アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ブラザー・ジャック・マクダフ

ジャック・マクダフ / グッドナイト,イッツ・タイム・トゥ・ゴー4

GOODNIGHT, IT'S TIME TO GO-1 『GOODNIGHT,IT’S TIME TO GO』(以下『グッドナイト,イッツ・タイム・トゥ・ゴー』)は,ブラザー・ジャック・マクダフプレスティッジで「ブラザーではないジャック・マクダフ」を名乗っていた時の名盤である。

 管理人にとって「ブラザーではないジャック・マクダフ」と来れば,連想するのは「相性チリバツ」なテナーサックスハロルド・ヴィックである。
 ちょっと無理してモーダルなフレーズを吹いてみたハンク・モブレイに,ジョン・コルトレーン・ライクなハロルド・ヴィックテナーサックスが濃厚であって,ジャック・マクダフを覚醒させている。

 ジャック・マクダフオルガンハロルド・ヴィックテナーサックスによる「コール&レスポンス」の反復が濃厚でアーシーすぎる。所々でユニゾンする,粘っこいインタープレイを聴いていると思考が停止してしまいそう。

 そこへ来て,グラント・グリーンギターが絡みつく展開は,プレスティッジではなく“ブルーノートジャック・マクダフ”を名乗っても通じるソウル・ジャズ仕様。
 ノリを前面に押し出し,激しくグルーヴする“力業のオルガン・ジャズ”に「おおっ,おお〜」。

GOODNIGHT, IT'S TIME TO GO-2 とにかく“生真面目に”シングル・トーンをリピートしてシャッフルするハロルド・ヴィックグラント・グリーンの執拗さに,苦悶しつつも顔は笑ってしまう『グッドナイト,イッツ・タイム・トゥ・ゴー』を聴いていると,つい日本人では持ち合わせていない黒人の野生の才能に嫉妬を感じてしまったり…。

 彼ら黒人の天性の才能が羨ましい。同じ時間,同じ場所で『グッドナイト,イッツ・タイム・トゥ・ゴー』を聞くとしても,黒人のジャズ・マニアは日本人の10倍は楽しめるのだろうなぁ。

 『グッドナイト,イッツ・タイム・トゥ・ゴー』のソウル・ジャズを聞いていると,自分の胸の内に,絶対に手が届かない「憧れの音楽」みたいな感情を覚えてしまいます。

  01. GOODNIGHT, IT'S TIME TO GO
  02. SANCTIFIED WALTZ
  03. McDUFF SPEAKING
  04. A SMOOTH ONE
  05. I'LL BE SEEING YOU

(プレスティッジ/PRESTIGE 1961年発売/VICJ-23094)
(ライナーノーツ/シドニー・ファルコ,小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ジャック・マクダフ / ザ・ハニードリッパー4

THE HONEY DRIPPER-1 よほどのヘソ曲がりでない限り,一般的にポピュラーな人気のオルガン・プレイヤーと来ればジミー・スミスで決まりだが,もっとヒップなジャズ・マニアは,ジミー・スミスよりもブルース・フィーリングの強い,ジャック・マクダフオルガンを好んで聴いてきた。

 ジャック・マクダフオルガンは,黒人音楽のルーツであるブルースやゴスペルに深く根ざしており,そのフレーズはよく歌い,アーシーで,燃えるハートを持っている。
 そう。ヒップなジャズオルガンのマニアがジャック・マクダフを聴き逃すはずがない! そして『THE HONEYDRIPPER』(以下『ザ・ハニードリッパー』)を聴き逃すはずがない!

 『ザ・ハニードリッパー』は,ジャック・マクダフオルガンに,ジミー・フォレストテナーサックスグラント・グリーンギターが絡みつく“三つ巴のブルース祭り”!

