アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:エリック・アレキサンダー

エリック・アレキサンダー・カルテット / 真夜中のブルース4

BLUES AT MIDNIGHT-1 管理人はハロルド・メイバーンが大好きでエリック・アレキサンダー絡み以外でもハロルド・メイバーンソロ・アルバムも結構な枚数所有している。 ← ってハロルド・メイバーンピアノを一番聴いたのは矢野沙織ちゃんのアルバムで〜す。

 そんなハロルド・メイバーン・フリークとして自信を持ってお勧めできるのが,エリック・アレキサンダー名義の『BLUES AT MIDNIGHT』(以下『真夜中のブルース』)である。
 そう。『真夜中のブルース』は,エリック・アレキサンダーではなくハロルド・メイバーンを聴くためのブルース・アルバムなのである。

 『真夜中のブルース』でのエリック・アレキサンダーの出来は悪くはない。ブルースを題材に黒ノリの新境地にチャレンジしている。
 ただ悲しいかなエリック・アレキサンダーに感情過多は似合わない。オールド・スタイルは似合わない。自然発生的な極上のアドリブは吹き切れていない。

 いいや,エリック・アレキサンダーの出来が悪いのではなくて,ハロルド・メイバーンの出来が良すぎるのだ。
 …って,このままハロルド・メイバーン絶賛レビューを続けようかとも思ったが『真夜中のブルース』のリーダーはエリック・アレキサンダー“その人”であ〜る。

 ひとくちにブルースといっても,そこには様々なテイストがある。『真夜中のブルース』の選曲の中には,例えば12小節の繰り返しのテーマを持っていない,すなわち厳密なブルースではなく,ブルースっぽい曲も取り上げられている。

 そう。形式としてのブルースを基軸にすることによって,かえってエリック・アレキサンダーの持っているコンテンポラリーな個性がくっきり浮かび上がっている。
 ハロルド・メイバーンピアノ・トリオが生み落とす,大らかなスケールで絶妙なGROOVEに乗りまくるハロルド・メイバーンテナーサックスが『真夜中のブルース』の聴き所であろう。

BLUES AT MIDNIGHT-2 『真夜中のブルース』が証明するエリック・アレキサンダーの類まれな個性。エリック・アレキサンダーは保守的なテナーサックス・プレイヤーに違いはないが,ジャズのルーツやモダン・ジャズの伝統を大切にしながらも,様々な音楽的アイディアを盛り込んで,きわめて今日的な感覚で料理してみせる。

 ハロルド・メイバーン基準であれば星5つだが,エリック・アレキサンダー基準としては星4つの『真夜中のブルース』。それでも現代の「テナー・タイタン」エリック・アレキサンダーを「アレキサンダー大王」と呼ぶことに躊躇はない。

 個人的には『真夜中のブルース』から20年後のブルース・アルバムを早くも楽しみにしている。

  01. Sayonara Blues
  02. Hittin' The Jug
  03. Willow Weep For Me
  04. Dis Here
  05. Is It You
  06. Caribe
  07. Dance With Me
  08. St. Louis Blues
  09. Edward Lee

(ヴィーナス/VENUS 2013年発売/VHCD-1124)
(ライナーノーツ/岡崎正通)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・アレキサンダー・カルテット / チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン4

CHIM CHIM CHEREE〜TRIBUTE TO JOHN COLTRANE-1 『CHIM CHIM CHEREE〜TRIBUTE TO JOHN COLTRANE』(以下『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』)とは,エリック・アレキサンダーによる「ジョン・コルトレーントリビュート」。

 エリック・アレキサンダーにとってジョン・コルトレーンとは,目標でありアイドルである。そんなエリック・アレキサンダーがアルバムの中に数曲ではなく,アルバム1枚まるまるジョン・コルトレーンと対峙すると知った時,管理人はエリック・アレキサンダーの「得も言われぬ覚悟」に期待してしまった。

 だから過去の「ジョン・コルトレーントリビュート」の系譜に流れている,例えばブランフォード・マルサリスの『至上の愛 ライヴ』とか,ケニー・ギャレットの『追求〜PURSUANCE〜コルトレーンに捧ぐ』のような,全身全霊を尽くした,超硬派で「命を削るような演奏」を勝手にイメージしてしまった。

