アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:e.s.t. (エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ) / チューズデイ・ワンダーランド5

TUESDAY WONDERLAND-1 「e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)」とは,ジャズピアノ・トリオというスタイルを周到しつつ,一方で既存のピアノ・トリオのスタイルからの逸脱を目指すという,敢えて自らが課した矛盾をエネルギーに前身してきたバンドである。

 ネタ元はエスビョルン・スヴェンソンのアイドルであるキース・ジャレットセロニアス・モンクでありながら,ロックであり,ポップスであり,クラシックのようでもある。
 JAZZYな演奏で全身をまとってはいても,その音楽性はジャズから遠く離れているように思う。

 そんな「e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)」の音楽性を「ポスト・ロック」と呼ぶのは,実に言い当てて妙である。
 そもそもブラッド・メルドーにしてもエスビョルン・スヴェンソンにしても,彼等の世代は疑うべくもなくロックからの洗礼を受けている。「e.s.t.」が「ロックするピアノ・トリオ」し始めたのは『GOOD MORNING SUSIE SOHO』の頃からだから随分前のことになる。

 しかし「e.s.t.」が明確にジャズ・バンドではなくロック・バンドとしての音造りを打ち出したのは『TUESDAY WONDERLAND』(以下『チューズデイ・ワンダーランド』)以降であろう。
 『チューズデイ・ワンダーランド』での「e.s.t.」は「ロックするピアノ・トリオ」を越えて「インプロヴィゼーションするロック・バンド」と化しているのだ。

 例えば1曲目の【FADING MAID PRELUDIUM】。クラシカルな旋律の静かな美しさと動的もしくは破壊的なテクスチャーとの振れ幅,コントラスト。ピアニシモからフォルテシモへの意表をつく展開。49秒で突然轟然と鳴り響くディストーション・ベースでの「突き放し」はキング・クリムゾンのあれであり,ジミ・ヘンドリックスのそれであろう。
 【DOLORES IN A SHOESTAND】と【GOLDWRAP】のキラー・チューンでもループやリフが多用され,静寂と喧騒,混沌と整合,何だか全てが彼らの予測通りにコントロールされていくような感じ。まんまとハマって何度聴いても快感が走る…。

 『チューズデイ・ワンダーランド』には,いつも以上にピアノベースドラム以外の電子音が入っている。サウンド・マシーンも使われている。でも一向にうるさくは感じない。
 止まったり動いたりする緩急のつけかたはクラブ・ジャズっぽい。すぐに覚えてしまうシンプルで美しいメロディーと難解な変拍子のリズムがクセになる…。

 ズバリ「e.s.t.」は『チューズデイ・ワンダーランド』で,多くのジャズメンがどうしても越えることの出来なかった大きな壁をついに突き破っている。これは大事件である。
 ジャズピアノ・トリオがその基本形を崩すこと無く,ジャズの言語でついにロックン・ロールの本家本元を呑み込んでしまっている。『チューズデイ・ワンダーランド』での「e.s.t.」こそが“ロックの中のロック”しているのである。

TUESDAY WONDERLAND-2 「インプロヴィゼーションするロック・バンド」と化した『チューズデイ・ワンダーランド』が素晴らしい。大好きである。星5つの大名盤である。

 しかし『チューズデイ・ワンダーランド』は一気に「ポスト・ロック」を通りすぎてしまったような印象を受ける。理由は大手のエマーシー移籍と無関係ではないであろう。
 近年,これだけ玄人から絶賛され,素人からも絶賛され,売れまくったジャズ・バンドは他になかった。ロック・バンド並みのセールスが求められたがゆえの,本心ではない部分での非ジャズ…。

 だから管理人は『チューズデイ・ワンダーランド』のフォロー・ツアーライブ盤『LIVE IN HAMBURG』を押しているのです!

