アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:チャールス・ミンガス

チャールス・ミンガス / チェンジズ・トゥー5

CHANGES TWO-1 チャールス・ミンガスが「『CHANGES ONE』(以下『チェンジズ・ワン』)と『CHANGES TWO』(以下『チェンジズ・トゥー』は,僕がこれまでに作ったベスト・アルバムだ」と語ったと聞いたら,にわかミンガス・ファンだとしても,これは聴くしかないでしょう。

 『チェンジズ・ワン』と『チェンジズ・トゥー』におけるミンガス・ミュージックが最高にロマンティックしている。
 強面のチャールス・ミンガスであるが,中身=チャールス・ミンガスの音楽家魂が「恋愛小説の乙女」している。甘美なメロディーなのに全くエロさがない。綿密で洗練されたドラマティックなラブ・ソングの大名盤の誕生である。

 そう。『チェンジズ・ワン』と『チェンジズ・トゥー』には,チャールス・ミンガスの理想が素直に音楽で記録されている。ケダモノのようなチャールス・ミンガスが本当に強力で,かつ優雅で美しいと思う。
 真に音楽を聴いて感動する。そんな経験が普段音楽に接することのない人でも経験できる大名盤に違いないのだ。

 『チェンジズ・ワン』と『チェンジズ・トゥー』の基本はハード・バップである。ただし,単なるハード・バップへの回帰作ではない。チャールス・ミンガスが真正面からジャズを捉えている。これこそがチャールス・ミンガス一流の「CHANGE」!

 『チェンジズ・ワン』と『チェンジズ・トゥー』でのチャールス・ミンガスの「CHANGE」は2つ。
 1つ目の「CHANGE」はミンガス・コンボの再編である。女房役のドラマーダニー・リッチモンドだけを残留させて,新メンバーとして,トランペットジャック・ウォルカステナーサックスジョージ・アダムスピアノドン・ピューレンという若き名手たちを起用している。「ミンガス・スクール」の発掘力は真に凄い。

 2つ目の「CHANGE」はミンガスの作編曲に表われた作風の変化である。敬愛するデューク・エリントンの死,そのデューク・エリントンオーケストラの重鎮だったハリー・カーネイの死を受けて,チャールス・ミンガスの創造性が再び爆発している。
 自分の思いの丈,そして新メンバーの煌めく個性に接して,チャールス・ミンガスの特長である雄大なスケール感が更に増している。
 そして表面に現れるチャールス・ミンガスの1番の変化が「怒りの感情の消失」である。

 例えば『チェンジズ・トゥー』収録の【F監房はアメリカ版ナチ収容所】とは,黒人差別に抗議する反白人のメッセージ・ソングであるが,そんな背景など知らずにメロディーだけを聴いていると,実に軽やかで優しい音楽である。厳しさの裏に愛情を感じる音楽である。チャールス・ミンガスの“懐の深さ”を感じずにはいられない。

CHANGES TWO-2 なぜチャールス・ミンガスは「チェンジ」を宣言したのだろう? 
 それこそが,永遠の師匠=デューク・エリントンの「遺志を継ぐ」「位牌を継ぐ」ことにあると思う。怒りの感情を捨て【敬愛する・エリントン・サウンド】を継続・発展させることに残りの人生を費やす腹づもりだったと思う。
 つまりチャールス・ミンガスは自分の我を捨て去った。これこそが最大の「チェンジ」である。

 バラク・オバマさん。世界平和を作り出すには怒りではなく愛や自己犠牲の精神が必要なのです。そのことをチャールス・ミンガス一流の「CHANGE」から学んでほしかった。
 管理人にとって「CHANGE」と来れば,オバマ元大統領ではなくチャールス・ミンガスのことなのである。ちゃんちゃん。

  01. FREE CELL BLOCK F, 'TIS NAZI U.S.A.
  02. ORANGE WAS THE COLOR OF HER DRESS, THEN SILK BLUE
  03. BLACK BATS AND POLES
  04. DUKE ELLINGTON'S SOUND OF LOVE
  05. FOR HARRY CARNEY

