アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:デヴィッド・T・ウォーカー

デヴィッド・T・ウォーカー / ドリーム・キャッチャー5

DREAM CATCHER-1 「なんだかノリに乗っているなぁ。『デヴィ爺』が若い!」。
 これが『DREAM CATCHER』(以下『ドリーム・キャッチャー』)を聴いた管理人のファースト・インプレッションであった。

 デヴィッド・T・ウォーカーの愛称とは「デヴィ爺」であるが“じいさん”呼ばわりするのはデヴィッド・T・ウォーカーが百戦錬磨の“いぶし銀”だから!
 真実のデヴィッド・T・ウォーカーとは“じいさん”とは対極にいる,さながら“永遠のギター・キッズ”! デヴィッド・T・ウォーカーに似つかわしい本来の愛称とは「デヴィ爺」改め「デヴィ造」なのであろう。 ← 造は若造の造。

 『ドリーム・キャッチャー』でのデヴィッド・T・ウォーカーこそが,実に楽し気にギターを弾く「デヴィ造」である。自分の大好きなジャズ系やR&B系,そしてブラック・コンテンポラリーなナンバーを「愉快な仲間たち」と自由気ままに演奏している。
 その意味で『ドリーム・キャッチャー』こそが,デヴィッド・T・ウォーカーにとっての“夢のアルバム”。だから『DREAM CATCHER』なのだろう。

 デヴィッド・T・ウォーカーは,ギター・ピックの角ではなく平らな背の部分を使用する。まるでギターではなくハーブでも奏でているかのような,時に激しくもとことん優しく“ギターを歌わせる”プレイ・スタイルが,デヴィッド・T・ウォーカーの“独特な音空間”を生んでいる。
 物腰柔らかな人柄がそのまんま音として出て来るタイプ。どんだけギターが上手いんじゃい!

 『ドリーム・キャッチャー』は,フュージョンを基本としたファンキー寄りのアルバムであって,デヴィッド・T・ウォーカーの“メロウ”が堪能できるギターフュージョン
 “本家”クルセイダーズのメンバーが脇を固めた前作『...FROM MY HEART』以上に“クルセイダーズっぽく”聴こえるのは,それだけクルセイダーズへの「デヴィ爺」の貢献が顕著な証し。

DREAM CATCHER-2 ズバリ,デヴィッド・T・ウォーカーというギタリストは,ファンキーな歌ものでこそ魅力を最大限に発揮する“心を揺さぶる”セッションギタリスト
 デヴィッド・T・ウォーカーの感情の噴出が,ギターからバンドへ,そしてリスナーへと伝播していく「感動の渦」…。

 デヴィッド・T・ウォーカーの場合も,きっかけはラリー・カールトンと同じ。クルセイダーズ「さまさま」である。
 ある意味,人気ロック・バンドのスーパー・ギタリストとは対極にいたはずの「黒子」のセッションギタリストたちがこれだけの人気を博すとは,いい時代になったものだ。

PS さすがに今ではそう思わないが,メディアにデヴィ夫人が露出し始めた頃のこと,デヴィ夫人の文字を見る度に「デヴィ爺」の夫人を想像してしまってニヤニヤするのが常でした。読者の皆さんの中にも?

  01. HEALING WHEELS
  02. AN-NOOR
  03. DREAM CATCHER
  04. THE BEST I'VE GOT
  05. STORYTELLERS
  06. TIME OF STILLNESS
  07. THE ONE
  08. SPIRITUALLY DRESSED
  09. RADIUS

(江戸屋/EDOYA 1994年発売/BVCM-35166)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/デヴィッド・T・ウォーカー,山岸潤史,ウエヤマシュウジ)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

デヴィッド・T・ウォーカー / フロム・マイ・ハート5

...FROM MY HEART-1 デヴィッド・T・ウォーカーである。彼のファンは愛情を込めて「デヴィ爺」と呼んでいる。今回はそんな「デヴィ爺」についてのお話。

 本当はデヴィッド・T・ウォーカーギターが大好きなのだが,好きなギタリストの名前を聞かれると,いつもパット・メセニーやらジョン・スコフィールドやらビル・フリゼールやらリー・リトナーやらラリー・カールトン辺りのビッグでメジャーなアルバムの話に終始しつつ,最後に付け足し程度でランクインされてしまうのがデヴィッド・T・ウォーカー

 ただし,一旦,デヴィッド・T・ウォーカーの話題になると,そこからが長い。出るわ出るわ,延々と「デヴィ爺」の魅力について仲間内で盛り上がる。そんな不思議なセッションギタリストデヴィッド・T・ウォーカーなのである。

 まぁ,職人なんだよなぁ。いぶし銀なんだよなぁ。そんな魅力が分かる人には分かるし,分からない人にはさっぱりわからない。
 ギター・ヒーロー・タイプではなく,リード・ギターを弾くこともなく,サイド・ギターなのに,その音楽に欠かすことのできない“メロウなギタリスト”。

 そう。管理人がお題として「デヴィ爺」について論戦する場合は,デヴィッド・T・ウォーカーの万華鏡的なギターの魅力を“メロウ”の一言で押し通すことに決めている。
 デヴィッド・T・ウォーカーの特徴は,とにかく空気感にある。空気を切り裂くのではなく,空気を変えるのでもなく,空気に乗ってしまうギターを弾く男。ナチュラルで人肌的な温もりを感じるのだ。そして色気がある“メロウ”。

 『...FROM MY HEART』(以下『フロム・マイ・ハート』)を聴いてみてほしい。管理人の「デヴィ爺」への主張が,ほんのちょっとでも伝わると思うから…。

 『フロム・マイ・ハート』での「デヴィ爺」のギターが“笑顔が伝わってくるような”ギターなのである。軽快なフュージョン・サウンドが原因ではない。とにかく気心の知れた仲間とのセッションが“楽しくてしょうがない”感じのギターなのである。

...FROM MY HEART-2 こんなギターをサイドで弾かれたらたまらないだろうなぁ。ゲスト陣もリラックスして,知らず知らずに自分の全てを出し尽くしたに違いない。
 デヴィッド・T・ウォーカーの独特のタイム感やコードプレイの味が出ている。“メロウ”の味が沁みている。

 凄い小技が効いているのだろう。何だか分からない隠し味が仕込まれているのだろう。聴いていて“感触の残る”ギターである。
 でもそんなの一切気にならない。「この小技は,この隠し味は,この感触は」の話はナシにしよう。四角四面に分析しながら聴くなんて勿体なさすぎる。

 そう。『フロム・マイ・ハート』の聴き所は,デヴィッド・T・ウォーカーの“HEART”である。デヴィッド・T・ウォーカーが“心から捧げた”ギターの優しさを感じてほしい。

  01. THANKS TO YOU
  02. MEMORY AND THE REALITY
  03. A PLACE FOR US
  04. THE SIDEWALK TODAY
  05. EMPATHY SYSTEM
  06. SHARING WALLS
  07. IN LOVE AND LIFE
  08. SPEAK OF BALANCE
  09. FROM MY HEART

(江戸屋/EDOYA 1993年発売/BVCM-35165)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/デヴィッド・T・ウォーカー,吉成伸幸)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.