アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:MASAHIRO SAYAMA TRIO (M'S)

佐山 雅弘 トリオ M's(マサちゃんズ) / スケッチ・オブ・シーズン4

SKETCH OF SEASON-1 「日本のキース・ジャレット・トリオ」として「小粋にジャズスタンダードを演奏してきた」マサちゃんズの5枚目『SKETCH OF SEASON』(以下『スケッチ・オブ・シーズン』)が,何やら騒がしい。異変である。

 『スケッチ・オブ・シーズン』のマサちゃんズは,ピアノ佐山雅弘ベース小井政都志ドラム大坂昌彦による従来通りの3人編成。メンバーに変更はない。
 なのに『スケッチ・オブ・シーズン』のマサちゃんズは,4枚目までの「M’s(マサちゃんズ)フィーチャリング 佐山 雅弘」名義ではなく「佐山雅弘トリオ M’s(マサちゃんズ)」名義でのリリース。事件である。

 ズバリ『スケッチ・オブ・シーズン』の「M’s」は,マサちゃんズであってマサちゃんズではない。そう言える2つの理由がある。
 1つ目の理由は「M’s」のモットーであった“ジャズスタンダードの括り”が撤廃されていること。2つ目の理由は「M’s」単体の「佐山雅弘トリオ」の演奏が半分に減り,残りの半分はゲスト入りであること。

 そう。内容の大幅な変更がバンド名の変更に象徴されている。佐山雅弘が『スケッチ・オブ・シーズン』で“フィーチャリング”ではなく“リーダー”となっているのは,アルバム全曲が佐山雅弘の作曲だから。何と!モットーとしてきたジャズスタンダードは1曲も収録されていないから。

 この内容では「佐山雅弘トリオ」に「M’s(マサちゃんズ)」が追記されただけマシ,とでも言うべきもので『スケッチ・オブ・シーズン』の本質は,佐山雅弘ソロ・アルバムそのもの…。

 『スケッチ・オブ・シーズン』を,佐山雅弘ソロ名義だと位置付けるなら,ゲストとして佐山雅弘と交流のあった島田歌穂新妻由佳子吉田慶子ヴォーカリスト3人と太田剣浜崎航三木俊雄サックス奏者3人が加わったことにも納得がゆく…。

 さて,ここで問題になるのは『スケッチ・オブ・シーズン』での「NEW M’s」を「佐山雅弘よ,イニシアティブをとってくれてありがとう」となるのか「佐山雅弘よ,なぜマサちゃんズのDNAを捨てたのか」のどちら側で受け止めるか?であろう。

SKETCH OF SEASON-2 「日本のキース・ジャレット・トリオ」としてマサちゃんズを押してきた大ファンとしては,スタンダード・トリオからオリジナル・バンドへのスタンスの変遷を,佐山雅弘の「裏切り」であるかのように否定的に受け取った。

 でも5回,10回と『スケッチ・オブ・シーズン』を繰り返し聴いているうちに,佐山雅弘の楽曲を全面に打ち出したオリジナル・バンドもマサちゃんズの“もう1つの顔”だと思うようになった。そう言えば以前に,こんなマサちゃんズも聴いてみたい,と思ったことを思い出した。

 管理人の結論。『スケッチ・オブ・シーズン批評

 佐山雅弘トリオの『スケッチ・オブ・シーズン』は,キース・ジャレット・トリオでいうところの『CHANGES』。

 ジャズスタンダードを“一休み”した佐山雅弘トリオが,従来とは違った意味で真にクリエイティブ。
 この上なく音楽的に合いまくる,マサちゃんズの抜群のコンビネーションそのままに“佐山ワールド”が新鮮に響いている。

  01. HARVEST
  02. THE END OF SEASON
  03. BLUE KEYS
  04. LOVE ME A LITTLE
  05. SURF THE TURF
  06. IN YOUR QUIET DREAM
  07. DEEP BLUE
  08. YOU HIDE SOMETHING
  09. BLOW THE FLOW
  10. CHASE THE SHADE
  11. RIGHTEOUS MAGNOLIA
  12. PRIMAVERA

(ビクター/JVC 2008年発売/VICJ-61554)
(ライナーノーツ/佐山雅弘)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

