アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:KYLYN

渡辺 香津美 / KYLYN4

KYLYN-1 管理人は『KYLYN LIVE』を聴いた後に『KYLYN』を聴いた。そのせいなのだろう。『KYLYN』について語ろうと思えば,巷で言われているような名盤評価にはならない。

 『KYLYN LIVE』は真に最高のライブ盤である。ゾクゾクする。しかしあの大興奮を『KYLYN』からは感じられない。
 ズバリ『KYLYNレコーディングの時点では,渡辺香津美坂本龍一,そして日本の音楽界の精鋭たちとのコンビネーションがまだこなれてはいないのだ。

 そう。『KYLYN』の音楽の本質が,あの「青と赤」真っ二つのアルバム・ジャケットに象徴されている。『KYLYN』はLPのA面が渡辺香津美ジャズフュージョン・サイド,B面が坂本龍一のテクノ・ポップ・サイドで構成されている。
 ステージ上の楽器の配置を「青と赤」で表現した『KYLYN LIVE』のアルバム・ジャケットがお見事。「青と赤」が分断されていた『KYLYN』が『KYLYN LIVE』でついに融合したことを絵画的に表現しているように思う。

 さて,そんな渡辺香津美ソロ名義のアルバムを坂本龍一がプロデュースした『KYLYN』であるが,ギターフレットレスベース渡辺香津美フェンダー・ローズピアノシンセサイザー坂本龍一フェンダー・ローズ益田幹夫ピアノキーボードヴォーカル矢野顕子ベース小原礼ドラム村上“ポンタ”秀一ドラム高橋ユキヒロパーカッションペッカートロンボーン向井滋春アルト・サックスソプラノ・サックス本多俊之テナー・サックス清水靖晃という,当時すでに自らのリーダー・アルバムをリリース済メンバーによる「オール・スター・セッション」こそが『KYLYN』の“伝説”である。

 つまり渡辺香津美坂本龍一の『KYLYN』における功績とは,これだけの精鋭たちを集めきった人脈にあるのであって,2人がリードしたフュージョン志向の音楽性は後付けで良い。

 才能豊かなメンバーが同じスタジオに集まって,同じ空気同じ方向性で自由にクリエイトできたからこそ,後刻『KYLYN LIVE』での爆発が生じたのだろう。
 「KYLYN」という名の「オール・スター・セッション」が,やがては「KYLYN BAND」を名乗れるほどに,一体感ある音の交歓に喜びを感じながらメンバー全員が「次なるステージへとステップアップできた時間と場所」としての趣きを感じる。

 ちなみに「KYLYN」というプロジェクト名は,渡辺香津美坂本龍一の双頭バンドという意味合いもあって,Kは渡辺香津美のK。Yは&の意味。Lは「RYUICHI SAKAMOTO」のRをLと表記したもの。Nは仲間のN。

 面白いのは「KYLYN」から後のYMOが誕生し,渡辺香津美もYMOのサポートを務めるようになった事実もあって「KYLYN」の主導権は常に「LYUICHI SAKAMOTO」が握っており,渡辺香津美サイドが坂本龍一サイドに呑み込まれてしまったような印象で聴こえるところである。うん。教授&アッコちゃん!

KYLYN-2 管理人の結論。『KYLYN批評

 『KYLYN』は2つの別々のコンセプトが合体したコンパイル盤にして,それぞれのコンセプトの括りも曖昧で曲想がバラバラな実験作。『KYLYN』は,コンビニ的な凄腕メンバーの才能豊かなソロを楽しむためのアルバムである。

 ただし,この「暗中模索的」な『KYLYNセッションから,後の『KYLYN LIVE』なる大名盤が誕生し『KYLYN LIVE』で発芽した「音の種」が,J−ジャズフュージョン界に満開の花を咲かせる結果につながったのだから「分水嶺的」なアルバムとして(音楽性とは別の分野で)評価されて然るべきだと思っている。

  01. 199X
  02. SONIC BOOM
  03. WATER WAYS FLOW BACKWARD AGAIN
  04. MILESTONES
  05. E-DAY PROJECT
  06. AKASAKA MOON
  07. KYLYN
  08. I'LL BE THERE
  09. MOTHER TERRA

(ベター・デイズ/BETTER DAYS 1979年発売/COCB-53837)
(☆HQCD仕様)
(ライナーノーツ/松下佳男)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

渡辺 香津美 / KYLYN LIVE4

KYLYN LIVE-1 ジャズの真髄はライブゆえ“伝説のライブ”と呼ばれるライブ盤はごまんとある。マイルス・デイビス絡みだけでも数十枚あるという事実。少々,乱発気味!?

