アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:桜井 哲夫 (櫻井 哲夫)

櫻井 哲夫 JACOトリビュート・バンド / イッツ・ア・ジャコ・タイム!5

IT'S A JACO TIME!-1 『IT’S A JACO TIME!』(以下『イッツ・ア・ジャコ・タイム!』)を聴いていて,これはジャコ・パストリアスではなく櫻井哲夫の「JACOトリビュート・バンド」の演奏だと何度も確認しなければならなかった。

 そうして自分を言い聞かせないと,本当にジャコ・パストリアスの音源だと思ってしまいそうだったから…。それもジャコ・パストリアスバンドではなくビッグ・バンドでの演奏のようにそうにも聴こえてしまう。いや〜,参った。櫻井さんには参った。
 管理人の2013年最大の衝撃アルバムNO.1が『イッツ・ア・ジャコ・タイム!』だった。何度聴いても櫻井哲夫ベースジャコ・パストリアスベースのように聴こえてしまう。「完コピを超えた完コピ」が「本家を超えてしまった」ように思う。

 正直,櫻井哲夫ジャコ・パストリアスへの傾倒ぶりがこれほどまでだったとは…。
 櫻井哲夫は『イッツ・ア・ジャコ・タイム!』を通して「ジャコ・パストリアスが世界一」を啓蒙しようとしたのではないだろうか? ジャコ・パストリアスの“美味しい部分”を選び抜いてバンド・サウンドにバッチリと仕立て上げてくれている。

 ジャコ・パストリアスジャコパスジャコと「ベース界の革命児」の名前だけは知れ渡っている。しかし,ジャコパスベースの,一体何が「革命」なのかは知られてはいない。

IT'S A JACO TIME!-2 管理の答えは,フレットレスベースなのに,あそこまで芯のあるサウンドで聴かせるところ。聴き方によってはウッドベースのように聴こえるところ。ベースなのにリード楽器役まで担いメロディーまでも高速で奏でてしまうところ。とにかくベースなのに音楽の主導権を握ってしまうところなのだ…。

 ズバリ『イッツ・ア・ジャコ・タイム!』の真髄とは,櫻井哲夫・監修によるジャコ・パストリアスの“躍動するフレットレスベース”であろう。
 「JACOトリビュート・バンド」の施したジャコ・パストリアス曲へのリ・アレンジを細かく聴いていくと,オリジナル通りの展開と,そうではなくメチャメチャ変えている部分との「法則」に気付く。
 概ね変えなかったのはフレットレスベースメロディー・ラインとハーモニー部分。概ね変えたのはフレットレスベースのリズム・ラインとテーマ部分。

 ジャコ・パストリアス“印”の絶対に触れてはならない根幹部分は忠実に再現し,そうではない部分はオリジナルのイメージに合わせてシンプルにしたり,大胆にひねってきたり…。
 テンポやリズムも全体的にアゲアゲ方向シフト。“超絶技巧”な櫻井哲夫だからできた実現できた芸当であろう。

IT'S A JACO TIME!-3 「JACOトリビュート・バンド」のフロントマンは,本多俊之サックスでも,新澤健一郎キーボードでも,菰口雄矢ギターでもなく,櫻井哲夫フレットレスベース
 『イッツ・ア・ジャコ・タイム!』に,櫻井哲夫ベースソロが多いという意味ではない。ベースのフレーズが音楽の主導権を握っている。

 だからこその「JACOトリビュート・バンド」。櫻井哲夫ジャコ・パストリアスの「ミュージシャン・シップ」が宿っている。

PS 「IT'S A JACO TIME!-3」は「HMVオンライン限定」販促用のポストカードです。

  01. INVITATION
  02. LIBERTY CITY
  03. THREE VIEWS OF A SECRET
  04. (USED TO BE A) CHA CHA
  05. PALLADIUM
  06. LAS OLAS
  07. PORTRAIT OF TRACY
  08. CONTINUUM
  09. RIVER PEOPLE
  10. HAVONA

(キングレコード/KING RECORD 2013年発売/KICJ-658)
(ライナーノーツ/松下佳男)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

櫻井 哲夫 / トーキング・ベース5

TALKING BASS-1 ベーシストが自分のベース・サウンドを前面に押し出したアルバムとして,ジャコ・パストリアスには『ジャコ・パストリアスの肖像』が,マーカス・ミラーには『ザ・キング・イズ・ゴーン』があるように,櫻井哲夫には『TALKING BASS』(以下『トーキング・ベース』)がある。

 “スーパー・ベーシスト櫻井哲夫がここまでベース・サウンドを前面に押し出したソロ・アルバムはかつてなかった。
 しかも主役はフレットレスベースと来た。新曲なしのオール・カヴァー集と来た。差別化はされるが容易に比較もされうる大勝負に,得意の“超絶”チョッパーベースを封印してきた。

 ここに管理には櫻井哲夫の“スーパー・ベーシスト”としてのこだわりを感じた。フレッテットでも十二分に勝負できる。“超絶”チョッパーを弾かせたら,ジャコ・パストリアスにもマーカス・ミラーにもガチンコで勝てる自信がある。
 でもそうじゃない。ジャコ・パストリアスマーカス・ミラーが凄いのはテクニックではない。唯一無二の音楽性なのだ。