 それがどうだろう。『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』は,ゴキゲンに楽しい「ジョン・コルトレーントリビュート」であった。
 いや〜,またしてもエリック・アレキサンダーにヤラレテしまった。『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』の印象はジョン・コルトレーンの手から離れて,完全に「アレキサンダー大王」の世界観に染め上げられてしまったのだ。

 そう。『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』におけるエリック・アレキサンダーは,ジョン・コルトレーンの模倣者ではない。
 ジョン・コルトレーン名演で知られる愛想曲をエリック・アレキサンダーが自分流に料理している。それでいてエリック・アレキサンダーの朗々とした表現力は,確かにジョン・コルトレーンに通じるものがある。

 ブランフォード・マルサリスケニー・ギャレットエリック・アレキサンダーのアプローチの色合いを聴き比べる限り,80年代を代表するブランフォード・マルサリス,90年代を代表するケニー・ギャレットではなく,2000年代を代表するエリック・アレキサンダーそれぞれの「ジョン・コルトレーンへの思い」に時代の違いを感じ取る。

 ジョン・コルトレーンの音楽像をキャッチする感覚は時代と共に変化している。「コルトレーン派・第三グループ」のエリック・アレキサンダーに『至上の愛』のコピーを期待するには無理があるし,シリアスな「ジョン・コルトレーントリビュート」では意味がない。

 でもでもちょっぴり,他の誰にでもなくエリック・アレキサンダーご指名で,超硬派な「ジョン・コルトレーントリビュート」を演奏してほしかったなぁ。
 ぶっちゃけ『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』は,これじゃあ,ただの演奏集じゃん。

CHIM CHIM CHEREE〜TRIBUTE TO JOHN COLTRANE-2 管理人の結論。『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン批評

 『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』のエリック・アレキサンダーカルテットに,現代に甦るジョン・コルトレーンカルテットを思い重ねてはいけない。

 ジョン・コルトレーンカルテットに色濃い「精神性」などエリック・アレキサンダーカルテットには感じない。
 エリック・アレキサンダーカルテットに感じるのは,ウキウキ・ノリノリ・ワクワクな現代のハード・バップだけである。

 『チム・チム・チェリー〜トリビュート・トゥー・ジョン・コルトレーン』は全曲名演であるが,個人的には【ON THE MISTY NIGHT】である。
 【ON THE MISTY NIGHT】を選曲するとは,エリック・アレキサンダーさん,ジョン・コルトレーンの大ファンだと認めます!? 「アレキサンダー大王」は分かっている!

  01. You Don't Know What Love Is
  02. Dear Lord
  03. On The Misty Night
  04. Chim Chim Cheree
  05. Pursuance
  06. Afro Blue
  07. The Night Has A Thousand Eyes
  08. Wise One

(ヴィーナス/VENUS 2010年発売/VHCD-1038)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・アレキサンダー・カルテット / ジェントル・バラッズ III4

GENTLE BALLADS III-1 管理人の選ぶジョン・コルトレーンの愛聴盤は『バラード』である。「シーツ・オブ・サウンド」よろしく,アグレッシヴな演奏こそがジョン・コルトレーンの真骨頂だと認めたうえでの『バラード』である。
 『バラード』には,他のアルバム10枚分の魅力がある。代えのきかない魅力があるのだ。

 さて「コルトレーン派・第三グループ」の筆頭格であるエリック・アレキサンダーが,ついにバラード・アルバムを演る。このビッグ・ニュースに管理人が飛びつかないわけがないのだが…。

 エリック・アレキサンダーバラード・アルバム『GENTLE BALLDS』(以下『ジェントル・バラッズ』)を買った。ジョン・コルトレーンの『バラード』を期待して買った。
 だが違っていた。一番ガッカリしたのは『ジェントル・バラッズ』は企画先行だったのだろう。エリック・アレキサンダーが乗っていない。

 バラード集だし,それも名曲のオンパレードのスタンダード集なのだが,これってエリック・アレキサンダーが吹かなくてもよいのではなかったか?
 管理人お目当ての“エリック・アレキサンダー印”が消えている。乗れないエリック・アレキサンダーなんて「ただの人」なのだ。

