THE MIX DYNAMITE YU-1 管理人にとって板橋文夫は「近くて遠い」存在である。

 その「近い」の真意とは,板橋文夫渡辺貞夫日野皓正森山威男のレギュラー・ピアニストの歴任者。エルヴィン・ジョーンズとも共演している“世界の板橋文夫”その人である。
 事実,板橋文夫の演奏は,FM東京系「渡辺貞夫マイ・ディア・ライフ」のスタジオ・ライブで良く耳にしていた。学生の頃,身近に感じたジャズ・ピアニストの一人であった。

 その「遠い」の真意とは,板橋文夫CDを何枚か聴いてみたが,どうにも良さが分からない。板橋文夫の場合,そのビッグなネーム・バリューで“聴かされている感じ”がする。
 板橋文夫の演奏なのだから悪いはずがない。そう説得されている感じがする。何回聴いてもどうにも良さが分からない。

 例えば『THE MIX DYNAMITE YU』(以下『ザ・ミックス・ダイナマイト 游』)なんかは,購入後すぐに聴かなくなって,時折,チャレンジして聴いてみたりしたのだが,やっぱり楽しいと思ったことはない。
 『ザ・ミックス・ダイナマイト 游』を聴き始めると「あっ,この曲」と思い出すのだが,1カ月もすると「あのアルバムってどんな曲が入ってたっけ?」と思い出すことができない。印象に残る曲が1曲もない。

THE MIX DYNAMITE YU-2 ズバリ『ザ・ミックス・ダイナマイト 游』は駄盤評価なのだが,渡辺貞夫日野皓正森山威男のお耳にかかった板橋文夫をバッサリと切り捨てる勇気もない。
 でも書いちゃう。『ザ・ミックス・ダイナマイト 游』は駄盤である。

 またこの記事で,板橋文夫は遠い存在のままだろうなぁ。もっと遠いところへと管理人との距離が広がったかなぁ。板橋文夫の次のCDを購入することもないだろうなぁ。

 全国の板橋文夫ファンの皆さん,こんなにも耳の貧しい管理人に板橋文夫の御指南を!

  01. DAH DAH DAH
  02. KAMINARIMON
  03. GORI GORI '95
  04. YOU!
  05. TASOGARE
  06. TUKI-NO-WA
  07. KANPYOO
  08. 21
  09. GOSPEL '94
  10. HOME AGAIN, ONCE AGAIN

(オーマガトキ/OMAGATOKI 1995年発売/SC-7110)
(ライナーノーツ/村上寛)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)