  01. fading maid preludium
  02. tuesday wonderland
  03. the goldhearted miner
  04. brewery of beggars
  05. beggar's blanket
  06. dolores in a shoestand
  07. where we used to live
  08. eighthundred streets by feet
  09. goldwrap
  10. sipping on the solid ground
  11. fading maid postludium

(エマーシー/EMARCY 2006年発売/UCCM-1101)
(ライナーノーツ/鯉沼利成,須永辰緒,佐藤英輔)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ) / ヴァイアティカム5

VIATICUM-1 『VIATICUM』(以下『ヴァイアティカム』)というアルバムは暗い。そして重い。
 いささか哲学的な思索的な感じが,これまたキース・ジャレットを想起させてもくれる。

 現代最高のピアノ・トリオとして『SEVEN DAYS OF FALLING』で“天下を取った”「e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)」のモチベーションは,更なる世界での高みにではなく,再び自分たち自身の音楽性へと向けられている。
 「e.s.t.」を聴いていてクラシック的な影響を大いに感じてしまったのが『ヴァイアティカム』であった。静寂と調和が完璧で美しいのだ。

 そう。「e.s.t.」が世界的なジャズ・バンドと認められたがゆえに,過去を見つめ,現在を見つめ,未来を見つめ,これから歩むべき道を模索した作業に思えてならない。
 そうして描かれた「深遠な音世界」が『ヴァイアティカム』に見事に凝縮されているように思う。

 正直に語ると『ヴァイアティカム』の最初の印象は薄かった。これぞ北欧ジャズ的な,陰があって色彩感も温度感も低い曲が並んでいる。管理人が次の「e.s.t.」に期待する,ガツンと来るJAMっぽさが希薄であった。
 でも『ヴァイアティカム』がつまらなかったのは,最初に聴いた数回だけだった。『ヴァイアティカム』を聴き込むにつれ,どんどんどんどん曲が姿を変えてくる。

 例えば,ピアノが前に出てきた瞬間のベースドラムの絡み方は,ポップスやロックやクラシックの様々なアプローチが垣間見えてくる。
 ピアノベースを歪ませ,そこにコーラスをかけたりエフェクトを多用するバンドであるが,実は「e.s.t.」の“電化”の真髄とはさりげないリバーブにあるように思う。
 必殺リバーブをピアノ・トリオのフォーマットにこだわり,実験性を前面に押し出すことはなく必要最低限の効果で使っている。『ヴァイアティカム』はそんな音響系の細部の音造りが半端ない。音響の「プロ集団」仕様に仕上がっている。

 その一方で「e.s.t.」のポリシーとは,アドリブにではなくアレンジにある,と何かの雑誌で読んだ記憶があるのだが,意外や意外,一聴して印象に残り難いが,エスビョルン・スヴェンソンは感性を研ぎ澄ました鋭いアドリブを要所要所に織り込んでいる。

 どんなにポップでロックでクラシックして聴かせようとも,エスビョルン・スヴェンソンアドリブは,紛れもなくジャズの“まんま”でうれしくなる。
 エスビョルン・スヴェンソンアドリブこそが,暗く重い『ヴァイアティカム』の中の“希望の光”なのである。

VIATICUM-2 『ヴァイアティカム』におけるエスビョルン・スヴェンソンアドリブを聴いていると,アドリブがすっと心の内に入り込んできては,ここではないどこかに連れ去られるような気分がする。
 具体的などこかの場所でもなく過去でも未来でもない。2次元,3次元ではなく異次元な見知らぬ場所のような気がしている。

 そんな『ヴァイアティカム』が導いた場所の答えが分かったのは,次作『TUESDAY WONDERLAND』を聴いた後のことである。
 『TUESDAY WONDERLAND』で「e.s.t.」は,ジャズ・ピアノからの,そしてピアノ・トリオからの決別を宣言している。

 そう。超絶技巧を抑え,余計な抑揚を抑え,楽曲の調和とアルバム全体の調和を目指した『ヴァイアティカム』は「e.s.t.」という最高峰のピアノ・トリオジャズの世界に存在していたことの記録であり,ジャズの世界に最後に残した「爪痕」である。

 エスビョルン・スヴェンソンの亡き今『ヴァイアティカム』の「爪痕」が『TUESDAY WONDERLAND』『LIVE IN HAMBURG』『LEUCOCYTE』『301』以上に“疼いている”。

  01. Tide Of Trepidation
  02. Eighty-eight Days In My Veins
  03. The Well-wisher
  04. The Unstable Table & The Infamous Fable
  05. Viaticum
  06. In The Tail Of Her Eye
  07. Letter From The Leviathan
  08. A Picture Of Doris Travelling With Boris
  09. What Though The Way May Be Long

(ソニー/SUPER STUDIO GUL 2005年発売/SICP-764)
(ライナーノーツ/児山紀芳)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ) / セヴン・デイズ・オブ・フォーリング5

