジョージ川口プレイズ・ハービー・ハンコック★【制作企画賞】.ジョージ川口プレイズ・ハービー・ハンコック
ジョージ川口

----------------------------------------------------------------------------

Magical Trio 1★【録音賞】.マジカル・トリオ1
 ジェームズ・ウイリアムス〜レイ・ブラウン〜アート・ブレイキー

----------------------------------------------------------------------------

 ウイントン・マルサリスの『STANDARD TIME,VOL.1』が【金賞】受賞。。

 『STANDARD TIME,VOL.1』は「新伝承派」のウイントン・マルサリス“らしい”スタンダード集で,演奏の質が素晴らしい。

 そうして「現在進行形のジャズの伝統」を演奏している点が何にも増して素晴らしい。1987年という時代の空気感を身にまとった,真新しいスタンダード集として聴けてしまう。
 ただし前面に出ているのは,偉大なスタンダード・タイムに対する「新伝承派」としてのリスペクトなのである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1986年度(第20回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1986年度(第20回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

星影のステラ★【金賞】.星影のステラ
キース・ジャレット・トリオ


----------------------------------------------------------------------------

Jムード★【銀賞】.Jムード
ウイントン・マルサリス


----------------------------------------------------------------------------

ウェイ・アウト・ウエスト★【最優秀CD賞】.ウェイ・アウト・ウエスト
ソニー・ロリンズ


----------------------------------------------------------------------------

エニイ・オールド・タイム★【ボーカル賞】.エニイ・オールド・タイム
カーメン・マクレエ


----------------------------------------------------------------------------

キーピング・カウント★【日本ジャズ賞】.キーピング・カウント
高橋達也と東京ユニオン


----------------------------------------------------------------------------

キーピング・カウント★【制作企画賞】.キーピング・カウント
高橋達也と東京ユニオン


----------------------------------------------------------------------------

枯葉★【制作企画賞】.デビッド・マシューズ一連のプロジェクト [3作]


----------------------------------------------------------------------------

THE COMPLETE KEYNOTE COLLECTION★【編集企画賞】.ザ・コンプリート・キーノート・コレクション


----------------------------------------------------------------------------

L・イズ・フォー・ラバー★【録音賞 LP】.L・イズ・フォー・ラバー
アル・ジャロウ


----------------------------------------------------------------------------

マイ・ファニー・バレンタイン★【録音賞】.マイ・ファニー・バレンタイン
 マンハッタン・ジャズ・クインテット


----------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットトリオの『星影のステラ』が【金賞】受賞。。

 『星影のステラ』の成功があったからこそ,キース・ジャレットトリオライブ盤ばかりをレコーディングするようになったと思う。

 それぐらいの集中力。完全燃焼するアドリブ。こんな解釈で過去にスタンダードが演奏されることがあったであろうか?
 ただし『星影のステラ』は,余りにも完璧で美しすぎた。これは最高レベルの中での優劣の話にあるが,最初から「究極の完成形」を見せられてしまったので,後は「いじる外に道はない」の選択肢の狭さが惜しまれる。

 【星影のステラ】のイントロから3分半のキース・ジャレットソロピアノを聴いていただきたい。完全に自分の世界に入り込んだアドリブが【星影のステラ】の「どこに行くのか分からない → しかし最初から完成形は見えていたでしょ?」的な即興演奏へと導いていく。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1985年度(第19回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1985年度(第19回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

ライブ・アット・スイート・ベイジル★【金賞】.ライブ・アット・スイート・ベイジル
アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ


----------------------------------------------------------------------------

アウト・オブ・ザ・ブルー★【銀賞】.アウト・オブ・ザ・ブルー
OTB


----------------------------------------------------------------------------

枯葉★【最優秀CD賞】.枯葉
マンハッタン・ジャズ・クインテット


----------------------------------------------------------------------------

Vocalese★【ボーカル賞】.ボーカリーズ
マンハッタン・トランスファー


----------------------------------------------------------------------------

ラウンド・ミッドナイト★【日本ジャズ賞】.ラウンド・ミッドナイト
宮沢昭


----------------------------------------------------------------------------

グルーヴィー★【編集企画賞】.プレスティッジ&リバーサイド・CD・マスターピース・シリーズ [全30作]


----------------------------------------------------------------------------

プレリュードとフーガ Vol.1★【制作企画賞】.プレリュードとフーガ
ジョン・ルイス


----------------------------------------------------------------------------

ザ・サード・ディケイド★【最優秀録音賞 LP】.ザ・サード・ディケイド
アート・アンサンブル・オブ・シカゴ


----------------------------------------------------------------------------

スポーティン・ライフ★【最優秀録音賞】.スポーティン・ライフ
 ウェザー・リポート


----------------------------------------------------------------------------

 新生ブルーノートの“旗印”となる若手6人組のオーディション・バンド=OTBの『アウト・オブ・ザ・ブルー』が【銀賞】受賞。

 OTB,そして『OUT OF THE BLUE』とは「ブルー(従来のブルーノート)から外れていく」というレーベルの願いが込められた,マイケル・カスクーナ“肝入り”の新プロジュクトで,結成当初はメンバーを入れ替えながらグループとしては存続し続けるという,モーニング娘。やAKBの先がけのようなレーベル・バンドとして一世を風靡したことを鮮烈に覚えている。

 OTBのメンバーは,トランペットマイケル・モスマンアルトサックスケニー・ギャレットテナーサックスラルフ・ボーエンピアノハリー・ピケンズベースボブ・ハーストドラムラルフ・ピーターソン

 果たして,振り返れば今でもジャズ・シーンの最前線にいるのはケニー・ギャレットボブ・ハーストの2名のみ。ジャズとはそれくらいに厳しい音楽ということであろう。

 しかし『OUT OF THE BLUE』発売当時のOTBには,他とは違う桁外れのパワーを感じていたものだ。
 『OUT OF THE BLUE』という言葉には,もう一つ「青天の霹靂」という意味もある。新進気鋭の若手ジャズメン6人による「予想もしなかったような事件や変動」の心意気を読者の皆さんにも感じてほしい。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1984年度(第18回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1984年度(第18回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

マンハッタン・ジャズ・クインテット★【金賞】.マンハッタン・ジャズ・クインテット
マンハッタン・ジャズ・クインテット


----------------------------------------------------------------------------

スターダスト★【銀賞】.スターダスト
ウイントン・マルサリス


----------------------------------------------------------------------------

シーンズ・イン・ザ・シティ★【最優秀CD賞】.シーンズ・イン・ザ・シティ
ブランフォード・マルサリス


----------------------------------------------------------------------------

Live At Marty's, New York City★【ボーカル賞】.ニューヨーク・マイ・ハート
メル・トーメ&フレンズ


----------------------------------------------------------------------------

MOBO倶楽部★【日本ジャズ賞】.MOBO倶楽部
渡辺香津美


----------------------------------------------------------------------------

マイルス・デイヴィス・オールスターズ Vol.1★【編集企画賞】.ジ・アザー・サイド・オブBLP-1500並びに一連のブルーノート1500番台番号順発売


----------------------------------------------------------------------------

ソウル・ボサ・ノヴァ★【編集企画賞】.マーキュリーV.S.O.P.アルバム並びにクインシー・ジョーンズをはじめとする一連の発掘シリーズ


----------------------------------------------------------------------------

ドリーム★【制作企画賞】.ドリーム
本多俊之


----------------------------------------------------------------------------

FANTASIA★【録音賞】.ファンタジア
ケニー・ドリュー


----------------------------------------------------------------------------

エアリアル・バンダリーズ★【録音賞】.エアリアル・バンダリーズ
 マイケル・ヘッジス


----------------------------------------------------------------------------

 マンハッタン・ジャズ・クインテットデビュー作『MANHATTAN JAZZ QUINTET』が【金賞】受賞。

 『MANHATTAN JAZZ QUINTET』の演奏に不満など毛頭ないのだが,元々マンハッタン・ジャズ・クインテットは「スイングジャーナル」誌とキングレコードの発案によるプロジェクト。
 なのでどうしても【金賞】受賞にうがった見方をしてしまう。癒着とか出来レースとか更なる宣伝&販促とか…。

 トランペットルー・ソロフテナー・サックスジョージ・ヤングベースチャーネット・モフェットドラムスティーヴ・ガッドデヴィッド・マシューズの名アレンジ&ピアノがまとめ上げていく。

 マンハッタン・ジャズ・クインテット。略してMJQモダン・ジャズ・カルテット。略してMJQ
 デヴィッド・マシューズの頭の中にはモダン・ジャズ・カルテットのイメージがよぎったことと思うが,果たして出来上がりは性格の異なるMJQであった。

 モダン・ジャズ・カルテットの活動は長い。マンハッタン・ジャズ・クインテットの活動も長くなった。
 「スイングジャーナル」誌が廃刊となった今,そろそろ大団円を期待したい! デビュー作『MANHATTAN JAZZ QUINTET』のリテイクで!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第59回(2016年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第59回(2016年度)のグラミー賞が昨日発表された。

 世間的にはグラミー賞史上初となる,アデルの2012年に続く2度目の主要3部門受賞であろう。あるいは内田光子の日本人初となる2度目の受賞であろう。
 個人的にはストリーミング・サービスでの無料配信のみという形で音楽を発表していたチャンス・ザ・ラッパーがグラミー賞の規定を改訂させた上での,最優秀新人賞を含めた3冠受賞が世界を変えた!

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


COUNTRY FOR OLD MEN★ I'm So Lonesome I Could Cry
John Scofield, soloist
Track from: Country For Old Men

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


希望へのアレイ★ Take Me To The Alley
Gregory Porter


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


COUNTRY FOR OLD MEN★ Country For Old Men
John Scofield


----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


Presidential Suite★ Presidential Suite: Eight Variations On Freedom
Ted Nash Big Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


Tribute to Irakere - Live in Marciac★ Tribute To Irakere: Live In Marciac
Chucho Valdes


----------------------------------------------------------------------------

 ジョン・スコフィールドが2年連続のグラミー受賞! しかも今年は「BEST IMPROVISED JAZZ SOLO」と「BEST JAZZ INSTRUMENTAL JAZZ」のW受賞ときた!
 ジャズ界は現在,ジョン・スコフィールドを中心に回っている!

 特に『COUNTRY FOR OLD MEN』は,純ジャズではなくカントリー作品。にもかかわらずジャズ部門で受賞するのだから,どんだけジョン・スコフィールドに注目が集まっているかが分かるというもの。

 まっ,グラミー賞ジョン・スコフィールドに注目するのが遅すぎただけで,マイルス・デイビスの眼は確か! 元々,ジョン・スコフィールドというジャズ・ギタリストはブルースやカントリーを丸呑みしてきたギタリストJAM界の中心人物の1人でもある。

 今回の2年連続受賞&W受賞で風向きが変わるのか? ありがとうインパレス! 頑張れインパレス! 『A GO GO』は1998年−2016年のジョン・スコフィールドジャズ・ライフ

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1983年度(第17回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1983年度(第17回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

スター・ピープル★【金賞】.スター・ピープル
マイルス・デイビス


----------------------------------------------------------------------------

STANDARDS, VOL.1★【銀賞】.スタンダーズ VOL.1
キース・ジャレット・トリオ


----------------------------------------------------------------------------

Gershwin Live★【ボーカル賞】.ガーシュイン・ライブ!
サラ・ボーン


----------------------------------------------------------------------------

ON GREEN DOLPHIN STREET★【日本ジャズ賞】.グリーン・ドルフィン
宮沢昭


----------------------------------------------------------------------------

ジャロウ★【録音賞(海外)】.ジャロウ
アル・ジャロウ


----------------------------------------------------------------------------

SHORTY ROGERS & HIS GIANTS RE-ENTRY★【録音賞(国内)】.ショーティ・ロジャース・アンド・ヒズ・ジャイアンツ・リ・エントリー
 ショーティ・ロジャース

