アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:デイヴ・リーブマン

デイヴ・リーブマン / ウォーター4

THE ELEMENTS:WATER-1 何かの雑誌に書いてあったが,マイルス・デイビスの訃報を聞いたパット・メセニーの悲しみようは尋常ではなかったそうだ。
 いつの日か訪れたであろうマイルス・デイビスとの共演というパット・メセニーの「夢の1つ」が断たれたからなのであろう。

 ライバルであるジョン・スコフィールドマイルス・デイビスバンドのレギュラー・ギタリストの座を先を越されても,いつかはきっと振り向いてくれる,という強い思いで支えられていたパット・メセニーの“心が折れた”瞬間だったのだろう。

 しかし,パット・メセニーというギタリストはそれぐらいで挫けるような男ではない。パット・メセニーが次に狙ったのは,マイルス・デイビスバンドの共演者との共演である。そうすることで間接的にマイルス・デイビスとの疑似共演を体感できる!

 デイヴ・リーブマンの『THE ELEMENTS:WATER』(以下『ウォーター』)に“招待”された瞬間のパット・メセニーの喜びようが想像できる。子供のように大喜びして,二つ返事でOKを出したパット・メセニー…。
 だってデイヴ・リーブマンこそが“電化マイルス”の中心人物だったのだから…。

 ズバリ『ウォーター』の聴き所は,パット・メセニーの“色眼鏡”がかかった,デイヴ・リーブマンの「印象派」ジャズ・アルバムである。

 パット・メセニーの“屈折した”デイヴ・リーブマン像が明確であって“電化マイルス”を想起させるギターシンセが静かにエグイ,相当に厳しい内容である。
 カテゴリーとしてはコンテンポラリージャズではなくフリージャズに入れられるべきアルバムである。

 そんな中,デイヴ・リーブマンソプラノサックスパット・メセニーのピカソ・ギターで描く「絵画的」な表現は,テーマである『』と呼ぶにピッタリな「抽象的」な演奏である。

THE ELEMENTS:WATER-2 液体としての『』が,時に“軽い”気体となり,時に“硬い”固体となる。 デイヴ・リーブマンパット・メセニーが“ジャズの浄水フィルター”をかけて『ウォーター』を『ミネラル・ウォーター』ばりに磨き上げている。

 パット・メセニーの念願かなったデイヴ・リーブマンとの共演盤『ウォーター』。『ウォーター』とは全然違うのだけど,聴き終えた感想はオーネット・コールマンとの『SONG X』にも通じる,なんでこうなっちゃうの〜。

 パット・メセニーよりも「理論派」としてのデイヴ・リーブマンが「1枚上」ということなのだろう。

  01. Water
  02. White Caps
  03. Heaven's Gift
  04. Bass Interlude
  05. Reflecting Pool
  06. Storm Surge
  07. Guitar Interlude
  08. The Baptismal Font
  09. Ebb and Flow
  10. Water Theme(reprise)

(徳間ジャパン/ARKADIA JAZZ 1998年発売/TKCB-71521)
(ライナーノーツ/ハワード・マンデル,デイヴ・リーブマン,成田正)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

デイヴ・リーブマン・グループ / ニュー・ヴィスタ4

NEW VISTA-1 “電化マイルス”を支えたサックス・プレイヤーと来れば,個人的にはデイヴ・リーブマンである。
 デイヴ・リーブマンの“激しくも軽やかなサックス”があってこそのマイルス・デイビスのあのトランペットなのである。

 そんなデイヴ・リーブマンが“ブラジル音楽への憧れ”を表現した『NEW VISTA』(以下『ニュー・ヴィスタ』)には“激しくも軽やかな”往年のデイヴ・リーブマンの個性が全開である。

 直接的な「ブラジル音楽」の表現としてはパーカッションカフェが参加したブラジルのリズムにあろうが,いやいや,細かな部分で,あの時代のデイヴ・リーブマンを感じてしまった。

 恐らくこれって『ニュー・ヴィスタ』の骨格を成す音楽がシンセサイザー・ベースで作られている影響であろうが,デイヴ・リーブマンの考える「ブラジル音楽」と称するよりも,デイヴ・リーブマンの考える「90年代の“電化マイルス”」と称したほうが読者には伝わりやすい。

 「70年代の“電化マイルス”」の延長線上にある「90年代の“電化マイルス”」としての“激しくも軽やかなサックス”が新鮮に響いている。
 そう。サイドメンの演奏こそ,最新テクノロジーを駆使したブラジル仕様に仕上げられているが,主役であるデイヴ・リーブマンソプラノテナーは70年代にタイムスリップした印象のジャズ

NEW VISTA-2 管理人の結論。『ニュー・ヴィスタ批評

 『ニュー・ヴィスタ』の空気感は“軽やかな”デイヴ・リーブマンならではの唯一無二な演奏である。しかもシリアスで“激しい”緊張感を伴っている。

 日々,未知の音楽に足を踏み入れていたからこそ“激しくも軽やかに”立ち振る舞っていたデイヴ・リーブマンのベクトルが“ブラジル音楽への憧れ”という新しいベクトルによって,マイルス・デイビスが向かったと同じく,左斜め上の世界へと向かっている!

  01. New Vista
  02. Estate
  03. Real Dreams
  04. So Far, So Close
  05. Christmas Socks
  06. Beauty and the Beast
  07. Jungle Glide
  08. Zingaro
  09. The Gross Man

(徳間ジャパン/ARKADIA JAZZ 1997年発売/TKCB-71571)
(ライナーノーツ/チャック・バーグ,デイヴ・リーブマン)
(サンプル盤)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.