 そのことを櫻井哲夫が一番知っているから,ベースソロ・アルバムを作るなら,フレットレスベースの“歌もの”で,ジャコ・パストリアスマーカス・ミラーも追い求めた「夢の続き」にチャレンジしたのだ。

 ジャコ・パストリアスマーカス・ミラーも,本当は櫻井哲夫の『トーキング・ベース』みたいなアルバムを作ってみたかったのだと思う。
 そう。『トーキング・ベース』の真髄とは,ベースを自分のヴォイス代わりに歌わせた「ベースでの弾き語り」であり「ベースでのホーモニー」なのであろう。

 なんてったって櫻井哲夫が凄いのは,フレットレスベースメロディーの中心に据えて,物足りない重低音はシンセベースで補うことさえしている。普通のベーシストなら考えつかない荒業である。
 櫻井哲夫は『トーキング・ベース』でバック・サウンドを緻密にアレンジしている。その上でフレットレスベース即興的に被せている。

 フレットレスベースによるジャコ・パストリアスソロ・パフォーマンスは“伝説”と化している。マーカス・ミラーの完璧なバック・サウンドの上を即興で吹き上げるマイルス・デイビスの『TUTU』も“伝説”と化している。
 そんな「ベース界のレジェンド」2人が手がけてきた「夢の続き」を櫻井哲夫が引き受けている。受け継いだのは手法ではなく“スピリッツ”。誰も作り上げたことのないベース・サウンドなのである。

 世界TOPのプロデューサーでもあるマーカス・ミラーベースソロの難しさをトクトクと語っていた記憶がある。マーカス・ミラーの趣旨は「ベースフィーチャーさせると,音楽の完成度を損なう危険をはらむ」ということだったと記憶する。
 この言葉を借りるなら,ついに櫻井哲夫もトータル・ミュージシャンとしてチャレンジできるところまで来たということだろう。そして『トーキング・ベース』の見事な完成度が“アーティスト”櫻井哲夫の成長を証ししている。

TALKING BASS-2 その意味で『トーキング・ベース』の聴き所は,これ以上フレットレスベースを歌わせるとバランスが崩れる,その一歩手前でベースらしさを聴かせる瞬間である。

 フレットレスベースはやっぱりベースであり,低音担当のアンサンブル楽器でありタイム・キーパーなのである。そんな「屋台骨」のベースが,リズムをリードしつつ大いに歌っているのだ。最高に素晴らしい。

 しかもこの音色に,この歌声に癒される。管理には櫻井哲夫フレットレスベースの音色が世界一美しいと信じている。あの柔らかい音色&温かな音色が“艶のある声で”鳴っている。優しく語りかけるようなフレットレスベースが余裕を残して鳴っている。

 ベース一本に人生をかけてきた“スーパー・ベーシスト櫻井哲夫の“最高傑作”として管理人は『トーキング・ベース』を指名する。

  01. The Long And Winding Road
  02. Donna Lee
  03. Butterfly
  04. Sunflower
  05. I Wish
  06. I Can't Help It
  07. Sailing Alone
  08. Alisa
  09. Stardust
  10. 見上げてごらん夜の星を

(キングレコード/KING RECORD 2012年発売/KICJ-641)
(ライナーノーツ/櫻井哲夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

櫻井 哲夫 featuring グレッグ・ハウ&デニス・チェンバース / ヴァイタル・ワールド5

VITAL WORLD-1 『21世紀の扉』〜『ジェントル・ハーツ』〜『GENTLE HEARTS TOUR 2004』〜「TETSUJINO」名義の『ダブル・トラブル』で積み上げてきた櫻井哲夫デニス・チェンバースとのコラボレーション『VITAL WORLD』(以下『ヴァイタル・ワールド』)で極まりけり〜!

 『ヴァイタル・ワールド』で,これまで“紳士”を貫いていた櫻井哲夫が野生の本能を解放し“猛獣使い”へと変身した。『ヴァイタル・ワールド』のサバイバル・チックなジャケット写真そのまんまのテクニカルでハードで「楽器弾きまくり」のセッション大会。

 全曲,櫻井哲夫が作曲した“モチーフ”をデニス・チェンバースドラムで,グレッグ・ハウギターで,縦横無尽の発想で色付けしていく。
 櫻井哲夫デニス・チェンバースグレッグ・ハウ組も,スタジオ盤の『ジェントル・ハーツ』とライブ盤の『GENTLE HEARTS TOUR 2004』で長いセッションを重ねた賜物であろう。『ヴァイタル・ワールド』では過去2作では感じなかった,奥深い音楽表現が鑑みれる域にまで到達している。これは凄いアルバムである。

 櫻井哲夫ベースが抜群であって,明確なベース・ラインで“野獣のドラム”をコントロールしてみせる。爆裂なのである。
 『ジェントル・ハーツ』『GENTLE HEARTS TOUR 2004』では,グレッグ・ハウに主役を譲っていた櫻井哲夫が,グレッグ・ハウを押しのけてメロディーラインを演奏している。

 こんな櫻井哲夫に,デニス・チェンバースグレッグ・ハウが本気を出さないはずがない! 速度計のMAXを振り切れている! 超高速なのに安定する,何てないベース・ラインに,櫻井哲夫の本物が鳴っている!

 最高にキレイ目で洗練された「制御された」ベース・ラインなのに「制御不能な」演奏エネルギーで満ちている。自分の中のボルテージを上げている。
 そう。櫻井哲夫ベースに,デニス・チェンバースドラムに,グレッグ・ハウギターに“思いの丈”をぶつけている!

