アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:松居 慶子

松居 慶子 / コンポジションズ4

COMPOSITIONS-1 「スムーズ・ジャズ NO.1 アーティスト」松居慶子がアメリカで大ヒットした理由は,スムーズ・ジャズ専門ラジオ局でのパワープレイにあると言われている。
 アメリカとラジオ。カーステレオから流れる音楽と窓から流れる風景。ドライブにロックを大音量で流すのは今の時代に似合わない。現代アメリカの車社会に最も似合う音楽がスムーズ・ジャズ,そして松居慶子なのであろう。

 松居慶子ソロ・ピアノで綴るセルフ・カヴァーの『COMPOSITIONS』(以下『コンポジションズ』)は,単なる“癒し系”を越えた「音で作る映像作家」松居慶子の面目躍如な大ヒット・アルバム。

 セルフ・カヴァーソロ・ピアノで綴るコンセプトが大成功! そう。白と黒だけで描く墨絵のような『コンポジションズ』には,日本の“ワビサビ”のモチーフが取り入れられている。
 松居慶子が“俳句を詠んでいるがごとく”ピアノで美しいソロを自然な形で紡ぎだしている。日本人でも“とろけそう”になるのだから,アメリカ人にはかなり新鮮なアプローチに聴こえることと思う。

 白と黒の2色を濃淡だけで描き出す“ジャズ・ピアニスト松居慶子のタッチに引き込まれてしまう。控えめな左手の音色,メリハリのある右手のニュアンスの与え方が素晴らしい。
 そうして生み出されたピアノ1台による音空間のスペース。ゆっくりと流れるメロディー・ライン。松居慶子が「音楽は祈り」と語っている理由が伝わってくる“崇高な音楽スピリッツ”に感動してしまう。

 日本のカーステレオから流れ出るラジオ番組は,基本軽快なトーク番組ばかりになってしまった。『コンポジションズ』が流れることはまずないし,松居慶子がラジオから流れることがあってもトークのBGMとしてであろう。

 管理人は年に数回しか車を運転しないのだが,運転席に座る場合は『コンポジションズ』を1枚仕込んで出かけている。アメリカと日本の交通事情は同じではないだろうが『コンポジションズ』のソロ・ピアノが静かに流れ出すと,車窓から流れる景色が「アメリカン」するのだから暗示って恐い?

COMPOSITIONS-2 白と黒で描かれたピアノを聞きながら,日本の原風景を眺める幸福感。一人静かにエンジン音と『コンポジションズ』のソロ・ピアノに“浸る”喜び。

 ただし,やっぱり松居慶子ソロ・ピアノスムーズ・ジャズであって,ジャズともフュージョンとも異なっている。
 『コンポジションズ』をリスニング・ルームで聴くのはちょっと辛い。『コンポジションズ』は“カーステレオで最も輝くスムーズ・ジャズ”の名盤”である。

  01. White Castle
  02. Trees
  03. Mystic Dance
  04. Precious Time
  05. Crescent Night Dreams
  06. The Next Plateau
  07. Midnight Stone
  08. Beyond The Light
  09. Prism
  10. Forever, Forever

(プラネットジョイレコード/PLANET JOY RECORDS 2005年発売/PJCD-1020)
(HDCD仕様)
(ライナーノーツ/松居慶子)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

松居 慶子 / フルムーン・アンド・ザ・シュライン5

FULL MOON AND THE SHRINE-1 松居慶子こそがスムーズ・ジャズ界の「スーパースター」である。『FULL MOON AND THE SHRINE』(以下『フルムーン・アンド・ザ・シュライン』)を聴く度に,その完璧な出来栄えに唸らされてしまう。

 そう。『フルムーン・アンド・ザ・シュライン』こそが,松居慶子を代表する,そしてスムーズ・ジャズを代表する“大傑作”。
 ジャズでもフュージョンでもないスムーズ・ジャズに,さほど関心のなかった管理人がスムーズ・ジャズの魅力に一気に引き込まれるきっかけとなったのが『フルムーン・アンド・ザ・シュライン』である。いや〜,実に素晴らしい。

 『フルムーン・アンド・ザ・シュライン』が大好きなのは,前作『DEEP BLUE』までの「イージーリスニング路線」から方向転換し,一気にフュージョンに寄せてきた「メロディー重視でメリハリ調のバンド・アンサンブル」に完全にやられてしまった。
 そう。デレク・ナカモトの作るベーシック・トラックに生ドラムが加わって距離感が近くなる。そしてザ・リッピントンズポール・テイラーの艶やかなサックスが絡んでくる。いい。

 フュージョン・バンドのキーボード・プレイヤーとして参加している?松居慶子のリリカルな響きのピアノと,キラキラしたシンセサイザーの音のバランスが絶妙。スタイリッシュな曲想が天然水のように流れ,柔らかい青い光が心まで射し込んでくる。

