REED MY LIPS-1 デビュー当時は“フュージョンサックス・プレイヤー”として鳴らしていた本田俊之だったが『マルサの女』の大ヒット以来,多国籍音楽のリリースばっかり。
 そんなルーティーンを打ち破って,本田俊之が久々にリリースしたフュージョン・アルバムが『REED MY LIPS』(以下『リード・マイ・リップス』)である。

 しかも『リード・マイ・リップス』は,単なるフュージョン・アルバムではない。真にワールド・クラスのセッション・ミュージシャンが「本田俊之フュージョン」のために集結している。

 ドラムヴィニー・カリウタベースニール・スチューベンハウスギターマイケル・ランドウパーカッションマイケル・フィッシャートランペットジェリー・ヘイトランペットゲイリー・グラントアルトサックスラリー・ウイリアムステナーサックスピート・クリストリーブギター梶原順パーカッション横山達治 ETC

 『リード・マイ・リップス』は,LAフュージョンとJ−フュージョンの2つのセッション・チームに分かれて録音されているのだが,どっちがLAでどっちが国内だとか,そんな切れ目など感じられない。
 そう。『リード・マイ・リップス』の全9曲が,全て「本田俊之フュージョン」としか語れない。

REED MY LIPS-2 『マルサの女』と『リード・マイ・リップス』。音楽の出発点も終着点も雰囲気もまるっきり異なっている。でもそのどちらにも本田俊之サックスが色濃い。

 本田俊之サックスは,ハードに吹いてもソフトに吹いても,まろやかでいつも優しさに包まれる。
 なんだか,あのヴィニー・カリウタマイケル・ランドウでさえ,本田俊之と“笑顔で”セッションしている様子が音から伝わってくる。

  01. CRASH COURSE
  02. LA JOLLA
  03. INASE NIGHT
  04. MIND GAMES
  05. SIESTA
  06. FANCY FREE
  07. COMME CI, COMME CA
  08. HIGH SPEED CHASE
  09. 約束の夏〜Farewell my summer

(東芝EMI/WHO RING 1992年発売/TOCT-6702)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)