M's(マサちゃんズ)フィーチャリング 佐山 雅弘 / ウィ・ガット・リズム マサちゃんズ・ライヴ・アット・ミューザ4

WE GOT RHYTHM M'S LIVE AT MUZA-1 マサちゃんズライブ盤が出ると聞いて,いてもたってもいられずに,HMVでフラゲして買った『WE GOT RHYTHM M’s LIVE AT MUZA』(以下『ウィ・ガット・リズム マサちゃんズ・ライヴ・アット・ミューザ』)。

 マサちゃんズの“王道すぎる名演”には今回も大満足だったのだが,実は演奏とは別の部分で『ウィ・ガット・リズム マサちゃんズ・ライヴ・アット・ミューザ』には「騙された気分」がしたものだ。期待が余りにも大きかっただけに,9年経った今でも「割り切れない」心の傷が残されている。買うと決めていても「事前情報のチェックが大切」であることを身をもって教えられた気分がする。

 だ〜って,ライブ盤『ウィ・ガット・リズム マサちゃんズ・ライヴ・アット・ミューザ』のレコーディング会場は,クラシックの大ホール「ミューザ川崎シンフォニーホール」。生音が響きすぎている。
 やはりマサちゃんズライブ盤は,客席と1mの至近距離で演奏されるライブハウスの「熱狂録音」で発売してほしかった〜。

 ではなぜライブ会場が「ミューザ川崎シンフォニーホール」になったのかというと,それにはそうなる理由があって『ウィ・ガット・リズム マサちゃんズ・ライヴ・アット・ミューザ』の“売り”の1つが,マサちゃんズと「東京交響楽団」との共演なのだから…。

 これには,なぜの嵐? なんでマサちゃんズ3人だけのライブ盤ではないのか? 甚だ疑問という以上に,怒りの感情が込み上げてきた。
 『ウィ・ガット・リズム マサちゃんズ・ライヴ・アット・ミューザ』を企画した責任者出てきやがれ。あなたはマサちゃんズ,そしてマサちゃんズ・ファンの気持ちを微塵も理解できてはいない。

 『ウィ・ガット・リズム マサちゃんズ・ライヴ・アット・ミューザ』は,クラシックの大ホールではなく,こじんまりしたジャズ専門のライブハウスでやるべきだった。
 そして,ピアノ佐山雅弘ベース小井政都志ドラム大坂昌彦マサちゃんズの3人だけのライブ盤であるべきだった。ゲストなど不要だ。殊に「東京交響楽団」との共演とは何事かっ!

 はぁ,落ち着いて落ち着いて…。
 改めて,マサちゃんズ名演を収録した『ウィ・ガット・リズム マサちゃんズ・ライヴ・アット・ミューザ』を発売しなかった方が良かったのか,と問われるとその答えは悩ましい。

 どんなに企画者の頭が悪かろうと,ジャズという音楽は結果が全てのやったもん勝ち!
 「東京交響楽団」と共演したガーシュインメドレー「アイ・ガット・リズム」変奏曲】のオーケストレーションは,TV番組の音楽監督を務めてきた佐山雅弘の“本領発揮”メドレー

 美しさと激しさを持ち合わせたアレンジが秀逸であって,小曽根真が近年クラシックに進出するようになるまでは,管理人の中で「ガーシュインと来れば佐山雅弘」ラインが出来上がっていた。
 【「アイ・ガット・リズム」変奏曲】での「M’sウィズ・ストリングス」が最高に素晴らしい。

WE GOT RHYTHM M'S LIVE AT MUZA-2 そして,これが管理人の『ウィ・ガット・リズム マサちゃんズ・ライヴ・アット・ミューザ』の“邪道な”楽しみ方 → 残響音の多いホール・コンサートの「怪我の功名」 → マサちゃんズキース・ジャレット・トリオ化が楽しめる! これである!

 キース・ジャレット・トリオの過去の持ちネタと共通する【ALL THE THINGS YOU ARE】【I’M OLD FASHIONED】【FALLING IN LOVE WITH LOVE】を聴いていると,まるでそこにキース・ジャレット・トリオが来日している感じに聴こえてしまう。あたかもキース・ジャレット・トリオの「新作」でも聴いているかのような感覚に陥ってしまう。
 特に大坂昌彦ドラムにかかったエコーの感じが,そのまんまジャック・デジョネット〜!