 だから『ジェントル・バラッズ』はすぐに処分した。続編の『ジェントル・バラッズ 』もパスである。当然『ジェントル・バラッズ 』もパスである。

 今こうして『ジェントル・バラッズ 』を手にしているのは,エリック・アレキサンダーバラードが聴きたくなったからではない。
 偶然,ラジオで流れているのを耳にした【サマータイム】にある。ノリノリの【サマータイム】&ノリノリのエリック・アレキサンダーがいい演奏だと思った。

 バラード・アルバムにビート・ナンバーが入っていてもいいではないか! 【サマータイム】で感じる「抜群のテクニックと歌心」! これぞ管理人の大好きなエリックアレキサンダー大王」降臨である!
 【ゼイ・セイ・イッツ・ワンダフル】はラテンである。【やさしく歌って】はミディアム・リズミックである。エリック・アレキサンダーにとっては原曲がバラードであればノリノリであってもそれでいいのだ。
 ラストの【煙が目にしみる】のスロー・バラードが光る光る!

 一旦『ジェントル・バラッズ 』が気に入ると,企画ものだと分かっていても音がグイグイ入ってくる。テナーサックスの説得力ある響きに,ジョン・コルトレーンの面影が宿っている。

GENTLE BALLADS III-2 おおっと危ない。絶賛するにはまだ早い。VENUSのドル箱=『ジェントル・バラッズ』シリーズは第5集まで出ている。過去作も買い直してみようかなぁ。続編も聴いてみようかなぁ。

 『ジェントル・バラッズ 』は普通にいい演奏だと思う。しかしその一方で『ジェントル・バラッズ』シリーズの真価は今ではなく,50年後に定められるのがふさわしいのでは?とも思ってしまう。
 エリック・アレキサンダーバラード批評するのが特に難しい。

  01. Little Girl Blue
  02. Don't Explain
  03. All The Way
  04. Summertime
  05. You'll Be Mine Tonight
  06. They Say It's Wonderful
  07. Killing Me Softly With His Song
  08. Smoke Gets In Your Eyes

(ヴィーナス/VENUS 2008年発売/VHCD-1011)
(ライナーノーツ/岩浪洋三)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・アレキサンダー・カルテット / ニューヨークの休日5

SUNDAY IN NEW YORK-1 『SUNDAY IN NEW YORK』(以下『ニューヨークの休日』)こそがエリック・アレキサンダーの“最高傑作”である。

 管理人がエリック・アレキサンダーを愛する理由は,とにかく豪快に「男気テナー」を吹きまくるテクニシャンにして,音楽が生き生きと躍動する豊かな表現力にある。
 エリック・アレキサンダーテナーサックスの響きにジョン・コルトレーンソニー・ロリンズが同居し,エリック・アレキサンダーが息を吹き込む度に,コルトレーンロリンズが一緒に降臨したかのようである。

 “有名過ぎない”ハード・バップ・スタンダード集の『ニューヨークの休日』が,エリック・アレキサンダーの資質にハマッテいる。
 ダイナミックにスイングするストレート・アヘッドなバップだけが持ち合わせている痛快さが宿っているのだ。

 『ニューヨークの休日』は,エリック・アレキサンダーの過去のリーダー・アルバムと比較して「音の出方,音の傾向,音の雰囲気」なるものが異なっている。音が“一丸となって襲ってくる”感じに仕上がっている。
 これは高音質が売りのVENUSのせいではない。もしそうなら以前よりも一層,各楽器が分離して聴こえるはずである。

 ズバリ『ニューヨークの休日』でのサウンドの変化は,ピアニストジョン・ヒックスの参加が全てである。
 ジョン・ヒックスのアグレッシブでクリティカルでスタイリッシュな演奏スタイルが,エリック・アレキサンダーと,時にぶつかり合い,時に調和しながら,全てを受け入れていく…。全てを包み込んでいく…。全てを呑み込んでいく…。

 エリック・アレキサンダージョン・ヒックスの共同アレンジ的な“丁々発止”に魂を射抜かれてしまう。
 ジョン・ヒックスの「自分を活かし相手も活かす」ジャズ・ピアノのハイセンスが,バリバリ・タイプのエリック・アレキサンダーとの共演で彩りを添える「一枚岩」と化している。
 最高に“HOT”なのに最高に“COOL”な現代のバップ・テナーに打ちのめされてしまった。