(アトランティック・ジャズ/ATLANTIC JAZZ 1975年発売/WPCR-27144)
(ライナーノーツ/後藤誠)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チャールス・ミンガス / チェンジズ・ワン5

CHANGES ONE-1 チャールス・ミンガスが「『CHANGES ONE』(以下『チェンジズ・ワン』)と『CHANGES TWO』(以下『チェンジズ・トゥー』は,僕がこれまでに作ったベスト・アルバムだ」と語ったと聞いたら,にわかミンガス・ファンだとしても,これは聴くしかないでしょう。

 『チェンジズ・ワン』と『チェンジズ・トゥー』におけるミンガス・ミュージックが最高にロマンティックしている。
 強面のチャールス・ミンガスであるが,中身=チャールス・ミンガスの音楽家魂が「恋愛小説の乙女」している。甘美なメロディーなのに全くエロさがない。綿密で洗練されたドラマティックなラブ・ソングの大名盤の誕生である。

 そう。『チェンジズ・ワン』と『チェンジズ・トゥー』には,チャールス・ミンガスの理想が素直に音楽で記録されている。ケダモノのようなチャールス・ミンガスが本当に強力で,かつ優雅で美しいと思う。
 真に音楽を聴いて感動する。そんな経験が普段音楽に接することのない人でも経験できる大名盤に違いないのだ。

 『チェンジズ・ワン』と『チェンジズ・トゥー』の基本はハード・バップである。ただし,単なるハード・バップへの回帰作ではない。チャールス・ミンガスが真正面からジャズを捉えている。これこそがチャールス・ミンガス一流の「CHANGE」!

 『チェンジズ・ワン』と『チェンジズ・トゥー』でのチャールス・ミンガスの「CHANGE」は2つ。
 1つ目の「CHANGE」はミンガス・コンボの再編である。女房役のドラマーダニー・リッチモンドだけを残留させて,新メンバーとして,トランペットジャック・ウォルカステナーサックスジョージ・アダムスピアノドン・ピューレンという若き名手たちを起用している。「ミンガス・スクール」の発掘力は真に凄い。

 2つ目の「CHANGE」はミンガスの作編曲に表われた作風の変化である。敬愛するデューク・エリントンの死,そのデューク・エリントンオーケストラの重鎮だったハリー・カーネイの死を受けて,チャールス・ミンガスの創造性が再び爆発している。
 自分の思いの丈,そして新メンバーの煌めく個性に接して,チャールス・ミンガスの特長である雄大なスケール感が更に増している。
 そして表面に現れるチャールス・ミンガスの1番の変化が「怒りの感情の消失」である。

 例えば『チェンジズ・ワン』収録の【アッテカ刑務所事件のロックフェラーを忘れるな】とは,黒人差別に抗議する反白人のメッセージ・ソングであるが,そんな背景など知らずにメロディーだけを聴いていると,実に軽やかで優しい音楽である。厳しさの裏に愛情を感じる音楽である。チャールス・ミンガスの“懐の深さ”を感じずにはいられない。

CHANGES ONE-2 なぜチャールス・ミンガスは「チェンジ」を宣言したのだろう? 
 それこそが,永遠の師匠=デューク・エリントンの「遺志を継ぐ」「位牌を継ぐ」ことにあると思う。怒りの感情を捨て【敬愛する・エリントン・サウンド】を継続・発展させることに残りの人生を費やす腹づもりだったと思う。
 つまりチャールス・ミンガスは自分の我を捨て去った。これこそが最大の「チェンジ」である。

 バラク・オバマさん。世界平和を作り出すには怒りではなく愛や自己犠牲の精神が必要なのです。そのことをチャールス・ミンガス一流の「CHANGE」から学んでほしかった。
 管理人にとって「CHANGE」と来れば,オバマ元大統領ではなくチャールス・ミンガスのことなのである。ちゃんちゃん。

  01. REMEMBER ROCKEFELLER AT ATTICA
  02. SUE'S CHANGES
  03. DEVIL BLUES
  04. DUKE ELLINGTON'S SOUND OF LOVE

(アトランティック・ジャズ/ATLANTIC JAZZ 1975年発売/WPCR-27143)
(ライナーノーツ/後藤誠)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チャールス・ミンガス / クンビア&ジャズ・フュージョン5