SEVEN DAYS OF FALLING-1 『FROM GAGARIN’S POINT OF VIEW』→『GOOD MORNING SUSIE SOHO』→『STRANGE PLACE FOR SNOW』の「怒涛の三部作」で“世界を獲った”「e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)」。

 しかし「怒涛の三部作」は,今振り返ると『SEVEN DAYS OF FALLING』(以下『セヴン・デイズ・オブ・フォーリング』)で幕開けする「e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)第二章」の序章にすぎなかった。

 “最後にして最高の”ジャズ・アルバムの『FROM GAGARIN’S POINT OF VIEW』→「ロックするピアノ・トリオ」革命の『GOOD MORNING SUSIE SOHO』→時代の最先端を行く非ジャズ・ピアノの『STRANGE PLACE FOR SNOW』。
 それら「怒涛の三部作」で築き上げた1枚1枚の特長を全ての面で包含し,凌駕している。まさか『セヴン・デイズ・オブ・フォーリング』のようなアルバムが誕生するとは思ってもいなかった。

 そう。『セヴン・デイズ・オブ・フォーリング』における「e.s.t.」UPDATEの要因とは,トリオの中で一人突出していたエスビョルン・スヴェンソンピアノに,ベースダン・ベルグルンドドラムマグヌス・オストラムが追いつき覚醒した,3人が3人とも主役を張れる,バランスの取れたトリオ・ミュージック
 言ってみれば「e.s.t.」がSMAPのようなキャラクターを発揮し始めた新次元のグループ・サウンドへと変化したと思う。

 ただし,多分,事実ではない。ベースダン・ベルグルンドドラムマグヌス・オストラムの素晴らしさは『E.S.T. LIVE』を聴き直せばすぐに分かる。
 単純に「キース・ジャレット命」の管理人がエスビョルン・スヴェンソンだけを偏重してきたにすぎない。

 ダン・ベルグルンドのディストーションをかけたウッドベースはノイジーなロック・ギターのような演奏である。そのくせアルコが抜群に上手で正確無比な音取りは驚異のジャズ・ベースそのものである。
 マグヌス・オストラムドラムは,繊細なジャズであり大胆なテクノでもある。非常にドライで硬いビートを生み出している。

SEVEN DAYS OF FALLING-2 そう。「e.s.t.」の本当の魅力とは「最先端のリズム処理」にある。ベースドラムの演奏の幅の広さと連動性が素晴らしい。
 そのエキサイティングなリズム隊の上に,エスビョルン・スヴェンソンの「詩的でミニマルでアンビエントな」ピアノを重ねるのが「e.s.t.」のアイデンティティなのである。

 『セヴン・デイズ・オブ・フォーリング』を聴けば聴くほど「e.s.t.」のメンバーはこの3人でなければならないと強く思うようになった。
 『セヴン・デイズ・オブ・フォーリング』がきっかけとなり,自分の中の「e.s.t.」への印象が変化したと思う。エスビョルン・スヴェンソンの斬新なピアノを聴くという態度から「e.s.t.」というピアノ・トリオと向き合うようになった。

 ズバリ,管理にとって『セヴン・デイズ・オブ・フォーリング』とは「e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)」の“ピアノ・トリオ”胎動作なのである。

  01. Ballad For The Unborn
  02. Seven Days Of Falling
  03. Mingle In The Mincing-Machine
  04. Evening In Atlantis
  05. Did They Ever Tell Consteau?
  06. Believe Beleft Below
  07. Elevation Of Love
  08. In My Garage
  09. Why She Couldn't Come?
  10. O.D.R.I.P./Love Is Real

(ソニー/SUPER STUDIO GUL 2003年発売/SICP-436)
(ライナーノーツ/渡辺亨)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ) / ストレンジ・プレイス・フォー・スノウ5

STRANGE PLACE FOR SNOW-1 管理人が初めて「e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)」を聴いたのは「怒涛の三部作」の第一作『STRANGE PLACE FOR SNOW』(以下『ストレンジ・プレイス・フォー・スノウ』)であった。

