LAND DIZZY-1 梅津和時って,ドクトル梅津を名乗るアルトサックス・プレイヤーという程度の知識しかない。実はほとんど聴いたことがない。所有しているCD渡辺香津美絡みが数枚ある程度である。

 そんなビッグネームなのに,ほぼ初対面で聴いてた「梅津和時 KIKI BAND」名義の『LAND DIZZY〜眩暈の国』にやられてしまった。
 ゲッ,梅津和時って,こんなにもエモーシャナルなアルトサックス・プレイヤーだったんだ。全然似ていないはずなのに『LAND DIZZY〜眩暈の国』を聴いている管理人の脳内は,あのデヴィッド・サンボーンとか,あのケニー・ギャレットを聴いているのと同じアドレナリンが出てきたのだ。

 もっとフリーっぽい,ジョン・コルトレーンアーチー・シェップの「アグレッシブに吹きまくる系」かと思って手を付けずにいたのに,そうではない。
 梅津和時アルトサックスは「歌うたい系」であった。歌心があって,これだけは伝えたいという感情が込められたサビでの絶唱が来る。でも全く重く響かない。メロディーが駆け抜ける感じの「キレイ系」のアルトサックスであった。

 そう。『LAND DIZZY〜眩暈の国』を聴いてアドレナリンが出たのは事実であるが,その要因は残念ながら梅津和時アルトサックスではなかった。
 『LAND DIZZY〜眩暈の国』の主役は,こちらこそがジョン・コルトレーンのような鬼怒無月ギターと,ことらこそがアーチー・シェップのような早川岳晴ベースである。

 そう。鬼怒無月プログレギター早川岳晴のファズ・ベースの音圧に負けてしまった。
 プログレギターとファズ・ベースの組み合わせと来れば,やはり渡辺香津美ジェフ・バーリンとの『THE SPICE OF LIFE』や,渡辺建との「PRISM」や永井敏己との「EXHIVISION」を思い浮かべるが,特に早川岳晴の“野獣”が特筆ものである。

 ズバリ「梅津和時 KIKI BAND」が目指しているのは「アヴァンギャルドなジャズ・バンド」であろう。「梅津和時 KIKI BAND」より激しいジャズ・バンドなんて幾らでもある。でもこんなにも“危うい”ジャズ・バンドは他にはない。

 「梅津和時 KIKI BAND」とは,鬼怒無月プログレギター早川岳晴のファズ・ベースの“暴走”を梅津和時が「つないでまとめあげてメロディアスに聴かせる」ジャズ・バンドである。

LAND DIZZY-2 梅津和時の押し付けがなければ,本当にバラバラに空中分解しそうな勢いのギターベースが“やさぐれている”。

 実は鬼怒無月早川岳晴を聴いたのも『LAND DIZZY〜眩暈の国』で初めて聴いたのだが,この両雄もすでにビッグネームだったらしく「自分の世界」に誇りを持っている。
 ギリギリでジャズしているし,ギリギリで「梅津和時 KIKI BAND」している。超高速ビートなど使っていないのに,少しでも油断すると脳内が破壊されそうな勢いの演奏。途切れることなくビートがうねっている。ビートが牙を剥いている。要は前衛なのだ。

 前衛と書くしか管理人の表現力では他にないので矛盾があったら申し訳ないが「梅津和時 KIKI BAND」の音楽は分かりやすい。その秘密こそが「歌うたい系」梅津和時の統率力ということであろう。

 まとまっているのに危ういアヴァンギャルドな『LAND DIZZY〜眩暈の国』。管理人のような“電化マイルス”好きにはたまらない1枚であろう。

  01. IZUMOYA
  02. Crawler
  03. UNI
  04. 玄武
  05. 地上の月
  06. IZUMOYA

(イーストワークス・エンタティンメント/EWE 2002年発売/EWCD-0053)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/松山晋也)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)