アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:山本 英次

山本 英次 / トゥーファツィオリ5

TO FAZIOLI-1 オーディオ・システムを再び組むことが許されるのなら,アンプマッキントッシュアキュフェーズスピーカーJBLBOSEで悩むことだろう。そしてSACDプレーヤーは…。
 しかしオーディオ・チェック用CDだけは悩まない。山本英次ゴールドCD仕様盤『TO FAZIOLI』(以下『トゥーファツィオリ』)である。

 ズバリ『トゥーファツィオリ』こそが,山本英次の「超高音質盤中の超高音質盤」。ピアノの音色を聴いて,心が震えるほど感動した経験は,後にも先にも『トゥーファツィオリ』の1回きり。
 『トゥーファツィオリ』こそが,管理人の心の中の“良い音の基準”となっている。『トゥーファツィオリ』が良い音で鳴らなければ,それは良いオーディオ・システムではないのだと思う。『トゥーファツィオリ』が「“良い音の基準”のその基準」となっているのだ。

 そんな『トゥーファツィオリ』の“絶対基準”を可能としたのが,ピアニスト山本英次のテクニック,レコーディング・エンジニアの「赤坂工芸音研」の石渡義夫の「匠の技」,そして今回の主役であるイタリアの名器=ファツィオリのフルコンサート・グランド・ピアノ,F278の並外れた能力,その三大要素の「プロフェッショナルすぎる融合」にある。

 ピアノは打楽器である。右手と左手が時に別々に,時に同時に鍵盤を鳴らす。問題となるのは鍵盤を押すタイミングと押す力加減である。
 純粋にピアノの音色が美しいと思う最右翼はミシェル・ペトルチアーニである。こう書けば納得されるだろうが,ハーモニーの是非を瞬時に判断できるのが,神が授けたミシェル・ペトルチアーニの「特殊能力」の1つである。

 ミシェル・ペトルチアーニが“天賦の才”なら,山本英次は“ピアノへの愛”である。
 山本英次ピアノを聴いていると,時折,セロニアス・モンクをイメージしてしまうことがある。セロニアス・モンクは真面目にユニークな音楽を追及した巨人の1人であるが,特にピアノの響きを一日中研究していた,というエピソードが山本英次とダブルことがある。

 こんな風に叩けばこんな音が出る。こんな角度で,こんなタイミングで,こんな強さで…。
 そう。山本英次の“ピアノへの愛”が,ピアノをいかに美しく鳴らすか,のモチベーションなのであろう。ピアノの響きというか,低音だけでなく,高い音を弾いても,低音弦が共鳴してピアノのボディに響く音が伝わってくる。まるで目の前でピアノを弾いてもらっているかのような錯覚に陥る瞬間もしばしば…。
 ただし山本英次が「調律師」で決定的に異なるのは,ピアノの音は音楽となって初めて輝くことをわきまえているからと思う。大好きなジャズを表現するための道具としての「ピアノ職人」。これが“ジャズ・ピアニスト山本英次の真髄なのである。

 山本英次の「きれいなピアノ」の音を録りたい。最高の音質で記録しておきたい。そんな自然の欲求につき動かされた人物が,レコーディング・エンジニア界の「神7」の1人,石渡義夫であった。
 高音質録音といっても,単にクリアーで抜けが良く, 鮮度が高ければ高音質録音であるとは言い切れない。対象は音楽。演奏されているサウンドは最も大切な要素,そして音楽的なバランスも重要だ。アンバランスな要素は音楽を台無しにしてしまう。

 そこで石渡義夫がこだわったのが“ホールの響き”である。石渡義夫は,音の気配,空気感をどれほどに忠実に録音するか,に命を懸けている。
 ピアノという楽器は,発音体に弦と反射板とがあり,直接音は弦から,間接音は反射板から生じる。当然微妙な位相差があり,マイクセッティングによっては濁った音になる。ゆえに,一本一本のマイクの位相を念入りに確認したとのこと。左右の定位だけではなく,前後の定位をも正確に記録することで,彫りの深い音になっていると思う。

 そう。レコーディング・エンジニア=石渡義夫の24BITデジタルHDDレコーディンの“入魂の音”が『トゥーファツィオリ』のソロ・ピアノに記録されているのだ。

TO FAZIOLI-2 そんな山本英次石渡義夫の熱心な仕事ぶりに素直に反応するのが,肝心要なフルコンサート・グランド・ピアノのF278。恐らくは有名なピアノ・コンテストでしかお耳にかかれない超高級ピアノが秘められた能力を大開放。
 チェンバロのように響版に伝わる弦のハーモニーがうまく混ざり合った音色がファツィオリの特長だと思うが,この華麗な響きと余韻の芳醇さの何と豊かなことであろう。いつ果てるとも知れぬ残響にファツィオリのハイ・ポテンシャルを聴いている気分がする。

