REMINISCE-1 管理人の3ピース“アイドル”ファンク・バンドがソウライブソウライブは「完璧なトライアングル」バンドである。
 ドラムでリーダーのアラン・エヴァンスオルガンニール・エヴァンスエヴァンス兄弟2人だけではソウライブは成り立たない。

 エリック・クラズノーギターが“ガンガン鳴っての”ソウライブである。
 (エリック・クラズノーの1stソロREMINISCE』(以下『レミニス』)では突然の「エリック・クラズノ」表記ですが,管理人は馴染のエリック・クラズノー表記で行きます)。

 ギタリストエリック・クラズノーが弾くオルガン・トリオは,グラント・グリーンに代表されるソウルやファンク一辺倒とは異なる「メロディアス型」である。
 そう。ソウライブの3分の1をエリック・クラズノーが彩るゆえのジャム・バンドなのである。

 ソウライブのメンバーと共に制作された『レミニス』は,そんなエリック・クラズノーの幅広い音楽性がストレートに表現されたアルバムである。思うにアラン・エヴァンスニール・エヴァンスが「自分たちの勝手知ったる」エリック・クラズノーを世に紹介したかったのだろう。
 GROOVEよりもアンサンブルに軸足を置いたギターがメロディーをしっかりと歌い上げている。

 そんな“変芸自在の”ギター・ワークを聴いていると,エリック・クラズノーがあのバークリー音大出身だったことを想起させるに十分なテクニック。
 POPS有,ソウル有,ブルースの弾けるジャズ・ファンカーだからこそ作れた【GET BACK】は「SATURDAY MORNING EYE」のBGM!

REMINISCE-2 ただし,間口の広いエリック・クラズノーには,オールラウンダーなギター・ワークを突き進むのではなく,アラン・エヴァンスアラン・エヴァンストリオオルガン・ジャズを演ったように,エリック・クラズノーにもグラント・グリーンの流れをくむようなインストでオルガン系のジャズ・ファンクをやって欲しい!
 お願い! 大好きだから! エリック・クラズノー

  01. ROLL OUT
  02. 76
  03. GET BACK
  04. BE ALRIGHT
  05. ENHORABUENA
  06. TILT
  07. MANIC DEPRESSION
  08. SONG FOR DILLA
  09. UP AND OUT
  10. END OF THE MOVIE
  11. DOMINO

(ロイヤル・ファミリー/ROYAL FAMILY 2009年発売/PCD-93287)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/松永誠一郎)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)