CUMBIA & JAZZ FUSION-1 フュージョンという音楽は,一般的に「ジャズとロックとの融合」を意味しているが,チャールス・ミンガスの『CUMBIA & JAZZ FUSION』(以下『クンビア&ジャズ・フュージョン』)は「ジャズクンビアとの融合」。すなわち,ジャズとアフロ・アフリカンやトロピカルでネイティヴな音楽との融合を意味する。
 そう。『クンビア&ジャズ・フュージョン』によって,真の「ジャングル・サウンド」が登場したのである。

 個人的には『クンビア&ジャズ・フュージョン』を聴いていると,どうしてもウェザー・リポートの『ブラック・マーケット』を連想してしまう。
 あのチャールス・ミンガスジョー・ザビヌルに影響されている。

 とは言え,そこはチャールス・ミンガス。ただでは終わらない。『クンビア&ジャズ・フュージョン』は『ブラック・マーケット』へのアンサー・アルバムであり,メインストリームをフュージョンに奪われたジャズ・コンボ側からのフュージョン・グループへの回答なのである。

 『クンビア&ジャズ・フュージョン』には,演奏時間27分と22分の2曲の大曲が収録されているのだが,2曲目の【MUSIC FOR“TODO MODO”】はイタリア映画「トド・モード」のテーマ曲ゆえ,本来のテーマ「クンビア」とは無関係である。

 ただし,管理人的には,この2曲が揃っての『クンビア&ジャズ・フュージョン』の“破壊力”なのである。チャールス・ミンガスの音楽実験がトロピカルに向いたのが【CUMBIA & JAZZ FUSION】であって,ロマンティックに向いたのが【MUSIC FOR“TODO MODO”】であって,どちらも同じく「ジャングル・サウンド」していると思う。

 【CUMBIA & JAZZ FUSION】も【MUSIC FOR“TODO MODO”】も共に“長尺になるべくしてなった”長編エンターテイーナー。曲の途中途中で,その前の仕掛けが利いた見事な展開で,全てに無駄がない。
 果たして,チャールス・ミンガスは,ここまで細かな楽譜を準備していたのだろうか? 曲想の変化に合わせて積み重ねられたアドリブが,リスナーを「未曾有のジャングル・サウンド」へと誘っていく。

 そうしてチャールス・ミンガスが最後に辿り着いたのは,音楽のユートピア,音の桃源郷である。まるで“心の故郷”にでも帰って来たかのような,懐かしい感動がある。
 この辺りの快感の種類がウェザー・リポートの『ブラック・マーケット』と同じ系統なのである。

 ジョー・ザビヌルのようにエレクトリック・ジャズへとは向かわずに,それでもなお,新しいジャズの形を追い求めている“孤高の”チャールス・ミンガスが最後に行き着いた音世界は,最高にHAPPYな楽園サウンドであった。

CUMBIA & JAZZ FUSION-2 チャールス・ミンガスの人生は闘争そのものであった。ウッド・ベース一本で黒人差別の世の中と闘ってきた。そんなチャールス・ミンガスが死の目前に作り上げた『クンビア&ジャズ・フュージョン』では,音楽から怒りの感情が消えている。

 『クンビア&ジャズ・フュージョン』からは,怒りではなくチャールス・ミンガスの“静かなる笑い”が聴こえてくる。怒りでも悲しみでもなく,その先にある“達観した笑い”である。
 そう。チャールス・ミンガスの「ジャングル・サウンド」が,ついに目標であったデューク・エリントンを捉えている。

 先に『クンビア&ジャズ・フュージョン』は,ジョー・ザビヌルに対するチャールス・ミンガスからの回答と書いた。この言葉に二言はない。
 しかし『クンビア&ジャズ・フュージョン』の真実とは,チャールス・ミンガスが,どうしても思いを届けられずにいた,敬愛するデューク・エリントンの「ジャングル・サウンド」への回答でもあったと思う。

 チャールス・ミンガスの晩年は幸福であった。管理人はそう思うことにしている。チャールス・ミンガスよ,永遠なれ!