 またファツィオリの別の特徴として,本当にピアニストや調律師の手に敏感に反応してしまうようでして,15曲目と16曲目の【不思議の国のアリス(テイク1)】【不思議の国のアリス(テイク2)】は,調律だけを変えた全く同じ演奏が録音されているのだが,調律の変化が演奏に与える影響の大きさを感じとれるのも聴いていて面白いと思う。

 『トゥーファツィオリ』の「超高音質」の保証とは「STEREO」誌1998年度「最優秀録音賞」受賞のゴールドCD盤。
 ジャズはやっぱり難しい,と感じている読者の皆さん。どうですか? オーディオからジャズに入ってみませんか?

  01. Softly As In A Morning Sunrise
  02. Am Ha Arets "SUGA"
  03. Summer Time in VENICE
  04. St. Louis Blues
  05. Stella By Starlight
  06. Alice In My Dream
  07. Lullaby Of Bay YOKOHAMA
  08. Autumn Leaves
  09. If I Had You
  10. Someone To Watch Over Me
  11. Mood Indigo
  12. Sweet Georgia Brown
  13. Alice And Flowers
  14. Dinah
  15. Alice In Wonderland (take 1)
  16. Alice In Wonderland (take 2)
  17. To FAZIOLI

(YPM/YPM 1998年発売/YPM-007)
(ゴールドCD仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

山本 英次 / コーヒーブレイク・ウィズ・ピアノマン4

COFFEE BREAK WITH PIANO MAN-1 山本英次は超一流の“ジャズ・ピアニスト”である。そしてボチボチの作曲家であり,一流の編曲家でもある。
 ゆえに『COFFEE BREAK WITH PIANO MAN』(以下『コーヒーブレイク・ウィズ・ピアノマン』)の聴き所は,有名ジャズスタンダードを「どんなアレンジで聴かせてくれるのか」なのだが,山本英次の場合はそれだけでは終わらない。
 山本英次の場合は「曲によってどのピアノで弾くべきか」であり「このピアノに合うのはこんな曲」なのである。

 ズバリ,山本英次を超一流“ジャズ・ピアニスト”にして一流の編曲家足らしめている秘訣が「楽曲とピアノのマッチング」である。演奏とアレンジの要素に「楽曲とピアノのマッチング」の優劣が考えられている。山本英次が“ピアノマン”という愛称で知られているのも納得である。

( 「お洒落なジャズトリオ」の場合,さらに吉田啓二ギター田野重松ベースという要素が加味されている。プロ・ミュージシャンとしては当然の仕事なのかもしれないが,バランスの良さが図抜けている。 )

 『コーヒーブレイク・ウィズ・ピアノマン』で登場するのは2台のピアノ。女性的なベーゼンドルファーと男性的なスタインウェイである。
 【テンダリー】がベーゼンドルファー,【ミスターサンドマン】がベーゼンドルファー,【ハロードーリー】がスタインウェイ,【ワットアディファレントアデイメイト】がベーゼンドルファー,【イグザクトリーライクユー】がスタインウェイ,【星に願いを】がスタインウェイ,【ミスジョーンズ】がベーゼンドルファー,【ハニーサックルローズ】がベーゼンドルファー,【サンデー】がベーゼンドルファー…。

 楽器としての「ピアノ通」の読者の皆さんはどうでしょうか? 管理人はこの「楽曲とピアノのマッチング」が100%大正解の選択肢だったと思っています。

COFFEE BREAK WITH PIANO MAN-2 ベーゼンドルファースタインウェイの「聞き比べ」を可能とする,同じ録音器材,同じマイクロフォン,そしてセッティングも極力同条件でのレコーディング環境が『コーヒーブレイク・ウィズ・ピアノマン』の“売り”である2台のピアノの音色の違いを浮き上がらせている。

 『コーヒーブレイク・ウィズ・ピアノマン批評の最後に「スイングジャーナル」誌96年8月号からの引用を…。
 「これほどピアノと言う楽器の魅力を見事にとらえたジャズ・アルバムを聴いたという記憶はまったくない」。管理人も超高音質の部分については同感である。

 でも,超高音質=山本英次のブランドも,VENUSの「ハイパー・マグナム・サウンド」が出てからは興味なくしてしまったんだよなぁ…。
 そして『コーヒーブレイク・ウィズ・ピアノマン』の主役は,ピアノそのものであってジャズではないんだよなぁ…。コーヒーブレイクのBGMなんだよなぁ…。