VITAL WORLD-2 『ヴァイタル・ワールド』を聴いていると,その昔,ジミ・ヘンドリックスギターに火をつけて燃やしている映像が自然と脳裏に浮かんできた。
 そう。『ヴァイタル・ワールド』における櫻井哲夫のテーマは「完全燃焼」。自らの体内にたまっている爆発寸前のマグマを,ジミ・ヘンドリックスのように一気呵成に放出している。

 櫻井哲夫のパワーと感受性の強さを体感するなら『ヴァイタル・ワールド』が一番である。とにかく凄い演奏力である。

  01. Critical Planet
  02. Alien's Feast
  03. A Tear Of The Clown
  04. Are You Ready
  05. Another Kingdom
  06. Triangle Square
  07. Monster Parade
  08. Father

(エレクトリック・バード/ELECTRIC BIRD 2010年発売/KICJ-598)
(ライナーノーツ/櫻井哲夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

櫻井 哲夫 / マイ・ディア・ミュージックライフ5

MY DEAR MUSICLIFE-1 『TLM20〜LIVE MEMORIES IN 20 YEARS』で「デビュー20周年記念」を飾った櫻井哲夫の「デビュー30周年記念」盤が『MY DEAR MUSICLIFE』(以下『マイ・ディア・ミュージックライフ』)。

 『TLM20〜LIVE MEMORIES IN 20 YEARS』が,真に総決算的なライブ盤であったから,今回の「デビュー30周年記念」盤も,直近の10周年を総括する内容かと思いきや『マイ・ディア・ミュージックライフ』はそうではない。
 そう。10周年とか20周年とか30周年ではなく,実際にはデビュー以前の10年間をも加えた「THE櫻井哲夫」の40周年を総括してみせている。

 “超絶”チョッパーベースものもあれば“歌もの”もあるし,カシオペアジャコ・パストリアスカヴァーもある。“超絶”チョッパーベースのド真ん中であり,J−フュージョンのど真ん中!
 櫻井哲夫の『ミュージックライフ』は真に「やりたい放題」。櫻井哲夫はこうでなくっちゃ!

 櫻井哲夫ソロとなって一番変化したことは,自分の好きな共演者の特徴を“聴かせる”ことで,自分自身の音楽を“聴かせる”ことであろう。要は共演者を「取り込んでしまう」ベーシストへと成長したのだ。
 『マイ・ディア・ミュージックライフ』でも,サックス本田雅人勝田一樹キーボードボブ・ジェームス小野塚晃ギター野呂一生菰口雄矢岡崎倫典ドラム則竹裕之ジーン・ジャクソンパーカッションカルロス菅野の個性的な音を櫻井哲夫の体内へと「取り込んで」いる。

 例えば“目玉”である【DOMINO LINE】のハイライトは“ドミノ倒し”の新アレンジが最高でして,櫻井哲夫ベースソロを確保しつつも,雰囲気としては青木智仁と組んでいた当時の初期DIMENSIONによる【DOMINO LINE】へと見事に仕上がっている。櫻井哲夫がバックを見事に廻しながらの余裕ある“超絶”にウォー!

 櫻井哲夫のアイドルであるジャコ・パストリアスの【TEEN TOWN】と【KURU】であるが,聴いた感じのファースト・インプレッションはマーカス・ミラーによるジャコ・パストリアスカヴァーに似ていると思った。
 つまり変に櫻井哲夫色に塗り変えるのではなく,ジャコ・パストリアスがやろうとしたことを理解した上でのカヴァーを目指している。ジャコ・パストリアスGROOVEを完コピしている。素晴らしい。

 そ〜して迎える【リンゴ追分】での6弦チョッパーによるファンク・ベースの大嵐! 岡崎倫典ギターが「津軽三味線」のようにかき鳴らされる前面でのファンク・ベースがとんでもなくはまっていて超カッコイイ! 美空ひばりベースジャズを熱唱するとこうなるのだろう。“歌もの”の櫻井哲夫が最高に素晴らしい。

MY DEAR MUSICLIFE-2 『TLM20〜LIVE MEMORIES IN 20 YEARS』から『マイ・ディア・ミュージックライフ』の10年間は『GENTLE HEARTS』プロジェクトとブラジル・プロジュクトの2つに注力した10年間であったと思うが,意外にも『マイ・ディア・ミュージックライフ』には,この2つのプロジェクトの跡形など聴こえない。

 『マイ・ディア・ミュージックライフ』から聴こえてくるのは「少年時代」に愛してやまなかった櫻井哲夫の『ミュージックライフ』。
 世界最高峰のベース・テクニックを持ち,総合音楽家として出来上がった櫻井哲夫が奏でるベース・サウンドは,櫻井哲夫の「少年時代」に“頭の中で鳴っていた音楽”の具現化なのだと思う。

 桜ちゃん,おめでとうございます!

