アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:FOUR OF A KIND

フォー・オブ・ア・カインド / FOUR OF A KIND II4

FOUR OF A KIND II-1 ベース青木智仁ピアノ塩谷哲サックス本田雅人ドラム沼澤尚という「全員主役」の4人の個性がぶつかり合ったスタジオ録音の『FOUR OF A KIND』から,ライブ盤の『FOUR OF A KIND LIVE AT BLUE NOTE TOKYO AND OSAKA BLUE NOTE』を挟んで2年間の“熟成”を経ての『FOUR OF A KIND 』。

 1stが「コンテンポラリー・ジャズ・ユニット」の『FOUR OF A KIND』ならば,2ndは「スムーズ・ジャズ・ユニット」の『FOUR OF A KIND 』である。
 そう。『FOUR OF A KIND 』の聴き所は“ソフト&メロー”。ますますGROOVYにしてPOP路線の青木智仁が,塩谷哲が,本田雅人が,沼澤尚が楽しめる〜。

 『FOUR OF A KIND 』では,4人の「有機的な絡み」の瞬間が増えているのがうれしい。グループとしての個性やアイデンティティが明確になり,こなれた印象。“ソフト&メロー”にして,展開はよりJAZZYに,というアルバム作りに一つの方向性での“縛り”が感じられる。
 具体的には,ワンホーンの本田雅人がグッと前に出ているし,塩谷哲が伴奏に徹している時間が長くなった。

 でも実際に演奏している4人にしてみたらどうなんでしょうね? 思いっきりハジケテイタ『FOUR OF A KIND』と比べて『FOUR OF A KIND 』では4人とも丸くなった印象を受ける。
 思うに「フォー・オブ・ア・カインド」はコンセプトが中途半端だったように思う。ノーコンセプトがコンセプトなのかもしれないが,一定の成功を収めた『FOUR OF A KIND 』でのバンド指向は“手探りのまま”終わってしまったように思える。

FOUR OF A KIND II-2 正直,比較対象になってしまうフォープレイと比べると,バンド・サウンドになっているフォープレイとは違うんだよなぁ。4人の個性が感じられるだけで,5番目にして最も大切な「バンドの音」はまだ聴こえ出していない。「バンドのカラー」もこの時点では不明瞭であって完全には打ち出しきれていない。

 そういう訳で『FOUR OF A KIND 』を心待ちにしていたところ,惜しすぎる青木智仁の急逝。もはやこの4人が揃うことはないと思うと残念でならない。

  01. GET UP 'N' GO
  02. DUBAI
  03. LONG WRONG WAY
  04. BOLERO
  05. UPWARD MOBILITY
  06. CHOUETTE
  07. SUMMER SOFT
  08. SLOW EMOTION
  09. KEEP THE FAITH
  10. JERASH

(ビクター/JVC 2004年発売/VICJ-61239)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フォー・オブ・ア・カインド / ライヴ・アット・ブルーノート5

FOUR OF A KIND LIVE AT BLUE NOTE TOKYO AND OSAKA BLUE NOTE-1 全体として見事なまとまりを感じさせつつも,実は派手な個人プレーでスーパー・ソロを弾きまくる「フォー・オブ・ア・カインド」のコンセプトはライブでこそ真に発揮される!

 そんな期待通りのライブ盤が『FOUR OF A KIND LIVE AT BLUE NOTE TOKYO AND OSAKA BLUE NOTE』(以下『ライヴ・アット・ブルーノート』)である。

 正直,スタジオ盤『FOUR OF A KIND』が今一つだったので,のめり込めずにいた管理人であったが『ライヴ・アット・ブルーノート』で,そのタガが完全に外れてしまった。
 やっぱり本田雅人が輝いてこその「フォー・オブ・ア・カインド」。“オレ様”本田雅人が手加減なしに“オレ様”の音楽を作り出していく。

 本田雅人にとって,拡がりのある塩谷哲ピアノ,骨太でバンドを支える青木智仁ベースGOOVEする沼澤尚ドラムは,自らを触発する糧にすぎない。
 最高のメンバーから最高のインスピレーションを受けて本田雅人の“天才”が爆発している。

 こう書いてもピンと来ない読者が多いのかもしれない。「フォー・オブ・ア・カインド」での本田雅人サックスは,どんなに激しく演奏しようとも,きちんと枠内に着地が収まる「綺麗な演奏」に違いない。
 ただ,これはピントが曲に当てられているからである。本田雅人の「やりたい放題」は,楽曲のイメージに対してであって,他のメンバーの演奏を一切邪魔することなく楽曲へのアプローチを試みている。天才的な「音の埋め方」にチビリそうになってしまった。

 塩谷哲もアプローチを変えてきているのに,その変化に即座に反応しながら,楽曲のイメージを膨らませていく本田雅人
 “夢のユニット”「フォー・オブ・ア・カインド」のライブ盤=『ライヴ・アット・ブルーノート』は,本田雅人にとっての“夢の時間”であった。たまらなかっただろうなぁ。実に楽しそうだなぁ。うれしい!