 エスビョルン・スヴェンソンピアノが,一般的なジャズ・ピアノとは言い難く,ロックやポップスの心地よいラップトップ・サウンドを聴いているような感じがした。
 理由は主にうっすらとバックで流れているキーボードが大インパクト。サンプリングされているようでいて“生っぽい”アコースティックキーボードの“鳴り”にジャズピアニストとしての“誇り”を感じてしまう。

 軽い衝撃が持続する中『ストレンジ・プレイス・フォー・スノウ』を聴き続けたある日のこと,ふとジャズ弾きでもフュージョン弾きでもない,エスビョルン・スヴェンソンの中のキース・ジャレットとつながった。

 今となっては信じられないかもしれないが,キース・ジャレットはかつてフォーク・ロックを積極的に採り入れたポップかつ前衛的な演奏をしていたことがある。ジャズ・ピアノに当時の流行を取り入れ,ジャズ・ピアノの新たな表現に挑戦したのだった。

 エスビョルン・スヴェンソンキーボードでエレクトロニックを,ドラムンベースでクラブ系を表現する「ジャズを越えていくための実験的な試み」は,かつてのキース・ジャレットが探求していた,新しいジャズ・ピアノの模索と同じなのでは?

 そう。キース・ジャレット・フォロワーを公言するエスビョルン・スヴェンソンは,新しいジャズ・ピアノの探求,その音楽性の実験という意味において,キース・ジャレットの精神性を継承したジャズピアニストなのである。

 『ストレンジ・プレイス・フォー・スノウ』の時点で完成を迎えた「e.s.t.」の先進的なリズム・アプローチ,メロディックで多彩な曲調が“生っぽい”アコースティックキーボードで際立っている。
 『ストレンジ・プレイス・フォー・スノウ』を聴いて,ピアノ・トリオの既成概念が幾らか崩されたと思う。初めは嫌いだった上原ひろみが好きになったのも『ストレンジ・プレイス・フォー・スノウ』と同時期だったかなぁ。

 かつて,ピアノエスビョルン・スヴェンソンベースダン・ベルグルンドドラムマグヌス・オストラムの3人は「e.s.t.」について「『e.s.t.』はジャズ・バンドではなく,ジャズも演奏するポップ・バンドだ」と述べたことがある。

 管理人が『ストレンジ・プレイス・フォー・スノウ』を聴いて感じた,非ジャズ・ピアノのニュアンスは当たっていたことになる。「ポピュラー音楽としてのジャズ」が,北欧のパラレルな視線でシームレスなジャズを照射している。

STRANGE PLACE FOR SNOW-2 しかしながら「e.s.t.」の考えるポップ・バンドとは,一般的なポップ・バンドではない。アルコとエレクトロックが映える複雑なリズムに,これ以上ないぐらいに見事なプリペアード・ピアノを織り交ぜたリリシズムが織りなす,奥深さに光り輝く新しいジャズ・ピアノに他ならない。

 『ストレンジ・プレイス・フォー・スノウ』から始まる「e.s.t.」の新しいジャズ・ピアノは,様々な音楽を聴き続けている人だけが辿り着ける「オアシス」のような音楽だと思う。サウンドに込められたエモーションを拾い出して聴くことのできる人だけが,多くの愉しみを得ることができる音楽だと思う。

 プログレッシヴと評される通り,まさに時代の最先端を行くジャズ・ピアノ。単純にエスビョルン・スヴェンソンのヨーロッパ的で詩的なメロディ・センスだけが突出しているわけではない。
 3人の織りなすインタープレイジャズ以外の様々な要素を取り入れたグルーヴ,エフェクティヴな仕掛けの全てが時代の最先端を行く非ジャズ・ピアノを示している。「鳥肌もの」の思い出の1枚である。

  01. The Message
  02. Serenade For The Renegade
  03. Strange Place For Snow
  04. Behind The Yashmak
  05. Bound For The Beauty Of The South
  06. Years Of Yearning
  07. When God Created The Coffeebreak
  08. Spunky Sprawl
  09. Carcrash - September

(ソニー/SUPER STUDIO GUL 2002年発売/SICP-159)
(ライナーノーツ/岩浪洋三)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ) / グッド・モーニング・スージー・ソーホー5

