アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:佐藤 允彦

佐藤 允彦 / ダブル・エクスポージャー5

DOUBLE EXPORSURE-1 “ジャズ・ピアニスト”としての佐藤允彦が堪能できる,ベースエディ・ゴメスドラムスティーヴ・ガットとのピアノ・トリオライブ盤が『DOUBLE EXPROSURE』(以下『ダブル・エクスポージャー』)である。

 いや〜,デジタル・リズム・セクションと讃えられる世界指折りのリズム隊に即応し,尚且つ,いなしまくる佐藤允彦のオール・ラウンダーぶりが最高に素晴らしい!
 超絶4ビートに超絶フリージャズオーソドックススタンダードの甘いメロディーの合間に聴こえる,カチカチとキマりまくるスリリングなアドリブに大興奮!

 佐藤允彦の図抜けた構成力,クリーンなピアノ・タッチとグラデーション,どんなリズムにも乗りこなせる幅の広さに唸ってしまう。
 そうして特筆すべきはアドリブ・ラインの滑らかさ。1つのアイディアから次のアイディアへの淀みの無い流れの中で,浮かび上がる一発のフレージングにやられてしまう。スイングするピアノがとにかく分かりやすい。気持ち良い。

 『ダブル・エクスポージャー』のピアニスト佐藤允彦でなければならなかった。佐藤允彦が奏でるピアノ・トリオのハーモニーは他に聴き覚えがない。
 甘いメロディー・ラインを巧みに変化させていく佐藤允彦が,正に必要としたその場所にベースドラムがピンポイントで鳴っている。

 佐藤允彦が思い描く『ダブル・エクスポージャー』の世界観を完成させるには,名うてのデジタル・リズム・セクションが,つまりエディ・ゴメススティーヴ・ガットのリズム隊がどうしても必要とされていたのだ。

 ただし,佐藤允彦エディ・ゴメススティーヴ・ガットに求めていたのは佐藤允彦の意図を汲んだ演奏以上のものであった。
 そう。佐藤允彦の意図を汲んだその上で,しっかりとエディ・ゴメススティーヴ・ガットの「自分の音」を聴かせることだった。

DOUBLE EXPORSURE-2 だからこそ『ダブル・エクスポージャー』=佐藤允彦の「カットマン」の技術が際立つライブ盤へと仕上がったのだ。
 エディ・ゴメスベーススティーヴ・ガットドラムの軽やかでデジタルな動きに重しを置き,終始,自分のペースでアドリブを決めまくる佐藤允彦の大名盤

 ちょっと聴き始めの印象はエレピの音色も手伝ってスピーディーで軽やかな展開。演奏が分かりやすい。しかし2週目以降,しっかりと耳を傾けると実に硬派で,押し倒されてしまう印象を持つ。所々の内角攻めには思わずのけぞってしまう。

 そう。『ダブル・エクスポージャー』は,一発勝負のライブを支配した佐藤允彦の“作戦勝ち”な1枚であろう。

  01. GO NO SEN
  02. ALICE IN WONDERLAND
  03. BAMBOO SHOOTS II
  04. EVENING SNOW
  05. PHODILUS BADIUS
  06. FUMON
  07. THUS THE SONG PASSED
  08. NOUVELLE CUISINE
  09. DUKE'S CALYPSO
  10. ALL BLUES
  11. ST. THOMAS

(エピック・ソニー/EPIC/SONY 1988年発売/28・8H-5051)
(ライナーノーツ/油井正一,清水俊彦,原田充,佐藤允彦)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

佐藤 允彦 / ランドゥーガ〜セレクト・ライヴ・アンダー・ザ・スカイ '904

RANDOOGA〜SELECT LIVE UNDER THE SKY '90-1 キーボード佐藤允彦ソプラノサックスウェイン・ショーターアルトサックス梅津和時テナーサックス峰厚介トロンボーンレイ・アンダーソンギター土方隆行ベース岡沢章ドラムアレックス・アクーニャパーカッション高田みどりナナ・ヴァスコンセロス
 いや〜,凄すぎる面子のスーパー・セッション。超豪華なバブル景気のスーパー・セッション。それが「セレクト・ライヴ・アンダー・ザ・スカイ’90」における「ランドゥーガ」。

 セッション・リーダー=佐藤允彦の考える「がらんどう」のアナグラム「ランドゥーガ」!
 そう。「ランドゥーガ」の音楽は,ジャズではなくフュージョンでもなく“民謡”であった。

 出てきた音楽は,勢い一発“どんちゃん騒ぎ”な阿波踊り風?であって管理人の好みではないのだが,この面子が集まったのだから,演奏のクオリティは相当に高い!
 「アウト・オブ・ザ・ワールド」な国内と国外の混成メンバーで,日本の伝統音楽を“くくり”とした“ごった煮”ジャズ! 管理人お目当てのウェイン・ショーターもアンサンブルの波に呑み込まれたのか?ソロ以外に見せ場がないのはご愛嬌?

 「ランドゥーガ」の面々が,誰かが弾いたフレーズを,なぞったり,横取りしたり,解体したり,色付したりして「遊び倒す」!
 「音が同時に鳴れば,それがハーモニーになる」という約束事で構築された,インプロビゼーションを交えたアンサンブルこそ「大人の音遊び」!

 そう。「ランドゥーガ」のコンセプトは“やったもん勝ち”! 面白いと思うものにみんなで乗っかっていく感じ? アンサンブルの輪の外でインプロヴィゼーションの“連続技”が縦横無尽に飛び交っている。うおお〜。

 その意味で,日本の伝統音楽を“くくり”とした「ランドゥーガ」は,日本勢有利&外国勢不利の構図。だからアレックス・アクーニャナナ・ヴァスコンセロス以上に高田みどりパーカッションのノリが良い。ウェイン・ショーターソロの最中にも関わらず,恐れ知らずの遠慮なしで,佐藤允彦が音の隙間を埋めていく。

RANDOOGA〜SELECT LIVE UNDER THE SKY '90-2 リズムにしろアンサンブルにしろ,合っても合わなくてもいい。逆にずれることが面白い。テンポを自由に変化させたり,同じフレーズを好き勝手に繰り返したり,コブシを効かせてみたりして…。
 
 あれっ,それって,よくあるジャムセッション? そう感じさせないのは百戦錬磨のスーパー・ミュージシャンの集まりだから?
 いいや,それこそ「セレクト・ライヴ・アンダー・ザ・スカイ」が“夏祭り”だから…。
 「がらんどう」→「ランドゥーガ」が“民謡”だったのだから…。

  01. SEINE DRAGGING SONG
  02. THE KING BEHIND THE MASK
  03. SUTEMARU
  04. WELL DIGGER'S SONG
  05. TANOKURO-BUSHI
  06. USSAN-UTPOPO
  07. SEEDING DOWN

(エピック・ソニー/EPIC/SONY 1990年発売/ESCA 5171)
(ライナーノーツ/佐藤允彦)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2018 アドリブログ All Rights Reserved.