アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:矢野 顕子

矢野 顕子×上原 ひろみ / ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-5

ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO--1 『GET TOGETHER −LIVE IN TOKYO−』は「矢野顕子 & 上原ひろみ」による対等なピアノデュオで間違いないが『ラーメンな女たち −LIVE IN TOKYO−』は「矢野顕子 WITH 上原ひろみ」なピアノデュオである。

 『ラーメンな女たち −LIVE IN TOKYO−』は,力関係として矢野顕子が思いっきり前に出ている。上原ひろみ矢野顕子ピアノを弾かない時の「伴奏者」まで勤め上げている。
 そう。『ラーメンな女たち −LIVE IN TOKYO−』の真実とは,上原ひろみから矢野顕子へ捧げたリスペクトなのである。

 これを上原ひろみの視点から語れば,矢野顕子とのピアノデュオ作『ラーメンな女たち −LIVE IN TOKYO−』はチック・コリアとのピアノデュオ作『DUET』の再来である。

ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO--2 『DUET』での上原ひろみは「チック・コリア大好き」が出まくっていた。上原ひろみチック・コリアに“しがみついて”2人で3台分の“饒舌な”同じ個性のピアノを聴かせてくれた。
 今回の『ラーメンな女たち −LIVE IN TOKYO−』での上原ひろみも「矢野顕子大好き」が出まくっている。今回のは矢野顕子を自分の“懐に抱え込んで”矢野顕子上原ひろみっぽいピアノを弾かせている。

 結果『ラーメンな女たち −LIVE IN TOKYO−』では,2人で4台分のピアノの音が記録されている。その上に矢野顕子の“あの”ヴォーカルが乗っかっている。
 「矢野顕子 WITH 上原ひろみ」の真実とは,上原ひろみが引っ込んだわけでも,矢野顕子が前に出たわけでもない。
 上原ひろみ自身が前に出るために,意図的に矢野顕子を「前に出した」結果なのである。

ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO--3 事実『ラーメンな女たち −LIVE IN TOKYO−』は全曲,上原ひろみ・アレンジング。本気モードの上原ひろみのアレンジが素晴らしい。
 特に前作『GET TOGETHER −LIVE IN TOKYO−』にも収録されていた【ラーメンたべたい】のニュー・バージョンは,面白いでも興味深いでもなく,ただただカッコ良い! 塩・醤油・トンコツ・魚介の全てを食べ尽くした上での創作ラーメンの名店の味がする!?

 ふらっと街を歩いていて,気になったお店に入ったらドンピシャ・ストライクのラーメン食べ歩きの妙! 最初はぶっ飛んだ味がガツンと来て,今まで食べたことのない味だと思っていたのに,食が進むにつれ,なんだか懐かしい味に思えてくる! 最後は「王道」の味へと戻って来る! 「二段仕掛け」のジャズ・ピアノ

 「二段仕掛け」の先発はいつだって矢野顕子である。矢野顕子が未知の音を探しにロケットで発車するが「二段エンジン」役の上原ひろみがバックで巧みに呼び寄せる。どこまで飛んでもちゃんと綺麗に着地する。矢野顕子流ではなく上原ひろみ印で着地を決めていく。

ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO--4 “天才”上原ひろみの「無茶振り」に最高の答えを返す“元祖・天才”の矢野顕子
 矢野顕子上原ひろみの『ラーメンな女たち』の絆は深い。同じラーメン店に入って,別々のラーメンを注文しようとも絆は深い。
 『ラーメンな女たち −LIVE IN TOKYO−』は,そんな画面が見える感じのライブ盤であった。

 管理人も鈴木商店と一風堂のスープを割ったものに一蘭のバリカタ麺をぶっかけてニンニク多めで食べますかっ。智子レストランで!