( 以下,同文のリピートが3つ続きます。上記,本田雅人の記述を,塩谷哲ファンは塩谷哲へ,青木智仁ファンは青木智仁へ,沼澤尚ファンは沼澤尚へ読み換えてお楽しみください )

FOUR OF A KIND LIVE AT BLUE NOTE TOKYO AND OSAKA BLUE NOTE-2 管理人の結論。『ライヴ・アット・ブルーノート批評

 HOTなハートでCOOLな“超絶技巧”。流石は「ADLIB」誌の人気投票1位の4人だけのことはある。「フォー・オブ・ア・カインド」の無限の可能性を感じさせるライブ盤。それが『ライヴ・アット・ブルーノート』である。

 なお『ライヴ・アット・ブルーノート』【初回生産限定盤】には「プレミアム・シングル」曲の【I WOULD DO ANYTHING】収録。ラストにミディアム・バラードを持ってくる余裕が音楽的〜。

  01. What's Going on
  02. Short Cut
  03. Wind and Leaf
  04. Fast Track
  05. Alamode
  06. Steamy City
  07. Egret

  Premium single
  01. I Would Do Anything

(ビクター/JVC 2002年発売/VICJ-60968)
★【初回生産限定盤】ボーナス8cmCDシングル付 CD2枚組

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フォー・オブ・ア・カインド / FOUR OF A KIND4

FOUR OF A KIND-1 管理人が「フォー・オブ・ア・カインド」について知ったのは,CDショップの店頭で,デビューCDFOUR OF A KIND』を偶然見かけた瞬間に始まる。

 CDジャケットの左から,憧れの顔ぶれが4人並んでいるではないかっ! ベース青木智仁ピアノ塩谷哲サックス本田雅人ドラム沼澤尚が横一列で並んでいる画に,ギョットした! ウォーっと叫びそうになってしまった! これはJ−FUSIONを震撼させた一大事であったのだ。

 だ〜って,音楽誌「ADLIB」での読者人気投票1位の常連メンバー4人で結成されたドリーム・チーム。この黄金メンバーが4人で音を重ねたのだから,何をやっても,どう転んでも間違いない。
 事実『FOUR OF A KIND』は「粒立つ」4人の音と4人のメロディーが有機的に絡み合った,4人が4人とも「主役のまんま」な「コンテンポラリー・ジャズ・ユニット」なのである。

FOUR OF A KIND-2 ズバリ「フォー・オブ・ア・カインド」の存在意義は,主役の4人が“自由にセッションを行なうための場”にある。
 その場その場の雰囲気で,その曲にあったアンサンブルを合わせていく。頂点に君臨する4人の個性と個性がぶつかり合い見事なまでの相乗効果を生んでいる。時にはリラックスしたムードの中にもせめぎ合うスリリングな技の応酬が飛び出している。

 ハードなインプロビゼーションをソフトなメロディーで調和している。この辺りのテクニックが超一流であって,青木智仁塩谷哲本田雅人沼澤尚のスーパー・プレイを一心に追いかけることができる。

FOUR OF A KIND-3 当然のことだが『FOUR OF A KIND』における,青木智仁塩谷哲本田雅人沼澤尚の4人の音楽世界は,各人のソロ・アルバムを超えることはない。
 ゆえに,本田雅人ソロを聴きたいのであれば「フォー・オブ・ア・カインド」ではなく,本田雅人ソロ・アルバムを聴くべきである。

 しかし「フォー・オブ・ア・カインド」で聴こえる本田雅人の“オレ様”は,本田雅人ソロ・アルバムとは別の“オレ様”がある。
 事前に当然のように用意された,みんなから与えられたソロ,ネームバリューで与えられたソロではなく,自分の腕一本で勝ち取った誇り高いソロが鳴っている。

 「フォー・オブ・ア・カインド」は,過去最高レベルの刺激を受けて,過去最高レベルで爆発してみせる,青木智仁塩谷哲本田雅人沼澤尚のスーパー・プレイを楽しむためのフォーマット。
 「フォー・オブ・ア・カインド」は,バンド&バンド,していない。

FOUR OF A KIND-4 だからそうなのか,関連性については何とも言えないが,オリジナル曲よりもカヴァー曲がいいなんて,過去の本田バンドにもSALTバンドにもなかった。
 本田雅人塩谷哲の全アルバムを聴き続けてきて,初めて「リスナーおいてけぼり」な雰囲気を感じた。

 でもいいんです。本田さんが,ソルトが,思いっきり演奏を楽しんでいます。→ 正直『FOUR OF A KIND』は,お蔵状態で〜す。

  01. Fast Track
  02. Alamode
  03. What's Going on
  04. Short Cut
  05. Faraway
  06. Jolly Big Feet
  07. Wind and Leaf
  08. Steamy City
  09. Egret

(ビクター/JVC 2002年発売/VICJ-60886)
(☆スリップ・ケース仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.