GOOD MORNING SUSIE SOHO-1 『ストレンジ・プレイス・フォー・スノウ』が大好き過ぎて「輸入盤が購入しない。なぜなら本当に良いものならば,日本盤も待てば出るのだから」という(恐らくは的外れを自覚している)自らに課した「縛り」を解いてまでも,エスビョルン・スヴェンソンの過去作を聴きたい衝動を我慢して手に入れた,日本盤同日発売の2枚が『フロム・ガガーリンズ・ポイント・オブ・ヴュー』と『GOOD MORNING SUSIE SOHO』(以下『グッド・モーニング・スージー・ソーホー』)。

 この2枚の性格は異なる。『フロム・ガガーリンズ・ポイント・オブ・ヴュー』は,すんなりと受け入れることが出来た。『ストレンジ・プレイス・フォー・スノウ』以前の「未知のジャズ・ピアノ」として,例えるなら「スター・ウォーズ」の「エピソード4」から楽しむ「エピソード1・2・3」の気分がしたものだ。

 一方の『グッド・モーニング・スージー・ソーホー』が引っ掛かる。キャッチーなメロディー・ラインは【GOOD MORNING SUSIE SOHO】と【SPAM−BOO−LIMBO】ぐらいであるが,聴き終わった後にもう一度再生ボタンを押したくなる。そんな空気感のアルバムだった。

 『グッド・モーニング・スージー・ソーホー』を聴いていると「静と動」が交互に押し寄せてくるのを感じる。気分が上がってそのまま激しく突っ走ってほしいところで,抑え目で少しダークな世界観が浮かび上がってくる。
 これがクラシック大国に囲まれた「北欧ジャズ」の特徴なのだろうが,澄んだ空気の曇り空のような音風景…。

 そう。『グッド・モーニング・スージー・ソーホー』で初体験した不思議サウンド。カラフルで万華鏡のようで,エモーショナルでアグレッシヴで,詩的で繊細にしてダーク…。そんな相反するような言葉のどれもが当てはまる不思議サウンド…。

 いつしか,大人しめで落ち着いたサウンドの『グッド・モーニング・スージー・ソーホー』を一日に一度は聴かないとこちらが落ち着かなくなってしまった。
 ヨーロピアンジャズならではの耽美的なメロディーを紡ぎながらも,ドラムンベースのグルーヴ感を強調し,エフェクターを効果的に駆使した「プログレッシヴなピアノ・トリオ」が『グッド・モーニング・スージー・ソーホー』の中で鳴っていたのだった。

 この時点ではまだ大声では言えなかったが『グッド・モーニング・スージー・ソーホー』のサウンド・メイキングは真に「ジャズ・ピアノの革命の1枚」で間違いない。

GOOD MORNING SUSIE SOHO-2 オーソドックスなピアノ・トリオでありながら,リリカルにして凶暴なエスビョルン・スヴェンソンが繰り出す“ポスト・ロック的な”音楽表現が実に多彩である。
 控え目にエフェクトを使用し音色面での幅の広さをベースに,音楽性そのものも雑多なジャンルを消化・吸収し,自分たちの陰影あるカラーで再構築してアウトプットしてみせる。「ロックするピアノ・トリオ」が完成されている。 

 こう書きながらも「e.s.t.」の軸足は,いかにも白人的な音楽性というか「北欧ジャズ」らしい純粋培養な美しさで満ちている。
 基本的にはアコースティックで美しく,エレクトロニックで装飾し,時にラジカルでアグレッシブになるが,それこそ今息づいている“ジャズ表現そのもの”なのである。

 ジャズの中でユニークな開拓をやってのけるのは並大抵の事ではない。その大仕事を北欧スウェーデンの3人の若者たち,ピアノエスビョルン・スヴェンソンベースダン・ベルグルンドドラムマグヌス・オストラムがやってのけたのだ。

 「e.s.t.」の挑戦的な姿勢が素晴らしい。洗練されているのにそれでも相当に斬新なのだ。「e.s.t.」の独創的な創造性は称賛に値すると管理人は思う。

  01. SOMEWHERE ELSE BEFORE
  02. DO THE JANGLE
  03. SERENITY
  04. THE WRAITH
  05. LAST LETTER FROM LITHUANIA
  06. GOOD MORNING SUSIE SOHO
  07. PROVIDENCE
  08. PAVANE - THOUGHTS OF A SEPTUAGENARIAN
  09. SPAM-BOO-LIMBO
  10. THE FACE OF LOVE
  11. REMINISCENCE OF A SOUL 〜 (Hidden Track) UNTITLED