  01. REGENERATE
  02. TEEN TOWN
  03. BRIGHT MOMENTS
  04. MELODIA
  05. I WISH U FUNK
  06. DOMINO LINE
  07. MIRAGE
  08. RINGO OIWAKE
  09. KURU
  10. AFTER THE LIFE HAS GONE

(エレクトリック・バード/ELECTRIC BIRD 2009年発売/KICJ-566)
(ライナーノーツ/櫻井哲夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

櫻井 哲夫 / ブラジル・コネクション VOL.25

BRASIL CONNECTION VOL.2-1 『ブラジル・コネクション VOL.1』の続編である『BRASIL CONNECTION VOL.2』(以下『ブラジル・コネクション VOL.2』)のハイライトはライブ後半戦の大盛り上がり。

 『VOL.1』と『VOL.2』の性格の違いはこうである。『ブラジル・コネクション VOL.1』でのリスナーは会場の椅子に腰掛てしっかりと音楽を聴くライブ盤。『ブラジル・コネクション VOL.2』でのリスナーは総立ちでビートに合わせて踊っているライブ盤。

 櫻井哲夫チョッパーベースが音楽の前面に出ているわけではない。いつものテクニカル・フュージョンベースでもない。
 それなのにライブが進行するにつれ,ブラジリアン・フュージョン独特の緩やかで心地良くグルーヴするベースのウネリが『ブラジル・コネクション VOL.2』の聴き所。

 櫻井哲夫ベースフィロー・マシャードヴォーカルギターセルジオ・マシャードドラム小野塚晃キーボードが,真に一体となってリズムの渦を巻き起こしていく。
 そう。『ブラジル・コネクション VOL.2』には,ライブ当日のステージ上で,4人の意識がバッチリ・ハマッテ登り詰めてゆく過程のドキュメントの記録なのである。

 メンバー4人のコンビネーションが非常に良く,フィーチャリング櫻井哲夫でも,フィーチャリングフィロー・マシャードでもない,一つのバンドと称してもよいまとまりと密度の濃さを感じる。
 櫻井哲夫ベースが他を吸収したのか? それともベースが他に吸収されたのか? バランスの良いチョッパーベースが見事にブラジリアン・フュージョンに溶け込んでいる。
 
 これぞ櫻井哲夫の“ブラジル愛”の賜物である。『ブラジル・コネクション VOL.2』のメロディアスでネイティブなリズムに,郷愁というか哀愁というか“サウダージ”が胸にキュンとくる。

BRASIL CONNECTION VOL.2-2 櫻井哲夫ライブ盤『ブラジル・コネクション VOL.1』『ブラジル・コネクション VOL.2』を聴いていると,ジャズでもなくフュージョンでもなく,この世の音楽はMPBだけで十分のように感じてしまう。
 櫻井哲夫が“生涯のライフワーク”として「ブラジル」を公言する気持ちがうらやましい。

 管理人も(現時点で自分の将来を予想すると)順調であれば,最後の最後はセロニアス・モンクに行き着くはずだが,もしかしたらブラジールかも!?

  01. PASTEL SEA
  02. PERFUME DE CEBOLA
  03. ALISA
  04. JOGRAL
  05. COM A PAZ NO CORACAO
  06. BOCA DE LEAO
  07. RED ZONE

(サウンドバイブレーション/SAKURAVIBE 2006年発売/XQAZ-1002)
(ライナーノーツ/櫻井哲夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

櫻井 哲夫 / ブラジル・コネクション VOL.14

BRASIL CONNECTION VOL.1-1 櫻井哲夫にはいいブレーンがいないようだ。企画が練られていないようだ。

 『GENTLE HEARTS』の後に『CARTAS DO BRASIL』。『GENTLE HEARTS TOUR 2004』の後に『BRASIL CONNECTION VOL.1』(以下『ブラジル・コネクション VOL.1』)と来た。またかよ〜。
 しかも『ブラジル・コネクション VOL.1』の3カ月後に『ブラジル・コネクション VOL.2』発売と来た。だったら初めから2枚組で発売してよ。値段は5000円でも買うんだから。中途半端だよ〜。

 事実『ブラジル・コネクション VOL.1』『ブラジル・コネクション VOL.2』の主役はフィロー・マシャードヴォーカルである。櫻井哲夫の存在感は希薄である。悔しいかな,櫻井哲夫は脇役でありサポートなのである。

 セットリストも櫻井哲夫のリーダー・アルバムには不釣り合いなオリジナル曲の少なさだし,楽しみだった櫻井哲夫ベース・プレイも2フィンガーばかり。
 櫻井哲夫はサポート・ベーシストでクレジットされるべき。若しくはナベサダみたいにプロデュースだけに専念するとか…。
 どうせなら『ブラジル・コネクション VOL.1』『ブラジル・コネクション VOL.2』は,フィロー・マシャードソロ名義で発売してほしかった…。

 そう思ったのは『ブラジル・コネクション VOL.1』発売後『ブラジル・コネクション VOL.2』発売までの3カ月の感想です。
 真に櫻井哲夫の「ブラジリアン・フュージョン」が爆発するのはライブ後半のお約束。『ブラジル・コネクション VOL.2』を聴いてみて『ブラジル・コネクション VOL.1』に対する印象が変化しました。

BRASIL CONNECTION VOL.1-2 管理人の結論。『ブラジル・コネクション VOL.1批評

 『ブラジル・コネクション VOL.1』は,櫻井哲夫が頭の中でイメージした「ブラジリアン・フュージョン」ではなく,櫻井哲夫がネイティブなブラジル人と同じステージで作り上げた「ブラジリアン・フュージョン」。

