アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ダスコ・ゴイコヴィッチ

ダスコ・ゴイコヴィッチ / ハンドフル・オブ・ソウル4

A HANDFUL O' SOUL-1 「ダスコ・ゴイコヴィッチインターナショナル・ジャズ・オーケストラ」名義による『A HANDFUL O’ SOUL』(以下『ハンドフル・オブ・ソウル』)を聴いてみて,管理人がダスコ・ゴイコヴィッチになぜにそこまで惹かれてしまうのか,その隠された理由が分かったように思う。

 管理人はダスコ・ゴイコヴィッチの「哀愁漂う美しいトランペット」が大好きだ。しかし,それはダスコ・ゴイコヴィッチの魅力のほんの一面に過ぎない。
 ズバリ,管理人がダスコ・ゴイコヴィッチを愛する理由は,ダスコ・ゴイコヴィッチの“徹底的なセクション・プレイヤー気質”にある。

 「ダスコ・ゴイコヴィッチインターナショナル・ジャズ・オーケストラ」とは,世界10カ国からダスコ・ゴイコヴィッチ自らが人選した18名のジャズメンが結集したビッグ・バンド
 元々,ダスコ・ゴイコヴィッチメイナード・ファーガソンウディ・ハーマンケニー・クラークフランシー・ボラーン等のビッグ・バンドを渡り歩いた経歴を持つ。その後も自身のビッグ・バンドを率いて『バルカン・コネクション』を録音してもいる。

 ビッグ・バンドへの愛着を有し,セルビア大統領の前面バックアップを受け,自ら望むメンバーを選出した“夢のビッグ・バンド”「ダスコ・ゴイコヴィッチインターナショナル・ジャズ・オーケストラ」こそが,ダスコ・ゴイコヴィッチの真骨頂のはずである。

 ゆえに管理人は『ハンドフル・オブ・ソウル』には「哀愁漂う美しいトランペット」とか「バルカン気質」とか,ダスコ・ゴイコヴィッチの代名詞的な演奏が繰り広げられていることを予想していた。が,しかし…。

 『ハンドフル・オブ・ソウル』とは,ストレートなアンサンブル・アルバムであった。「ダスコ・ゴイコヴィッチインターナショナル・ジャズ・オーケストラ」が目指したのは,ジャズ・ファン向けのマニアックなビッグ・バンドではなく,もっと間口の広いPOPなビッグ・バンドである。
 これはいい。ビッグ・バンドを聴く楽しみがいっぱい詰まっている。ソロイストが無理をしていない。素敵なメロディーを奏でることだけ考えている節がある。

 逆に言えば,ダスコ・ゴイコヴィッチの代名詞的な演奏は登場して来ない。最初はそのことに管理人もガッカリした。ダスコ・ゴイコヴィッチがリーダーシップを発揮して,これぞバルカン的でエキゾチックな香りのビッグ・バンドを期待していたからだ。

 でも,それでも『ハンドフル・オブ・ソウル』は「お蔵入り」しなかったんだよなぁ。これがっ! 聴けば聴くほど味が沁み出て来るんだよなぁ。これがっ!
 主役であるダスコ・ゴイコヴィッチソロイストではなく1stトランペッターとして大活躍する。これが「ダスコ・ゴイコヴィッチインターナショナル・ジャズ・オーケストラ」の聴き所なんだよなぁ。これがっ!

A HANDFUL O' SOUL-2 ビッグ・バンドにおける1stトランペッターの役割は2つある。その1つはトランペット・セクションのリード役であり,もう1つはビッグ・バンド全体のリード役である。

 そう。1stトランペッターに求められる資質とは高い音楽性である。1stトランペッターの歌い方ひとつでビッグ・バンド・サウンドががらりと変わってしまう。
 その点でダスコ・ゴイコヴィッチこそが最適任者である。あの哀愁の音色一発でバンド・メンバーの心と唇を鷲掴みできているのだから…。

 「ダスコ・ゴイコヴィッチインターナショナル・ジャズ・オーケストラ」の17名のメンバーがダスコ・ゴイコヴィッチの演奏を聴いている。
 これってダスコ・ゴイコヴィッチが“セクション・プレイヤー”に徹すればこそできること。実に17名がダスコ・ゴイコヴィッチ“っぽい”演奏でまとまっている。