 ライブ録音なので,現場ではリハーサルとは異なるハプニングが起きていたのだろうけど,どれもこれもがスタジオ録音であるかのような緻密な仕上がりに,10年間のマサちゃんズの本質=ライブバンドを意識させられてしまう。

 く〜っ,貶すつもりでまたもや褒めてしまっている。もういいだろう。こんな称号を与えてもいいだろう。管理人はマサちゃんズを「日本のキース・ジャレット・トリオ」と呼んでいる。読者の皆さんも?

  01. ALL THE THINGS YOU ARE
  02. MY SHINING HOUR
  03. I'M OLD FASHIONED
  04. BUT BEAUTIFUL
  05. LADIES IN MERCEDES
  06. I GOT RHYTHM VARIATION
     I GOT RHYTHM
     〜SOMEONE TO WATCH OVER ME

    〜EMBRACEABLE YOU
    〜HOW LONG HAS THIS BEEN GOING ON?
  07. FALLING IN LOVE WITH LOVE
  08. ON A CLEAR DAY (You Can See Forever)
  09. LET'S FACE THE MUSIC AND DANCE

(ビクター/JVC 2007年発売/VICJ-61430)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

M's(マサちゃんズ)フィーチャリング 佐山 雅弘 / M's 2nd4

M'S 2ND-1 ピアノ佐山雅弘ベース小井政都志ドラム大坂昌彦による佐山雅弘トリオ=通称“マサちゃんズ”の演奏するジャズスタンダードには,若輩者には弾くことのできない,オヤジならではのコクとか深みとか渋みとかが,年季を感じさせる,王道スタンダードであった。

 何ら難しいことをやってはいないが,オヤジ集団ならではの「経験値の高さ」からきているのだろう。ギリギリの奇抜なアレンジが仕掛けられているのだが,よくよく聴くと,無駄な贅肉は「お腹周りだけ」がポリシー?なシンプルでスタイリッシュでツボを突いた名演集。

 ただし,1stの『FLOATIN’ TIME』に大熱狂してしまった身からすると,2nd『M’s 2nd』には,少々の物足りなさを感じたのも事実。
 マサちゃんズが急に年取ったというか,お洒落に気をつけなくなったというか,実年齢を感じてしまったというか…。遊びが減って本格派の濃度が上がっているというか…。

 『M’s 2nd』で感じた「平均律」の秘密は,3人のマサちゃんズ全員が「オールラウンダー」の為せる技。インタープレイが書き譜のように聴こえてしまう“佐山マジック”大炸裂〜。

M'S 2ND-1 『M’s 2nd』は,一捻りではなく二捻りして一周しているから?奇を衒った感じがしない…。
 いつ聴いても色褪せない「成熟した大人テイスト」の王道スタンダードの図抜けた表現力…。
 流石はジャズスタンダードを演奏するために結成された「フィーチャリング佐山雅弘」のスーパー・ユニットだけのことはある。

 NO! マサちゃんズとは,3人が3人とも同じ音楽性を持つ「自然発生的」に結成されたピアノ・トリオ。音楽的な趣味が合い,目指す方向性を話さずとも分かり合えてしまう。だから演奏がリラックスしたまま展開し,深い部分にまで到達できるのであろう…。

 そう。ピアニストベーシストドラマーのファースト・ネームに,3人とも「MASA」がついた「M’s」は「偶然」であるが,音楽的には「M’s」の結成は「必然」なのである。

 マサちゃんズが売れずして,J−ジャズどうする?

  01. BLUE IN GREEN
  02. AUTUMN LEAVES
  03. WISH YOU
  04. EXTENDED PLAY
  05. DON'T LET ME DOWN
  06. MY FAVORITE THINGS
  07. SMOKE GETS IN YOUR EYES
  08. SOLAR
  09. IN THE DARK, BEFORE DARK
  10. LITTLE GIRL BLUE
  11. A FINE ROMANCE〜THE WAY YOU LOOK TONIGHT
  12. QUIET MOON

(ビクター/3 VIEWS 2003年発売/VICJ-61140)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/和田誠)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

