GETTIN' TO IT-1 アドリブログでも,ちょこちょこと登場済のジャズベーシスト界の“ファースト・コール”と称されるクリスチャン・マクブライド

 クリスチャン・マクブライドについては,あの圧倒的なピチカートとアルコの骨太ベース・プレイを耳にすれば“ファースト・コール”である秘密も,一音で納得させられてしまうものなのだが,いやいや,クリスチャン・マクブライドの人気の秘密は,テクニカルなジャズベーシストの域をはるかに超えるものであった。

 『GETTIN’ TO IT』(以下『ファースト・ベース』)には“ジャズ・ジャイアント”クリスチャン・マクブライドヒューマンな音楽がぎっしりと詰め込められている。
 クリスチャン・マクブライドの考える“ハイセンスなジャズ”を表現するためのベース・プレイなのである。だ・か・ら・みんながみんなクリスチャン・マクブライドが欲しくなってしまうのだ。いや〜,素晴らしい!

 ベーシストソロ・アルバムと来れば,なぜか弾かない,アルバムが多いのだが『ファースト・ベース』も“ご多分に漏れず”3管フロントにしてビッグ・バンド的なアプローチやハード・バップ的なアプローチの演奏でブラス隊が大活躍。
 『ファースト・ベース』は,クリスチャン・マクブライドベースを楽しむというよりも,お洒落なコンテンポラリー・ジャズを楽しむ,という感じの仕上り具合である。

 その心は「名コンポーザー=クリスチャン・マクブライド」の存在にある。『ファースト・ベース』の制作のテーマは,クリスチャン・マクブライドのオリジナル曲を如何に聴かせるか!にある。
 クリスチャン・マクブライドの自作曲を,テナーサックスジョシュア・レッドマントランペットロイ・ハーグローブトロンボーンスティーブ・タールピアノサイラス・チェスナットドラムルイス・ナッシュという,クリスチャン・マクブライドの“お耳”にかなった豪華ゲストのジャズメンたちが“入れ替わり立ち替わり”各々の本領を発揮しまくって帰って行く! 演り逃げして帰って行く!
 知ってか知らずか,クリスチャン・マクブライドの自作曲をクリスチャン・マクブライドの狙い通りに,色彩豊かにアレンジしては帰っていく!

 そう。『ファースト・ベース』の真実とは,豪華ゲストの“美味しい”部分だけを抽出して編集された,クリスチャン・マクブライド流の「イントロデューシング・アルバム」である。

GETTIN' TO IT-2 クリスチャン・マクブライドのオリジナルは,最初からこの5人のゲスト・ミュージシャンの良さを引き出すことを想定して書かれている。
 演奏中は,クリスチャン・マクブライドベースが「先導役」となり,フロントの音に深さと広がりを与えている。常にボトムを支え,時にメロディーをも支えてくれるクリスチャン・マクブライドが「お膳立て」しているのだから,思う存分の演奏ができているし,時に実力以上の実力?を発揮している。

 クリスチャン・マクブライドソロ名義を“シャードとして”最高のステージを準備し,お気に入りのジャズメンの“粋な紹介”ができるのも,百戦錬磨なクリスチャン・マクブライドだからできた名人芸。
 その際たるものが【SPLANKY】。クリスチャン・マクブライドがホスト役に徹し,ジャズ・ベースのレジェンドである・レイ・ブラウンミルト・ヒントンとブルースしまくるウォーキング。

 だからクリスチャン・マクブライドが好きなんだよなぁ。『ファースト・ベース』が好きなんだよなぁ。スルメ盤なんだよなぁ。

  01. In A Hurry
  02. The Shade of the Cedar Tree
  03. Too Close For Comfort
  04. Sitting On A Cloud
  05. Splanky
  06. Gettin' To It
  07. Stars Fell On Alabama
  08. Black Moon
  09. King Freddie Of Hubbard
  10. Night Train

(ヴァーヴ/VERVE 1995年発売/POCJ-1252)
(ライナーノーツ/キープ・グリージン,クリスチャン・マクブライド)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)