SUNDAY IN NEW YORK-2 管理人の結論。『ニューヨークの休日批評

 要は「現代のスイング」の代表盤なのであろう。愛聴盤の1枚として10年以上『ニューヨークの休日』を手に取ってきたが,何度聴き返しても,前回聴いたことを忘れてしまったかのように本気で興奮してしまう。素晴らしい。

  01. Sunday In New York
  02. Avotcja
  03. Dearly Beloved
  04. Like Someone In Love
  05. Watch What Happens
  06. My Girl Is Just Enough Woman For Me
  07. Alone Together
  08. My Romance

(ヴィーナス/VENUS 2005年発売/VHCD-4099)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/児山紀芳)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・アレキサンダー / ナイトライフ・イン・トーキョー5

NIGHTLIFE IN TOKYO-1 『NIGHTLIFE IN TOKYO』(以下『ナイトライフ・イン・トーキョー』)の主役はロン・カーターベースである。
 エリック・アレキサンダーの出来は最高である。しかし悔しいかな,それ以上にロン・カーターの音楽の拍動が聴こえてくる。

 『ナイトライフ・イン・トーキョー』でのエリック・アレキサンダーカルテットのメンバーは,ベースこそ「初顔の」ロン・カーターであるが,ピアノハロルド・メイバーンドラムジョー・ファンズワースのいつも通りのメンバーである。

 しかし『ナイトライフ・イン・トーキョー』でのエリック・アレキサンダーカルテットがいつもとは違う。特にハロルド・メイバーンピアノがリズム・セクションしており,伴奏に徹しているかのようで大人しい。
 一方でジョー・ファンズワースドラムが「水を得た魚」改め「ロン・カーターを得たジョー・ファンズワース」である。

 そう。エリック・アレキサンダーカルテットのサウンドの変化こそが「ミスター・ベースロン・カーターの功績である。
 いつもは「コルトレーン派」のエリック・アレキサンダーにふさわしく,マッコイ・タイナーばりに弾きすぎてプッシュしまくるハロルド・メイバーンが,ロン・カーターに頭を抑えつけられたがため,相対的にジョー・ファンズワースドラミングが前に出た。

 その結果,ドラムに負けることなど許せない「男気」テナーマン=エリック・アレキサンダーが,いつも以上に前に出るのだが,エリック・アレキサンダーが前に出れば前に出るほど,バックでサウンドメイクしているロン・カーターベース・ラインがギンギンに目立つ構図。

 ロン・カーターに「遠慮した?」ハロルド・メイバーンが,一介のピアニスト然と,幅の広いプレイを披露している。ゆえに全体の音場が広がっている。
 エリック・アレキサンダーテナーサックスが益々豪快にブローしている。しかし『ナイトライフ・イン・トーキョー』では,ロン・カーターと共鳴する部分が多く,則ち音楽的なブローであり,ハーモニーが美しい。

 これまでハード・バップ一辺倒だったエリック・アレキサンダーソニー・ロリンズのような“歌”を初めて感じた。自己表現の手段としてではなく聴き手の心を動かすためのブローがある。

NIGHTLIFE IN TOKYO-2 【I’LL BE AROUND】での長い長いカデンツァは何度聴いてもグッと来る。サウンド・イメージを膨らませるロン・カーターベース・ラインを耳で追っていくと,エリック・アレキサンダーアドリブがインスピレーションの泉へと引きずられていく過程が楽しめる。

 管理人の結論。『ナイトライフ・イン・トーキョー批評

 『ナイトライフ・イン・トーキョー』の真実とは「RON CARTER TRIO FEATURING ERIC ALEXANDER」で間違いない。
 “ジャズ・ジャイアントロン・カーターの音楽の拍動を受けて,ついにエリック・アレキサンダーが「アレキサンダー大王」となった! 