 ズバリ,ダスコ・ゴイコヴィッチジャズメン・シップの響きこそが『ハンドフル・オブ・ソウル』のハイライト。
 正しくダスコ・ゴイコヴィッチの音楽を愛するジャズメンが結集した「心と心の触れ合い」の音が聴こえてくる。

 うん。ここまで書いてきたことは全て真実なのだけど,正直,本音を書くと【I FALL IN LOVE TOO EASILY】におけるダスコ・ゴイコヴィッチミュートトランペットを聴いてしまったが最後,やっぱりダスコ・ゴイコヴィッチは氏のルーツであるビッグ・バンドの“セクション・プレイヤー”としてではなく,ソロイストとして「哀愁漂う美しいトランペット」を吹き鳴らす方が最高だと再認識してしまったのも事実なのです。

  01. A HANDFUL O' SOUL
  02. I FALL IN LOVE TOO EASILY
  03. YUGO BLUES
  04. DON'T GET AROUND MUCH ANYMORE
  05. REMEMBER DIZZY
  06. JEEP'S BLUES
  07. BALKAN BLUE
  08. SUMMERTIME

(エンヤ/ENJA 2005年発売/MZCE-1065)
(ライナーノーツ/都並清史)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ダスコ・ゴイコヴィッチ / テン・トゥ・ツー・ブルース4

TEN TO TWO BLUES-1 管理人は『スインギン・マケドニア』派であるが,一般的にはダスコ・ゴイコヴィッチの代表作として『スインギン・マケドニア』以上の人気を誇るのが『TEN TO TWO BLUES』(以下『テン・トゥ・ツー・ブルース』)である。

 『テン・トゥ・ツー・ブルース』は,ダスコ・ゴイコヴィッチのワン・ホーン・アルバム。ダスコ・ゴイコヴィッチトランペットの魅力をストレートに堪能できるのが人気の秘密なのだろう。
 しかし,そんな理由は建前であって,実際には演奏とは別の部分で評価が“盛られている”気分がする。
 あっ,これから少しネガティブなことを書きますが『テン・トゥ・ツー・ブルース』は管理人もダスコ・ゴイコヴィッチ名盤として高く評価しています。誤解のないように。

 『テン・トゥ・ツー・ブルース』は1971年のリリース。世間ではフュージョンの嵐が吹き荒れ,ジャズの伝統は風前の灯であった。
 そんな時代にオーソドックスなワン・ホーンでのハード・バップ。しかもヨーロピアンジャズらしからぬ,アメリカン・ジャズ・ブルースの大連発!
 肩身の狭い思いをしてきた昔かたぎのジャズ・ファンに勇気を与えたのが『テン・トゥ・ツー・ブルース』でのアメリカン・ジャズ・ブルースの大連発! 
 正直,王道を待望していたファン心理に押し上げられたがゆえの「名盤格上げ」のように思っている。

 あるいはこういう論調もある。『テン・トゥ・ツー・ブルース』の主役はダスコ・ゴイコヴィッチトランペットではなく“盲目のピアニストテテ・モントリューの熱いピアノである。
 テテ・モントリューのダイナミックにドライブするラテンピアノが所狭しと駆け巡る。ダスコ・ゴイコヴィッチの哀愁を帯びたバラード・プレイを何倍にも膨らませて光らせる。説得されてしまうピアノである。
 正直,テテ・モントリュー名演に押し上げられたがゆえの「名盤格上げ」のようにも思っている。

 そして,そんな『テン・トゥ・ツー・ブルース』の再ブレイクが“新伝承派”ウィントン・マルサリスが登場した10年後のこと。
 管理人はウィントン・マルサリスを最後の最後まで擁護しますが,ウィントン・マルサリスを罵倒してきたのが,これまた管理人の“フェイバリット”であるキースジャレット本人,そしてダスコ・ゴイコヴィッチのファンたちなのです。