  01. CUMBIA & JAZZ FUSION
  02. MUSIC FOR "TODO MODO"

(アトランティック・ジャズ/ATLANTIC JAZZ 1978年発売/WPCR-27254)
(ライナーノーツ/大村幸則)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チャールス・ミンガス / 黒い聖者と罪ある女4

THE BLACK SAINT AND THE SINNER LADY-1 一般的なジャズ・ファンにとって,チャールス・ミンガスのファンにとって『THE BLACK SAINT AND THE SINNER LADY』(以下『黒い聖者と罪ある女』)は,ジャズであり,芸術でもある。

 ただし管理人にとって『黒い聖者と罪ある女』は,ジャズではない。芸術でもない。そうではなくアングラ的な怪しさ満点の“ムード音楽”なのである。

 もはやこれって偏見だということなど分かっている。でも先入観なしにフラットな気持ちで『黒い聖者と罪ある女』と対峙することができない。それくらい強烈な「ピンク音楽」として響いてくる。要するに「官能音楽」っぽくて嫌いなのだ。

 『黒い聖者と罪ある女』は,チャールス・ミンガスがオーケストラ編成で表現する4部からなる「バレエ組曲」。
 【トラックA〜ソロ・ダンサー】〜【トラックB〜デュエット・ソロ・ダンサーズ】〜【トラックC〜グループ・ダンサーズ】〜【モードD〜トリオ&グループ・ダンサーズ】〜【モードE〜シングル・ソロズ&グループ・ダンス】〜【モードF〜グループ&ソロ・ダンス】の展開は,なるほど,と思わせる変幻自在な音のイメージ集。

 『黒い聖者と罪ある女』を通して聴くと,特に難解というわけではないのだが,かなり精気が奪われてしまいヘトヘトになってしまう。結構な頭デッカチな音楽なクセに官能を刺激してくるのだ。アレンジに相当ヒダを持たせたボリューミーな展開に,全体像を掴みきる前に「寄り道」させられてしまう感じの「バレエ組曲」。

 そう。『黒い聖者と罪ある女』は,映画で例えるなら単館上映の文学作品のようなアルバムであって,ハリウッド映画のようなはっきりした起承転結のない,なんとなく始まって,決して盛り上がらないわけではないが,なんとなく終わるという感じのアルバムで「この部分が盛り上がり所!」という起伏の明瞭さに欠けている。

 尤も,相当に練られている。地雷がたくさん仕掛けられているのだが,その爆発が起こった瞬間,別の場面の幕が開く感じで,何が起こったかを理解しようとする時間はない。そこにこだわっていると遅れてしまう。複雑なテキスチャーがアングラ的な怪しさ満点の“ムード音楽”なのである。

 『黒い聖者と罪ある女』のめくるめく展開が絶妙。音楽ルツボなカオスの世界に一気に連れ去られてしまう。ハッピーなメロディー・ラインに影を落とすベース・ラインが,どこまで掘り下げてもスタートに戻るような「複雑系ジャズの醍醐味」で溢れている。

 それでいてアドリブが,アドリブではなく「書き譜」のように響いている。曲全体が不安定という安定のもとに進んでいく。コンボ全体がチャールス・ミンガスの書いた抽象画の下書きに,チャールス・ミンガスの意図を汲み取った色付けを施していく。何と分厚い重ね塗りの抽象画なのだろう。

THE BLACK SAINT AND THE SINNER LADY-2 それにしてもチャールス・ミンガスは『黒い聖者と罪ある女』のイメージをどのようにメンバーに伝えたのだろう? 楽譜があっても言葉があってもここまで明確なイメージを全員が共有するのは困難な作業であろうに…。

 管理人はチャールス・ミンガスがメンバーに伝えた“キーワード”は「ピンク音楽」あるいはそれに類する「エロティシズム」のように思う。エロスの一言ですぐに意識の共有が図れてしまうのが男である。