  CD
  01. 東京は夜の7時
  02. おちゃらかプリンツ (おちゃらかほい〜フットプリンツ)
  03. 真赤なサンシャイン (Ain't No Sunshine〜真赤な太陽)
  04. 飛ばしていくよ
  05. Dreamer
  06. こいのうた
  07. ホームタウン・ブギウギ (東京ブギウギ〜New York, New York)
  08. ラーメンたべたい

  DVD
  01. 飛ばしていくよ (ライヴ・クリップ)
  02. こいのうた (ライヴ・クリップ)

(テラーク/TELARC 2017年発売/UCCO-8011)
★【初回限定盤】 SHM−CD+DVD
★スリーヴ・ケース仕様

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

矢野 顕子×上原 ひろみ / GET TOGETHER -LIVE IN TOKYO-4

Get Together -LIVE IN TOKYO- -1 矢野顕子上原ひろみによるピアノデュオヴォーカルライブ盤=『GET TOGETHER −LIVE IN TOKYO−』。

 一般にピアノデュエット作は,実力が拮抗した者同士の共演が多く,左・中央・右のピアノはどっちがどっち? フレーズを判別するのにエネルギーが奪われて分かり難い印象が強い。
 しかし『GET TOGETHER −LIVE IN TOKYO−』の第一印象はスッキリ! 矢野顕子上原ひろみのキャラが立っている! だからピアノの一音が面白い。一瞬で「矢野顕子×上原ひろみ」の世界に惹き込まれてしまった。

Get Together -LIVE IN TOKYO- -2 しかし,2巡目,3巡目と聴き込むうちに『GET TOGETHER −LIVE IN TOKYO−』でのピアノデュオに惹かれる理由が変化する。
 異質なのに2台が調和している。予定調和的ではなく,例えば矢野顕子が白の鍵盤を弾けば上原ひろみが黒の鍵盤を弾き分ける。2台が1台と化しているのではなく1台が2台のごとく鳴っているのだ。2台のピアノを4本の腕,20本の指が駆けずり回り1曲を弾き上げている感覚がある。実に素晴らしい。

 上原ひろみ矢野顕子をプッシュするためのデュエットであるが,いえいえどうして,矢野顕子が負けていない。上原ひろみの狙い通り,プッシュされた矢野顕子が“元祖・天才”の素顔を見せる。
 矢野顕子の想定外のリターンに上原ひろみが大喜び! キャッキャキャッキャとインプロの連続。基本,作曲家の上原ひろみジャズ・ピアニストとして立ち振る舞っていく! イェーイ,新旧・天才少女対決!

Get Together -LIVE IN TOKYO- -3 ところで,管理人にとって『GET TOGETHER −LIVE IN TOKYO−』の大収穫は矢野顕子の「あの歌い方・アレルギー」の解消にある。

 パット・メセニー・フリークの管理人にとって矢野顕子は「鬼門」であった。なぜパット・メセニーがこうも矢野顕子を評価するのか気がしれなかった。そこへきての上原ひろみ矢野顕子・偏重である。どうしよう。パット・メセニー上原ひろみコンプリートへの危機が迫っていた。

 それで『GET TOGETHER −LIVE IN TOKYO−』はCDより先にDVDを見てみることにした。矢野顕子の「あの歌い方」への衝撃を受け止めるためであった。
 【ラーメンたべたい】→ラーメンたべたい♪である。上原ひろみが歌う映像に連動したのか管理人も歌っていた。何とも気持ち良いではないかっ! ああ〜,ラーメンたべたい♪ クセのある矢野顕子“味”のラーメンたべたい

Get Together -LIVE IN TOKYO- -4 もはや矢野顕子のあの歌い方など恐れるに足らず! 一気呵成にCDを聴き通した結果,矢野顕子の「あの歌い方・アレルギー」が消えていた。それどころかゴキゲン・スキャット!?

 ヤッター,上原ひろみさん。ヤッター,パット・メセニーさん。『GET TOGETHER −LIVE IN TOKYO−』で「鬼門」を越えた管理人のコンプリートコレクションが完成しそうですよっ。

  CD
  01. CHILDREN IN THE SUMMER
  02. あんたがたアフロ (あんたがたどこさ〜アフロ・ブルー)
  03. CAPE COD CHIPS -LIVE IN TOKYO-
  04. LEAN ON ME
  05. 学べよ
  06. 月と太陽
  07. りんご祭り (DON'T SIT UNDER THE APPLE TREE〜
    リンゴの唄)

  08. ラーメンたべたい

  DVD
  01. ラーメンたべたい (ライヴ・クリップ)

(テラーク/TELARC 2011年発売/UCCT-9022)
★【初回限定盤】 SHM−CD+DVD
★豪華スリップ・ケース仕様
★8Pブックレット

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.