(ソニー/SUPER STUDIO GUL 2000年発売/SICP-349)
(ライナーノーツ/青木啓)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ) / フロム・ガガーリンズ・ポイント・オブ・ヴュー5

FROM GAGARIN'S POINT OF VIEW-1 「e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)」こそが,解散後,誰にも受け継がれることのなかった,キース・ジャレットアメリカン・カルテットの後継バンドと認識する。
 同じピアノ・トリオキース・ジャレット・トリオでもなく,同じ北欧出身のヨーロピアン・カルテットでもなく,絶対にアメリカン・カルテットであると認識する。

 その確信の根拠を問われれば『FROM GAGARIN’S POINT OF VIEW』(以下『フロム・ガガーリンズ・ポイント・オブ・ヴュー』)を聴いてほしい,と答えることにしている。
 (全曲いいのだが)【DEFINITION OF DOG】を聴いてほしい。『フロム・ガガーリンズ・ポイント・オブ・ヴュー』は【DEFINITION OF DOG】の1曲に億千万の価値がある。

 なぜならば【DEFINITION OF DOG】こそが,キース・ジャレットアメリカン・カルテットの『SHADES』収録【SOUTHERN SMILES】の変奏曲。
 つまりはエスビョルン・スヴェンソンによるキース・ジャレットへ捧げたオマージェの発露であり,誰も継承することのできなかったアメリカン・カルテットの後継バンド宣言に思えるからだ。

 一般にアメリカン・カルテットと来れば,土臭くアバンギャルドで濃厚な演奏をイメージしてしまい,人気の点でヨーロピアン・カルテットの後塵を拝しているようだが,オリジナリティー,洗練度,斬新さ,美しさの点で他のプロジェクトを凌駕しているように思う。
 ほぼ全てのアルバムが「オール5」のキース・ジャレット名盤群の中にあって,異質な美しさが頭一つ抜きん出ている。

 聞けばエスビョルン・スヴェンソンキース・ジャレット好きを公言しているようだ。
 でもそんな言葉など必要ない。管理人のようなキース・ジャレットの大ファンなら【SOUTHERN SMILES】“一発”でエスビョルン・スヴェンソンの中に宿っているキース・ジャレットの音楽観を聴き取れるものと思っている。

 切れ目なく3曲一気に疾走する,リリカルなミディアム・テンポの【DATING】【PICNIC】【CHAPEL】が管理人の大好物! スタートから一気に惹き込まれる。エスビョルン・スヴェンソンによる16分音符の息の長いパッセージを昇降するピアノが最高にクリティカル!
 そうして地ならしされた後に登場するキラー・チューン=4曲目【DODGE THE DODO】の新録バージョンが最高に“COOL”なジャム・ポップ。ドラムン・ベース炸裂のシャウト感がたまらない! 素晴らしい仕掛けであろう。
 5曲目【FROM GAGARIN’S POINT OF VIEW】で,静かに流れ出す美旋律バラードは,深い藍色を呈するバルト海をゆっくり遊覧する豪華客船から眺めるフィヨルドを想起させてくれる。

( 6曲目【THE RETURN OF MOHAMMED】の緩やかに浮遊する優しいメロディーは,これまた管理人の鉄板=パット・メセニー・グループを連想させてくれる。余談だが「e.s.t.」と“相思相愛”なのはキース・ジャレットだけではない。何を隠そうパット・メセニーも「e.s.t.」を大絶賛していた。キース・ジャレットパット・メセニーなのだから管理人が“のぼせる”気持ちも分かるでしょ? )

FROM GAGARIN'S POINT OF VIEW-2 そう。『フロム・ガガーリンズ・ポイント・オブ・ヴュー』での「e.s.t.」がワイルドなのに美しい。とにかく異次元の美しさを感じる。とにかく最初の一音から最後の一音までが感動する。
 『フロム・ガガーリンズ・ポイント・オブ・ヴュー』を耳にして,ずっとこんなアルバムを聴きたいと願っていたことを思い出した。キース・ジャレットアメリカン・カルテットのような音楽を探していた。そしてついに巡り会えたのだ。この管理人の喜びを理解していただけますか?

