アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:J & B

J & B / FAMILY TREE5

FAMILY TREE-1 梶原順浅野“BUTCHER”祥之の“双頭”ギターのバンド・サウンドが躍動する『FAMILY TREE』。「J&B」の4人が「インディーズ時代以上にインディーズ」している。
 ズバリ『FAMILY TREE』こそが「J&B」の“最高傑作”である。

 あれがメジャーの洗礼なのか? 前作『THE TIME 4 REAL』の失敗を受けて『FAMILY TREE』では「J&B」が“本当にやりたい”と思える音楽を創造している。
 あの「へなちょこぐるぐるべろべろ」だったヴォーカル抜きの完全ギター・インストなのがうれしい。

 『FAMILY TREE』のサウンドとは“骨太ロック”である。いいや“ソウル”であり“リズム&ブルース”である。
 そう。「J&B」のバンド名は,梶原JUNの「」と浅野“BUTCHER”祥之の「」から取られた,双頭バンドの頭文字,の意味だけではない。
 「JAPANESE“R&B”」を略した「J&B」のダブル・ミーニングだと勝手に思っている。

 これは絶対に「J&B」に個性がないという感じで読んでほしくないのだが,これまでの「J&B」は『J&B』では,グラント・グリーンラリー・カールトンを『THE TIME 4 REAL』では,ロベンフォードを感じたのだったが,今回の『FAMILY TREE』では【FOOTS】を演っている影響もあるのだろう。ついに,スタジオ・ミュージシャン集団の頂点にしてツインギターの頂点=「STUFF」を感じてしまった。

 「J&B」のバンド・サウンドが,ついに世界レベルにまで花開いたような感触を抱いた。コーネル・デュプリーエリック・ゲイルの織り成す「GROOVE」と同じ「GROOVE」を梶原順浅野祥之に感じてしまう。
 自然体で音楽ができる大人のミュージシャンの野性を,余裕を,茶目っ気を,覇気を,グルーヴ感を,そして音楽への愛を,もうどうしても,感じてしまうのだ。

 『FAMILY TREE』を聴いてると自然に体が揺れてくる。(2台のギターを含めた)4つのリズム楽器が交わる瞬間の“うねり”が最高に心地良い。
 ここは是非ともJVCさん。『FAMILY TREE』の海外リリースを段取ってくれないかなぁ。海外の反応が相当に楽しみぃ。

FAMILY TREE-2 一つの音を大切にする“一音入魂”な「J&B」。軽快かつ深みのある豊かな音で表現する「J&B」。「J&B」とは「JAPANESE“R&B”」。

 『FAMILY TREE』には日本の音楽文化が育て上げた,梶原順浅野祥之松原秀樹沼澤尚の4人のスーパー・バンド「J&B」の「魂の音」が刻まれている。

 「魂の音」…。それはレクイエム…。【GOOD BOY…DEDICATED TO RIKKI】→【GOOD BOY…DEDICATED TO BUTCHER】…。ブッチャーさん…。

  01. AT THE RIGHT PLACE
  02. SI! SI!
  03. INSIDE
  04. OUTSIDE
  05. NOWADAYS
  06. GOOD BOY…dedicated to Rikki
  07. PINK CASHMERE
  08. そんなこと知るかい
  09. あたりめ
  10. FOOTS
  11. LAGOON

(ビクター/JVC 2004年発売/VICJ-61203)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

J & B / THE TIME 4 REAL3

THE TIME 4 REAL-1 “分不相応”なインディーズ盤『J&B』のリリースから1年半。梶原順浅野“BUTCHER”祥之松原秀樹沼澤尚の4人組「J&B」のメジャー・デビュー盤が『THE TIME 4 REAL』。

 ファンとしては本来なら『THE TIME 4 REAL』の発売を大喜びするところだが…。
 『J&B』と『THE TIME 4 REAL』では「J&B」のバンド・サウンドが変化している。