 『ザ・ハニードリッパー』におけるジャック・マクダフの役回りは,意外や意外,ジミー・フォレストのブルース・テナーに同調するのではなく,一歩後ろに下がってコンボとしての大局を見つめる「メロディー・メイカー」としての個性を発揮している。

 これぞ,単純にブルース一本で押し通すのではなく「黒さの中に情緒と格調をブレンドする」ジャック・マクダフの独壇場! 強力な右手のコード・ワークでノリまくりつつも,客観的に演奏全体を見渡す冷静な目を持っているジャック・マクダフ独特のジャズ・ブルース。
 この「知的な味付け」は,素材の良さを知り尽くした“根っからの”ブルースマンだから出来る「味付け」だと思う。

 そんなジャック・マクダフに見守られ,遠慮なく“ファンクしまくる”ジミー・フォレストが,なんとも“能天気で”艶っぽい。
 実に『ザ・ハニードリッパー』は「ジミー・フォレストを聴くためのアルバム」でもあると思う。

 グラント・グリーンギターであるが,ソロは短めだし,まだ没個性的であって,チャーリー・クリスチャン的なアプローチが散見されるので,グラント・グリーンのフォロワーとしてはイマイチの出来であるが,それでもジャック・マクダフの放つメロディー・ラインに,ブルージーでソウルフルなフレージング“GROOVE”を重ねながら乗っかかっていく瞬間は神!
 うん。やはりグラント・グリーンのフォロワーであれば抑えてほしい。これはこれでいいから!

THE HONEY DRIPPER-2 管理人の結論。『ザ・ハニードリッパー批評

 有名な歌ものを2トラック演奏している『ザ・ハニードリッパー』こそ“歌もの”のジャック・マクダフの個性が色濃く聴こえてくる。“黒くお洒落な”ブルース・フィーリングこそが,ジャック・マクダフの“訛り”である。

 『ザ・ハニードリッパー』におけるジャック・マクダフの“黒くお洒落なブルース訛り”が,いつまでも気持ち良く耳に残る。

  01. WHAP!
  02. I WANT A LITTLE GIRL
  03. THE HONEYDRIPPER
  04. DINK'S BLUES
  05. MR. LUCKY
  06. BLUES AND TONIC

(プレスティッジ/PRESTIGE 1961年発売/VICJ-23721)
(ライナーノーツ/ジョー・ゴールドバーグ,岩浪洋三)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ブラザー・ジャック・マクダフ / ムーン・ラッピン5

MOON RAPPIN'-1 ジャズの楽器のお話だが,王様がトランペットであれば,横綱はオルガンであろう。
 そしてオルガンの「東の横綱」がジミー・スミスであれば「西の横綱」はブラザー・ジャック・マクダフであろう。

 「東の横綱」ジミー・スミスが“看板”として支え続けたブルーノートの屋台骨を(ジミー・スミスヴァーヴ移籍後)今度はプレスティッジの“元看板”であった「西の横綱」ブラザー・ジャック・マクダフが支えることに…。

 この状況下で下手は打てない。すでに巧なり名を馳せたブラザー・ジャック・マクダフであったが,並々ならぬ意気込みを持って「名門」ブルーノート再生へのカタログ提供に取り組んでいる。

 ズバリ,ブラザー・ジャック・マクダフブルーノート・イヤーと来れば,管理人には『MOON RAPPIN’』(以下『ムーン・ラッピン』)である。
 『ムーン・ラッピン』こそ,ブラザー・ジャックブラザー・ムーンと交信してしまっている“実況録音盤”だからである。

 そう。『ムーン・ラッピン』は聞き始めたが最後! アルバム・ジャケットのアナザー・ストーリーである「不気味なブサイク系月男」のダンゴッ鼻で逝ったような近未来サウンドが,かなりコテコテのソウルフル・グルーヴでして,月に向かって“ワォ!”と叫びたくなる〜! 

MOON RAPPIN'-2 『ムーン・ラッピン』の2枚看板=【FLAT BACKIN’】のスカスカなアーシーと【OBLIGHETTO】の妖しいコーラスからの反復するマッドなオルガンが最高にファンキー!

 『ムーン・ラッピン』は,プレスティッジブラザー・ジャック・マクダフにはなかった,ギターホーン・セクションというブルーノートの伝統を手にした“看板スター”ブラザー・ジャック・マクダフが鎮座している。

 ジャズ好きで,オルガン好きで,ブルーノート好きなら,間違いなく『ムーン・ラッピン』も好き!
 ブルーノートブラザー・ジャック・マクダフも最高なのである!

  01. FLAT BACKIN'
  02. OBLIGHETTO
  03. MOON RAPPIN'
  04. MADE IN SWEDEN
  05. LOOSE FOOT

(ブルーノート/BLUE NOTE 1970年発売/TOCJ-4334)
(ライナーノーツ/ジェフ・スマーリン,上条直之,出田圭)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.