 管理人の結論。『フロム・ガガーリンズ・ポイント・オブ・ヴュー批評

 「e.s.t.」の真髄とは『GOOD MORNING SUSIE SOHO』以降の「ロックするピアノ・トリオ」で間違いない。
 その意味でエフェクター,ディストーション,ディレイにリズムマシンまでも駆使したアコースティック楽器の電気武装以前 → アコースティックの鳴りそのまんまな『フロム・ガガーリンズ・ポイント・オブ・ヴュー』は「e.s.t.」の“最後にして最高の”ジャズ・アルバムである。

  01. Dating
  02. Picnic
  03. Chapel
  04. Dodge The Dodo
  05. From Gagarin's Point Of View
  06. The Return Of Mohammed
  07. Cornette
  08. In The Face Of Day
  09. Subway
  10. Definition Of Dog
  11. Southwest Loner

(ソニー/SUPER STUDIO GUL 1999年発売/SICP-348)
(ライナーノーツ/杉田宏樹)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ) / E.S.T. ライヴ5

E.S.T. LIVE-1 管理人は「e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)」が大好きである。現代最高のピアノ・トリオの1つで間違いない。

 こう書いてはいるが実は管理人「e.s.t.」に惹かれたのは,エスビョルン・スヴェンソンピアノというよりも,歪んだ電子音のキーボードがきっかけであった。
 正統派なアコースティック・ピアノの後ろで,随分と変態チックなキーボードが被さっている。そのキーボードが絶対にピアノの前に出ない所にエスビョルン・スヴェンソンのポリシーを感じて大好きになった。
 キーボードっていうところが,現代のジャズ・ピアノの「革新」のように思う部分があったからだ。

 だから『STRANGE PLACE FOR SNOW』→『FROM GAGARIN’S POINT OF VIEW』→『GOOD MORNING SUSIE SOHO』(日本盤リリース順)の次に買った『E.S.T. LIVE』(以下『E.S.T. ライブ』)に「怒涛の三部作」以上の衝撃を受けた。
 「エスビョルン・スヴェンソンという人は,ピアノを弾くサウンド・クリエイターなどではなく,超一流のジャズ・ピアニストだったんだ…」。

 そう。だからこそエスビョルン・スヴェンソンというジャズ・ピアニストに,ピアノだけでなくソプラノサックスパーカッションを演奏していた,アメリカン・カルテット活動時のキース・ジャレットを重ね見るようになった。
 キース・ジャレットの後継者としてよく名前が挙がるのはブラッド・メルドーであるが,個人的にはキース・ジャレットの真の後継者はエスビョルン・スヴェンソンの方だと思っている。

 …ということはエスビョルン・スヴェンソンが没した今,もはやキース・ジャレットの後継者は現れることはない。こうなりゃ,一心不乱に「e.s.t.」を聴き込むのみ!

 エスビョルン・スヴェンソンキース・ジャレットと同様,唸るんだよなぁ。エスビョルン・スヴェンソンの唸りは『GOOD MORNING SUSIE SOHO』で確認済であったが,ライブ盤である『E.S.T. ライブ』を聴いて確信へと変わった。

E.S.T. LIVE-2 管理人の結論。『E.S.T. ライブ批評

 【SAY HELLO TO MR.D(TO MR.S)】【THE RUBE THING】【MR.&MRS.HANDKERCHIEF】【DODGE THE DODO】の4トラックが最高にCOOL!
 ロック的なリフやゴスペル的響き,エスビョルン・スヴェンソンのメロディックなアドリブは「e.s.t.」だけのものであろう。

 『E.S.T. ライブ』は『FROM GAGARIN’S POINT OF VIEW』以前の,未だジャズの範疇にいた「e.s.t.」の貴重な記録である。
 オーソドックスなジャズからスタートして,未知の音楽を切り開いた「e.s.t.」の偉大さを,今,俯瞰的に知ることができる。

 ピアノだけに専念するエスビョルン・スヴェンソン。いいですよっ。

  01. Say Hello To Mr.D (to Mr.S)
  02. The Rube Thing
  03. Happy Heads And Crazy Feds
  04. The Day After (leaving)
  05. Like Wash It Or Something
  06. Breadbasket
  07. What Did You Buy Today
  08. Hymn Of The River Brown
  09. Same As Before
  10. Mr.&Mrs. Handkerchief
  11. Dodge The Dodo

(アクト/ACT 2002年発売/DICT-24018)
(ライナーノーツ/多田雅範)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.