アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:クリス・ミン・ドーキー

クリス・ミン・ドーキー / 夢風景4

SCENES FROM A DREAM-1 サイレント・ベースの名手たるもの,アコースティックベースの良さもエレクトリックベースの良さも知り尽くしているはずである。

 クリス・ミン・ドーキーが『SCENES FROM A DREAM』(以下『夢風景』)で選択したのは,得意の「エレアコ」ではなくウッドベース1本。
 『夢風景』の「ロマンティックで,ポエティックで,ときにちょっぴりメランコティックな儚さの美しさ」を表現するには,重厚で繊細なストリングスが必要である。そして重厚で繊細なストリングスと調和させる弦楽器は,ウッドベース“一択”が正解なのである。

 そう。『夢風景』におけるクリス・ミン・ドーキーの狙いは,ウッドベースの持つ“荘厳さ”であろう。
 リリカルにシンクロするウッドベースストリングスが織り成す『夢風景』でのスローバラードは,クリス・ミン・ドーキーの故郷である「北欧の冷たい空気感」を表現するに最適な組み合わせであろう。

 『夢風景』のハイライトは,クリス・ミン・ドーキーFEATURINGヴィンス・メンドーサ・WITH・ザ・メトロポール・オルケストによる“音の漆塗り”にこそある。

SCENES FROM A DREAM-2 クリス・ミン・ドーキーが,一音一音をいとおしむようにウッドベースを奏でれば,瞬時に呼応し,上塗りしてくるストリングスの美しい調べは「クリス・ミン・ドーキーのDNAの音」している。
 ズバリ,ストリングスの“柔らかくクリスタルな音色”には「クリス・ミン・ドーキーの魂の音」が宿っている。

 大編成のドラマーを務めさせたら,今や「世界一」であろうピーター・アースキンドラミングに説得されてしまう。
 普段はオルガニストであるラリー・ゴールディングスの“COOLな”ピアノにぶっ飛ぶのも,これまた一興である。

 クリス・ミン・ドーキーの見た北欧の『夢風景』とは,元禄文化の『夢風景』に見られた“原風景の叙情詩”なのである。

  01. THE COST OF LIVING
  02. ARTHOS II
  03. FRED HVILER OVER LAND OG BY
  04. RAIN
  05. ALL IS PEACE/RU CON MIEN BAC
  06. VIENNA WOULD
  07. I SKOVENS DYBE STILLE RO
  08. JULIO AND ROMIET
  09. DEAR MOM
  10. ROMANZA

(ビデオアーツ/RED DOT MUSIC 2010年発売/VACM-1422)
(ライナーノーツ/工藤由美)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

クリス・ミン・ドーキー / ザ・ノマド・ダイアリーズ5

THE NOMAD DIARIES-1 管理人とクリス・ミン・ドーキーとの出会いは,愛する増崎孝司の紹介から始まった。DIMENSIONの『20 −NEWISH−』である。

 『20 −NEWISH−』は,名盤揃いのDIMENSIONの中にあって,格段に評価が落ちる。その原因はベースクリス・ミン・ドーキードラムライオネル・コーデューの大物外国人リズム隊にある。そう思っていた!

 しかし,どうしても心の奥で“何かが引っ掛かる”クリス・ミン・ドーキーベース。迷盤?『20 −NEWISH−』の真意を確かめるべく購入してみた『THE NOMADO DIARIES』(以下『ザ・ノマド・ダイアリーズ』)にビックリ!
 クリス・ミン・ドーキー最高! 増崎孝司よ,クリス・ミン・ドーキーを紹介してくれて,ありがとう!

 ズバリ『IMPRESSIONS』『MY RULE』『20 −NEWISH−』と続いた「音の万華鏡」期のDIMENSIONに必要なベーシストは,クリス・ミン・ドーキーの他にいなかったと思い知らされた。増崎孝司のチョイスに狂いはなかったのだ。

 クラブ・ジャズとは一線を画する『ザ・ノマド・ダイアリーズ』の“電化ジャズ”のハイセンス! 管理人が初めて聴いたクリス・ミン・ドーキーというベーシストは,ベーシスト版のフィリップ・セスのようであった。
 クリス・ミン・ドーキーの紹介として,ちょくちょくジャコ・パストリアスが引き合いに出される意味がよ〜く分かった。

 『ザ・ノマド・ダイアリーズ』の“電化ジャズ”の主役は,クリス・ミン・ドーキープレイズ・サイレント・ベースである。
 「MIDIでエフェクトとされ,ディストーションされた」サイレント・ベースが,あたかもギターであるかのようにメロディアスにリズムと絡んでいく!

 そう。クリス・ミン・ドーキーのサブネームとは“アコースティックベーシストジャコ・パストリアス”。
 ジャコ・パストリアスフレットレスベースで革新を起こしたとすれば,クリス・ミン・ドーキーはサイレント・ベースで革新を起こしている。
 「アコースティックでもエレクトリックでもない新しいエレアコ」の世界で奏でられる“電化ジャズ”が最高なのである。

THE NOMAD DIARIES-2 基本打ち込みである『ザ・ノマド・ダイアリーズ』なのだが,印象としてはスローからミディアム・テンプの楽曲が続くことから“モロ・アコースティック”なヒューマン・サウンドを実感する。

 この点がクリス・ミン・ドーキーの目指した「アコースティックでもエレクトリックでもない新しいエレアコ」の成果であり,クラブ・ジャズの一言では“片付けられない”無機質なのに温かい『ザ・ノマド・ダイアリーズ』の成果である。

 クリス・ミン・ドーキーのサイレント・ベースに導かれ,テナーサックスEWIマイケル・ブレッカートランペットランディ・ブレッカーギターマイク・スターン,そして“あの”坂本龍一までがピアノで「静かなのにカラフルな」美メロを“紡ぎ上げている”。「心に沁み渡る演奏」とはこんな演奏のことを指すのであろう。
 マイケル・ブレッカーのラスト・レコーディングが『ザ・ノマド・ダイアリーズ』のハイセンスで良かった。悲しいけれど…。

 とにもかくにもクリス・ミン・ドーキーのロマンティックな感性にメロメロで一気にドハマリ。『ザ・ノマド・ダイアリーズ』がマイケル・ブレッカーのラスト・レコーディングという事実にもドハマリ。

 「新しいエレアコ」のクリス・ミン・ドーキー。またDIMENSIONベース弾いてくれないかなぁ。

  01. September (for Tanja)
  02. Last Call
  03. If I Run
  04. Blog:Tracking
  05. Satellite
  06. Blog:Frida + Milo
  07. The Scanner
  08. Blog:Rise + Shine
  09. Life In The Mirror
  10. Where R U?
  11. I Skovens Dybe Stille Ro
  12. Blog:neon
  13. Teen Town
  14. Blog:display

(ブルーノート/BLUE NOTE 2006年発売/TOCJ-66370)
(ライナーノーツ/工藤由美)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.