 この表現で伝わるかどうかは分からないが『J&B』にはグラント・グリーンを感じていたが『THE TIME 4 REAL』ではロベンフォードに変化してきた。
 これはこれで有りなのだが「J&B」にジャズフュージョンを感じていた管理人としては,ちょっと距離を置いてしまった。

THE TIME 4 REAL-2 ロベンフォードも大好きなので,この変化を歓迎しないこともないのだが,管理人が『J&B』のバンド・サウンドに惚れ込んだ最大の理由が,梶原順浅野祥之ツインギターに「現代のグラント・グリーン」を重ね見ていたものだから「なぜロック?」に頭真っ白〜。

 演奏は相変わらず上手い。イントロの感じからは予想もつかない,ツインギターの“不意打ちの絡み”におしっこをちびりそうになる。出て来る音の一音一音は軽いのに全ての音に必然性を感じさせる何かが隠されている。この引き出しの多さは流石にスタジオ・ミュージシャン集団〜。

THE TIME 4 REAL-3 しかし,内容はどんなに素晴らしくても,自分の大好きなミュージシャンに自分の大好きな音楽が見捨てられたかのような「ロックなインスト」を聞かされ続けたショックは大きかった。

 やはりメジャーは売れてナンボ。「J&B」にはファンキーなブルース・バンドとして「現代のグラント・グリーン」を聴かせてほしかったのにぃ。

PS 「THE TIME 4 REAL-3」は販促用の特典ステッカーです。

  01. へなちょこぐるぐるべろべろばぁ〜
  02. TAKE A BREAK
  03. LIKE THIS WAY
  04. JAM & BUTTER
  05. BE-BOP-A-LULA
  06. TOUCH
  07. TREMBLE
  08. FIELD OF DREAMS
  09. I FEEL FINE
  10. 速いやつ

(ビクター/JVC 2003年発売/VICJ-61087)
(デジパック仕様)
(特典ステッカー付)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

J & B / J & B4

J&B-1 梶原JUNの「」と浅野“BUTCHER”祥之の「」。
 そう。「J&B」とは,ベース松原秀樹ドラム沼澤尚を“従えた”キーボード・レスで織り成す“双頭”ギターのバンド・サウンド。

 リードギターリズムギターも存在しない,梶原順浅野祥之ツインギターは,とりわけギター好きでないとしても,聴く者の心をとりこにする。間違いない。

 そんな「J&B」のデビューCDJ&B』は,インディーズ発売のライブ盤。
 でもだからこそ,本気のライブのリアルな反応が見事に記録された名盤である。

J&B』の聴き所は,この空気感! 客席側にマイクはなくとも会場全体がムンムンとした熱気に包まれ「J&B」への期待の高さがそのままパッケージングされている。

J&B-2 根っこにジャズフュージョンを感じさせる“泥臭い演奏”が並んでいながらも,おしゃれで爽やか系のブルージーなファンキー・グルーヴに,心がかきむしられる!

 ギターってここまでカッコイイ楽器だったのかっ! チョーキングだったりビブラートだったり,細かいところまでカッコイイと感じさせてくれるのは「J&B」だからこそっ!

 同じセッション系のギタリストとして,梶原順浅野祥之のリスペクトから来た選曲であろう,ラリー・カールトンの【SLEEP WALK】は,本家を越えた“世界一の【SLEEP WALK】”!

J&B-2 管理人の結論。『J&B批評

 『J&B』の4人はテクニシャンであるが,そんな次元では語れない「理屈抜きの楽しさ」が先に来る。
 『J&B』のファンキー・グルーヴに身を委ねるだけ。ただそれだけでバンドマンに恋焦がれてしまう「バンド好きのバンド好きによるバンド好きのための」名盤である。

  01. Machu Picchu
  02. Opening
  03. Just for Fun
  04. 加飯酒
  05. 不安
  06. time flies groove
  07. Sleep Walk
  08. Satsuki-bare
  09. Insomnia
  10. Song for "J&B"
  11. Pollen Shower

(PAL DISCS/PAL DISCS 2001年発売/PAL-2002)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.