 真に一夜のライブが“伝説のライブ”であるためには,必要十分条件が揃っていなければならない。管理人が思う必要十分条件。それは一期一会のメンバーの豪華さとその夜のライブが後のターニング・ポイントに数えられること。

 その点で,チャーリー・パーカーディジー・ガレスビーバド・パウエルチャールス・ミンガスマックス・ローチの「モダンジャズジャイアントの再会セッション」『ジャズ・アット・マッセイ・ホール』や,アート・ブレイキークリフォード・ブラウンルー・ドナルドソンホレス・シルヴァーカーリー・ラッセルの「ハード・バップの夜明けを告げる」『バードランドの夜』は文句なし。

 ではJ−ジャズフュージョンにおける“伝説のライブ”の筆頭格『KYLYN LIVE』はどうだろう?
 管理人の答えはNO。一期一会の豪華メンバーは認めるが『KYLYN LIVE』は“お祭り”盤に過ぎない。

 1970年代後半の日本のフュージョン黎明期はフュージョン・バンドのギタリストがリードしていた。プリズム和田アキラカシオペア野呂一生ザ・スクェア安藤まさひろ…。
 すでに“天才ジャズ・ギタリスト”としての名声を得ていた渡辺香津美に,世のフュージョン・ブームの荒波が押し寄せてきた。渡辺香津美にも「フュージョン・バンドのギタリスト」の座を…。

 こうして結成された渡辺香津美率いる「KYLYN BAND」は超豪華メンバー。
 ギター渡辺香津美キーボード坂本龍一キーボードヴォーカル矢野顕子ベース小原礼ドラム村上“ポンタ”秀一パーカッションペッカートロンボーン向井滋春アルト・サックスソプラノ・サックス本多俊之テナー・サックス清水靖晃からなる9人編成。(加えてゲスト参加でキーボード益田幹夫ドラム高橋ユキヒロテナー・サックス高橋知己アルト・サックス伊東毅(なんと!)のクレジット有り)。

 「KYLYN BAND」の特長は,渡辺香津美坂本龍一という2本の縦糸に,当時の日本のトップ・プレイヤーが横糸を絡めて織り成す「新しいジャズフュージョン」。目指すしたのは「クリエイティブ度の高い洗練されたインスト」である。

 「KYLYN BAND」の主導権は坂本龍一が担っている。坂本龍一が先頭に立って“フュージョン・ギタリスト”としての渡辺香津美フィーチャリングしている。
 ゆえに渡辺香津美がリードできない「KYLYN BAND」は,和田アキラ野呂一生安藤まさひろフュージョン・バンドとは異なっている。メンバー構成を見ても松岡直也の「ウィシング」の渡辺香津美版だと言い切ってよい。

 そう。「KYLYN BAND」の真実は,日本の一流どころを上手にまとめた非ジャズフュージョン! 『KYLYN LIVE』のハイライトは「フィーチャリング矢野顕子」な【リヴァー・マスト・フロウ】【在広東少年】【アイル・ビー・ゼア】!
 ズバリ「KYLYN BAND」の“陰の主役”は坂本龍一矢野顕子の元ご夫婦だと思っている。
 
KYLYN LIVE-2 事実『KYLYN LIVE』での渡辺香津美フュージョン・ギタリスト。素晴らしいプレイヤーの一人として神業級のアドリブを披露し坂本龍一矢野顕子の“音のピース役”を務めている。
 「火の出るような」アドリブとは【マイルストーン】での渡辺香津美の“ブチギレ”のことである。超・超カッコイイ〜!

 そう。管理人が渡辺香津美に苦言を呈したのは,プリズムカシオペアザ・スクェア等との“フュージョン・バンドとしての完成度”の話であって「KYLYN BAND」の音楽性はいいですよ。

 管理人以外は“伝説のライブ”と呼んでいるわけですし「KYLYN BAND」の没リーダーシップの失敗があってこその「KAZUMI BAND」での大成功が待っていたわけですし…。

 最後に『KYLYN LIVE』を聴いた直後に管理人がいつも思うこと。「坂本龍一矢野顕子があのままフュージョン路線を走っていたならなぁ〜」。

  DISC 1
  01. INNER WIND
  02. SNAP DRAGON
  03. MILKY SHADE
  04. MILESTONES

  DISC 2
  01. THE RIVER MUST FLOW
  02. 在広東少年
  03. I'LL BE THERE
  04. BLACKSTONE
  05. WALK TAIL

(ベター・デイズ/BETTER DAYS 1979年発売/COCB-53334-5)
(CD2枚組)
(ライナーノーツ/松下佳男)
(紙ジャケット仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2018 アドリブログ All Rights Reserved.