 地球の裏側同士の音楽が“混ざりあった”『BRASIL CONNECTION』。櫻井哲夫の“ブラジル愛”が結実した名盤である。

  01. SAUDADE DE VOCE
  02. UPA NEGUINHO
  03. A INDIA E O ATIRADOR DE FACAS
  04. REAL
  05. NAVEGANDO SOZINHO
  06. TERRAS DE MINAS
  07. VESTIDO LONGO

(サウンドバイブレーション/SAKURAVIBE 2006年発売/XQAZ-1001)
(ライナーノーツ/櫻井哲夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

櫻井 哲夫 / GENTLE HEARTS TOUR 20044

GENTLE HEARTS TOUR 2004-1 『CARTAS DO BRASIL』の次に『GENTLE HEARTS TOUR 2004』がリリースされることになった。

 櫻井哲夫の「ブラジル路線」が気に入った後に,イマイチだった『GENTLE HEARTS』のライブ盤を出されても…。しかもフォロー・ツアーとは呼び難い,CD発売4年後にライブ盤を出されても…。

 だから『GENTLE HEARTS TOUR 2004』は,櫻井哲夫ファンとしては初めてとなるスルー。購入したのは翌年となった。
 購入のきっかけは櫻井哲夫ではなくグレッグ・ハウの『EXTRACTION』。『EXTRACTION』とは,ギターグレッグ・ハウドラムデニス・チェンバースベースヴィクター・ウッテンを迎えて制作されたギター・トリオ

 すなわち『GENTLE HEARTS TOUR 2004』は,ベーシストヴィクター・ウッテンから櫻井哲夫に交代したグレッグ・ハウギター・トリオと見立てることもできるわけで(実際にグレッグ・ハウの【EXTRACTION】も演奏されているし)『GENTLE HEARTS TOUR 2004』1枚で,櫻井哲夫ベース・トリオグレッグ・ハウギター・トリオの2枚分を楽しめる!

 聴く前は駄盤と思っていた『GENTLE HEARTS TOUR 2004』が素晴らしい。怒涛のテクニカル・パンク・ハードロック・フュージョン名盤である。
 事実『GENTLE HEARTS TOUR 2004』を聴いた後“本家”『GENTLE HEARTS』を何度,引っ張り出して聴き直したことだろう。

 それまではイマイチだった【SAMURAI FAITH】【BRAIN STORM】【GENTLE HEARTS】【THE INVISIBLE WAY】【WONDERLAND IN THE SKY】が名曲に聴こえる。← 眠りから覚めた今は名うてのセッション・ナンバーだと思っています。

 『GENTLE HEARTS TOUR 2004』の主役は『GENTLE HEARTS』でも主役を張ったグレッグ・ハウギターである。
 早弾きのテクニックはアラン・ホールズワースばりだし,スレーズがアウトする感じはジョン・スコフィールドばり。メタル系なのに明確にジャズ・ギターを意識している。
 『GENTLE HEARTSセッションのために櫻井哲夫本人が熱望したギタリストだけのことはあると思う。

 グレッグ・ハウの脇を固める櫻井哲夫のチョッパー・ベースがメロディアスに歌う。6弦ベースの高音弦でのパンチングは“ベースギター”と呼ばれるにふさわしい。ベースでもありギターでもある。

 デニス・チェンバースの暴走するドラミングは『GENTLE HEARTS』にはなかったライブならではのグルーヴ
 グレッグ・ハウジョン・スコフィールドが乗り移った瞬間,デニス・チェンバースの中の“野獣”が顔を出している。

GENTLE HEARTS TOUR 2004-2 しか〜し『GENTLE HEARTS TOUR 2004批評を記すにあたり,どうしても書いておかねばならないのは,サポートで入った小野塚晃キーボードである。
 グレッグ・ハウギターソロは,手癖が多くて?アドリブが少なめな分,小野塚晃キーボードソロがテンションアップのボタンを押している。流石は“超絶技巧集団”DIMENSION〜。

 『GENTLE HEARTS TOUR 2004』のハイライトは【PAVANE POUR UNE INFANTE DEFUNTE】と【GENTLE HEARTS】のバラード2曲。
 小野塚晃のバッキングが“歌もの”櫻井哲夫の奥深い演奏に色彩を添えている。

 小野塚晃が仕掛けで加わった『GENTLE HEARTS TOUR 2004』は『GENTLE HEARTS』とは別物なのである。

  01. SAMURAI FAITH
  02. THE INVISIBLE WAY
  03. PAVANE POUR UNE INFANTE DEFUNTE
  04. PUNK JAZZ
  05. EXTRACTION
  06. GENTLE HEARTS
  07. BRAIN STORM
  08. WONDERLAND IN THE SKY

(ビクター/JVC 2005年発売/VICJ-61265)
(ライナーノーツ/櫻井哲夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

櫻井 哲夫 / カルタス・ド・ブラジル5

CARTAS DO BRASIL-1 櫻井哲夫“生涯のライフワーク”となる「ブラジル大好き」の1作目となる『CARTAS DO BRASIL』(以下『カルタス・ド・ブラジル』)は,櫻井哲夫の既発オリジナル曲をヴォーカル・ナンバーに仕立てたセルフ・カヴァー集。

 カシオペアジンサクへの提供曲がここまでブラジルしてしまうとは! お見事です。MPBど真ん中です。
 『カルタス・ド・ブラジル』のこの感覚はT−スクェアの『ヴォーカル・スクェア』を聴いた時と同じであって,インストのメロディー・ラインに歌詞が乗っても全く違和感がない。