----------------------------------------------------------------------------

クリフォード・ブラウン・パーフェクト・コレクション・オン・エマーシー★【編集企画賞】.オリジナル・エマーシー・コレクション11+2
 クリフォード・ブラウン

----------------------------------------------------------------------------

アイル・ビー・ア・ソング(紙ジャケット仕様)★【制作企画賞】.アイル・ビー・ア・ソング
ナンシー・ウイルソン


----------------------------------------------------------------------------

ザ・ララバイ★【特別賞】.一連のベイステイト・レーベルによるケニー・ドリュー自主制作アルバム


----------------------------------------------------------------------------

 大真面目な題材としてのスタンダーズを演奏するために,キース・ジャレット自らが望んだメンバー,ベースゲイリー・ピーコックドラムジャック・デジョネットとによるピアノ・トリオデビュー作『STANDARDS,VOL.1』が【銀賞】受賞。

 それまでキース・ジャレットと来れば,ソロ・ピアノアメリカン・カルテットヨーロピアン・カルテットだった。
 いろいろとやりたいことをやってきた“あの”キース・ジャレットが,ジャズスタンダードを演奏するとは…。

 発売当初から賛否両論。だって『STANDARDS,VOL.1』の選曲は「誰もが知らないスタンダーズ集」。キース・ジャレット・トリオが演奏することで『STANDARDS,VOL.1』は「誰もが知っているスタンダーズ集」へと変化した。

 その結果が【銀賞】受賞である。発売から選考までにもう1年あれば“帝王”マイルス・デイビスマーカス・ミラーの【金賞】を超えてしまったことであろう。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1982年度(第16回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1982年度(第16回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

ウィ・ウォント・マイルス+3★【金賞】.ウィ・ウォント・マイルス
マイルス・デイビス


----------------------------------------------------------------------------

ニューヨーク1980 ギル・エヴァンス・ライブ・アット・ザ・パブリック・シアター★【銀賞】.ニューヨーク1980 ギル・エヴァンス・ライブ・アット・ザ・パブリック・シアター
ギル・エバンス

----------------------------------------------------------------------------

枯葉★【ボーカル賞】.枯葉
サラ・ボーン


----------------------------------------------------------------------------

スピリチュアル・モーメンツ★【日本ジャズ賞】.スピリチュアル・モーメンツ
富樫雅彦


----------------------------------------------------------------------------

ブロッサム★【録音賞(海外)】.ブロッサム
サブラマニアム・ウイズ・ハービー・ハンコック〜ラリー・コリエル

----------------------------------------------------------------------------

Eyewitness★【録音賞(国内)】.目撃者
スティーヴ・カーン


----------------------------------------------------------------------------

RCAスイング・バンド〜レディ・シンガー・コレクション★【制作企画賞】.RCAスイング・バンド〜レディ・シンガー・コレクション (全12枚)


----------------------------------------------------------------------------

★【制作企画賞】.一連のテイチク株式会社自主制作ジャズ・アルバム

----------------------------------------------------------------------------

 『ウィ・ウォント・マイルス』が【金賞】受賞。
 【金賞】受賞をマイルス・デイビスの“完全復活”と読むのが普通の反応なのだろうが,管理人的には「時代がジャコ・パストリアスからマーカス・ミラーへと動いた」と読んでしまう。

 管理人はマーカス・ミラーが大好きでして,当然全てのリーダー・アルバムをフォローしているのだが,実は一番好きなマーカス・ミラーと来れば,デビュー直後のセッションベーシスト時代である。

 フュージョン名盤に「ファースト・コール」で参加していた,あのマーカス・ミラージャズを演奏した。それも“帝王”マイルス・デイビスに見初められての大暴れ!

 『ウィ・ウォント・マイルス』には,マイルス・デイビスが愛した,管理人も愛した,そして全ジャズフュージョン・ファンも愛するであろう,マーカス・ミラー“必殺”の超絶チョッパーが記録されている。

 超絶ベーシストマーカス・ミラーを見逃さない,マイルス・デイビスの“眼力”こそがマイルス・デイビス“完全復活”の証しであろう。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第59回(2016年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2016年,グラミー賞ノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


☆ CountdownJoey Alexander, soloist / Track from: Countdown
☆ In MovementRavi Coltrane, soloist / Track from: In Movement (Jack DeJohnette, Ravi Coltrane & Matthew Garrison)
☆ We SeeFred Hersch, soloist / Track from: Sunday Night At The Vanguard (The Fred Hersch Trio)
☆ I Concentrate On YouBrad Mehldau, soloist / Track from: Blues And Ballads (Brad Mehldau Trio)
☆ I'm So Lonesome I Could CryJohn Scofield, soloist / Track from: Country For Old Men

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


☆ Sound Of RedRene Marie
☆ Upward SpiralBranford Marsalis Quartet With Special Guest Kurt Elling
☆ Take Me To The AlleyGregory Porter
☆ Harlem On My MindCatherine Russell
☆ The Sting VariationsThe Tierney Sutton Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


☆ Book Of IntuitionKenny Barron Trio
☆ Country For Old MenJohn Scofield
☆ Dr. UmPeter Erskine
☆ Sunday Night At The VanguardThe Fred Hersch Trio
☆ NearnessJoshua Redman & Brad Mehldau

----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ Real EnemiesDarcy James Argue's Secret Society
☆ MONK'estra, Vol.1John Beasley
☆ Kaleidoscope Eyes: Music Of The BeatlesJohn Daversa
☆ All L.A. BandBob Mintzer
☆ Presidential Suite: Eight Variations On FreedomTed Nash Big Band

----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


☆ Entre ColegasAndy Gonzalez
☆ Madera Latino: A Latin Jazz Perspective On The Music Of Woody ShawBrian Lynch & Various Artists
☆ Canto AmericaMichael Spiro/Wayne Wallace La Orquesta Sinfonietta
☆ 30Trio Da Paz
☆ Tribute To Irakere: Live In MarciacChucho Valdes

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1981年度(第15回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1981年度(第15回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

ワード・オブ・マウス★【金賞】.ワード・オブ・マウス
ジャコ・パストリアス


----------------------------------------------------------------------------

WHERE FLAMINGOS FLY★【銀賞】.フラミンゴの飛翔
ギル・エバンス


----------------------------------------------------------------------------

サラ・ヴォーン・アンド・ザ・カウント・ベイシー・オーケストラ (紙ジャケット仕様)★【ボーカル賞】.サラ・ボーン・アンド・ザ・カウント・ベイシー・オーケストラ
サラ・ボーン

----------------------------------------------------------------------------

マイ・ピッコロ★【日本ジャズ賞】.マイ・ピッコロ
宮沢昭


----------------------------------------------------------------------------

フォーク・ソングス★【録音賞(海外)】.フォーク・ソングス
チャーリー・ヘイデン〜ヤン・ガルバレク〜エグベルト・ギスモンティ

----------------------------------------------------------------------------

マンハッタン・スカイライン★【録音賞(国内)】.マンハッタン・スカイライン
宮野弘紀


----------------------------------------------------------------------------

ライブ・イン・ジャパン〜1961★【編集企画賞】.アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ1961〜ライブ・イン・ジャパン VOL.1&2アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ

----------------------------------------------------------------------------

イッツ・ワンダーランド★【制作企画賞】.イッツ・ワンダーランド
イッツ


----------------------------------------------------------------------------

マイ・ラブ★【制作企画賞】.マイ・ラブ
サリナ・ジョーンズ


----------------------------------------------------------------------------

 ウェザー・リポート在籍中のジャコ・パストリアスがリリースした6年振りのソロ・アルバム『ワード・オブ・マウス』が【金賞】受賞。ジャコ・パストリアス個人としては3年連続の【金賞】受賞。

 ウェザー・リポートコロンビアと契約中。にも関わらずジャコ・パストリアスが契約したのはコロンビアのライバルであるワーナー・ブラザーズコロンビアが激怒しワーナー・ブラザーズが大喜びした『ワード・オブ・マウス』であったが,内容のぶっ飛び具合にワーナー・ブラザーズも混乱した,という曰くつきの大名盤

 こんな逸話こそが,大手レコード会社でさえ理解できなかったジャコ・パストリアスの先進性の証し! くしくも本日発表された2016年の「流行語大賞」は「神ってる」!
 2016年に「神ってる」のは広島カープの鈴木誠也外野手だったが,1981年に「神ってる」のはジャコ・パストリアス
 壮大すぎるオーヴァー・ダビングの生々しさと常人にはとても考えつかないビッグ・バンドでの高速4ビート!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1980年度(第14回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1980年度(第14回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

ナイト・パッセージ★【金賞】.ナイト・パッセージ
ウェザー・リポート


----------------------------------------------------------------------------

IN CONCERT, ZURICH, OCTOBER 28, 1979★【金賞】.イン・コンサート
チック・コリア&ゲイリー・バートン


----------------------------------------------------------------------------

ニューヨーク1980 ギル・エヴァンス・ライブ・アット・ザ・パブリック・シアター(紙ジャケット仕様)★【銀賞】.ライブ・アット・ザ・パブリック・シアター
ギル・エバンス


----------------------------------------------------------------------------

カミング・ホーム・アゲイン (HQCD)★【ボーカル賞】.カミング・ホーム・アゲイン
カーメン・マクレエ


----------------------------------------------------------------------------

Amtrak Blues★【ボーカル賞】.アムトラック・ブルース
アルバータ・ハンター


----------------------------------------------------------------------------

兆★【日本ジャズ賞】.
富樫雅彦〜山下洋輔


----------------------------------------------------------------------------

ウィズアウト・ライム・オア・リーズン★【録音賞(海外)】.ウィズアウト・ライム・オア・リーズンスコット・ジャレット


----------------------------------------------------------------------------

マイ・リトル・スエード・シューズ(紙ジャケット仕様)★【録音賞(国内)】.マイ・リトル・スエード・シューズ
西直樹


----------------------------------------------------------------------------

ビング・クロスビーの想い出★【編集企画賞】.ビング・クロスビーの想い出



----------------------------------------------------------------------------

セッション・イン・パリ VOL.1 ソング・オヴ・ソイル★【制作企画賞】.富樫雅彦セッション・イン・パリ VOL.1,VOL.2


----------------------------------------------------------------------------

 ウェザー・リポート強し! 1979年,1980年と2年連続【金賞】受賞!
 激動の70年代を締めくくり,成熟の80年代の幕開けを告げるにふさわしい『ナイト・パッセージ』こそが“ウェザー・リポートの時代”であったことの証しである。

 ただし,ネタバレになるがしょうがない。1981年の【金賞】受賞はジャコ・パストリアスの『ワード・オブ・マウス』。つまりジャコ・パストリアス個人としては3年連続の【金賞】受賞なのである。

 ウェザー・リポートにおけるジャコパスの役割は,絶対にジョー・ザビヌルウェイン・ショーターの2トップには敵わないが,ジャコ・パストリアスがいたからこそのウェザー・リポートの「黄金期」!
 “世紀の名バラードジャコ・パストリアス印の【THREE VIEWS OF A SECRET】が生まれて良かった!

 おおっと! ウェザー・リポートエレクトリックジャズで世界を席巻している最中に誕生した,真にHOTでCRYSTALアコースティックジャズの「伝説のライヴ盤」=チック・コリア&ゲイリー・バートンの『イン・コンサート』も【金賞】受賞!

 『イン・コンサート』の本物は「永遠に色褪せない」。「永遠のバイブレーション」に心が震えるのだろう。

 エレクトリックでもアコースティックでもジャズジャズ。バンド・サウンドならではの「強烈なカラーとパワー」が聴こえてくる。デュエットならではの「音の会話」が聴こえてくる。

 そう。ジャズとは「試行錯誤の瞬間芸術」である。
 ウェザー・リポートの5人とチック・コリア&ゲイリー・バートンの2人。なんだか2015年の芥川賞を受賞した又吉直樹と羽田圭介みたいな関係ですよね?