 『黒い聖者と罪ある女』の真実とは,デューク・エリントンにエロスを加えて作られた「バレエ組曲」。どこか人間の本能に呼びかけるような生々しさがある。

  01. TRACK A - SOLO DANCER
  02. TRACK B - DUET SOLO DANCERS
  03. TRACK C - GROUP DANCERS
  04. MODE D - TRIO AND GROUP DANCERS
     MODE E - SINGLE SOLOS AND GROUP DANCE
     MODE F - GROUP AND SOLO DANCE


(インパルス/IMPULSE! 1963年発売/MVCJ-19082)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チャールス・ミンガス / ミンガス・アー・アム5

MINGUS AH UM-1 『MINGUS AH UM』(以下『ミンガス・アー・アム』)を聴いていると,チャールス・ミンガスの“人間”を意識せずにはいられなくなる。

 『ミンガス・アー・アム』でチャールス・ミンガスがやったことは,ジャズという音楽を武器にしたプロパガンダであった。
 ど真ん中である,アーカンソー州の白人と黒人の共学事件で白人の偏見を支持した【フォーバス知事の寓話】を筆頭に,音楽から少し離れた所で,白人至上主義に対するチャールス・ミンガスの怒りとユーモアと風刺が痛いくらいに散りばめられている。

 管理人は長いことチャールス・ミンガスのプロパガンダが嫌いであった。多分に“聴かず嫌いな”側面もあったが,純粋に音楽は音楽のままであってほしいし,何より『ミンガス・アー・アム』はロマンティックで美しい名曲揃い。そんな美メロとセットですり込んでくる「サブリミナル効果」が嫌いだった。邪魔なだけであった。

 しか〜し,ある時点から『ミンガス・アー・アム』の「サブリミナル効果」が効いてきた。『ミンガス・アー・アム』の第1のテーマがプロパガンダであるならば,裏テーマは“チャールス・ミンガス流のデューク・エリントン”!
 ミンガス・ミュージックの底流に流れている“プレゼンツ・エリントン”がじわじわと効いてきたのだった。

 敬愛するデューク・エリントンへの「公開状」である【オープン・レター・トゥ・デューク】だけではなく【ジェリー・ロール】にしてもモロそうなのだが,レスター・ヤングへ捧げた“永遠の名曲”【グッドバイ・ポーク・パイ・ハット】を聴いていても『ミンガス・アー・アム』が流れると,いつでも頭のどこかにデューク・エリントンの顔が浮かび上がってくる感じ。

 『ミンガス・アー・アム』のフロント陣は,トロンボーンジミー・ネッパーアルトサックスクラリネットジョン・ハンディアルトサックステナーサックスシャフィ・ハディテナーサックスブッカー・アーウィンの4人の“B級”ブラス隊にも関わらず,ホーンの重ね具合が絶妙であって,ビッグ・バンド級の“濁り”と“厚み”のアンサンブルは,まるでデューク・エリントンオーケストレーション

MINGUS AH UM-2 そう。『ミンガス・アー・アム』でチャールス・ミンガスが真に表現したかったのは,デューク・エリントンビッグ・バンドのスモール・コンボにおける再現性の1点に尽きると思う。

 白人であったテオ・マセロジミー・ネッパーを“いいように使いながら”憧れのデューク・エリントンを模倣している。
 白人が嫌いで,黒人に対する人種差別に反対しながらも,チャールス・ミンガス自身は2度の結婚相手ともに白人美女にこだわり抜いた「差別する側」に身を置く,エゲツない“ジャズ・ジャイアント”であった。

 だから!なのか,でも?なのか『ミンガス・アー・アム』が年々好きになっていく。頭ではこれ以上好きになってはいけない「禁断の愛」であることぐらい分かっているのに『ミンガス・プレゼンツ・エリントン』好きが止まらない。どうしよう…。

  01. Better Git It in Your Soul
  02. Goodbye Pork Pie Hat
  03. Boogie Stop Shuffle
  04. Self-Portrait in Three Colors
  05. Open Letter to Duke
  06. Bird Calls
  07. Fables of Faubus
  08. Pussy Cat Dues
  09. Jelly Roll

