アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ドミニク・ ファリナッチ

ドミニク・ファリナッチ / ラヴァーズ,テイルズ,アンド・ダンス5

LOVERS, TALES & DANCES-1 『LOVERS,TALES & DANCES』(以下『ラヴァーズ,テイルズ,アンド・ダンス』)は,ドミニク・ ファリナッチ初のバラード集である。

 ドミニク・ ファリナッチのような「超正統派」なトランペッターの演奏は,全てが予定調和であって,聴いていて楽しいものではないのだが,その一方で端正な演奏から来る「豊潤な音密度」が楽しくてしょうがない。殊にバラード演奏が楽しくてしょうがない。

 基本,ピアノケニー・バロンベースジェームス・ジーナスマーク・ジョンソンドラムルイス・ナッシュの“いぶし銀”を従えたドミニク・ ファリナッチの,まろやかで,ふくよかで,柔らかいトランペットフリューゲルホーンの音色が,絶妙な甘さのバラード
 ズバリ『ラヴァーズ,テイルズ,アンド・ダンス』の真髄とは,ドミニク・ ファリナッチが歌い上げる「抒情歌」なのである。

 管理人には,こんなロマンティック・バラード集を作れるトランペッターと来れば,現在のところドミニク・ ファリナッチ以外には思い浮かばない。それぐらいイメージ通りのジャズ。トランペットに“ドハマリ”している。
 ドミニク・ ファリナッチの,静かに,でも熱くほとばしるパッションが清々しくて気持ち良い。

 時に“スムーズっぽい”ドミニク・ ファリナッチのワン・ホーンを“ツボを押さえた”ケニー・バロンピアノ・トリオが完璧にサイド役に徹し,テナーサックスジョー・ロバーノヴァイヴジョー・ロックが彩りをつけていく。いい演奏である。

 『ラヴァーズ,テイルズ,アンド・ダンス』を繰り返し聴いているうちに,ふとドミニク・ ファリナッチから意識が離れて,あるトランペッターを聴いているような気分に何度も襲われた。
 そのトランペッターとは,ドミニク・ ファリナッチを見い出したウイントン・マルサリスではなく,ドミニク・ ファリナッチのアイドルであるフレディ・ハバードでもなく,恐らくはドミニク・ ファリナッチとは「正反対の男」チェット・ベイカーであった。

LOVERS, TALES & DANCES-2 同じイケメンにして,ドミニク・ ファリナッチは「インテリな貴公子」キャラ VS チェット・ベイカーは「肉欲を尽くした破滅キャラ」。
 管理人はジャズメンの私生活は「必らず音楽性に表われる派」なのだが,一周回って,どうやっても結び付きそうにない2人が重なって聴こえる瞬間がたまらなく好き!

 最後に日本盤ボーナス・トラック【崖の上のポニョ】について書く。バラード・アルバムとしての統一感からすると不要なのだが,いつしか【ドント・エクスプレイン】と【ロンリー・ウーマン】目当てに聴いていたはずの『ラヴァーズ,テイルズ,アンド・ダンス』を手に取る大目的が【崖の上のポニョ】の存在へと良い意味で変わってしまった。

 管理人の愛妻は女優やアイドルだけはなくポニョにも似ていると言われたから! ですから! ポニョドミニク・ ファリナッチも感謝!?

  01. Don't Explain
  02. Libertango
  03. Estate
  04. Vision
  05. Ne Me Quitte Pas
  06. E Lucevan Le Stelle
  07. Erghen Diago
  08. Silent Cry
  09. Love Dance
  10. Bibo No Aozora
  11. Lonely Woman
  12. The Theme from The Pawnbroker
  13. Gake no Ue no Ponyo

(ビクター/KOCH 2009年発売/VICJ-61586)
(ライナーノーツ/都並清史)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ドミニク・ファリナッチ / スマイル4

SMILE-1 ドミニク・ ファリナッチの存在を知ったのは市原ひかりの『SARA SMILE』だった。
 『SARA SMILE』でのドミニク・ ファリナッチはゲスト参加ゆえに,ドミニク・ ファリナッチの演奏は「控え目で端正でストレートな」生真面目なトランペットだった。

 気持ちとしては市原ひかりを立てる“恋女房役”を全うしていた。でもでもドミニク・ ファリナッチの“並外れた実力”は隠せない。サイドメンとして軽く吹いたつもりが剛速球。日本ハムの大谷翔平が軽く投げても140km出す感じ? 他の投手が全力で投げる147kmのストレートをフォーク・ボールで出す感じ? 
 その“並外れた実力”で市原ひかり2ndへと追いやり,リード・トランペットを吹くドミニク・ ファリナッチに一発で惹かれてしまった。

 『SMILE』(以下『スマイル』)を買ってみた。なになに。ライナーノーツを読むと,あのウイントン・マルサリスに「神童」と言わせた“お墨付き”の最高ランクと書かれている。
 やはりそうだった。ドミニク・ ファリナッチは「只者」ではなかった。ドミニク・ ファリナッチウイントン派だったとは,ちょっとイメージとは違ったのだが,とにかく素のドミニク・ ファリナッチとは“音色良しでテクニック良し”な「超正統派の本格派」であった。

 サイドメンでは感じなかった“風格”を感じる。スレート・アヘッドなジャズ・トランペットの世界観が深く,徹頭徹尾ふくよかな美しい音色と端正なフレージングでリスナーを酔わせてしまう&狂わせてしまう,ドミニク・ ファリナッチを絶賛せずにはいられない!
 「CTI時代のフレディ・ハバード」へのオマージュである【COME RAIN OR COME SHINE】が「イナセな」イナタイ8ビート。ヴィブラートの周波数がフレディ・ハバードへのオマージュである。

 サイドメンでは感じなかった“品格”を感じる。スレート・アヘッドなジャズ・トランペットの世界観が深く,こんな感じにアレンジされると「江戸っ子だねぇ。粋だねぇ」とドミニク・ ファリナッチを絶賛せずにはいられない!
 ウイントン派のルーツはクリフォード・ブラウンにあるのだが【I REMEMBER CLIFFORD】での叙情性が「イナセ」である。エレガントなバラードTHE NEARNESS OF YOU】と【SMILE】での歌心が「イナセ」である。

SMILE-2 ドミニク・ ファリナッチのポリシーとは,ギミック排除のウルトラ・オーソドックス。フレージングの個性に頼ろうとしない,さりげなく小粋な佇まいのジャズ・トランペッター

 『スマイル』でのドミニク・ ファリナッチトランペットは相当に「渋い」。クールでまろやかな音色のトランペットが決して熱くならずに美旋律を吹き切っている。

 そう。「神童」ドミニク・ ファリナッチ・クラスともなれば,ガツガツした自己主張など不要なのであろう。
 ただし,ウイントン・マルサリスには食指は伸びるが,ドミニク・ ファリナッチには食指は伸びない。ジャズ・トランペットの世界では「オール5の優等生」でも個性の差異は大きいものなのだ。

  01. WHO CARES
  02. THE NEARNESS OF YOU
  03. ESTATE
  04. JUST ONE OF THOSE THINGS
  05. I REMEMBER CLIFFORD
  06. COME RAIN OR COME SHINE
  07. THE GREY GOOSE
  08. RELAXIN' AT PETER'S
  09. SMILE

(M&I/M&I 2005年発売/MYCJ-30330)
(ライナーノーツ/都並清史)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.