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1979年度(第13回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1979年度(第13回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

8:30★【金賞】.8:30(エイト・サーティー)
ウェザー・リポート


----------------------------------------------------------------------------

塩銀杏★【銀賞】.塩銀杏
秋吉敏子〜ルー・タバキン・ビッグ・バンド


----------------------------------------------------------------------------

アイ・ラヴ・ブラジル!★【ボーカル賞】.アイ・ラヴ・ブラジル!
サラ・ボーン


----------------------------------------------------------------------------

陽光★【日本ジャズ賞】.陽光
富樫雅彦〜鈴木勲


----------------------------------------------------------------------------

ジャスト・フレンズ★【録音賞(海外)】.ジャスト・フレンズ
L.A.4


----------------------------------------------------------------------------

陽光★【録音賞(国内)】.陽光
富樫雅彦〜鈴木勲


----------------------------------------------------------------------------

ザ・45・セッション★【編集企画賞】.ブルーノート世界初登場1800シリーズ [全12枚]


----------------------------------------------------------------------------

奇妙な果実★【編集企画賞】.ジャズ・ライブラリー1500シリーズ <コモドア編> [全12枚]


----------------------------------------------------------------------------

ジャズ・アドヴァンス★【編集企画賞】.幻の名盤1800シリーズ [全10枚]



----------------------------------------------------------------------------

FIRST TIME★【制作企画賞】.ファースト・タイム
山下洋輔


----------------------------------------------------------------------------

アフロディーテの祈り★【特別賞】.アフロディーテの祈り
中本マリ


----------------------------------------------------------------------------

 ウェザー・リポートLP2枚組(A面・B面・C面がライブ+D面がスタジオ新曲)の『8:30(エイト・サーティー)』が【金賞受賞

 ついに「最後のピース」ピーター・アースキンが加入したからなのか,ライブだからなのか,ウェザー・リポートベスト盤的な人気曲が,スタジオ盤以上に爆発している。
 緻密な音造りを目指していたジョー・ザビヌルウェイン・ショーターだったが,ライブになると“ジャズメン魂”が顔を出し,ノリノリのシャッフルでグルーヴィージャコパスピーター・アースキンと対峙している。凄いテンションの演奏である。

 そうして一通り楽しんだ後に提示される「ジャズの未来型」「来るべき4ビート」の新曲が最高級。ジャズの多様性と原点重視の両立がメインストリームとなることを預言してみせた,歴史的な名盤である。

 過去の実験を「総決算」してみせたライブ録音への絶対的な自信がウェザー・リポートに新たなる「予報」を出させたスタジオ録音の実験作。
 エレクトリックジャズ「黄金時代」の到来であった。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1978年度(第12回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1978年度(第12回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

クンビア&ジャズ・フュージョン★【金賞】.クンビア&ジャズ・フュージョン
チャールス・ミンガス


----------------------------------------------------------------------------

サンベア・コンサート★【銀賞】.サンベア・コンサート
キース・ジャレット


----------------------------------------------------------------------------

ハウ・ロング・ハズ・ディス・ビーン・ゴーイング・オン★【ボーカル賞】.ハウ・ロング・ハズ・ディス・ビーン・ゴーイング・オン
サラ・ボーン&オスカー・ピーターソン・ビッグ4

----------------------------------------------------------------------------

BACK TO THE SEA★【日本ジャズ賞】.海の誘い
三木敏悟&インナー・ギャラクシー・オーケストラ


----------------------------------------------------------------------------

ビッグ・ブルース★【録音賞(海外)】.ビッグ・ブルース
アート・ファーマー&ジム・ホール


----------------------------------------------------------------------------

HUNT UP WIND★【録音賞(国内)】.ハント・アップ・ウインド
福村博・ウイズ・渡辺貞夫


----------------------------------------------------------------------------

ジャズ栄光の巨人たち★【編集企画賞】.ジャズ栄光の巨人たち全20巻



----------------------------------------------------------------------------

カリフォルニア・シャワー★【制作企画賞】.カリフォルニア・シャワー
渡辺貞夫


----------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレット完全即興ソロ・ピアノの日本公演集『サンベア・コンサート』が【銀賞受賞

 『サンベア・コンサート』は,今でこそ「CD6枚組」(これでも凄い!)だが「ジャズ・ディスク大賞」選考時は「LP」10枚組。圧倒的なボリュームである。

 思うに,この「LP10枚組」なのが【銀賞】の理由である。内容で選べば突出した【金賞】もののLPが10枚。1枚1枚その全てが【金賞】ものなのだから1枚でも聴き終わると疲れが出る。

 それでも10枚が10枚ともオミットできないクオリティなのだから致し方ない。もやは大衆向けではない。もはや選考委員向けでもない。ただ美しい音楽が聴きたい,美しいピアノが聴きたい,芸術としてのジャズが聴きたい人のためにリリースされたのが『サンベア・コンサート』なのである。

 『サンベア・コンサート』が,LP1枚,あるいは2枚組,3枚組までであれば【金賞受賞は勿論のこと,あの『ケルン・コンサート』並みの人気を博したことと思っている。

 一般大衆にとって『サンベア・コンサート』の「質と量」が神すぎた。スイングジャーナルの読者としても「LP10枚組」を【金賞】に推されても困ってしまう?
 キース・ジャレットが【金賞】をチャールス・ミンガスに譲ったのは,ただそれだけの理由なのである…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1977年度(第11回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1977年度(第11回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

V.S.O.P★【金賞】.ニューポートの追想
ハービー・ハンコック


----------------------------------------------------------------------------

アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード★【銀賞】.ザ・グレイト・ジャズ・トリオ・アット・ザ・ビレッジ・バンガードVOL.1,2
ザ・グレイト・ジャズ・トリオ

----------------------------------------------------------------------------

テイルズ・オブ・アナザー★【銀賞】.テイルズ・オブ・アナザー
ゲイリー・ピーコック


----------------------------------------------------------------------------

HEAVY WEATHER★【銀賞】.ヘビー・ウェザー
ウェザー・リポート


----------------------------------------------------------------------------

ハイフライ(紙)★【ボーカル賞】.ハイ・フライ
カーリン・クローグ&アーチー・シェップ


----------------------------------------------------------------------------

北欧組曲[Blu-spec CD]★【日本ジャズ賞】.北欧組曲
高橋達也と東京ユニオン


----------------------------------------------------------------------------

フィンガー・ペインティング★【録音賞(海外)】.フィンガー・ペインティング
アール・クルー


----------------------------------------------------------------------------

ルビサ・パトロール★【録音賞(海外)】.ルビサ・パトロール
アート・ランディ


----------------------------------------------------------------------------

LADY BIRD★【録音賞(国内)】.レディ・バード
八城一夫〜横内章次


----------------------------------------------------------------------------

★【制作企画賞】.ジョン・コルトレーン没後10周年追悼企画 [3作]

----------------------------------------------------------------------------

 全43回のジャズ・ディスク大賞であるが,個人的には1977年度のジャズ・ディスク大賞が一番熱い!
 なんてったって,選考が難航したのか【銀賞】が異例の3つ。その【銀賞】のどれもが【金賞】を獲ってもおかしくない超名盤の揃い踏み!

 ハービー・ハンコックの“最高傑作”『ニューポートの追想』。ハンク・ジョーンズの“最高傑作”『ザ・グレイト・ジャズ・トリオ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード』。ゲイリー・ピーコックの“最高傑作”『テイルズ・オブ・アナザー』。ウェザー・リポートの“最高傑作”『ヘビー・ウェザー』。

 こんなことってある? 管理人も悩みに悩んで【金賞】はハービー・ハンコックの『ニューポートの追想』に決めましたが,お好みで『ザ・グレイト・ジャズ・トリオ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード』にも『テイルズ・オブ・アナザー』にも『ヘビー・ウェザー』にも【金賞】を与えてOKですよっ。この年ばかりは許されますっ。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1976年度(第10回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1976年度(第10回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

インサイツ★【金賞】.インサイツ
秋吉敏子〜ルー・タバキン・ビッグ・バンド


----------------------------------------------------------------------------

“CLOSENESS”DUETS★【銀賞】.クロースネス
チャーリー・ヘイデン


----------------------------------------------------------------------------

Where Is Love★【ボーカル賞】.恋の行方
アイリーン・クラール


----------------------------------------------------------------------------

GUILD FOR HUMAN MUSIC★【日本ジャズ賞】.ギルド・フォー・ヒューマン・ミュージック富樫雅彦


----------------------------------------------------------------------------

エイト・マイル・ロード★【録音賞(海外)】.エイト・マイル・ロード
川崎燎


----------------------------------------------------------------------------

SIDE by SIDE 2.★【録音賞(国内)】.サイド・バイ・サイド2
八城一夫トリオ


----------------------------------------------------------------------------

★【編集企画賞】.MCAビッグ・バンド・ジャズ・シリーズ [全12作]

----------------------------------------------------------------------------

メエルストルムの渦★【編集企画賞】.メエルストルムの渦
レニー・トリスターノ


----------------------------------------------------------------------------

観自在★【制作企画賞】.観自在
佐藤允彦ソロ・ピアノ


----------------------------------------------------------------------------

 ジャズ・ディスク大賞は【金賞】【銀賞】【日本ジャズ賞】しか意味がないと思っていたが【編集企画賞】は,どうしても必要だと思うようになった。
 【編集企画賞】の存在によってレコード会社のモチベーションが上がるのであれば,この賞を乱発してもよいと思った。

 「生きる伝説」と化していたレニー・トリスターノを“拝み倒しては”過去の発掘音源の発売権を交渉・獲得してきた「EAST WIND」の熱心な仕事ぶりは最大限の称賛に値する。
 『メエルストルムの渦』の発売はジャズの歴史において大変重要なものだと思う。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1975年度(第9回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1975年度(第9回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

スピリチュアル・ネイチャー★【金賞】.スピリチュアル・ネイチャー
富樫雅彦


----------------------------------------------------------------------------

アガルタ★【銀賞】.アガルタ
マイルス・デイビス


----------------------------------------------------------------------------

★【ボーカル賞】.ベティ・カーターベティ・カーター

----------------------------------------------------------------------------

スピリチュアル・ネイチャー★【日本ジャズ賞】.スピリチュアル・ネイチャー
富樫雅彦


----------------------------------------------------------------------------

オマージュ★【録音賞(海外)】.オマージュ
アンドリュー・ヒル


----------------------------------------------------------------------------

コンファメーション★【録音賞(国内)】.コンファーメーション
シーラ・ジョーダン


----------------------------------------------------------------------------

ファッツ・ウォーラー★【制作企画賞】.RCAジャズ栄光の遺産シリーズ
[全17巻]



----------------------------------------------------------------------------

幻のモカンボ・セッション’54★【編集企画賞】.幻のモカンボ・セッション’54,同VOL.2



----------------------------------------------------------------------------

 【金賞】【日本ジャズ賞】の「2冠」に輝いた富樫雅彦の『スピリチュアル・ネイチャー』が素晴らしい。 しかし,個人的には【日本ジャズ賞】で十分である。【金賞】には値しないと思っている(富樫雅彦ファンの皆さん,ごめんなさい)。

 富樫雅彦にとっては時代が悪すぎた。富樫雅彦の絶頂期に被るのがマイルス・デイビスの絶頂期。
 ゆえに『アガルタ』の【銀賞】には納得している。では『アガルタ』より上位の【金賞】とは何か?
 『パンゲア』である。「アガパンパン」の方が【金賞】である。

 昼公演の『アガルタ』と夜公演の『パンゲア』。この並び順からして『パンゲア』の破壊力が想像できることと思う。
 『パンゲア』に浸りすぎると人格が破壊されるのかもしれないが,それでもエムトゥーメと同じ気持ちであって「カモンマ,カモンマ」と感極まって叫び続けている。

 “電化マイルス”こそが最強である。“電化マイルス”個人的に一番買っているのは『イン・ア・サイレント・ウェイ』なのだが「アガパンパン」の破壊力は別格である。
 「アガパンアガ」も【銀賞】にふさわしい大名盤ですので〜。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1974年度(第8回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1974年度(第8回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

SOLO CONCERTS★【金賞】.ソロ・コンサート
キース・ジャレット


----------------------------------------------------------------------------

孤軍★【銀賞】.孤軍
秋吉敏子〜ルー・タバキン・ビッグ・バンド


----------------------------------------------------------------------------

Live in Japan★【ボーカル賞】.ライブ・イン・ジャパン
サラ・ボーン


----------------------------------------------------------------------------

ソング・フォー・マイセルフ★【日本ジャズ賞】.ソング・フォー・マイセルフ
富樫雅彦


----------------------------------------------------------------------------

THRUST★【録音賞(海外)】.スラスト(突撃)
ハービー・ハンコック


----------------------------------------------------------------------------

ミスティ MISTY★【録音賞(国内)】.ミスティ
山本剛


----------------------------------------------------------------------------

アフロ・ブルー★【特別企画賞】.アフロ・ブルー
ディー・ディー・ブリッジウォーター


----------------------------------------------------------------------------

 後のソロ・ピアノの“芸術”を確立した“真打”キース・ジャレットの『ソロ・コンサート』が【金賞】!
 キース・ジャレットの『ソロ・コンサート』の功績とは,現代にまで途切れることなく有能なピアニストによるソロ・ピアノがリリースされ続けてきたことであろう。
 キース・ジャレットの『ソロ・コンサート』の功罪とは,1つの完成されたファーマットゆえに,後のソロ・ピアノの創造性が遅れる影響力を与えたことであろう。