 …と言うよりも元はインストなのに,初めからヴォーカル・ナンバーとして作曲されていたかのような素晴らしい出来映えである。トータルの完成度からすれば『ヴォーカル・スクェア』以上であろう。

 もしや櫻井哲夫の「ブラジル路線」はカシオペア在籍時から始まっていたのか? そう思ってオリジナル音源と聴き比べたりしたものだが,どちらも甲乙付け難い。

 ズバリ『カルタス・ド・ブラジル』で初めて,櫻井哲夫の“歌心”に開眼してしまった。テクニカルなベースを弾きながらも,インストを演奏しながらも,櫻井哲夫はいつも心の中で「歌を歌っていた」のだ。
 超絶技巧のカシオペアのアレンジでは感じなかった,櫻井哲夫の中のMPB。そう言えばカシオペアって,ブラジル公演も行なったよなぁ。

 とにかく『カルタス・ド・ブラジル』は“超絶ベーシスト櫻井哲夫を聴くアルバムではなく櫻井哲夫の“サウダージ”を聴くためのアルバムである。
 極論を書けば,櫻井哲夫は『カルタス・ド・ブラジル』で自らベースを弾かなくてもよかった。現地ブラジルのミュージシャンをコーディネイトと譜面を渡しさえすればすればよかった。もうその時点で『カルタス・ド・ブラジル』は完成したも同然だったから。後はちょちょっと最後の仕上げをするだけで「一丁上がり」!

CARTAS DO BRASIL-2 それくらいの大らかな雰囲気が『カルタス・ド・ブラジル』の中にある。MPBからの大物ゲスト・ヴォーカル陣=イヴァン・リンスジャヴァンフィロー・マシャードホーザ・パッソスタチアーナヴァレリア・オリヴェイラ,そして日本はオルケスタ・デ・ラ・ルスNORAが歌う,櫻井哲夫の“サウダージ”に心癒されてしまう。すごくいい。

 ある日,完全に脇役に徹している櫻井哲夫ベースを追いかけていて気付いたことがある。櫻井哲夫は1曲毎にベースの表情を変えてきている。
 スーパー・ウルトラ・テクニックを封印してもベースにこれほどの手間と時間をかけているのだった。

 櫻井哲夫の「ブラジル大好き」は,本物を超えた本物です!

  01. ELISA
  02. CANCAO DO CORACAO
  03. REAL
  04. VENUS
  05. COM A PAZ NO CORACAO
  06. A ESTRELA NAMORADA
  07. SAUDADE DE VOCE
  08. NAVEGANDO SOZINHO
  09. LA MADRUGADA
  10. SONHO DE VERAO
  11. TEMPLO DA ILUSAO

(ビクター/JVC 2003年発売/VICJ-61127)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

櫻井 哲夫 / ジェントル・ハーツ4

GENTLE HEARTS-1 “超絶ベーシスト櫻井哲夫が“スーパー・ギタリスト”のグレッグ・ハウと“爆裂ドラマー”のデニス・チェンバースを迎えて制作された「フュージョン+ロック+ファンクの混血セッション大会」が『GENTLE HEARTS』(以下『ジェントル・ハーツ』)である。

 とにかく凄い。凄すぎる。弾きまくりのセッションCDのド迫力に圧倒されてしまう。確かに「パンク・ロック・フュージョン」であろう。
 しかし,冷静に聴けるようになると革新的な「パンク・ロック・フュージョン」の原動力は,櫻井哲夫ではなくグレッグ・ハウだと思ってしまう。

 『ジェントル・ハーツ』はベーシストトリオではなく,ギタリストトリオである。
 完全に櫻井哲夫グレッグ・ハウにリードされてしまっている。デニス・チェンバースの耳もベースではなくギターを聴いている節がある。

 恐らくは櫻井哲夫の紳士的で文字通りの『ジェントル・ハーツ』な人間性が,櫻井カラーを薄めてしまった原因ではなかろうか?
 いいや,カシオペア的なアンサンブルではなく,ジンサク的なアンサンブルでもなく,ジャコ・パストリアス的なアンサンブルを求めた結果,単なる“超絶バトル”で終わってしまった,というのが本音では?

 何はともあれソロ活動開始後,初めてとなる“超絶ベーシスト”としてのアルバムに歓喜したものだ。“音楽家”としての櫻井哲夫を聴き続けたいと願う反面,こうも“超絶ベーシスト”が封印され続けると「思いっきり弾いてくれ〜」とフラストレーションが溜まってしまうものですから…。

 そういう意味では『ジェントル・ハーツ』の本質は,櫻井哲夫にとっても櫻井哲夫のファンにとっても「ガス抜き」である。
 そういう意味では『ジェントル・ハーツ』の続編となる『GENTLE HEARTS TOUR 2004』や『VITAL WORLD』もアウトローな「ガス抜き」である。

GENTLE HEARTS-2 管理人の結論。『ジェントル・ハーツ批評

 「パンク・ロック・フュージョン」路線の『ジェントル・ハーツ』の真価は,メロディーの中でベースをどれだけ「弾き倒すか」で決まるのであって,高度なアンサンブルとか楽曲の完成度までは求めてはならない。