  01. バラのささやき
  02. テンダリー
  03. ミスターサンドマン
  04. サンセットウィスパー
  05. お散歩
  06. グリーンヒルラグ
  07. 願い
  08. ハロードーリー
  09. ワットアディファレントアデイメイト
  10. イグザクトリーライクユー
  11. 星に願いを
  12. ミスジョーンズ
  13. ブルースフォーチャーリー
  14. ハニーサックルローズ
  15. 花束とドラ焼き
  16. サンデー
  17. グッドバイピアノマン
  18. グッドバイピアノマン Take 2

(YPM/YPM 1996年発売/YPM-004)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

山本 英次 / ララバイ・オブ・ピアノマン4

LULLABY OF PIANO MAN-1 ジャズ好きとはオーディオ好きと同義語である。
 電源にまでこだわるマニアは別として,管理人はオーディオに無関心なジャズ・ファンをジャズ・マニアとは認めていない。

 ブランフォード・マルサリスによれば「ジャズとは繰り返し聴き返されて,2年や3年ではなく25年かけて売れる音楽」。これ名言&至言!
 管理人的には「形として記録されない芸術」としてのライブ演奏こそが,ジャズの醍醐味,だと思うのだが,CDなしのジャズ・ライフなど考えられないし…。つまりは生音を再現するための音質が重要だという主張でご理解を…。

 それで本題! 「きれいなピアノ」と来れば山本英次である。
 山本英次の場合は,オーディオ雑誌の「STEREO」誌や「AUDIO ACCESSORY」誌だけではなく,ジャズ雑誌の「SWING JOURNAL」誌でも「最優秀録音賞」を受賞しているのだから,ピアノに限定せずに「きれいなジャズ」と呼んでも差し支えない。

 山本英次ピアノを聴いていると「心が洗われる」。真に「いい音」を聴いていると(集中の反対としての)リラックスできる。
 …というよりも「最優秀録音賞」のピアノの音色に耳をそばだてようと,真剣にスピーカーなりヘッドフォンなりに向かうのだが,どうしても集中力が切れてしまう。何十回チャレンジしてもアルバム1枚最後まで集中することなどできなかった。これって?

 そう。これこそが山本英次の最大の魅力である。ピアノの音質にではなく,音楽そのものに自然と注意を向けてしまう“ピュアでナチュラルな”ジャズ・ピアノなのである。

 その意味ではジャズというよりも,ピアノ寄りでオーディオ寄りの性質が強い『COFFEE BREAK WITH PIANO MAN』『TO FAZIOLI』は後回しにして,山本英次の1枚目は純粋にムーディーなソロピアノ集として楽しめる『LULLABY OF PIANO MAN』(以下『ララバイ・オブ・ピアノマン』)が良いと思う。

 『ララバイ・オブ・ピアノマン』で,高音質録音が実現した“絶対条件”とは山本英次の“愛情と優しさに満ちた”ピアノ・タッチがあればこそ!

LULLABY OF PIANO MAN-2 こんなにも優しいジャズスタンダードの【二人でお茶を】【この素晴らしき世界】は聴いたことがない。こんなにもお茶目な“変則”【アリス・イン・ワンダーランド】は聴いたことがない。

 そう。山本英次の枕詞は「きれいなピアノ」の前に“ジャズ・ピアニスト”である。ジャズのリズムやハーモニーを突き詰めると“うっとりするほど”美しいものなのだと思う。

PS 音楽的な性質の強い『ララバイ・オブ・ピアノマン』も,そこは山本英次「印」の名録音盤。オーディオ・チェック盤としても評価の高いベーゼンドルファーグランドピアノの重厚な音粒,柔らかくしかも迫力の低音,そして厚みのある中音,また粒だちのある立体的な音像の高音を聴くことができますよっ。

  01. 誓い
    ララバイ・オブ・ピアノマン組曲
  02. Aマイナーセブン
  03. ララバイ・オブ・ピアノマン
  04. アリス・イン・マイ・ドリーム
  05. テイク・イット・イージー
  06. 二人でお茶を(ティーフォートゥー)
  07. 春の日本組曲 蝶々 さくら
  08. この素晴らしき世界
  09. スイート・ロレイン
  10. ノクターン(愛情物語)
  11. 5フィート2インチ
  12. ひきしお
  13. ララバイ・オブ・ピアノマン テイク2

(YPM/YPM 1995年発売/YPM-003)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.