 それくらい圧倒的な存在感。“芸術”である。キース・ジャレットの全ソロ・ピアノの中でも屈指の大名演である。
 こんな「長編小説」のような即興ってあったんだ!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1973年度(第7回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1973年度(第7回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

Echoes of a Friend★【金賞】.エコーズ・オブ・ア・フレンド
マッコイ・タイナー


----------------------------------------------------------------------------

アフリカン・ピアノ★【銀賞】.アフリカン・ピアノ
ダラー・ブランド


----------------------------------------------------------------------------

ライヴ・アット・カーネギー・ホール★【ボーカル賞】.ライブ・アット・カーネギー・ホール
エラ・フィッツジェラルド


----------------------------------------------------------------------------

BLOW UP★【日本ジャズ賞】.ブロー・アップ
鈴木勲


----------------------------------------------------------------------------

ルータ・アンド・ダイチャ★【録音賞(海外)】.ルータ&ダイチャ
キース・ジャレット&ジャック・ディジョネット


----------------------------------------------------------------------------

ソロ★【録音賞(国内)】.ソロ
セシル・テイラー


----------------------------------------------------------------------------

THE KEYNOTE JAZZ COOLECTION 1941-1947(11CD+124PAGE BOOKLET+POSTER)★【特別企画賞】.キイノート・シリーズ [全15枚]



----------------------------------------------------------------------------

 ついに来たソロ・ピアノの大ブーム!
 マッコイ・タイナーの『エコーズ・オブ・ア・フレンド』が【金賞】。ダラー・ブランドの『アフリカン・ピアノ』が【銀賞】。セシル・テイラーの『ソロ』が【録音賞】で“ソロ・ピアノ一色”の展開である。

 そんな中,ソロ・ピアノの代名詞=キース・ジャレットジャック・ディジョネットと組んだ『ルータ&ダイチャ』が【録音賞】で顔をのぞかせている。そう。全てはECMによる仕掛けなのである。

 『ルータ&ダイチャ』は,キース・ジャレットが“電化マイルス”以来の盟友=ジャック・ディジョネットと2人で再構築して見せたデュエットものの大傑作!

 キース・ジャレットの『フェイシング・ユー』〜チック・コリアの『ソロ VOL.1』『ソロ VOL.2』でソロ・ピアノの流れを作ったECMの次なる狙いはデュエットであった。

 ほらね,キース・ジャレット&ジャック・ディジョネットの次はチック・コリア&ゲイリー・バートンも控えている…。アイヒャー…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1972年度(第6回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1972年度(第6回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

Return to Forever★【金賞】.リターン・トゥ・フォーエバー
チック・コリア


----------------------------------------------------------------------------

チック・コリア・ソロ Vol.1★【銀賞】.チック・コリア・ソロ VOL.1
チック・コリア


----------------------------------------------------------------------------

ジミー・ラッシング・ラスト・アルバム★【ボーカル賞】.ラスト・アルバム
ジミー・ラッシング


----------------------------------------------------------------------------

渡辺貞夫★【日本ジャズ賞】.サダオ・ワタナベ
渡辺貞夫


----------------------------------------------------------------------------

牡羊座の詩(紙ジャケット仕様)★【日本ジャズ賞】.
日野皓正


----------------------------------------------------------------------------

アウトバック★【録音賞(海外)】.アウトバック
ジョー・ファレル


----------------------------------------------------------------------------


ジス・イズ・ホンダ★【録音賞(国内)】.ジス・イズ・ホンダ
本田竹曠


----------------------------------------------------------------------------

★【特別企画賞】.アメリカン・ミュージック・シリーズ [全10枚]

----------------------------------------------------------------------------

★【特別賞】.スリー・ブランド・マイス・レコード [全12枚]

----------------------------------------------------------------------------

 『リターン・トゥ・フォーエヴァー』について議論となるのは「名盤か否か」などではなく,名盤の理由としての「時代の名盤なのか,チック・コリア名盤なのか」なのである。

 この問題に答えを出すのは非常に難しいのだが,管理人は(どちらかと言えば ←逃げ道を作っている?)後者を支持する。
 そう。『リターン・トゥ・フォーエヴァー』は,70年代ジャズフュージョンの“最高傑作”にして,チック・コリアの“最高傑作”である(これは言い過ぎ? ←逃げ道が必要かも?)。

 【金賞受賞の『リターン・トゥ・フォーエヴァー』が仮に明日発売されたとしたら,2016年の耳をしても年度代表“カモメ”になるに違いない! 全ての成功は,時代を超えるチック・コリアの“天才”にある。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第58回(2015年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第58回(2015年度)のグラミー賞が本日発表された。

 世間的にはテイラー・スウィフトの3冠であろう。特に「年間最優秀アルバム」の2度の受賞は女性アーティスト史上初の快挙であるが,管理人的には小澤征爾が8回目のグラミー賞・ノミネートで,80歳にしての初受賞は「8度目の正直」!

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード [日本語帯/解説付] [輸入CD]★ Cherokee
Christian McBride, soloist
Track from: Live At The Village Vanguard (Christian McBride Trio)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


フォー・ワン・トゥ・ラヴ★ For One To Love
Cecile McLorin Salvant


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


Past Present★ Past Present
John Scofield


----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


Thompson Fields★ The Thompson Fields
Maria Schneider Orchestra


----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


Made in Brasil★ Made In Brazil
Eliane Elias


----------------------------------------------------------------------------

 パット・メセニーが「グラミー受賞の常連」なのに対して,パット・メセニーのライバルであるジョン・スコフィールドは「無冠の帝王」。この差は何なの? レコード会社の力関係?

 しか〜し,ついにジョン・スコフィールドが「無冠の帝王」を返上する『PAST PRESENT』! ありがとうインパルス

 本当はリキを入れて,この後『PAST PRESENT』を絶賛したいのですが,いかんせん未聴です。すみません。
 ゆえに2年連続グラミー受賞クリスチャン・マクブライドの絶賛に逃げる。が,いかんせんこちらも未聴。どうもすみません。

 「独身貴族」ではなくなって1年半。この間100枚ぐらいしかCDを買えていない。予算縮小の中,いかにしてお気に入りを探すか,がテーマとなっているジャズフュージョン・マニア。
 以前は冗談で書いていたのに,今年からは本気で“グラミーノミネート”を参考に追いかけてみることにしようかなぁ。

 ションボリなのは,主演ミュージカル「王様と私」が受賞を逃した渡辺謙と管理人…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1971年度(第5回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1971年度(第5回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

ウェザー・リポート★【金賞】.ウェザー・リポート
ウェザー・リポート


----------------------------------------------------------------------------

Nuits De La Fondation Maeght 1970★【銀賞】.アルバート・アイラー・ラスト・レコーディング VOL.1,2
アルバート・アイラー


----------------------------------------------------------------------------

ブルース・アンド・バラッズ+4★【ボーカル賞】.ブルース・アンド・バラード
カーリン・クローグ&デクスター・ゴードン


----------------------------------------------------------------------------

牡羊座の詩(紙ジャケット仕様)★【日本ジャズ賞】.牡羊座の詩
ニューハード+富樫雅彦


----------------------------------------------------------------------------

ROAD★【録音賞(海外)】.
ポール・ウィンター


----------------------------------------------------------------------------


テディ・ウィルソン+北村英治★【録音賞(国内)】.テディ・ウィルソン+北村英治
テディ・ウィルソン+北村英治


----------------------------------------------------------------------------

In Tokyo: Live 1953★【特別企画賞】.JATPイン・トーキョー
40年代のJATP


----------------------------------------------------------------------------

 宮間利之とニューハードが『天秤座の詩』では佐藤允彦と組んで『牡羊座の詩』では富樫雅彦と組んで,2年連続【日本ジャズ賞受賞の快挙。

 確かに佐藤允彦富樫雅彦も【日本ジャズ賞】の常連であるが,今回の「NEW HERD」名義の連続受賞は,佐藤允彦富樫雅彦の力を借りずとも,単独で受賞したであろう,老舗ビッグ・バンドとしての実力の賜物であろう。

 「オリジナルに飢えていた」ビッグ・バンドが,佐藤允彦富樫雅彦の書いたフリージャズに魅了され,佐藤允彦富樫雅彦の「想像を超えた音楽表現」の大傑作。素晴らしき日本ジャズの誇りである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1970年度(第4回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1970年度(第4回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

ビッチェズ・ブリュー★【金賞】.ビッチェズ・ブリュー
マイルス・デイビス


----------------------------------------------------------------------------

スーパー・ノヴァ★【銀賞】.スーパー・ノバ
ウエイン・ショーター


----------------------------------------------------------------------------

メル・トーメ・スウィングズ・シューバート・アレイ★【ボーカル賞】.スウィングズ・シューバート・アレイ
メル・トーメ


----------------------------------------------------------------------------

名盤JAZZ25選~紙ジャケ2300 天秤座の詩(紙ジャケット仕様)★【日本ジャズ賞】.天秤座の詩
ニューハード+佐藤允彦


----------------------------------------------------------------------------

Human Music★【録音賞】.ヒューマン・ミュージック
ドン・チェリー


----------------------------------------------------------------------------

 60年代がフリージャズの時代であるならば,70年代はフュージョンの時代である。その幕開けを飾るのが【金賞受賞マイルス・デイビスビッチェズ・ブリュー』!

 別に『ビッチェズ・ブリュー』を聴かずとも,フュージョン名盤を聴くのは楽しいものだ。しかし,フュージョン名盤を漁り続けていると,必らずや『ビッチェズ・ブリュー』に行き当たる。

 そう。フュージョンを語る上で「絶対に外せない名盤」がマイルス・デイビスの『ビッチェズ・ブリュー』である。
 「絶対に負けられない戦いがある」はテレビ朝日である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第58回(2015年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2015年,グラミー賞ノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


☆ Giant StepsJoey Alexander, soloist / Track from: My Favorite Things
☆ CherokeeChristian McBride, soloist / Track from: Live At The Village Vanguard (Christian McBride Trio)
☆ Arbiters Of EvolutionDonny McCaslin, soloist / Track from: The Thompson Fields (Maria Schneider Orchestra)
☆ Friend Or FoeJoshua Redman, soloist / Track from: The Bad Plus Joshua Redman (The Bad Plus Joshua Redman)
☆ Past PresentJohn Scofield, soloist / Track from: Past Present

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


☆ Many A New Day: Karrin Allyson Sings Rodgers & HammersteinKarrin Allyson
☆ Find A HeartDenise Donatelli
☆ Flirting With DisasterLorraine Feather
☆ JamisonJamison Ross
☆ For One To LoveCecile McLorin Salvant

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


☆ My Favorite ThingsJoey Alexander
☆ BreathlessTerence Blanchard Featuring The E-Collective
☆ Covered: Recorded Live At Capitol StudiosRobert Glasper & The Robert Glasper Trio
☆ Beautiful LifeJimmy Greene
☆ Past PresentJohn Scofield

----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ Lines Of ColorGil Evans Project
☆ KolnMarshall Gilkes & WDR Big Band
☆ Cuba: The Conversation ContinuesArturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra
☆ The Thompson FieldsMaria Schneider Orchestra
☆ Home Suite HomePatrick Williams

----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


☆ Made In BrazilEliane Elias
☆ ImpromptuThe Rodriguez Brothers
☆ Suite CaminosGonzalo Rubalcaba
☆ IntercambioWayne Wallace Latin Jazz Quintet
☆ Identities Are ChangeableMiguel Zenon

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1969年度(第3回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1969年度(第3回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