 その意味で『ジェントル・ハーツ』は今一歩。ジャケ裏に書かれた“侍”の大文字の如く,野生の本能の赴くままに感情の発露をベースに乗せてくれたなら…。

PS 【SAMURAI FAITH】を聴く度に,どこぞやにヒット曲を聴いている気分になる。ラジオの「パワープレイ」か何かで繰り返し耳にした曲に似ているだけなのだろうか? 喉元まで出てきているのに最後の最後で出てこない。【SAMURAI FAITH】を聴く度に,どうしても思い出せずに,モヤモヤさまぁ〜ず。

  01. SAMURAI FAITH
  02. BRAIN STORM
  03. PUNK JAZZ
  04. GENTLE HEARTS
  05. THE INVISIBLE WAY
  06. MAXIMUM
  07. WONDERLAND IN THE SKY
  08. DANDELION

(ビクター/JVC 2001年発売/VICJ-60735)
(ライナーノーツ/櫻井哲夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

櫻井 哲夫 / TLM20〜LIVE MEMORIES IN 20 YEARS4

TLM20〜LIVE MEMORIES IN 20 YEARS-1 “スーパー・ベーシスト櫻井哲夫の「デビュー20周年記念」のライブ盤『TLM20〜LIVE MEMORIES IN 20 YEARS』とは,カシオペアジンサク時代の櫻井哲夫オリジナル集を“演奏しまくる”四部構成のライブ盤である。

 その四部構成の内訳とは…
・第一部は勝田一樹が入った「櫻井哲夫 & 勝田一樹 WITH カシオペア」。
・第二部は「櫻井哲夫 & 神保彰」による【FIREWATER】と【FUNKY PUNCH】でのジンサク100%』復活パート。
・第三部は「カシオペア FEATURING 櫻井哲夫」による【SAILING ALONE】。
・第四部は櫻井哲夫ベース・ソロBASS SOLO 2000】。

 ゆえに『TLM20〜LIVE MEMORIES IN 20 YEARS』のフォーメーションは“スーパー・ベーシスト櫻井哲夫が一人前へ出て,次にドラム神保彰が一人前へ出て,その次にギター野呂一生キーボード向谷実が二人前へ出て,四列目にサックス勝田一樹が控える構図であろう。

 そう。基本的には櫻井哲夫の「デビュー20周年記念」にかこつけた「第一期カシオペア」の復活祭が“狙い”である。危うくばこれを機会にカシオペアに復帰できるかも…。
 櫻井哲夫も,いいや,野呂一生向谷実神保彰も,心のどこかに否定できない“淡い期待”があったと思う。

 しか〜し『TLM20〜LIVE MEMORIES IN 20 YEARS』から飛び出してきた音楽は,どうにもこうにも“カシオペアっぽくない”。
 黄金期のメンバーで演奏しているのに,明らかにあの頃のカシオペアになりきれていない。

TLM20〜LIVE MEMORIES IN 20 YEARS-2 その最大の理由はサックス勝田一樹のブロウにある。
 勝田一樹サックスが鳴れば,バックがカシオペアなのにDIMENSIONに聴こえてしまう。勝田一樹は“物凄い個性”を持っている。

 もはやカシオペアには戻れない。櫻井哲夫本人も(そして野呂一生向谷実神保彰も)自覚したであろう「デビュー20周年記念」のカシオペアからの完全卒業ライブ盤である。

  01. CHAOS
  02. I'M GONNA CATCH YOU
  03. DISPENSATION
  04. ALISA
  05. FIREWATER
  06. FUNKY PUNCH
  07. SAILING ALONE
  08. RED ZONE
  09. BASS SOLO 2000
  10. YOU CAN DO IT!
  11. 45゚C

(ビクター/JVC 2000年発売/VICJ-60644)
(ライナーノーツ/櫻井哲夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

櫻井 哲夫 / 21世紀の扉4

A GATE OF THE 21ST CENTURY-1 カシオペアの脱退〜シャンバラの結成〜ジンサクの結成と,18年間行動を共にしてきた神保彰とのユニット活動が終了。

 晴れてソロ活動に専念することになった櫻井哲夫の13年振りとなるソロ・アルバムが『A GATE OF THE 21ST CENTURY』(以下『21世紀の扉』)である。
( 余談ですが櫻井さん。ジンサク始動前後から名前の漢字表記が桜井哲夫から櫻井哲夫になっております )

 ズバリ『21世紀の扉』の真意は『櫻井哲夫の扉』であって,櫻井哲夫のこれまで閉じられていたゲートをオープンの意!

 そのキーマンとして指名されたのが“爆裂ドラマーデニス・チェンバースであった。「世界の神保彰」と夫婦以上に“連れ添ってきた”櫻井哲夫にしてみれば,神保彰クラスの超大物=デニス・チェンバースとの共演は必然の選択であろう。

 ではデニス・チェンバースの「爆撃型」ドラム櫻井哲夫のスタイルに合うかと言われると,櫻井哲夫デニス・チェンバースの使い方を間違えたと思う。
 “猛獣”デニス・チェンバースを上手に使いこなすには,ジョン・スコフィールドゲイリー・トマスのような「ワイルドさ」がないとねっ。

 『21世紀の扉』では“紳士”を通した櫻井哲夫が“猛獣使い”へと成長するのは『VITAL WORLD』でのことである。『GENTLE HEARTS』もグレッグ・ハウに引っ張られていい感じではあるが,タイトルがまだ“紳士”していますから〜。

A GATE OF THE 21ST CENTURY-2 そう。『21世紀の扉』のハイライトはデニス・チェンバースではなく,やっぱり櫻井哲夫と来れば「歌もの」の【NEVER ENDING WORLD】である。
 何か,いつかどこかTVの主題歌として聞いたことがある感じ? 【NEVER ENDING WORLD】が流れ出すと,管理人,曲の最初から最後まで口ずさんでしまいます! 大好き!