  01. NEMESIS
  02. I CAN DREAM, CAN'T I?
  03. NIGHTLIFE IN TOKYO
  04. I'LL BE AROUND
  05. COLD SMOKE
  06. ISLAND
  07. BIG R.C.
  08. LOCK UP AND BOW OUT

(マイルストーン/MILESTONE 2003年発売/VICJ-61119)
(ライナーノーツ/テッド・パンケン)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・アレキサンダー / サミット・ミーティング4

SUMMIT MEETING-1 破竹の快進撃を続けるエリック・アレキサンダーの2管編成クインテットSUMMIT MEETING』(以下『サミット・ミーティング』)のキーワードは“安定と洗練”である。

 トランペットニコラス・ペイトンを迎えて繰り広げられたユニゾンとバトルが,胸のすく王道ハード・バップに仕上げられている。
 エリック・アレキサンダーの自信に満ちたテナーサックスが,アンサンブルをどっしりと下支えしている。変な小細工など一切なし。安心して,現代に復興された上質なハード・バップを楽しむことができる。

 しかし,ここまで滑らかな演奏集を聴いていると,諸手を上げて喜ぶことが出来ない。人間って本当に「無いものねだり」ばかり。何もここまで無駄を削ぎ落とさなくても…。
 元来,エリック・アレキサンダーは名うてのテクニシャンであった。ミストーンなどデビュー・アルバム『STRAIGHT UP』の時点で一音もないくらい。

 そんなエリック・アレキサンダーが『サミット・ミーティング』で妙に丸くなった気がした。シカゴ・テナー伝統の「力任せに吹き上げる」男気溢れるエリック・アレキサンダーをもっともっと聴きたいのだ。

 自分の中のエリック・アレキサンダーへ寄せる思いがどこにあるのかを『サミット・ミーティング』を聴いて自覚してしまった。“安定と洗練”は決して悪いことではない。
 ただし,エリック・アレキサンダーのシカゴ・テナーに魅了されてきたファンとしては『THE SECOND MILESTONE』で突き抜けた,あの路線をそのままブレずに突き進んでくれるものと思っていた。だから何だかなぁ。

 『サミット・ミーティング』での“非の打ち所のない”テナーサックスに逆にモヤモヤしてしまう。ヴィンテージの良さって,年々,魅力が増していくじゃないですかぁ。
 『サミット・ミーティング』での“安定と洗練”を聴いていると,ヴィンテージの良さが色褪せて,大量生産消耗品の1つとして出回っていく感じ?

SUMMIT MEETING-2 どうやら管理人の求めている方向性とドンピシャで交わったのは『THE SECOND MILESTONE』1枚だけだったみたいです…。
 『サミット・ミーティング』以降のエリック・アレキサンダーは「円ではなくて楕円」だったみたいです…。

 楕円には周期がある。またいつか管理人の大好きなエリック・アレキサンダーと巡り会える。そう信じたい。
 …ということで『サミット・ミーティング』以降のエリック・アレキサンダーは不定期購入。気に入ったアルバムだけを紹介いたします。

  01. SUMMIT MEETING
  02. THE SWEETEST SOUNDS
  03. THERE BUT FOR THE GRACE OF...
  04. I HAVEN'T GOT ANYTHING BETTER TO DO
  05. A HOUSE IS NOT A HOME
  06. THIS GIRL'S IN LOVE WITH YOU
  07. SOMETHING'S GOTTA GIVE
  08. ANDRE'S TURN
  09. AFTER THE RAIN

(マイルストーン/MILESTONE 2002年発売/VICJ-60963)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・アレキサンダー / ザ・セカンド・マイルストーン5

THE SECOND MILESTONE-1 エリック・アレキサンダーの快進撃は『THE SECOND MILESTONE』(以下『ザ・セカンド・マイルストーン』)から始まった。管理人はそう断言しよう。

 デビュー以降のエリック・アレキサンダーの特長とは,難フレーズでもとにかく豪快に吹き切る,無敵のブロウ職人のようなイメージであったが,前作『THE FIRST MILESTONE』から“大人の魅力”開眼のようで,豊かな情感表現が目立つように変化していたと思う。

 しかし『THE FIRST MILESTONE』での大人の音世界は,残念ながらエリック・アレキサンダー主導というよりはパット・マルティーノの個性に引っ張られて出来上がった優良盤であり,エリック・アレキサンダーにとって『THE FIRST MILESTONE』は「過渡期」のアルバムの代表格のように思える。