LIBERATION MUSIC ORCHESTRA★【金賞】.リベレーション・ミュージック・オーケストラ
チャーリー・ヘイデン


----------------------------------------------------------------------------

モンタレーのミンガス★【銀賞】.モンタレーのチャーリー・ミンガス
チャールス・ミンガス


----------------------------------------------------------------------------

WE NOW CREATE★【日本ジャズ賞】.ウイ・ナウ・クリエイト
富樫雅彦


----------------------------------------------------------------------------

PALLADIUM★【日本ジャズ賞】.パラジウム
佐藤允彦トリオ


----------------------------------------------------------------------------

モントルー・ジャズ・フェスティバルのビル・エヴァンス★【録音賞(海外)】.モントルー・ジャズ・フェスティバルのビル・エヴァンス
ビル・エヴァンス

----------------------------------------------------------------------------

HI-NOLOGY★【録音賞(国内)】.ハイノロジー
日野皓正


----------------------------------------------------------------------------

 今回の「ジャズ・ディスク大賞」をシリーズ化と称して,改めて受賞作に目を通し,耳を通してみて気付いたことがある。

 それは1967年の【金賞】が『ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン VOL.1』。1968年の【金賞】が『クロイドン・コンサート』。そして1969年の【金賞】が『リベレーション・ミュージック・オーケストラ』ゆえ,3年連続のフリージャズ

 オーネット・コールマンに代わってチャーリー・ヘイデンなのだから,まだまだフリージャズ旋風が吹き荒れていたとは言えるが,オーネット・コールマン旋風はひとまず落ち着いていた,そう考えていたのだが『リベレーション・ミュージック・オーケストラ』のライナーノーツを読み返してみて驚いた…。


 そう。『リベレーション・ミュージック・オーケストラ』の原型とは,オーネット・コールマン抜きの『CRISISオーネット・コールマンカルテット
 実質の【金賞受賞は3年連続となるオーネット・コールマン! オーネット・コールマン強し!
 (チャーリー・ヘイデン・ファンの皆さん,すみません)

PS これと同じことが【日本ジャズ賞受賞の『ウイ・ナウ・クリエイト』と『パラジウム』の富樫雅彦にも言える訳でして…。興味のある読者の皆さんは少し調べてみてください…。そして富樫雅彦もやはりフリージャズであった…。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1968年度(第2回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1968年度(第2回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

クロイドン・コンサート★【金賞】.クロイドン・コンサート
オーネット・コールマン


----------------------------------------------------------------------------

ALL ALONE★【銀賞】.オール・アローン
マル・ウォルドロン


----------------------------------------------------------------------------

ページ2[+1]★【日本ジャズ賞】.ページ2
ジョージ大塚


----------------------------------------------------------------------------

ゴールデン・サークルのベンクト・ハルベルク★【録音賞】.ゴールデン・サークルのベンクト・ハルベルク
ベンクト・ハルベルク

----------------------------------------------------------------------------

We Get Requests★【録音賞】.プリーズ・リクエスト
オスカー・ピーターソン


----------------------------------------------------------------------------

 オーネット・コールマン強し! 1967年,1968年と2年連続【金賞】受賞!
 ただし,今でも名盤として語り続けられている『ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン VOL.1』と比較して『クロイドン・コンサート』は「忘却の彼方」。

 『クロイドン・コンサート』が,流行の音楽だったとは思わない。オーネット・コールマンのディスコグラフィーから抜け落ちているように感じる最大の理由は『クロイドン・コンサート』が,イギリスはロンドンでコンサートを開くための“クラシック”オーネット・コールマンだから。

 そう。イギリスで外国人がコンサートを開くための許可条件は“クラシック”オーネット・コールマン。【SOUNDS AND FORMS FOR WIND QUINTET】は,オーネット・コールマンの“公式”クラシック曲なのである。

 残る7トラックは,得意のフリージャズであり,観客の「理解」に欠けたイギリス公演。日本でも「理解」されなくて当然だと思うのだが,よもやの【金賞】受賞。
 『クロイドン・コンサート』はオーネット・コールマンが“顔”で獲った【金賞】である。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル主催 ジャズ・ディスク大賞 1967年度(第1回)

 「スイングジャーナル」誌が,レコード会社各社の自薦ノミネート作品を基にして,国内で該当年度中に発売されたCDLPビデオを対象に同誌委託の「ジャズ・ディスク大賞選考委員」によって選出される,日本ジャズ界に最も貢献した作品に贈られる「ジャズ・ディスク大賞」。

 今回は1967年度(第1回)の発表です。

----------------------------------------------------------------------------

ゴールデン・サークルのオーネット・コールマンVOL.1★【金賞】.ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン VOL.1
オーネット・コールマン

----------------------------------------------------------------------------

エクスプレッション★【銀賞】.エクスプレッション
ジョン・コルトレーン


----------------------------------------------------------------------------

イベリアン・ワルツ★【日本ジャズ賞】.イベリアン・ワルツ
渡辺貞夫&チャーリー・マリアーノ


----------------------------------------------------------------------------

限りなきドラム★【録音賞】.限りなきドラム
マックス・ローチ


----------------------------------------------------------------------------

Consequences Ft Don Cherry &amp; a★【特別企画賞】.フォンタナ・ニュー・ジャズ・シリーズ
[8作]



----------------------------------------------------------------------------

His Mother Called Him Bill★【特別賞】.デューク・エリントン [3作]



----------------------------------------------------------------------------

 1967年当時のジョン・コルトレーンこそが「時代の寵児」であった。マイルス・デイビスを超えるジャズ界のリーダーであった。『EXPRESSION』は,そんなジョン・コルトレーンの“遺作”である。

 しかし,死の5ヶ月前の演奏であって『EXPRESSION』は「死の直前」の遺作ではない。
 ただし「死をどこかで意識した」虚飾を廃し,純粋にインプロビゼーションの完成だけに思いを集中した演奏が,とめどなく美しい。
 ジョン・コルトレーンは,演奏中にいつ死んでもおかしくなかった。それ位にハードすぎる,身を削るフリージャズを先導していた。

 『EXPRESSION』は【銀賞】に値する。尤も,ジョン・コルトレーンのアルバムはその全てが【銀賞】に値する。そう思っている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-20

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は1〜5位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

バードランドの夜 完全版★5.バードランドの夜 VOL.1 VOL.2
アート・ブレイキー


--------------------------------------------------------------------------------------

アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション+1★4.アート・ペッパー・ミーツ・ザ・
リズム・セクション
アート・ペッパー


--------------------------------------------------------------------------------------

サキソフォン・コロッサス★3.サキソフォン・コロッサス
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

カインド・オブ・ブルー+1★2.カインド・オブ・ブルー
マイルス・デイビス



--------------------------------------------------------------------------------------

ワルツ・フォー・デビイ+4★1.ワルツ・フォー・デビイ
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

 ついに栄光のTOP5の大発表! ビル・エヴァンスマイルス・デイビスソニー・ロリンズアート・ペッパーアート・ブレイキーの超名盤。もはやどれが1位を取ってもおかしくありません。

 でもでもやっぱりジャズ・ファンは『ワルツ・フォー・デビイ』が好き。ビル・エヴァンスが弾く【ワルツ・フォー・デビイ】が好き。数多くのカヴァーが発売されてきたが,ビル・エヴァンス級で印象に残るのはチック・コリア木住野佳子の【ワルツ・フォー・デビイ】ぐらいなものである。管理人は今の今でもビル・エヴァンスが弾く『ワルツ・フォー・デビイ』に“恋焦がれて”しまっている。

 事実,管理人が『ワルツ・フォー・デビイ』を都合4回も買い換えてしまった。その購入動機はプレゼント用もあったのだが,高音質盤が出たとなると,どうしてもあの感動をもっと深く味わいたくなる!

 やっぱりジャズ・ファンにとっては,ビル・エヴァンスの『ワルツ・フォー・デビイ』であって【マイ・フーリッシュ・ハート】〜【ワルツ・フォー・デビイ】へと流れる瞬間の美しさ!
 分かっている。それでも「うっとり」してしまう。だ・か・ら「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤」の第1位!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-19

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は6〜10位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

リターン・トゥ・フォーエヴァー★10.リターン・トゥ・フォーエヴァー
チック・コリア


--------------------------------------------------------------------------------------

クール・ストラッティン★9.クール・ストラッティン
ソニー・クラーク


--------------------------------------------------------------------------------------

バラード★8.バラード
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

ポートレイト・イン・ジャズ★7.ポートレイト・イン・ジャズ
ビル・エヴァンス



--------------------------------------------------------------------------------------

サムシン・エルス★6.サムシン・エルス
キャノンボール・アダレイ


--------------------------------------------------------------------------------------

 70年代「ジャズフュージョン」の“最高傑作”チック・コリアの『リターン・トゥ・フォーエヴァー』がTOP10入り。
 順位は10位だが,次点のフュージョン・アルバムとなると,27位にマイルス・デイビスビッチェズ・ブリュー』となるのだから「ぶっち切り」のフュージョン1位である。

 この透明感,爽やかで優雅でブラジリアンで不思議な浮遊体験の通称“カモメ”の『リターン・トゥ・フォーエヴァー』こそ,70年代「ジャズフュージョン」の“最高傑作”にして,チック・コリア個人としての“最高傑作”でもある。

 ピアノ1つでアコースティックエレクトリックを駆け巡るチック・コリアの“天才”が時代を超えて,ますます,愛聴されている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-18

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は11〜15位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

フル・ハウス★15.フル・ハウス
ウェス・モンゴメリー


--------------------------------------------------------------------------------------

エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイブ・スポットVol.1+1★14.エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイブ・
スポット VOL.1
エリック・ドルフィー


--------------------------------------------------------------------------------------

クッキン★13.クッキン
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

スタディ・イン・ブラウン★12.スタディ・イン・ブラウン
クリフォード・ブラウン



--------------------------------------------------------------------------------------

ブルー・トレイン★11.ブルー・トレイン
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

 ウェス・モンゴメリーの『フル・ハウス』がランクイン。15位のランクインにほっと胸を撫でおろす。
 なぜなら「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」におけるギタリストのアルバムは,56位の「ジム・ホールアンフェラス協奏曲」以来,久々だったのだから…。

 まぁ,ジャズにおいてギターという楽器は相対的に人気薄。やはりジャズとはトランペットサックスがメイン。
 でも,だからといってギタージャズ的でないとは思わない。理由はウェス・モンゴメリーであり『フル・ハウス』である。

 ウェス・モンゴメリーの「オクターブ奏法」のギターが,あのジョニー・グリフィンテナーサックス,あのウィントン・ケリーピアノ,あのポール・チェンバースベース,あのジミー・コブドラムを圧倒している。
 ウェス・モンゴメリーの「親指ピッキング」のギターが乗りに乗ってドライブしている。ホーン・ライクなギターが歌っている。

 『フル・ハウス』のようなライブ盤を聴かされたら,ジャズギターはマイナー,とは口が裂けても言えなくなる。ウェス・モンゴメリーランクインに喜び以上の安堵感を覚える。

 読者の皆さん。ギター界にもジャズ・ジャイアンツは結構多いんですよっ。早速,チェック&フォロー!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-17

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は16〜20位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ウェイ・アウト・ウエスト★20.ウェイ・アウト・ウエスト
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

コンプリート・ヴィレッジ・ヴァンガードの夜 Vol.1★19.ビレッジ・バンガードの夜
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

プリーズ・リクエスト★18.プリーズ・リクエスト
オスカー・ピーターソン


--------------------------------------------------------------------------------------

処女航海★17.処女航海
ハービー・ハンコック


--------------------------------------------------------------------------------------

コンプリート・スタジオ・レコーディングス・オン・サヴォイ・イヤーズ VOL.1★16.チャーリー・パーカー・オン・サヴォイ
VOL.1
チャーリー・パーカー


--------------------------------------------------------------------------------------

 ソニー・ロリンズの代名詞“ピアノレス”の2枚の名盤ウェイ・アウト・ウエスト』と『ビレッジ・バンガードの夜』がランクイン

 ソニー・ロリンズライブ盤『ビレッジ・バンガードの夜』は『ウェイ・アウト・ウエスト』でのテナートリオの成果である。
 『ウェイ・アウト・ウエスト』でのチャレンジは『ビレッジ・バンガードの夜』でも続いており,1日2ステージの「昼の部と夜の部」ではベーシストドラマーも違うメンバーで演奏されている。
 やっている方向性は確信しているのに,まだまだ可能性を手探りしている。