 管理人の結論。『21世紀の扉批評

 ズバリ,デニス・チェンバースとハードなプログレ系リズム隊を組んだ『21世紀の扉』では『櫻井哲夫の扉』は開かなかった。
 ただし『櫻井哲夫の扉』には幾種類もの『』が存在することを確認できたのは収穫である。櫻井哲夫ベースだけ,フュージョンだけではない“総合的なアーティスト”である。

 個人的には『21世紀の扉』の出来のバラツキを聴く限り,櫻井哲夫ソロ活動は,温厚な「ゆるキャラ」路線がお似合いのように思う…。

  01. SHAKE YOUR HIP
  02. VITAL PEOPLE
  03. YOU CAN DO IT!
  04. ANGEL SMILE
  05. NEVER ENDING WORLD
  06. THE SUNSHINE
  07. SILENCE IN THE MOONLIGHT
  08. NOAH'S ARK
  09. A ESTRELA NAMORADA

(ガーデニアン/GARDENIAN 1999年発売/CRCI-20384)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

桜井 哲夫 / DEWDROPS5

DEWDROPS-1 『DEWDROPS』については,元カシオペア桜井哲夫ファーストソロと紹介するより,元シャンバラ桜井哲夫ファーストソロと紹介する方がふさわしいと思っている。

 『DEWDROPS』はテクニカルなインスト・メインではない。『DEWDROPS』のメインは歌ものである。ヴォーカルである。
 そう。桜井哲夫シャンバラで目指したのは『DEWDROPS』の“延長拡大バンド”だったと思う。『DEWDROPS』で完成させた“シティ系POPバンド”だったと思う。

 『DEWDROPS』の基本はカシオペアの16ビートではなく非カシオペアの8ビート。しかもバリバリのチョッパー・チューンはラストの1曲のみ。中にはベースを弾いていない曲もある。男女掛け合いのヴォーカル・ナンバーや和太鼓と琴のヘンテコな曲がクセになる?

 アルバムの方向性などはない。カシオペア・ファンが買いそうな内容ではない。いいんです。それでいいんです。
 なぜならば『DEWDROPS』は,桜井哲夫が仕事としてではなく,全くの“個人的な趣味”で作ったアルバムなのだから…。

 『DEWDROPS』のコンセプトは,自作のオリジナル曲を自分が弾いてもらいたい人に自由に弾いてもらう。
 例えばサックス伊東たけしジェイク・H・コンセプション高野正幹ギターシンセサイザー鳥山雄司ギター和田アキラ松下誠吉川忠英キーボード森村献井上鑑ピアノ橋本一子ドラム青山純宮崎全弘パーカッション仙波清彦浜口茂外也トランペット数原晋林研一郎トロンボーン平内保夫,そしてヴォーカリスト楠木勇有行堀口和男山川恵津子大野えりCINDYMARVINKUMI! 正に桜井哲夫の「100%趣味丸出し」なミュージシャン!

 1986年にカシオペアはバンドの充電期間の一環として,メンバー全員のソロ・アルバムをリリースすることになった。
 野呂一生の『SWEET SPHERE』。向谷実の『WELCOME TO THE MINORU’S LAND』。神保彰の『COTTON’』。桜井哲夫の『DEWDROPS』がそれである。

 この4枚「揃い踏み」を聴き比べて,1人桜井哲夫の『DEWDROPS』だけが浮いて聴こえたことを覚えている。
 桜井哲夫だけが,自分の得意技(超絶ベーシスト)を封印し,自分のカテゴラリー(フュージョンあるいはインストルメンタル)からも逸脱し“シティ系”を気取っていたが,当時は分からなかったその理由を今となっては理解できる。桜井哲夫の30年間をずっと追いかけてきたから理解できる。

 とにかく今となっては『DEWDROPS』こそが,桜井哲夫のルーツ,桜井哲夫の全てであった,と断言できる!

DEWDROPS-2 キーワードは作詞にある。当時は歌詞なんて聴いておらずヴォーカルも楽器の一部的な捉え方をしていたのだが,今では俄然,歌詞に耳が行くようになった。
 “スーパー・ベーシスト桜井哲夫が,こんなにも素直に表現していたなんて…。恥ずかしげもなく書いていたなんて…。

 桜井哲夫は「無垢な男」だと思う。桜井哲夫は「真面目な男」だと思う。桜井哲夫の真価は「歌もの」に如実に表われるのである。
 その実,ベース一本で生きていると思わせといて,それは仕事だからであって,素の桜井哲夫という男は一本の万年筆をベースに持ち替えて生きている。

 これほどまでに「歌もの」が好きななのだから,いつの日かまたシャンバラをやってほしいと思う。『DEWDROPS』バンドをやってほしいと思う。心からそう思う。

  01. REFRESH!
  02. IN THE DISTANCE
  03. NIGHT DEW
  04. KIMONO
  05. TENSION
  06. EARTH CALLING SPACE
  07. VENUS
  08. JESTER'S DANCE
  09. PROPHET VOYAGER

(ビクター/JVC 1986年発売/VDR-1181)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.