DRIVE, PASSION, UNPRE-DICTABLE-1 「あっ,見つけた」! これがジャズ・ピアニストディック・モーガンの『DRIVE,PASSION,UNPRE−DICTABLE』(以下『ドライヴ,パッション,アンプリディクタブル』)を初めて聴いた時の感想である。
 素直にうれしかった。こんな「ついに,見〜つけた」的な感動こそが,ジャズを,特に「B級」ジャズを聴き続ける楽しみに違いない。

 ディック・モーガンの存在は,管理人も「初耳」であった,マイナー・シーンのジャズ・ピアニストであるが,ディック・モーガンデビューには意外や意外,キャノンボール・アダレイという“超大物”の後押しがあったと言う。
 そう。ディック・モーガンの真髄は“ファンキー・キャノンボール”が惚れ込んだ「最高にハッピーなピアニスト」!

 『ドライヴ,パッション,アンプリディクタブル』でのディック・モーガンジャズ・ピアノが“ノリノリ”である。ブルージーなフィーリングと寛ぎ与えるスイング感が“快感”なのである。
 『ドライヴ,パッション,アンプリディクタブル』のような「屈託のない,明るく人懐っこい」アルバムは,それこそ細かく聴き込むのは逆に勿体ない。管理人なんかも『ドライヴ,パッション,アンプリディクタブル』は,得意のヘッドフォンではなくスピーカーを大音量で流している。

 ゆえに,聴き終えた後の印象は,一番のメロディでもフレーズでもなく「とにかく明るく軽快であった」という全体の印象しか残らない。
 タメの効いたブルースの持続するGROOVEに「どうでもよくなってしまう」気持ち良さがある。肩肘凝らないリラックスした演奏に“ノリノリで癒される”という矛盾が成立している。
 どうして『ドライヴ,パッション,アンプリディクタブル』クラスの大名演が,もっと世間で認められないのだろうか?

 この記事はディック・モーガン称賛キャンペーン! 欲を出して『ドライヴ,パッション,アンプリディクタブル』を聴き込んでみる。す・る・と・ディック・モーガンジャズ・ピアノ・スタイルが見えてくる!

 ディック・モーガンが多様するのはシングル・トーン&ブロック・コード。こう来るとレッド・ガーランドが思い浮かぶが,ディック・モーガンの一番の売りは“能天気ムードな根明なノリ”なのである。
 特にテンポの変化を多用しがちで,1曲の中にスロー〜アップ・テンポ〜ミディアムが同居する,結構な変幻自在スタイルだけで“イチコロ”なのに,そこにホレス・パーラン的でレイ・ブライアント的な“ブルース・フィーリング”を混ぜてくる。だ・か・ら・好みなのだ。

DRIVE, PASSION, UNPRE-DICTABLE-2 ところで『ドライヴ,パッション,アンプリディクタブル』には“もう一人の主役”がいる。ギタースティーヴ・アブシャイアである。
 個人的に『ドライヴ,パッション,アンプリディクタブル』とは,スティーヴ・アブシャイア「あっての」ディック・モーガンであろう。

 ギターのミス・タッチが散見されるが「そんなの関係ない!」と思わせるニュアンス勝負のギターが,ディック・モーガンピアノと一緒に盛り上がる。スティーヴ・アブシャイアディック・モーガンを乗せまくり,ディック・モーガンスティーヴ・アブシャイアを乗せまくる“相乗効果”が絶大である。

 とにかく「最高にハッピーなピアノ」+「最高にハッピーなギター」=「最高にハッピーな」『ドライヴ,パッション,アンプリディクタブル』!

  01. The Boston Chicken I
  02. Alone Together
  03. How Deep Is The Ocean? / I Found My Love And It's You
  04. Honeysuckle Rose
  05. It's All Right With Me!
  06. I Never Knew At All
  07. Yesterdays / Yesterday
  08. I Will Always Love You / If Ever I Should Lose Your Love
  09. Salt Peanuts
  10. Autumn Leaves
  11. Young And Foolish
  12. The Boston Chicken II

(M&I/INTERPLAY 1994年発売/IPCD-8613)
(ライナーノーツ/白澤茂稔)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)