アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:KK JAM

KK JAM / KK JAM II4

KK JAM II-1 「KK JAM」の2ndKK JAM 』を聴いて感じるのは,窪田宏キーボードの充実ぶりである。

 「KK JAM」とは,窪田宏メロディー勝田一樹と分け合い,リズムを石川雅春と分け合い,それ以外の音は全て窪田宏キーボードで演奏する“GROOVEトリオ”だということ。

 「KK JAM」の全ての要素に首を突っ込む(手と足を突っ込む)窪田宏が「一切のギミックを排したGROOVYオルガン」を演奏している。エレクトーンの延長線上には,こんなにも凄い音楽が待ち受けていたのだった。凄いぞ,窪田宏〜!

 さて『KK JAM 』を今度は勝田一樹の視点から見つめてみれば「これって,初期“超絶技巧”夜明け前なDIMENSION」の再演では?と思ってしまうのだから面白い。
 『KK JAM』にはなかったメロディアスな【KOOL TIME】【STREAM LINE】なんかは『SECOND DIMENSION』とか『THIRD DIMENSION』辺りの香りがプンプン。← ここに石川雅春の存在価値があると言ったら失礼なのですが…。

 実は勝田一樹のファンとしては「JAFROSAX」と「KK JAM」の位置付けと言うか棲み分けと言うか,2つのプロジェクトが被って聴こえて,明確な違いが分からなかった。
 だから「KK JAM」の立ち上げは,いつものダンス系,クラブ系の病気が発症したとしか思えていなかった。

KK JAM II-1 2ndKK JAM 』を聴いてみて,やっと「JAFROSAX」と「KK JAM」が区別できた思いがする。
 どちらのプロジェクトも共通してクラブ・ジャズを演奏しているに違いはないが「JAFROSAX」とは「JAZZTRONIK」方面の「クラブ・ジャズのポップス化」にあるとすれば(つまりはもっとメジャーに!)「KK JAM」の方は「クラブ・ジャズの文脈におけるセッションの意義」にあるのだと思う(つまりはもっとマイナーに!)。

 『KK JAM 』を聴いてみて「勝田一樹はこうでなくっちゃ!」と一人合点がいった今日この頃である。

  01. Funky D Town
  02. Kool Tune
  03. The Joker
  04. Stream Line
  05. Summertime
  06. Side Slip
  07. Trans Fuse
  08. High Spirits

(ヒヨレコード/HIYO RECORDS 2008年発売/XQBD-1006)
(ライナーノーツ/櫻井隆章)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

KK JAM / KK JAM4

KK JAM-1 「KK JAM」とは,サックス勝田一樹の「」とキーボード窪田宏の「」のダブルの「」にドラム石川雅春をリーダーとする“GROOVEトリオ”。

 石川雅春が目指した「KK JAM」とは,小野塚晃にはない,窪田宏特有の「GROOVEDIMENSION」であろう。
 しかし「KK JAM」の1stCDKK JAM』は,石川雅春勝田一樹DIMENSIONの3分の2が揃っているにも関わらず,イメージとしてはDIMENSIONではないし,勿論,窪田宏TRIX寄りでもない。
 ベースレスのトリオなのに,身体の底からグングンくるビート・イン・ビートは,窪田宏の足鍵でのバッキングとハーモニー!

 どんなに難しいユニゾンをキメまくっていようと『KK JAM』の印象は,窪田宏の作り出す“GROOVEの渦”を下から支える石川雅春+上から混ぜる勝田一樹の“SOLID”すぎる「KK JAM」のジャム・セッション
 それくらいに「KK JAM」=窪田宏の個性=エレクトーンシンセサイザー・サウンドが“光っている”&“際立っている”!

 そう。「KK JAM」とは,基本ジャム・セッション・スタイルでの音と音とのぶつかり合い! これがコアすぎてメロディーを追いかけている時間などほぼ残されていない。
 と言うか『KK JAM』の印象は,ほぼ一本調子。緊張感で張りつめた空気感が伝わってくる。この「場の空気」を変える唯一の武器が窪田宏の必殺・足鍵盤でのベース・ライン。勝田一樹サックスの動きに合わせて,1曲毎に表情を変えるベース・ラインの展開を耳で追うのが最高に楽しい。

 個人的にはラストのバラード・ナンバー【TUNE REQ】で“GROOVEの渦”をクールダウンする3人のミュージシャン・シップが気持ち良い。【TUNE REQ】を聴くために“アゲアゲのムチャブリ”で6曲30分間の間,アクセル全開でぶっ飛ばしてきたような気分なのです。

KK JAM-2 【TUNE REQ】のバラードなのに“GROOVEする”窪田宏の足ベースを聴いてみて欲しい。
 本当に足で弾いてるの?と思わせる,全く狂いなくピタっとハマる“静かなGROOVE”!

 おおっと,石川雅春の重いビートにキレが加わる,大技&小技でフロントを引き締めるドラミングもお聴き逃しなく!
 おおっと,勝田一樹の「ファズで泣き,フラジオで叫ぶ」テナーサックスもお聴き逃しなく!

  01. Duration
  02. Wind It Up
  03. Moment
  04. Obsession
  05. Latch Mode
  06. Groove Jam
  07. Tune Req

(ヒヨレコード/HIYO RECORDS 2006年発売/XQBD-1002)
(ライナーノーツ/櫻井隆章)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.