 『ビレッジ・バンガードの夜』におけるソニー・ロリンズテナーサックスは“アドリブの天才”が爆発しており,異常に張り詰めた空気感が支配するビレッジ・バンガードの“緊張した息遣い”までが聞こえてくる。

 そう。ソニー・ロリンズと2組のリズム・セクション(特にエルヴィン・ジョーンズ)との真剣勝負のその全てが音楽的!
 やはりソニー・ロリンズは“ワンマン”である。ゆえにリズム・セクションは触媒である。
 個性の異なる2組のベースドラムの“音楽”を受け止め,その上で優しく包み込み,アンサンブルを付けていく。

 ソニー・ロリンズの代名詞“ピアノレス”は「テナーサックスの自由度」について語られるが,そうではない。
 何をやっても“音楽”に変えてくれるソニー・ロリンズの“懐に抱かれた”「ベースドラムの自由度」の方が恩恵としては大きいのである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-16

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は21〜25位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

サンジェルマンのジャズ・メッセンジャーズ★25.サンジェルマンのジャズ・
メッセンジャーズ

アート・ブレイキー&ジャズ・ メッセンジャーズ

--------------------------------------------------------------------------------------

クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ★24.クリフォード・ブラウン&マックス・ローチ
クリフォード・ブラウン


--------------------------------------------------------------------------------------

ケルン・コンサート★23.ケルン・コンサート
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン★22.ヘレン・メリル・ウィズ・
クリフォード・ブラウン

ヘレン・メリル

--------------------------------------------------------------------------------------

キャンディ★21.キャンディ
リー・モーガン


--------------------------------------------------------------------------------------

 「完全即興」のキース・ジャレットソロ・コンサートの中にあって,メロディアスな演奏が“浮雲”のような『ザ・ケルン・コンサート』がランクイン

 体調絶不調のキース・ジャレット本人が『ザ・ケルン・コンサート』でのソロ・ピアノを覚えておらず,マンフレート・アイヒャーの録音テープを聞いて“このピアニストが気に入った”という逸話が残る“神降臨”の美メロの連続!

 大甘だっていいじゃないか! ロマンティックなキース・ジャレットもいいじゃないか! 異端の『ザ・ケルン・コンサート』があるからこそ,厳しくも芸術的なソロ・コンサートが生きてくる!

 良くも悪くも『ザ・ケルン・コンサート』における「完全即興」こそが,キース・ジャレットの“スタンダード”なのである。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-15

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は26〜30位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ヘヴィー・ウェザー★30.ヘヴィー・ウェザー
ウェザー・リポート


--------------------------------------------------------------------------------------

ブリリアント・コーナーズ★29.ブリリアント・コーナーズ
セロニアス・モンク


--------------------------------------------------------------------------------------

Getz/Gilberto★28.ゲッツ/ジルベルト
スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト


--------------------------------------------------------------------------------------

ビッチェズ・ブリュー★27.ビッチェズ・ブリュー
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

ジャイアント・ステップス★26.ジャイアント・ステップス
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

 ウェザー・リポートの“最高傑作”である『ヘヴィー・ウェザー』がなぜ30位なのか? ウェザー・リポート・チルドレンとしては不本意に思った。
 しかし,マイルス・デイビスの『ビッチェズ・ブリュー』をして27位なのだから,フュージョン系の人気薄は仕方がない。

 でも,ジョー・ザビヌルの【バードランド】に,ウェイン・ショーターの【お前のしるし】に,ジャコ・パストリアスの【ティーン・タウン】は,ジャズ・ファンなら必聴ものだと思う。
 そしてフュージョン・バンドならではの【ハルルカン】【パラディアム】【ハヴォナ】の爆発力がカタルシス。

 フュージョンだから聴かない,エレクトリックだから聴かない,では勿体ない! 『ヘヴィー・ウェザー』を抱きしめる時,ウェザー・リポートの“ジャズスピリッツ”が聴こえている!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-14

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は31〜35位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

メロディ・アット・ナイト,ウィズ・ユー★35.メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

静かなるケニー★34.静かなるケニー
ケニー・ドーハム


--------------------------------------------------------------------------------------

モーニン★33.モーニン
アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ


--------------------------------------------------------------------------------------

スタン・ゲッツ・プレイズ★32.スタン・ゲッツ・プレイズ
スタン・ゲッツ


--------------------------------------------------------------------------------------

星影のステラ★31.星影のステラ
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットトリオの『星影のステラ』がランクイン

 『星影のステラ』の成功があったからこそ,キース・ジャレットトリオライブ盤ばかりをレコーディングするようになったと思う。

 それぐらいの集中力。完全燃焼するアドリブ。こんな解釈で過去にスタンダードが演奏されることがあったであろうか?
 ただし『星影のステラ』は,余りにも完璧で美しすぎた。これは最高レベルの中での優劣の話にあるが,最初から「究極の完成形」を見せられてしまったので,後は「いじる外に道はない」の選択肢の狭さが惜しまれる。

 さて,もう1枚の『メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー』については,キース・ジャレットソロ・ピアノという紹介よりも,慢性疲労症候群からの「カムバック作」という紹介が優勢であろうが,実際にはカムバックを見据えた演奏にはほど遠い「リハビリ中のリハーサル作」と紹介するのが,より正確なのだと思っている。

 “名盤”『星影のステラ』と“迷盤”『メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー』が同列の評価であったとはキース・ジャレットのマニアとしては悲しくなってしまった。

 『メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー』が名盤で有り得る理由は,そのソロ・ピアノキース・ジャレットの指で奏でられているという1点だけであって,仮に「キースキースたる演奏」という理由で評価されるのであれば,ランク外とされた他のキース作品が浮かばれない。

 『メロディ・アット・ナイト,ウイズ・ユー』の信奉者たちよ。復帰作のご祝儀は“天才”キース・ジャレットには非礼にあたる。“ジャズ・ピアニストキース・ジャレットだけを拝聴せよ!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第57回(2014年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第57回(2014年度)のグラミー賞が本日発表された。

 管理人的にはレディー・ガガ&トニー・ベネットデュエット。ネットでパフォーマンス映像を見つけたが,これは見応えがあった。なんだかレディー・ガガにハマリそうで恐い?
 世間的にはサム・スミスが主要3部門を含む4冠達成。しかし話題はサム・スミスではなく,決して素顔を明かさないシーアの背中越しのパフォーマンス一色のようでして…。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


トリロジー★ Fingerprints
Chick Corea, soloist
Track from: Trilogy (Chick Corea Trio)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


Beautiful Life★ Beautiful Life
Dianne Reeves


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


トリロジー★ Trilogy
Chick Corea Trio


----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


ライフ・イン・ザ・バブル★ Life In The Bubble
Gordon Goodwin's Big Phat Band


----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


Offense of the Drum★ The Offense Of The Drum
Arturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra


----------------------------------------------------------------------------

 もはや貫録! チック・コリアの『トリロジー』がダブル受賞!
 チック・コリアクリスチャン・マクブライドブライアン・ブレイドと来れば,受賞しないわけがない?

 そんな“鉄板”な3人が予想通りのまとまりにして,濃密なインタープレイが想像以上にスイングする,もはや「未来永劫,チックのこのピアノ・トリオを超えることができるのか?」的な,ウルトラ・オーソドックス・ピアノ・トリオライブベスト

 『トリロジー』が,チック・コリア本人えり抜きのベスト・テイク集なのだから最上級なのは当然として,気になるのはこのツアーの没テイク。
 きっと没テイク集の『トリロジー 2』なるものが発売されたら『トリロジー 2』がその年のグラミー受賞最有力。『トリロジー 3』であってもノミネートまでは楽勝だと思う。

 そこでチック・コリア様への提言です。
 いっそのこと『COMPLETE TRILOGY LIVE』なるボックス・セットを制作されませんか? チック・コリア・ファンは皆,今から発売予定のない未発表音源集を待ち焦がれているのです!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-13

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は36〜40位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・シーン・チェンジズ★40.ザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル


--------------------------------------------------------------------------------------

ソニー・ロリンズ VOL.2★39.ソニー・ロリンズ VOL.2
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

ワード・オブ・マウス★38.ワード・オブ・マウス
ジャコ・パストリアス


--------------------------------------------------------------------------------------

チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・ダイアル VOL.1★37.チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・
ダイアル VOL.1
チャーリー・パーカー


--------------------------------------------------------------------------------------

スピーク・ライク・ア・チャイルド★36.スピーク・ライク・ア・チャイルド
ハービー・ハンコック


--------------------------------------------------------------------------------------

 「ベース界の革命児」「世界一のベーシスト」であったジャコパスが“ト−タル・ミュージシャン”ジャコ・パストリアスとして才能を示した『ワード・オブ・マウス』。

 『ワード・オブ・マウス』を名盤として受け入れられるまでには,多少の時間が必要である。
 フュージョン好き,そしてウェザー・リポート好きとしては,ベースをメロディ楽器の位置にまで高めた『ジャコ・パストリアスの肖像』であって,アレンジ重視のビッグ・バンドベースを弾いているジャコパスは“ハズレ”に思えた。

 しかし,ジャコパスベースを一週した頃,改めて聴くとガツンと来る。地味に鳴る続ける『ワード・オブ・マウス』の壮大なスケールを描くために準備された「繊細な表現の雲海」を目の当たりにした瞬間に稲妻が走る!
 油絵のようなデッサン力,そして漆塗りの裏地の美意識!

 『ワード・オブ・マウス』抜きにして“ト−タル・ミュージシャン”ジャコ・パストリアスについては語れない。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-12

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は41〜45位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード★45.ライブ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

オリジナル・ジェリー・マリガン・カルテット★44.オリジナル・ジェリー・マリガン・
カルテット
ジェリー・マリガン


--------------------------------------------------------------------------------------

ソウル・ステーション★43.ソウル・ステーション
ハンク・モブレイ


--------------------------------------------------------------------------------------

ラウンド・アバウト・ミッドナイト★42.ラウンド・アバウト・ミッドナイト
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード★41.サンディ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビスの『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』が“まさかの”ランクイン。42位ですって?

 そう。『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』こそが「MODERN JAZZ BEST SELECTION TOP500」堂々の第2位。流行り廃りの少ないジャズにあって20年間で大暴落とは信じ難い。
 だって『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』は管理人の愛聴盤として,現在まで現役を続けているのだから…。

 タイトル・トラック【’ROUND ABOUT MIDNIGHT】におけるマイルス・デイビスのミュートとギル・エヴァンスがアレンジしたあのブリッジ。これぞ「真夜中のジャズ」。

 この20年間でジャズは,真夜中の音楽から昼間の音楽,へと変化したんだなぁ。実感の賀正です。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第57回(2014年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.1

 大晦日は,アドリブログでも,ジャズフュージョンの総決算!
 2014年,グラミー賞ノミネート作についてレポートします。

 読者の皆さんには,管理人の一押しよりも,この中からジャズフュージョンに接することを(謙虚になって)お奨めいたします。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


☆ The Eye Of The HurricaneKenny Barron, soloist / Track from: Gerry Gibbs Thrasher Dream Trio (Gerry Gibbs Thrasher Dream Trio)
☆ FingerprintsChick Corea, soloist / Track from: Trilogy (Chick Corea Trio)
☆ You & The Night & The MusicFred Hersch, soloist / Track from: Floating (Fred Hersch Trio)
☆ Recorda MeJoe Lovano, soloist / Track from: The Latin Side Of Joe Henderson (Conrad Herwig Featuring Joe Lovano)
☆ Sleeping GiantBrad Mehldau, soloist / Track from: Mehliana: Taming The Dragon (Brad Mehldau & Mark Guiliana)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


☆ Map To The Treasure: Reimagining Laura Nyro(Billy Childs &) Various Artists
☆ I Wanna Be Evil: With Love to Eartha KittRene Marie
☆ Live In NYCGretchen Parlato
☆ Beautiful LifeDianne Reeves
☆ Paris SessionsTierney Sutton

----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


☆ LandmarksBrian Blade & The Fellowship Band
☆ TrilogyChick Corea Trio
☆ FloatingFred Hersch Trio
☆ Enjoy The ViewBobby Hutcherson, David Sanborn, Joey DeFrancesco Featuring Billy Hart
☆ All Rise: A Joyful Elegy For Fats WallerJason Moran