(CBSソニー/CBS SONY 1959年発売/SICP 726)
(ライナーノーツ/斉木克己)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チャールス・ミンガス / 直立猿人5

PITHECANTHROPUS ERECTUS-1 『PITHECANTHROPUS ERECTUS』(以下『直立猿人』)は,チャールス・ミンガスの「ショーケース」である。
 『直立猿人』を繰り返し聴けば,チャールス・ミンガスの「類まれなる音楽性」,すなわち作曲家として,編曲家として,ベーシストとして,バンド・リーダーとしてのチャールス・ミンガスの“全貌”が聴こえてくる。

 チャールス・ミンガスの“頭の中で鳴り響くイメージ”が最高レベルで具現化された“大傑作”が『直立猿人』である。凝りに凝りまくったアルバムが多いチャールス・ミンガス名盤群において,割と「ミンガス・ミュージックの音構造」を掴みやすいのが『直立猿人』なのである。 

 そう。ジャズ・ジャーナリズムが,こぞって『直立猿人』をチャールス・ミンガスの代表作としているが,管理人もそのことに同意する。
 というか『直立猿人』は,モダン・ジャズ史を語る上で絶対に外すことのできない名盤の1枚なのである。

 これは『直立猿人』だけでなく,チャールス・ミンガスのアルバム全てに共通して言えることであるが,チャールス・ミンガスには,レコーディング前に「今回はこういうアルバムを作りたい」という「明確なビジョン」が出来上っているように思う。
 そしてチャールス・ミンガスのコンボである「ジャズ・ワークショップ」のメンバーはチャールス・ミンガスの「頭の中の明確なビジョン」を具現化するために,自分に出来る限りの演奏をもって「表現」する。

 よって出来上がった音楽は非常に視覚的であり立体的である。チャールス・ミンガスギターのリフのようなベース・ラインを“なぞる”形で,創造性豊かなリズミックなホーンがシンクロするハーモニーが破壊力抜群である。
 『直立猿人』 → 映画「猿の惑星」 → TV「猿の軍団」?

 ピテカントロプスの「進化〜優越〜衰退〜滅亡」の4部構成とされる【直立猿人】は,チャールス・ミンガスの説明によると,白人文明の危機や白人対黒人の対立を寓意しているというが,管理人がこの曲を初めて聴いた時,そんな背景や前提を一切知らず,ただ鳴っている音を聴いて凄まじい衝撃を受けた。野太く響くベースが“吠えている”。

 ただし,このチャールス・ミンガス流の「デモ行進」は,理路整然と行進していく。警察に注意されればそれに従う,絶対に逮捕されない「デモ行進」。安心して音楽理論の上に乗って,音楽の不良をキメテいる。

PITHECANTHROPUS ERECTUS-2 重低音のド迫力でジャズ・マニアを圧倒するチャールス・ミンガスの「ジャズ・ワークショップ」は,常にショーアップされた「前衛」である。ギリギリを攻めているが絶対に破綻しない安定感がある。
 そう。全てがチャールス・ミンガスの計算通りに録音された「監督&主演」チャールス・ミンガス流“怒りのロックンロール”の出世作である。

 繰り返し聴き込み,一旦『直立猿人』の全4曲が見えてくると,こんなにも安心して“大暴れ”を楽しめるアルバムはない。「水戸黄門」を楽しむが如く,プロレスを楽しむが如く…。

 『直立猿人』を聴いていると,頭の半分はリラックス&頭の半分は感覚が研ぎ澄まされていく。静かにそして熱く脳全体が活性化する。とめどなく続く快楽の波に身が震えてしまう。
 「ミンガス・ミュージック」の真髄である“痛快な快感ジャズ”は『直立猿人』の時点ですでに完成されている。『直立猿人』は,チャールス・ミンガスの「ショーケース」なのである。

  01. PITHECANTHROPUS ERECTUS
  02. A FOGGY DAY
  03. PROFILE OF JACKIE
  04. LOVE CHANT

(アトランティック・ジャズ/ATLANTIC JAZZ 1956年発売/WPCR-25143)
(ライナーノーツ/悠雅彦)
(紙ジャケット仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.