FULL MOON AND THE SHRINE-2 松居慶子ピアノを聴いていると,音像だけではなく映像のイメージが同時に湧き上がってくる。PVとか映画のサウンドトラックが流れているかのように感じてしまう。← ここまですり込まれてしまったのはCD−EXTRAの「特典映像」を繰り返し見たせいなのかもしれません。

 『フルムーン・アンド・ザ・シュライン』からは,高度に洗練された美しいメロディーが連続して流れ出てくる。聴く者の生活を邪魔をせず,しかし聴く者の心に何かが引っ掛かるような感じで…。

 特にメロウな【TOWARD THE SUNRISE】【FOREVER,FOREVE】【MEADOW】【HOPE】の4連続が完璧すぎて“魂を抜かれてしまう”。
 美しすぎる松居慶子スムーズ・ジャズに降参である。ごめんなさい。もう許してください…。

  01. Night Hawk's Dream
  02. Steps In The Night
  03. Bonfire In The Piano
  04. Southern Crossings
  05. Legend Of The Trees
  06. Full Moon And The Shrine
  07. Spirit At The Corner
  08. Toward The Sunrise
  09. Forever, Forever
  10. Meadow
  11. Hope (New Version)
  12. Presence Of The Moon (Piano Solo)
  13. Hope (Piano Solo)

(プラネットジョイレコード/PLANET JOY RECORDS 2002年発売/PJCD-1007)
(CD−EXTRA仕様)
(ライナーノーツ/ロバート・タウロ,荒井正人)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

松居 慶子 / ディープ・ブルー4

DEEP BLUE-1 「東のボブ・ジェームス」「西のデイヴ・グルーシン」。
 これはフュージョン界におけるキーボード・プレイヤーの両雄を指す至言である。

 そして,ここに「日本のボブ・ジェームス」「日本のデイヴ・グルーシン」と呼ばれる一人の女性ジャズメンがいる。
 その人物こそ松居慶子“その人”である。そう。松居慶子こそが,ボブ・ジェームスデイヴ・グルーシンと同列に並び称される唯一の女性ジャズメン。
 事実,全米ビルボード誌コンテンポラリー・ジャズ・チャートで1位を獲得。松居慶子は,ケニー・Gフォープレイと肩を並べるスムーズ・ジャズ界のスーパー・スター。アメリカにおける松居慶子の人気は“無敵”なのである。

 では,日本における松居慶子の人気はと言うと…。微妙です。そして管理人の評価も微妙なのです。
 ズバリ,松居慶子は「日本のボブ・ジェームス」「日本のデイヴ・グルーシン」などではない。同じ例えるなら「女・久石譲」であり「女・喜多郎」の方が良いと思う。

 そう。管理人は松居慶子の音楽はスムーズ・ジャズではなくイージーリスニングに聞こえてしまう。映画音楽にも環境音楽にも聞こえてしまう。ゆえに久石譲にも喜多郎にも聞こえてしまうのだ。

 『DEEP BLUE』(以下『ディープ・ブルー』)は,そんな「女・久石譲」であり「女・喜多郎」である松居慶子の面目躍如な大ヒット・アルバム。
 どこまでも深く澄みわたり神秘的な深遠の碧の音楽がリスナーを幻想の世界に誘う。スムーズ・ジャズの文脈では場違いななほど,神々しいばかりの気品を漂わせた,瑞々しく透明で静かに響くクリスタルで神秘的なピアノ・サウンドである。

 『ディープ・ブルー』は「上質なBGM」である。耳馴染みの良いメロディー,うんぬんと気軽に書けない,何とも抽象的でアンニュイな音世界が続いていく。いかん,どうしても途中で落ちてしまう。本物のスムーズ・ジャズならBGMにはならないはずなのに…。

DEEP BLUE-2 松居慶子も自身でそのことを認めているのだと思う。なぜなら『ディープ・ブルー』の特典映像であるビデオ・クリップには「深い青」「海の青」をイメージした“環境ビデオ”を収録。きっと世界のどこかのダイビング・ショップのモニターで流れているはず?

 繰り返すが『ディープ・ブルー』は「イージーリスニングであり,映画音楽であり,環境音楽である」。そう思って聞くと気持ちよい。間違っても大音量でガンガンかけるべき音楽ではない。この部分に松居慶子の音楽の“軸足”を感じ取る。

  01. Deep Blue
  02. Water for the Tribe
  03. Across the Sun
  04. Trees
  05. Mediterranean Eyes
  06. Rose in Morocco
  07. Moonflower
  08. Crescent Night Dreams
  09. To the Indian Sea
  10. Mystic Dance
  11. Midnight Stone
  12. Deep Blue
  13. Extra video track

(プラネットジョイレコード/PLANET JOY RECORDS 2001年発売/PJCD-1002)
(CD−EXTRA仕様)
(ライナーノーツ/松居慶子,松居和)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.