----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


☆ The L.A. Treasures ProjectThe Clayton-Hamilton Jazz Orchestra
☆ Life In The BubbleGordon Goodwin's Big Phat Band
☆ Quiet Pride: The Elizabeth Catlett ProjectRufus Reid
☆ Live: I Hear The SoundArchie Shepp Attica Blues Orchestra
☆ OverTime: Music Of Bob BrookmeyerThe Vanguard Jazz Orchestra

----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


☆ The Latin Side Of Joe HendersonConrad Herwig Featuring Joe Lovano
☆ The Pedrito Martinez GroupThe Pedrito Martinez Group
☆ The Offense Of The DrumArturo O'Farrill & The Afro Latin Jazz Orchestra
☆ Second HalfEmilio Solla Y La Inestable De Brooklyn
☆ New Throned KingYosvany Terry

----------------------------------------------------------------------------

 以上がノミネート一覧なんですが,今年も管理人の趣味・趣向とは相容れませんが,少しはこの結果に納得してもいます。ちょっとは進歩したのかなぁ。
 来年こそは「打倒! ジャズ・ジャーナリズム」を達成すべく(無理は承知で)まずは“自分の耳を鍛え上げなければ”!
 これが来年の(当然ながら再来年以降も)プチ抱負です。

PS 2月に受賞作が決定しましたら(そのCDを所有している場合に限り)レビューしようと思っています。どうぞお楽しみに!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-11

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は46〜50位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ナウズ・ザ・タイム★50.ナウズ・ザ・タイム
チャーリー・パーカー


--------------------------------------------------------------------------------------

My Favorite Things★49.マイ・フェイバリット・シングス
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

アフリカン・ピアノ★48.アフリカン・ピアノ
ダラー・ブランド


--------------------------------------------------------------------------------------

Pres &amp; Teddy★47.プレス&テディ
レスター・ヤング


--------------------------------------------------------------------------------------

至上の愛★46.至上の愛
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

 ジョン・コルトレーンを語る際に“外せない”2枚の名盤が同時ランクイン
 ジョン・コルトレーンの精神世界が美しい芸術として響く『至上の愛』は,ある意味,ジョン・コルトレーンの最高傑作であろう。
 かたやフリージャズに開眼し,今までの自分を破壊し始める『マイ・フェイバリット・シングス』も,ある意味,ジョン・コルトレーンの最高傑作であろう。

 とにかく『至上の愛』と『マイ・フェイバリット・シングス』は“外せない”。この2枚について語れるようになったなら準備OK。いよいよ管理人が考えるジョン・コルトレーンの最高傑作=『バラード』へと進んでいただきたい。

 『バラード』を経験してから再び聴き込む『至上の愛』と『マイ・フェイバリット・シングス』の耽美主義! ジョン・コルトレーンの「フリージャズにして緻密な構成力」に読者の皆さんも開眼する!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-10

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は51〜55位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

スタンダーズ,VOL.1★55.スタンダーズ,VOL.1
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン VOL.1★54.ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン VOL.1,VOL.2
オーネット・コールマン

--------------------------------------------------------------------------------------

ウィスパー・ノット★53.ウィスパー・ノット
キース・ジャレット


--------------------------------------------------------------------------------------

エクスプロレイションズ★52.エクスプロレイションズ
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

レフト・アローン★51.レフト・アローン
マル・ウォルドロン


--------------------------------------------------------------------------------------

 キース・ジャレットトリオの2枚が同時ランクイン
 『あなたの好きなキース・ジャレットトリオの1曲は?』では,無敵の強さを誇ったキース・ジャレットの『スタンダーズ,VOL.1』を“完全復活”ののろしを上げた『ウィスパー・ノット』が上回っている。

 実は管理人のキース・ジャレットトリオの1枚は『マイ・フーリッシュ・ハート』が出るまでは,体調や季節の変化に合わせ『アット・ザ・ディア・ヘッド・イン』な時期があるにしろ,長らく『ウィスパー・ノット』が鎮座した。
 それ程までに強烈なスイング感と疾走感。キース・ジャレットが大爆発し,ゲイリー・ピーコックジャック・デジョネットキースに離されまいとして前がかりになって攻め上がっていく感じが素晴らしい。

 ただし『ウィスパー・ノット』は受けには弱い。その点『スタンダーズ,VOL.1』はじわじわと攻めてくる。
 この「空気感」のニュアンスが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」と『あなたの好きなキース・ジャレットトリオの1曲は?』の違いなのであろう。

 これと似た理由でのビル・エヴァンスの祝・『エクスプロレイションズ』!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-9

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は56〜60位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

マイ・フェア・レディ★60.マイ・フェア・レディ
シェリー・マン


--------------------------------------------------------------------------------------

キャノンボール・アダレイ・イン・サンフランシスコ★59.キャノンボール・アダレイ・イン・
サンフランシスコ

キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

ライブ・アット・カーネギー・ホール 1938★58.ライブ・アット・カーネギー・ホール 1938ベニー・グッドマン


--------------------------------------------------------------------------------------

リラクシン★57.リラクシン
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

アランフェス協奏曲★56.アランフェス協奏曲
ジム・ホール


--------------------------------------------------------------------------------------

 マイルス・デイビスの『カインド・オブ・ブルー』に匹敵するセールスを誇りながらも,ジャズ・ファンに長らく軽視されてきたシェリー・マンの『マイ・フェア・レディ』がランクイン。あれれ,やっぱり60位だったのね〜。

 でも60位には60位なりの理由があるというもの。演奏は本当に素晴らしい。シェリー・マンの柔軟なドラミングに支えられたアンドレ・プレヴィンピアノが気持ち良くドライブしている。
 楽曲もジャズにおけるミュージカル・ブームの走りとなった『マイ・フェア・レディ』である。そ・こ・が“こっぱずかしい”。

 他のジャズ・マニアに『マイ・フェア・レディ』を愛聴盤とは到底言い難い。大の大人が「お子様ランチ」を到底注文できない心境に似ている。
 そう。『マイ・フェア・レディ』の定説とは「初心者向け」の1枚であり「万人向けの」1枚の筆頭格。
 しか〜し,管理人は知っている。ジャズ・マニアは「お子様ランチ」を部屋にこもって食べながら『マイ・フェア・レディ』をヘッドフォンで聞いているの図。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-8

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は61〜65位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

マイルストーンズ★65.マイルストーンズ
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

テナー・マドネス★64.テナー・マドネス
ソニー・ロリンズ


--------------------------------------------------------------------------------------

ゴー!★63.ゴー!
デクスター・ゴードン


--------------------------------------------------------------------------------------

ツァラトゥストラはかく語りき★62.ツァラトゥストラはかく語りき
デオタード


--------------------------------------------------------------------------------------

ワイン・ライト★61.ワイン・ライト
グローバー・ワシントンJR.


--------------------------------------------------------------------------------------

 フュージョン黎明期というか,イージーリスニング・ジャズというか,でっ,結局はクロスオーヴァーの大名盤であり,CTIの大名盤である【ツァラトゥストラはかく語りき】が来た。

 【ツァラトゥストラはかく語りき】の成功は徹底的なドジャズの排除にある。昨日までジョン・コルトレーンフリージャズを崇めていたクリード・テイラーが送り出した,売れ線路線のなにが悪い。

 とにかく素晴らしい完成度。今となっては「時代の音」なのかもしれないが,あの「時代の音」を通過しての現在がある。(後追いであるが)デオタードを聴いて育ったから現在のフュージョン大好き管理人がいる。【ツァラトゥストラはかく語りき】が管理人の音楽DNAの一部を作り上げている。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-7

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は66〜70位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

The Blanton-Webster Band★70.ザ・ブラントン=ウェブスター・バンド
デューク・エリントン


--------------------------------------------------------------------------------------

枯葉★69.枯葉
サラ・ボーン


--------------------------------------------------------------------------------------

モダン・アート★68.モダン・アート
アート・ペッパー


--------------------------------------------------------------------------------------

バグス・グルーヴ★67.バグス・グルーブ
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

AT BIRDLAND 1961★66.スタン・ゲッツ
スタン・ゲッツ・カルテット


--------------------------------------------------------------------------------------

 アート・ペッパーが追求した“芸術”としてのアドリブの集大成にして永遠の通過点。『モダン・アート』が68位にランクイン

 ランキング結果を目にした時,この順位は低すぎると思ってしまったのだが「徹底的にアドリブで歌う」という,破綻寸前のニュアンスが分かる人だけが投票した結果が68位なのだと思う。

 アルトサックスだとかトランペットだとか,西海岸だとか東海岸だとかそんなことは気にしないアドリブだけを聴き続けるジャズ・マニアの愛聴盤。
 『モダン・アート』に心酔できる人はもっと多いと信じています!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-6

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は71〜75位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ウイ・インシスト★75.ウイ・インシスト
マックス・ローチ


--------------------------------------------------------------------------------------

フォア・アンド・モア★74.フォア・アンド・モア
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

ベース・オン・トップ★73.ベース・オン・トップ
ポール・チェンバース


--------------------------------------------------------------------------------------

ポール・ウイナーズ★72.ポール・ウイナーズ
バーニー・ケッセル


--------------------------------------------------------------------------------------

直立猿人★71.直立猿人
チャールス・ミンガス


--------------------------------------------------------------------------------------

 スイングジャーナル好きなわけだし「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」なわけだし,マイルス・デイビスのアルバムが多数ランクインすることは当然として『フォア・アンド・モア』が74位にランクインしたのには驚いた。

 『サムシン・エルス』『カインド・オブ・ブルー』『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』辺りの“アコースティックマイルス”以外は「マイルスとは認めない」のがスイングジャーナルなわけだし“エレクトリックマイルス”の代表作『アガルタ』が91位だったわけだし。

 『フォア・アンド・モア』のランクインを確認してスイングジャーナル誌を再評価した。管理人の同士がまだ日本にも残っていた?
 とにかく「ドバーッ」で「イケイケ」で「ノリ一発」なライブ盤の『フォア・アンド・モア』こそがジャズの真髄であり“大暴れするカタルシス”こそが「帝王」マイルス・デイビスだと思うのだから…。

 読者の皆さんも『フォア・アンド・モア』を聴いて,管理人の同志の1人になってください!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-5

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は76〜80位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

チェット・ベイカー・シングス★80.チェット・ベイカー・シングス
チェット・ベイカー


--------------------------------------------------------------------------------------

ガール・トーク [SHM-CD]★79.ガール・トーク
オスカー・ピーターソン


--------------------------------------------------------------------------------------

アート・テイタム〜ベン・ウェブスター・クァルテット★78.アート・テイタム〜ベン・ウエブスター・
カルテット

アート・テイタム

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・リターン・オブ・アート・ペッパー★77.リターン・オブ・アート・ペッパー
アート・ペッパー


--------------------------------------------------------------------------------------

バド・パウエルの芸術★76.バド・パウエルの芸術
バド・パウエル


--------------------------------------------------------------------------------------

 ジャズ好きとは,すなわちアドリブ好きなのである。今回のランキングにそのことが顕著に表われている。
 アート・テイタムバド・パウエルオスカー・ピーターソンへの流れもそうだが,チェット・ベイカーアート・ペッパーというウェストコーストジャズの2大巨頭が来ている!

 チェット・ベイカーの“歌う”アドリブが素晴らしく,アート・ペッパーの“命を削る”アドリブが素晴らしい。
 “稀代のインプロバイザー”である前に,ジャズメンであり音楽家なのが最高に素晴らしい。アドリブ好きは“歌”なんだよなぁ。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-4

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は81〜85位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

オール・アローン★85.オール・アローン
マル・ウォルドロン


--------------------------------------------------------------------------------------

クリフォード・ブラウン・ウィズ・ストリングス★84.クリフォード・ブラウン・ウィズ・
ストリングス
クリフォード・ブラウン


--------------------------------------------------------------------------------------

ブルース・エット★83.ブルース・エット
カーティス・フラー


--------------------------------------------------------------------------------------

ソウル・トレーン★82.ソウル・トレーン
ジョン・コルトレーン


--------------------------------------------------------------------------------------

アワ・マン・イン・パリ★81.アワ・マン・イン・パリ
デクスター・ゴードン


--------------------------------------------------------------------------------------

 『モーニン』と双璧となるファンキージャズの大名演カーティス・フラーの『ブルース・エット』がランクイン

 『モーニン』もそうであったが『ブルース・エット』の主役も“ゴルソン・ハーモニー”! 『ブルース・エット』における“ゴルソン・ハーモニー”の特長は,ブルース・フィーリングで演奏されるテナーサックストロンボーンの低音域での豊かな“ユニゾン・ハーモニー”!

