アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:神保 彰

神保 彰 / ゲット・アップ!4

GET UP!-1 神保彰ドラムエイブラハム・ラボリエルベースオトマロ・ルイーズピアノフランク・ギャンバレギターによる『FOUR COLORS』と同じメンバーによる,基本一発録りのスタジオ・ライブの第2弾『GET UP!』(以下『ゲット・アップ!』)。

 普通に考えたら『ゲット・アップ!』は『FOUR COLORS』の続編にあたるがそうではない。
 ズバリ『ゲット・アップ!』は,フランク・ギャンバレ野呂一生に見立てて作った,神保彰の「1人カシオペア」的なソロ・アルバムである。

 『ゲット・アップ!』の真実とは,活動休止中のカシオペア・ファンに捧げられた「カシオペア神保彰」が作ったソロ・アルバム。
 そう。カシオペアとして活動できない鬱憤を『ゲット・アップ!』で憂さ晴らししたソロ・アルバム。

 神保彰のスネアのロールからフランク・ギャンバレの“高速うねうね変態ギター”がリードするキメなんて,もろカシオペアしている。
 神保彰と化した神保彰野呂一生と化したフランク・ギャンバレを前にして,故郷ベネズエラでカシオペアのコピー・バンドを演っていたオトマロ・ルイーズが『FOUR COLORS』では使用しなかったシンセを意図的に取り出し向谷実と化している。凄いぞ!

 『ゲット・アップ!』のハイライトは,エイブラハム・ラボリエルベースである。櫻井哲夫ともナルチョとも異なるエイブラハム・ラボリエルが「カシオペアの三代目のベーシスト」しているのがたまらない!

 ライナーノーツの一節がとても気に入ったので引用させていただくと「ハイウェイを疾走するような都会的な洗練性を感じさせる,神保彰オトマロ・ルイーズフランク・ギャンバレの3人とは違い,泥を跳ね上げながら田んぼの中を駈けずり回るような,馬力と愛嬌を感じさせる」と書かれたエイブラハム・ラボリエルベースが,正しく泥臭さく,ちょっとやそっとじゃ折れそうにない骨太な安定感が後を引いた感じで聴き応えありあり〜。

GET UP!-2 メロディアスでPOPでキメが多いJ−フュージョンを,エイブラハム・ラボリエルオトマロ・ルイーズフランク・ギャンバレの非日本人が演奏すると,カシオペアで言えば,ハービー・メイソン・プロデュースの『EYES OF THE MIND』に近くなることが検証できた。
 神保彰ドラムがリズム・セクションの一部として,スッカスカの開放的なリズムを叩いたのは久しぶりのことであろう。

 神保さんって,カシオペアを一度辞めたはずなのに,ひょっこりとサポートとして出戻ってきたわ,活動休止中なのに「1人カシオペア」を作ってしまうわ…。
 管理人はそんなカシオペア・ラブリーな神保さんが大好きで〜す!

  01. Wicked
  02. Get Up!
  03. Where Are You Calling From?
  04. Fuse
  05. Tokyo Dreamin'
  06. Jin-Jin
  07. Promised
  08. Safari Run
  09. Silk Storm

(キングレコード/KING RECORD 2008年発売/KICJ-531)
(ライナーノーツ/坂本信)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

神保 彰 / フォー・カラーズ5

FOUR COLORS-1 もはや「カシオペアの元メンバー」の枕詞など必要としない“世界のスーパー・ドラマー神保彰
 なんたって神保彰は2007年「ニューズウィーク」誌選定「世界が尊敬する日本人100人」の1人なのである。

 「世界が尊敬する日本人100人」の選出理由は,ワンマン・オーケストラを可能にする“テクニカルな世界的ドラマー”としての神保彰なのであろうが,管理人としてはもう1つ,ポップな世界的メロディー・メイカーとしての神保彰の裏理由を加えてほしいと思っている。

 神保彰の“最高傑作”『FOUR COLORS』(以下『フォー・カラーズ』)を聴いてみてほしい。こんなにメロディアスなアルバムが「ドラマーソロ・アルバム」とはにわかに信じられないと思うから…。

 『フォー・カラーズ』は,神保彰ドラムエイブラハム・ラボリエルベースオトマロ・ルイーズピアノフランク・ギャンバレギターによる,基本一発録りのスタジオ・ライブ

 冒頭の【FOUR COLORS】からして,いきなり“人力ドラムンベース”による超絶16ビートで殴りこみをかけといて,あっけにとられる間もなく高速4ビート〜レゲエへのリズムの転調の波の上で繰り広げられる“超絶技巧のインタープレイ”による,叩きまくり&弾きまくりのアグレッシヴフュージョン

 ただし,ド派手な演奏は【FOUR COLORS】の1トラックのみ。2曲目以降は心洗われる,爽やかフュージョン寄りのスムーズ・ジャズ
 特に【THE LIGHT】【LANIKAI】のゆったりと雄大なスケールで展開するサビにイマジネーションを掻き立てられてしまう。

 この「振り幅の大きさ」こそが神保彰の個性である。「ハードなドラムとソフトなメロディーの2面性」が神保彰の個性を形作っていく。
 従来の神保彰はアルバムのコンセプトに沿って,ハード路線とソフト路線のどちらか一方の面に強く振れていることが多かった。
 しか〜し,ついに神保彰の内にある「超絶ドラムスムーズ・ジャズ」という「水と油」=「ハードとソフト」の両面が高次元で共存するアルバム『フォー・カラーズ』が完成したのだ。

フォー・カラーズ』における「ハードとソフト」共存の秘訣は,ドラマー特有の色を消し去った,徹底的なメロディー重視!
 J−POPというかニュー・ミュージックのカヴァー曲と言い切っても通用してしまいそうなコード進行とメロディー・ラインの流れがお見事。そんな刺激的でカラフルで,それでいて鼻歌でメロディーを歌いたくなるキャッチーな美メロを,究極のインタープレイで,ギュッと凝縮パッケージング!

FOUR COLORS-2 『フォー・カラーズ』での神保彰は,所謂「ドラマーソロ・アルバム」的なイメージを打ち破っている。スムーズすぎず,小難しすぎず,心地よくも刺激的で,書き譜を超えた“瑞々しくもアコースティックな”フュージョン・ミュージック。

 一方で純粋に「並みのドラマーでは叩くことのできない“テクニカルな世界的ドラマー”としての神保彰も混在していて,ハイハット・ワーク,スネアの一音一音に神保彰特有のドラムの“息吹”が感じられ,神保彰のハイパーなドラムだけを追いかけても十二分に楽しめる。

 そう。『フォー・カラーズ』で,ハード路線一辺倒,あるいはソフト路線一辺倒だった,神保彰自身のイメージさえも打ち破る“ハイブリッドな”神保彰が誕生している。

 ウホホッ,神保彰パット・メセニーしてくれてるじゃん! 『WATERCOLORS』なのがパット・メセニー! 『FOUR COLORS』なのが神保彰! 『FULL COLORS』なのがカシオペア

  01. Four Colors
  02. The Light
  03. Epoca Del Sol
  04. Brisa Primaveral
  05. Diamond
  06. Lanikai
  07. Co Co Ro
  08. Phantasia
  09. Banana Boat
  10. Come Shine

(キングレコード/KING RECORD 2007年発売/KICJ-518)
(ライナーノーツ/富田雅之)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.