アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ExhiVision

ExhiVision / ExhiVision4

EXHIVISION-1 キーボード難波弘之ギター和田アキラフレットレスベース永井敏己ドラム長谷川浩二が「EXHIVISION」の名のもとに「凄腕集結」。
 ただし「凄腕集結」への思いは「4人4様」であって,残念ながら和田アキラにとって「EXHIVISION」は“エキシビジョン”のまんまであった。

 そう。浅田真央のエキシビジョン・マッチの如く,和田アキラにとって「EXHIVISION」は,公式試合ではなくエキシビジョン・マッチ。過剰な装飾フレーズの多い,ショーアップされた演奏が多いように思う。
 「EXHIVISION」を経験した和田アキラの思いは,改めて「PRISM」一本槍〜。

 ズバリ「EXHIVISION」の真実とは,難波弘之和田アキラによる“双頭”メタル・プログレッシブ・フュージョン・バンドではなく,難波弘之主催の“第3のバンド”である。

 難波弘之と来れば「SENSE OF WONDER」と「野獣王国」であるが,どちらもポップでありロックでありプログレな一面が“売り”であった。
 そう。「EXHIVISION」は,これまでの難波弘之に欠けていたフュージョン系の活動拠点となるべき母体。「EXHIVISION」の音楽性が,基本ポップでロックになるのは難波弘之の音楽性の特徴なのである。
 歌もののメロがプログレ・フュージョンのエレメンツで演奏されるのが「SENSE OF WONDER」や「野獣王国」との違いであろう。その意味で“期待以上でも期待外れでもない”予想通りの「EXHIVISION」の音ってどうなんだろう…。

EXHIVISION-2 尤も,演奏面では和田アキラがガンガン。“プログレ・フュージョンの鬼”のようなラウドするギターである。
 プログレ・フュージョンの模範演奏は和田アキラだけではない。管理人は「EXHIVISION」で,フレットレスベース永井敏己ドラム長谷川浩二を初めて聴いたのだが,永井敏己渡辺建を,長谷川浩二木村万作を聴き重ねてしまった。

 だから,個人的には難波弘之が「PRISM」的なメンバーを集めたのには違和感が残る。
 結局の所,テクニカルな歌ものが欲しいのなら難波弘之和田アキラのように後ろに下がって,細かいフレーズを滑らかに紡ぐ永井敏己フレットレスベースを前面に出した,メロディアスなプログレ・フュージョンを聴いてみたかった。

 とにかく「EXHIVISION」の1st『EXHIVISION』の収穫は永井敏己である。永井敏己渡辺建への“夢を”託したい。

  01. SCENT OF NOVA
  02. DOUBLE DOWN
  03. ICEBOUND
  04. OTHER SIDE
  05. NIGHT VIEW
  06. 百家争鳴
  07. WINDYE
  08. FAERIE TALE
  09. WINDYE
  10. BASCULE BRIDGE

(しおさい/ZIZO 2013年発売/SHCZ-0047)
(紙ジャケット仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ExhiVision / BEYOND THE EARTHBOUND5

BEYOND THE EARTHBOUND-1 難波弘之和田アキラによる“双頭”メタル・プログレッシブ・フュージョン・バンド=「EXHIVISION」のライブ盤が『BEYOND THE EARTHBOUND』。

 管理人が初めて『BEYOND THE EARTHBOUND』を聴いた時,連想したのが「PRISM」の『UNCOVERED』。
 これが本当にライブ盤なのか? 緻密な質感がスタジオ録音を超える圧倒的な演奏力である。もしこの演奏をブラインド・テストで聴かされたら,まずライブ盤とは思わない。

 ただし,よ〜く聴くと,難波弘之の超人的なキーボードソロ和田アキラの超人的なギターソロ永井敏己の超人的なフレットレスベースソロ長谷川浩二の超人的なドラムソロから“殺気”のような緊張感が聴こえてくる。ストイックすぎるソロ廻しが爆発している。

 この緊張感漲るアドリブこそが,バンド・メンバーだけではなく,一音も聴き逃すまい,と集まった観客からのプラスのプレッシャー。『BEYOND THE EARTHBOUND』に記録された「ライブ盤としての証し」であった。

 だから余計に『BEYOND THE EARTHBOUND』の“完璧なるバンド・アンサンブル”に驚愕した。百戦錬磨の強者4人の“丁々発止”が書き譜のように連動している。4人の自由なアドリブのうねりが絡み合い,ついには自由度を失いバンド・サウンド化していく瞬間は“悶絶”ものである。

 特に自分中心の「PRISM」とは勝手が異なる,難波弘之中心の「EXHIVISION」の展開に“押し引きしながら”&“駆け引きしながら”自分のフレーズをねじ込んでいく和田アキラの“武骨なギター”に心を躍らされてしまう。
 一発触発の雰囲気を醸しつつ,きっちりとキーボードを下支えする和田アキラの荒々しいプログレッシブ“ジャズギター! 抑制された状態からの,ためにためた,和田アキラの下剋上に“ロック魂”ここにあり!

BEYOND THE EARTHBOUND-2 そう。「EXHIVISION」の“売りである”バカテク・メロディアスは,超絶までは達しない,余裕のあるスペース展開に秘密がある。

 空いた音空間を埋めるアイディアはメンバーの「意見交換の場」である。思い思いの自分のアイディアを「発言する権利」が与えられている。そこに「バンドの個性」が表われているのだから,自分の意見が取り入れられた“完璧なるバンド・アンサンブル”にも満足できるだろうし,仮に自分の意見がスルーされたとしても,他のメンバーの意見を邪魔しない展開に幸福感を覚えたことだろう。バンドが生み落とす一音一音のクリエイティブな作業に参加している意識があった…。

 こんなにスムーズなライブ演奏も珍しい。バンドの全員がサウンド・クリエイターの意識を持っている。だから実際には後ろに引いている時間も,気持ちの上では前に出ている。いいや,次の出番に備えて裏でパワーを蓄えている。

 『BEYOND THE EARTHBOUND』をステージで演奏していた,難波弘之和田アキラ永井敏己長谷川浩二の頭の中の音楽シナプスは“フル回転”していたに違いない。
 美しさや激しさといった楽曲本来が持つ魅力を充分に引き出した,最高クオリティのプログレッシブ・フュージョンが素晴らしい。

  01. BEYOND THE EARTH
  02. OTHER SIDE
  03. Lilith
  04. DOUBLE DOWN
  05. Touch 419
  06. ICE BOUND
  07. Politician
  08. FAERIE TALE
  09. DEUCE DRIVE -ActII-

(ユニバーサル・ミュージック/UNIVERSAL STRATEGIC MARKETING 2008年発売/UICZ-4184)
(☆SHM−CD仕様)
(ライナーノーツ/橋雅人,和田アキラ,難波弘之,永井敏己,長谷川浩二)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.