アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:今津 雅仁

今津 雅仁 / WHAT'S A MELODY?4

WHAT'S A MELODY?-1 デビュー・アルバム『MASATO』で“天下を獲った”今津雅仁! 日本中の全ジャズ・ファンが期待値MAXで迎えた2ndが『WHAT’S A MELODY?』。
( 『MASATO』はスイングジャーナル誌主催「ジャズ・ディスク大賞」【日本ジャズ賞】受賞! )

 演歌系のこぶし廻しというべきか? ブッカー・アービン風の癖というべきか? 今津雅仁テナーサックスは相変わらずのファンキー・サックス全開で『WHAT’S A MELODY?』も親しみやすいジャズ・アルバム仕上げ。
 ただし,結論から書くと『WHAT’S A MELODY?』で今津雅仁が没落した。『MASATO』路線を変更したわけでもないのに,こんなにも響かないのはなぜなのだろう…。

 思うに,何のプレッシャーもなく,自由気ままに,思う存分,自分の演りたいジャズを演奏したのが『MASATO』だとすれば,レコード会社からのオーダーとかプレッシャーとかで,あの「本能的に思いつくがまま」の最良の部分が薄れてしまって,平々凡々の…。
 一気に今津雅仁への関心が薄れてしまった…。

 一応,今津雅仁の名誉のためにフォローしておくと,管理人が『WHAT’S A MELODY?』にハマラなかったのは,アドリブ一発がどうにも事前に考えられていたかのようで気に障るから…。
 『WHAT’S A MELODY?』では,荒削りの部分が整えられて,曲単位での完成度は『MASATO』より上がっている。

 それは今津雅仁テナーサックスだけではなくて,吉岡秀晃ピアノ沼上励ベース屋代邦義ドラムについても当てはまる。

WHAT'S A MELODY?-2 そう。『WHAT’S A MELODY?』は今津雅仁ソロ名義ではなく「今津雅仁 & FUZZ MOTION」なるコンボ名義でのリリースになったのも,全員が自由に演奏するスタイルからアンサンブル指向に舵を切った「大義」なのだと思っている。

 仮に『WHAT’S A MELODY?』にハマッテいたら,アドリブログの一押しは矢野沙織ではなく今津雅仁だったのかもしれない。
 正直,2週間前に『MASATO』を10年振りに聴いて,大興奮して,そう思ってしまったんだもん。くまもん。

  01. But That's Impossible!
  02. Willful Drunkers
  03. Just One Time
  04. Lookin' Around The Bay
  05. Spring Tide
  06. The Girl Of My Heart

(ファンハウス/FUN HOUSE 1990年発売/FHCF-1056)
(ライナーノーツ/市川正二)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

今津 雅仁 / MASATO5

MASATO-1 難解なジャズの方が人気が發い里漏里であるが,誰が聴いても分かりやすいジャズこそが「本家本元のジャズ」であろう。底抜けに楽しいアドリブが延々と続くジャズこそが「世界一」楽しい音楽だと思っている。
 最右翼はやっぱりファンキージャズになるのかなぁ?

 管理人がそう思うのは実体験があるからだ。1989年に発売された今津雅仁の『MASATO』の強烈な印象が忘れられないのだ。
 新人と言ってもオッサンだった今津雅仁のセンセーションなデビューに衝撃を受けた。実際に『MASATO』を聴いた後,キャノンボール・アダレイの『THEM DIRTY BLUES』を買ってしまったっけ?
 とにもかくにも「一期一会」のアドリブ一発の魅力にメロメロになった記憶がある。

 今津雅仁はとにかく思いっ切りバリバリとテナーサックスを吹き上げる。そこに理性とか構成とかは感じられない。本能的に思いつくがままにテナーサックスをドライブさせている。
 流暢に言葉をつくすよりも,ぶっきらぼうな言い回しのほうが伝わることがあるように,今津雅仁の「出たとこ勝負」のメロディアスが「瞬間芸術的」で聴いていて気分が高揚してくる。いいフレーズを聴く度に,管理人もガッツ・ポーズしてしまっている。

 今津雅仁テナーサックスは,時折音程を外しているが,それもこれも全てが今津雅仁の“味”である。今津雅仁テナーサックスには“雰囲気”がある。

 これってなんだろう。人を惹き付けてやまない魅力がある。ガッと掴まれては思わず聴きいってしまう魅力がある。何だか今まで聴いたことのない音が聴こえている。調子の悪
い時のソニー・ロリンズといった感じ?

MASATO-2 今津雅仁というテナーマンは日本語でテナーサックスを吹き上げる。極太な音でブルージーに,またユーモアをもって吹き上げる。
 なるほど,使っている楽器,リズム,音階,イントネーションなど語法的にはアメリカの「真似」かもしれないが,今津雅仁の日本語でテナーを聴いていると,そこそこの演奏でも,なんかこう,しっくりくるものがある。「ははあ,なるほど」ってな感じ。

 思うに,優れた日本人ジャズマンの演奏するジャズは「音が日本語」だからなんでしょう。彼らは片言の下手な英語なんかじゃなく,魂のこもった日本語で堂々とジャズを会話している。

 今津雅仁の『MASATO』に説得されてしまった。今津雅仁の日本語テナーの真髄とは“広島弁”あるいは“博多弁”のあれなのである。

  01. FIRE BALL
  02. VIOLET LOVE
  03. ZOOM
  04. SO LONG
  05. LIKE FORREST
  06. BAGDAD
  07. DEAR HANK

(ファンハウス/FUN HOUSE 1989年発売/00FD-7126)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.