M's(マサちゃんズ)フィーチャリング 佐山 雅弘 / フローティン・タイム5

FLOATIN' TIME-1 ピアノ佐山雅弘ベース小井政都志ドラム大坂昌彦による佐山雅弘トリオ=通称“マサちゃんズ”。
 3人ともファーストネームに“マサ”がつくところからきた“マサちゃんズ”(マサちゃんズには,これまた略称があって“M’s”表記とはややこしい)であるが,ズージャなネーミング通りの“変則ピアノ・トリオ”は隠れ蓑である。

 マサちゃんズとは,ただ単純に佐山雅弘の内にふつふつと湧き上がる「小粋にジャズスタンダードを演奏したい」という欲求を満たす手段としてのピアノ・トリオである。
 表面ではふざけているように聴こえるのだが,その実,佐山雅弘アドリブがどこへ向かおうとも,ちゃんとリズムが先回りしてエンディングを待ち受けている。これぞ“ジャズの小品”の完成形だと一人唸らされてしまった。

 だから,どうせダジャレでふざけるのなら,キース・ジャレットスタンダーズトリオにかけて,マーズ・ジャレットトリオとかM’sジャレットトリオとか,スタンダーズを連想させる方が良かったと思う。

 マサちゃんズが演奏するスタンダードは,基本キース・ジャレットピアノ・トリオと同様にデフォルメされているのだが,ヘッド・アレンジ以降の展開は全てが即興的なのに,3人のインタープレイには「ここはこうでなければならない」という絶対の確信が演奏から滲み出ている。
 スタンダードへの美意識を突き詰めたピアノ・トリオにして,アクロバティックなのが佐山雅弘流なのであろう。

 マサちゃんズの結成10周年にしてデビュー作となった『FLOATIN’ TIME』(以下『フローティン・タイム』)の“静と動”の落差と言ったら…。
 そう。『フローティン・タイム』の真髄とは「徹底的に楽しく,徹底的に美しく,徹底的にリラックス」。これである。おじさんの魅力全開である。モノホンのオヤジ・ジャズは「ダサカッコいい」のである。

 【クレオパトラの夢】と【アントニーの叫び】が合体した【CLEOPATORA’S DREAM/ANTONY’S SCREAM】と【テイク・ファイヴ】と【A列車で行こう】が合体した【TAKE FIVE A−TRAINS】の見事なチェンジぶりの脱帽する。こんなの頭で分かってはいても拍が取れない〜。
 スネア一発&鍵盤一音で違和感なしに変速する無段階ギアの場面展開の構図が素晴らしい。

FLOATIN' TIME-2 今度はスタンダード・ど真ん中で,歌舞伎の演目のちょうどいいタイミング「ナリタヤッ!」や「ハリマヤッ!」の掛け声がかかるような(なんのこっちゃ。でもこう説明するのが似つかわしい)【JOY SPRING】【GIRL TALK】【SWINGIN’ ON A STAR】が粋だよね〜。聴いていてたまらない快感を感じてします。この演奏力にシビレてしまいます。はい。

 『フローティン・タイム』のハイライトは,上述の有名どころのツボにピタりハマッタ“粋なスタンダード”なのだが,この幕の合間に流された感じの“小品バラード”があればこそ。
 【FLOATIN’ TIME】【WHEN SUNNY GETS BLUE】【SETEMBRO(BRAZILLIAN WEDDING SONG)】を聴いていると,仕事なんかどうでもよくなってしまう恐ろしさを感じてしまう管理人…。

 ライナーノーツで,あの村上春樹氏も絶賛していますよっ。アルバム・ジャケットM’s”のロゴ・マークは和田誠氏の書下ろしですよっ。

  01. CLEOPATRA'S DREAM / ANTONY'S SCREAM
  02. FLOATIN' TIME
  03. JOY SPRING
  04. GIRL TALK
  05. IT'S ONLY A PAPER MOON
  06. FINE ROUGE
  07. DADDY BLUE
  08. TAKE FIVE A-TRAINS
  09. WHEN SUNNY GETS BLUE
  10. IT MIGHT AS WELL BE SPRING
  11. SETEMBRO
  12. SWINGIN' ON A STAR
  13. THE FIRST CRY

(ビクター/3 VIEWS 2002年発売/VICJ-60995)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/佐山雅弘,村上春樹)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.