TEN TO TWO BLUES-2 『テン・トゥ・ツー・ブルース』を聴いていると,キースジャレットダスコ・ゴイコヴィッチのファンたちの主張も理解できてしまう。
 『テン・トゥ・ツー・ブルース』でのダスコ・ゴイコヴィッチの方が「ジャズの王道」なのであって,ウィントン・マルサリスのような“新伝承派”こそが「異端」である。そう主張するのに「もってこいの1枚」が『テン・トゥ・ツー・ブルース』であったのだと思う。

 こうして1度ならず2度までも「ジャズの王道」として引用されることになった『テン・トゥ・ツー・ブルース』。
 実は管理人のようなウィントン・マルサリス大好き人間には,さほど痛くもかゆくもなかったりする「小さな名盤」なのであります。

 これが『テン・トゥ・ツー・ブルース』ではなく『スインギン・マケドニア』を持ち出されたら,ちと手強いなと。中々太刀打ちできないかと。

  01. TEN TO TWO BLUES
  02. REMEMBER THOSE DAYS ( I REMEMBER O.P. )
  03. OLD FISHERMAN'S DAUGHTER
  04. I LOVE YOU
  05. A CHILD IS BORN
  06. LAST MINUTE BLUES ( BLUES TO LINE )

(エンサヨ/ENSAYO 1971年発売/MZCE-3010)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/後藤誠)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ダスコ・ゴイコヴィッチ / スインギン・マケドニア5

SWINGING MACEDONIA-1 読者の皆さんが「自分の1枚」を選べと言われたなら一体何を選ぶのだろう。迷いに迷う選考過程を覗き見すると,きっと頭の中で名盤と言われるタイトルが行き来することだろうし“ジャズ・ジャイアント”と称えられる名前が行き来することと思う。

 …で,あるジャズ・アルバムのコレクターが出した「自分の1枚」の答えがこれ。
 ダスコ・ゴイコヴィッチの『SWINGING MACEDONIA』(以下『スインギン・マケドニア』)である。

 この事実に管理人は度胆を抜かれた。この答えにひれ伏した。確かに『スインギン・マケドニア』は大好きだけど,ダスコ・ゴイコヴィッチも大好きだけど,他の何百枚もの有名盤を押しのけて『スインギン・マケドニア』が指名されたという事実が受け入れ難かった。

 ジャズ批評のセオリーでは絶対に導き出せないマニアック盤=『スインギン・マケドニア』。『スインギン・マケドニア』が選ばれるなど想像したこともなかったのだが,言われてみればアリっちゃアリかも?
 ある素人ジャズ・ファンの出した答えに管理人も大いに勇気をもらったものだし『スインギン・マケドニア』を聴き返す度に合点がいったし納得するようにもなった。

 『スインギン・マケドニア』が大好きになったのは「自分の1枚」に関するエピソードを知ったから。だから,その理由を確認すべく普通のアルバム以上に注意深く聴き込んだのだと思う。そして本当に大好きになった。愛聴盤になった。
 田中さん,一生に1枚の出会いをありがとう。

SWINGING MACEDONIA-2 さぁ,読者の皆さん。この記事で興味が湧いたら次はあなたの番です。ジャズ・ファンなら死ぬまでに1度は聴いて欲しい1枚だと思っています。一部のマニアにしか知られていないとしても,名演,名盤の評価は時代が変わっても一致するものなのです。

 バルカン・マケドニアスイングは1曲として緩みがありません。ダスコ・ゴイコヴィッチの哀愁漂う美しいトランペットを,時に無意識のうちに鼻歌で歌って失敗することがあるんです。

 …ということで『スインギン・マケドニア』の細かな内容については敢えて言及しないことにします。これだけ書けばもう十分でしょ?

  01. MACEDONIA
  02. OLD FISHERMAN'S DAUGHTER
  03. JUMBO UGANDA
  04. THE GYPSY
  05. MACEDONIAN FERTILITY DANCE
  06. BEM-BASHA
  07. SAGA SE KARAME
  08. WEDDING MARCH OF ALEXANDER THE MACEDONIAN
  09. THE NIGHTS OF SKOPJE
  10. BALCAN BLUE

(フィリップス/PHILLIPS 1966年発売/TKCB-71979)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/青木和富,田中博)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2018 アドリブログ All Rights Reserved.