 巷のジャズ・ファンの中には『ブルース・エット』の成功は,ベニー・ゴルソンがいればトロンボーン奏者は誰でも良かったとのたまうやからが存在するが,このブルース・フィーリング&ハーモニー・センス! カーティス・フラー最高〜!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-3

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は86〜90位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ザ・ケリー・ダンサーズ★90.ザ・ケリー・ダンサーズ
ジョニー・グリフィン


--------------------------------------------------------------------------------------

ジュニア★89.ジュニア
ジュニア・マンス


--------------------------------------------------------------------------------------

The Complete Live At The Plugged Nickel 1965★88.コンプリート・ライブ・アット・プラグド・
 ニッケル 1965

マイルス・デイビス

--------------------------------------------------------------------------------------

モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァルのビル・エヴァンス★87.モントルー・ジャズ・フェスティバルのビル・エヴァンス
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

グルーヴィー★86.グルーヴィー
レッド・ガーランド


--------------------------------------------------------------------------------------

 「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」の姉妹ランキング=「JAZZ PIANO BEST SELECTION TOP31」の第2位=レッド・ガーランドの『グルーヴィー』が86位でランクイン。あれれ?

 このランキング結果にレッド・ガーランドの人気没落を実感する。ランキングって恐すぎる〜。

 だ〜って今で言えば上原ひろみ級の大スターだったレッド・ガーランドが,わずか25年で「あの人は何処?」…。『グルーヴィー』のような大名盤が,わずか25年で2位→86位…。

 これだから“提灯野郎”スイングジャーナルの情報は鵜呑みにできない&信用できない。でも読者が選んだ結果なのかぁ。
 1人の元読者として,管理人はレッド・ガーランドの再評価を願っています。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-2

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は91〜95位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

ディッピン★95.ディッピン
ハンク・モブレイ


--------------------------------------------------------------------------------------

ソニー・クラーク・トリオ★94.ソニー・クラーク・トリオ
ソニー・クラーク


--------------------------------------------------------------------------------------

アンダーカレント★93.アンダー・カレント
ビル・エヴァンス & ジム・ホール


--------------------------------------------------------------------------------------

フュエゴ★92.フュエゴ
ドナルド・バード


--------------------------------------------------------------------------------------

アガルタ★91.アガルタ
マイルス・デイビス


--------------------------------------------------------------------------------------

 「アガパン」のアガである『アガルタ』がランクイン
 なんで『アガルタ』が91位。なんで「アガパン」のパンである『パンゲア』がランク外?

 電化マイルス信者の神通力が落ちてきた2001年のランキング。このまま地盤沈下していくと「ゴンドワナ大陸」が顔を出す。

 『アガルタ』のマグマ! これぞ大名盤のマグマ!
 フジテレビのパンで好きなのはミオパンでした。陣内〜。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100-1

 スイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」のスーパーカウントダウン。それが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」。
 今回は96〜100位の発表です。

--------------------------------------------------------------------------------------

キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ★100.キャノンボール・アダレイ・クインテット・イン・シカゴ
キャノンボール・アダレイ

--------------------------------------------------------------------------------------

Trio 99-00★99.トリオ 99→00
パット・メセニー


--------------------------------------------------------------------------------------

4,5 & 6★98.4,5 & 6
ジャッキー・マクリーン


--------------------------------------------------------------------------------------

アローン★97.アローン
ビル・エヴァンス


--------------------------------------------------------------------------------------

ナイト・ライツ★96.ナイト・ライツ
ジェリー・マリガン


--------------------------------------------------------------------------------------

 「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」とはスイングジャーナル誌2001年1月号で実施された読者アンケート企画「21世紀に残したい読者が選ぶ名盤ベスト100」。
 この投票時期ならではのランキング結果=パット・メセニーグラミー受賞作『トリオ 99→00』がランクイン

 『トリオ 99→00』は永遠の名盤の1つに違いないけども2014年の今,読者アンケートを実施したならランクインは難しい(パット・メセニー・ファンはこぞって『ザ・ウェイ・アップ』に投票すると思うから)?

 その意味で『トリオ 99→00』のランクインが「スイングジャーナル読者が選ぶジャズ名盤ベスト100」の象徴である。さてさて2001年当時の“最新の傑作”がどれくらいランキングをカキマワシテくれているか?に大注目! こうご期待の20回連載!

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ウェイン・ショーター / グラミー受賞履歴

 昨夜の管理人はどうかしていました。“初耳”テリ・リン・キャリントンの受賞に我を忘れてしまいました。狂喜すべき夜に驚喜だけで終わってしまい,黒霧でお祝いすることを忘れていました。
 大・大・大好きなウェイン・ショーターが10個目のグラミー賞を受賞したというのに…。

 いいや,ショーター様のグラミー受賞なんて日常茶飯事! ウェイン・ショーターがその気になればグラミー賞は毎年GET! 管理人は当たり前すぎて見向きしなかっただけなのです?

 しかし…。マジマジ見ると物足りない。ウェイン・ショーターの実力にグラミー受賞回数が追いついていないではないか!
 ジャズ・メッセンジャーズの音楽監督から始まって,ヴィー・ジェイブルーノートでのソロ。そしてマイルス・バンド〜ウェザー・リポートの“最強名盤”にはウェイン・ショーターが必ず参加していたこの事実!

 まっ,管理人がいくら熱く語ったところで“アウト・オブ・ザ・ワールド”なウェイン・ショーターには関係ないかも? 今年のグラミー受賞ウェイン・ショーターなら「他人事」として喜んでいることと思われます。

 以下が,そんな“宇宙から来た男”ショーター様が,地球で受賞した“心ばかりの”グラミー受賞の履歴(9作品,10回)です。

----------------------------------------------------------------------------

8:30第22回(1979年度)受賞

★タイトル : 8:30
カテゴリー : Best Jazz Fusion Performance, Vocal Or Instrumental
☆Artist Performing Work : Weather Report (Peter Erskine, Jaco Pastorius, Wayne Shorter, Josef Zawinul)

----------------------------------------------------------------------------

Other Side of Round Midnight第30回(1987年度)受賞

★タイトル : Call Sheet Blues
カテゴリー : Best Instrumental Composition
☆Artist Performing Work : Billy Higgins, Herbie Hancock, Ron Carter, Wayne Shorter

----------------------------------------------------------------------------

A Tribute To Miles第37回(1994年度)受賞

★タイトル : A Tribute To Miles
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Herbie Hancock, Ron Carter, Tony Williams, Wallace Roney, Wayne Shorter

----------------------------------------------------------------------------

High Life第39回(1996年度)受賞

★タイトル : High Life
カテゴリー : Best Contemporary Jazz
Performance

----------------------------------------------------------------------------

1+1第40回(1997年度)受賞

★タイトル : Aung San Suu Kyi
カテゴリー : Best Instrumental Composition

----------------------------------------------------------------------------

Heroes第42回(1999年度)受賞

★タイトル : In Walked Wayne
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Solo

----------------------------------------------------------------------------

Alegria第46回(2003年度)受賞

★タイトル : Sacajawea
カテゴリー : Best Instrumental Composition

★タイトル : Alegria
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group

----------------------------------------------------------------------------

ビヨンド・ザ・サウンド・バリアー第48回(2005年度)受賞

★タイトル : Beyond The Sound Barrier
カテゴリー : Best Jazz Instrumental Performance, Individual Or Group
☆Artist Performing Work : Wayne Shorter Quartet (Brian Blade, John Patitucci, Danilo Perez, Wayne Shorter)

----------------------------------------------------------------------------

ウィズアウト・ア・ネット第56回(2013年度)受賞

★タイトル : Orbits
カテゴリー : Best Improvised Jazz Solo

----------------------------------------------------------------------------

注1)第30回(1987年度)受賞の「Call Sheet Blues」は『The Other Side Of Round Midnight (Dexter Gordon)』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注2)第40回(1997年度)受賞の「Aung San Suu Kyi」は『1+1』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注3)第42回(1999年度)受賞の「In Walked Wayne」は『Heroes (J.J. Johnson)』収録トラック。

注4)第46回(2003年度)はダブル受賞。「Sacajawea」は『Alegria』収録トラック。受賞ジャンルは「Composing」。

注5)第56回(2013年度)受賞の「Orbits」は『Without A Net』収録トラック。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

第56回(2013年度)グラミー賞 ジャズ部門-NO.2

 “年に一度の音楽の祭典”第56回(2013年度)のグラミー賞が本日発表された。
 ダフト・パンクが主要2部門を含む5冠達成もヘルメット・パフォーマンスでダンマリ…。バイオリニストの五嶋みどりさん…。

 ん? ジャズフュージョン以外はどうでもよかったですね。
 早速「アドリブログ」の本丸『JAZZ』の受賞作の発表で〜す。

----------------------------------------------------------------------------

Category 31. Best Improvised Jazz Solo


Without a Net★ Orbits
Wayne Shorter, soloist
Track from: Without A Net (The Wayne Shorter Quartet)

----------------------------------------------------------------------------

Category 32. Best Jazz Vocal Album


Liquid Spirit★ Liquid Spirit
Gregory Porter


----------------------------------------------------------------------------

Category 33. Best Jazz Instrumental Album


マネー・ジャングル2013★ Money Jungle: Provocative In Blue
Terri Lyne Carrington


----------------------------------------------------------------------------

Category 34. Best Large Jazz Ensemble Album


Plays Wlodek Pawlik's Night In Calisia★ Night In Calisia
Randy Brecker, Włodek Pawlik Trio & Kalisz Philharmonic


----------------------------------------------------------------------------

Category 35. Best Latin Jazz Album


Song For Maura★ Song For Maura
Paquito D'Rivera And Trio Corrente


----------------------------------------------------------------------------

 やりました! ウェイン・ショーター,そしてランディ・ブレッカー! 2人の“常連”が今年も受賞したのに一安心!
 というのも管理人が一番注目している「Category 33. Best Jazz Instrumental Album」の受賞者が,全くの初耳=テリ・リン・キャリントンだったから!

 管理人のグラミー賞史上,音源は聞いたことがなくても名前を知らない受賞者は唯の1人もいなかった。ここまで遠い受賞者はテリ・リン・キャリントンが初めてなのだ。
 か〜っ,今年は“ジャズの今”について語れないのです。

 そ・れ・で・以下は掟破りのアマゾンからのテリ・リン・キャリントンマネー・ジャングル2013』のコピペです。

内容紹介
■1963年のデューク・エリントン傑作『マネー・ジャングル』から50年-刺激的(Provocative)に生まれ変わった新たなマネー・ジャングル誕生! JazzWeek.comでもNo.1獲得! 最注目の女性ドラマー,テリ・リン・キャリントン最新作。ジャズ界の超ハンサム・ウーマン,カリスマティック女性ドラマー=テリ・リン・キャリントンが放つ,傑作『マネー・ジャングル』へのオマージュ作品。一聴してテリ・リンの心を鷲掴みにしたこの傑作のもつエネルギーを深く掘り下げ,新たな化学反応をおこしたアルバムがここに誕生! (資本主義へのアンチテーゼとも言えるオリジナルの意図を汲み,スパイス的にマーチン・ルーサー・キングJr.,オバマらのスピーチも加えメッセージをちりばめ,挑戦的な内容。リズ・ライト,ハービー・ハンコック等豪華アーティストをフィーチャー。

メディア掲載レビューほか
女性ジャズ・ドラマー,テリ・リン・キャリントンのアルバム。1963年に発表されたデューク・エリントンの傑作『マネー・ジャングル』から50年を経てリリースするオマージュ作品。資本主義へのアンチテーゼとも言えるオリジナルの意図を汲み,スパイス的にマーチン・ルーサー・キングJr.らのスピーチも加えた挑戦的な内容。

 ふ〜ん。グラミー賞のご祝儀=“ポチッ”。テリ・リン・キャリントンさん,これから仲良くお願いしま〜す。

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.