 それがどうだろう。『ザ・セカンド・マイルストーン』での深い音色と硬派な鳴り。ついに「コルトレーン派・第三グループ」の筆頭格としてエリック・アレキサンダーが自ら追求する音楽性を確立したように思う。

 【MATCHMAKER,MATCHMAKER】の冒頭から流れ出たテナーサックスの衝撃が忘れられない。まるで現代にコルトレーンが舞い戻ってきたかのようなテナーサックスの深い響きに,稲妻に打たれたかのような電気ショックが背中を走った。

 真にゾクゾクした。久しぶりに「ウォーッ」と大声で叫びたくなった。音色にしてもフレージングにしても,一聴してすぐにエリック・アレキサンダーと識別できるコルトレーンのスタイルを完全消化し,オリジナルの音色を確立したエリック・アレキサンダー“その人”がここにいる。

 要は,白人コルトレーン派・伝統の「COOLなハード・バップ」である。しかもDRYなのにノリがめちゃめちゃ重い。ストレイト・アヘッドなスタイルが破壊力満点な「テナー・タイタン」の速射砲に身がよじれてしまう。真に手放しで素晴らしい。

 そう。「コルトレーン派・第三グループ」の筆頭格であるエリック・アレキサンダーの特長とは,インスピレーション豊かに,抑制のきいたトーンで創造的なインプロヴィゼーションを展開する「テナー・タイタン」である。

 そんなエリック・アレキサンダーが,明快なメロディー・ラインを創り出し,卓越したハーモニーを織り込みながら,スイングを発散し続け,完璧な形に仕上げたのが『ザ・セカンド・マイルストーン』なのである。

THE SECOND MILESTONE-2 1年前のアルバムと聴き比べて成長が分かるのだから,当のエリック・アレキサンダーの手応えはいかばかりであろう。腕を上げた。相当大きな自信を掴んだ。そんな勢いのまま臨んだレコーディングだったのだろう。

 ズバリ『ザ・セカンド・マイルストーン』で,エリック・アレキサンダーが一皮剥けた! エリック・アレキサンダーが「期待のニュー・スター」から「テナー・シーンのトップ・アーティスト」へと一気に駆け上った!
 エリック・アレキサンダーの「生きる伝説」は『ザ・セカンド・マイルストーン』から始まったのだ!

  01. matchmaker, matchmaker
  02. the second milestone
  03. moment to moment
  04. the man from hyde park
  05. estate
  06. luna naranja
  07. john neely beautiful people
  08. the cliffs of asturias

(マイルストーン/MILESTONE 2001年発売/VICJ-60745)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・アレキサンダー・ウィズ・パット・マルティーノ / ザ・ファースト・マイルストーン4

THE FIRST MILESTONE-1 エリック・アレキサンダーが特に素晴らしいのは,エリック・アレキサンダーと同じくジョン・コルトレーンを信奉しているテナーサックスの大物,マイケル・ブレッカーブランフォード・マルサリスの影響をものともしない,自分の信じる「テナー・タイタン」の姿を追いかけているところである。

 つまり,超テクニカルで「シーツ・オブ・サウンド」の現代版を行くマイケル・ブレッカーとも,シリアスなジャズにしてオープンな雑食系であるブランフォード・マルサリスとも違う。
 シカゴというオールド・ジャズの伝統を重んじる閉鎖的なコミュニティで育った“らしさ”を強く感じる。

 直情的でありながら情緒的ブレを起こさない平衡感覚。ロング・トーンによるソロを吹き続けようとも,一瞬たりとも決してバテない精神的なたくましさ。ひたむきにハード・ブローイング一辺倒で,どんな局面でも吹き抜ける“豪快な力業”に,エリック・アレキサンダーの揺るぎない意志を感じてしまう。

 『THE FIRST MILESTONE』(以下『ザ・ファースト・マイルストーン』)は,エリック・アレキサンダーのリーダー作であるが,実はこのアルバム,エリック・アレキサンダーの男気を感じたピアノハロルド・メイバーンギターパット・マルティーノによる,エリック・アレキサンダーの「プッシュ・アルバム」だと思っている。

 『ザ・ファースト・マイルストーン』を初めて聴いた時,エリック・アレキサンダーが“御大2人”にプロデュースされている印象を受けた。
 そう。初めて「吹きすぎない」エリック・アレキサンダーの新境地を聴かせてもらった。パット・マルティーノから教えを請いたエリック・アレキサンダーが抑制美に目覚めている。

 パット・マルティーノ参加の『ザ・ファースト・マイルストーン』に続く,ジム・ロトンディ参加の『セカンド・マイルストーン』,ニコラス・ペイトン参加の『サミット・ミーティング』,ロン・カーター参加の『ナイト・ライフ・イン・トーキョー』の「マイルストーン四部作」は,自重することを覚えた“大人のNEWエリック・アレキサンダー”のテナーサックスが聴き所である。

THE FIRST MILESTONE-2 パット・マルティーノのイマジネイティヴなギター・ユニゾンからこぼれ出すエリック・アレキサンダーの豊かなテナーがメロディック。
 これまでも師匠としてエリック・アレキサンダーをバックから煽り続けて鍛えてきたハロルド・メイバーンパット・マルティーノを迎えてパワー・アップ。ピアノのニュアンスを聞き取ろうとするエリック・アレキサンダーを置いてけぼりに前へ前へと乗り出している。

 そう。ピアノハロルド・メイバーンギターパット・マルティーノによる,バッパー畑の至極のしごきが,エリック・アレキサンダーテナーサックスに“アダルトな響き”を付与している。

  01. STAND PAT
  02. #34 WAS SWEETNESS (FOR WALTER PAYTON)
  03. THE FIRST MILESTONE
  04. THE TOWERING INFERINO
  05. NIGHT SONG
  06. LAST NIGHT WHEN WE WERE YOUNG
  07. THE PHINEAS TRANE
  08. I'M GLAD THERE IS YOU

(マイルストーン/MILESTONE 2000年発売/VICJ-60555)
(ライナーノーツ/成田正)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

エリック・アレキサンダー / ストレイト・アップ4

STRAIGHT UP-1 ジョシュア・レッドマンが“神童”であればエリック・アレキサンダーは“新星”である。
 ジョシュア・レッドマンにはカリスマ性を感じるが,エリック・アレキサンダーには「期待の新人」を強く感じる。

 管理人がそう思うのは多分に,エリック・アレキサンダーデビューCDSTRAIGHT UP』(以下『ストレイト・アップ』)での実にフレッシュな第一印象のイメージが大きい。

 ハロルド・メイバーンピアノ・トリオをバックに,元気ハツラツなテナーサックスが疾走している。エリック・アレキサンダーの太く力強いトーン,豊かなメロディ・ラインがこぼれている。ブローが熱い。バラードは繊細でよく鳴っている。
 とにかく過去のサックス奏者と比べると何もかにもが違っているように感じる。新感覚に襲われた。

 エリック・アレキサンダーはイノベーターではない。エリック・アレキサンダーテナーサックスには,ソニー・ロリンズジョン・コルトレーンソニー・スティットジョー・ヘンダーソンスタンリー・タレンタインジョージ・コールマンからの影響が感じられる。
 にも関わらず,それ以上に勢いを感じる。己の目指す音楽に突き進む“気概”のようなものが先に来ている。これは相当に手強い。

 そう。エリック・アレキサンダーは,伝統に対する知識と愛情を持ち,開かれた感覚を持ち演奏する。
 エリック・アレキサンダーは,その耳で聞き,その心が感じたものを確信をもって,流ちょうに,成熟した音で,スイングしながら,本物のメロディー感覚を奏でる完璧主義者なのであろう。

STRAIGHT UP-2 管理人の結論。『ストレイト・アップ批評

 『ストレイト・アップ』は雰囲気で聴いていては楽しめない。エリック・アレキサンダーアドリブを紡いでいく過程を聴き楽しむアルバムである。
 情熱的なフレージングに茶目っ気たっぷりなエリック・アレキサンダーのユーモアを聴き逃すな!

  01. Straight up
  02. What are you doing the rest of your life
  03. Be my love
  04. Blues waltz
  05. Laura
  06. An Oscar for Tredwell
  07. End of a love affair
  08. Love is a many splendored thing

(デルマーク/DELMARK 1993年発売/PVCP-8164)
(ライナーノーツ/藤原孝弘,ローラ・ロウズナー)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2018 アドリブログ All Rights Reserved.