アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:CHICK COREA & ORIGIN

チック・コリア & オリジン / チェンジ4

CHANGE-1 「オリジン」の『CHICK COREA AND ORIGIN』は,あの時期のものとしては相当に好きで聴き込んだ思い出がある。

 チック・コリアアコースティックジャズ・コンボ=「チック・コリア & オリジン」は,ニュー・メインストリームの王道スタイルである。
 この手のジャズ・コンボの演奏は結構耳にしてきたつもりだったが「チック・コリア & オリジン」の美しいピアノと軽快な3管との掛け合いでクライマックスへと登りつめていく音楽の過程が大好物で「実はこういうのが聴きたかった」と思ってしまった。
 『CHICK COREA AND ORIGIN』から流れてくる“伝統とトレンドの両面ミックス”が大好きだった。

 ポピュラーな人気など気にしない玄人志向の“ジャズの職人集団”な「チック・コリア & オリジン」。普通っぽく聴こえて実は普通には弾いていない“ひねくれた音楽”がツボにハマッタのだ。

 そんな「チック・コリア & オリジン」の2ndが『CHANGE』(以下『チェンジ』)である。
 1st『CHICK COREA AND ORIGIN』は,複雑ではあってもラフさの残る,そこはライブ盤ならではの即興演奏っぽい音。あれから1年経ち,バンドのコンセプトも固まったスタジオ盤の『チェンジ』では明快な“音のヒダ”が出来上がっている。

 「オリジン」の真髄とは,アヴィシャイ・コーエンが織り成す,音楽が複雑に絡み合ったテキスタイルに,チック・コリアがエッセンスを散りばめて完成したテクスチャーである。
 そう。「オリジン」の魅力とは,チック・コリアアヴィシャイ・コーエンの“夢の共演”なのである。

 2人の天才が1つのなるための空気感のようなものが「チック・コリア & オリジン」には確実に存在している。よくある“双頭バンド”のそれではない。
 チック・コリアアヴィシャイ・コーエンが有する,絶対的な自信とかプライドのような「人間としての悪の部分」での一体感と表現したら伝わるだろうか?

 『チェンジ』でも「チック・コリア & オリジン」は“ひねくれた音楽”を展開している。隠れた筋肉の塊りのような音のヒダが波打っている。
 「裏の裏が表」であるような仕掛けが『チェンジ』のコンセプトである。ジャズには,こんな新しい楽しみ方があることを教えてくれたと思っている。

CHANGE-2 ただし「裏の裏が表」ならいいのだが,チック・コリアアヴィシャイ・コーエンの“夢の共演”が「アヴィシャイ・コーエンアヴィシャイ・コーエンチック・コリア」になっている。

 『チェンジ』とは,アヴィシャイ・コーエンチック・コリアへの『チェンジ』の意味にも“裏読み”できる。
 『チェンジ』は,こねくり回しすぎたかなぁ。勢い余ってハミ出してしまったのかなぁ。面白さで1stを超えきれていないなぁ。

 『チェンジ』から受けた印象としては,パット・メセニーオーネット・コールマンの『SONG X』に通じるニュアンス。
 チック・コリアと共演できたアヴィシャイ・コーエンの“胸の高鳴り”が,チック・コリアらしくもなくアヴィシャイ・コーエンらしくもない“なんでこうなるの!”的な音楽の原動力なのだと思う。 

  01. Wigwam
  02. Armando's Tango
  03. Little Flamenco
  04. Early Afternoon Blues
  05. Before Your Eyes
  06. L.A. Scenes
  07. Home
  08. The Spinner
  09. Compassion (Ballad)
  10. Night (Lylah)
  11. Awakening
  12. Psalm

(ストレッチ・レコード/STRETCH RECORDS 1999年発売/MVCL-24014)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チック・コリア & オリジン / チック・コリア & オリジン5

CHICK COREA AND ORIGIN-1 「エレクトリック・バンド」を解散して以来,ソロ活動に専念してきたチック・コリアがついに新しい自己のレギュラー・グループを結成した。

 その名は「チック・コリア & オリジン」! メンバーはピアノチック・コリアベースアヴィシャイ・コーエンドラムアダム・クルーズトロンボーンスティーヴ・デイビスサックスフルートボブ・シェパードサックスフルートスティーヴ・ウィルソンセクステットであった。

 チック・コリア以外の5人は全員無名。しかしそんなの関係ない。「チック・コリア & オリジン」のデビュー盤『CHICK COREA AND ORIGIN』(以下『チック・コリア & オリジン』)を聴いて,一発で「オリジン」の「とりこ」になってしまった。
 いや〜っ,いきなりのスーパー・グループの誕生である。世界TOPのジャズ・コンボの登場なのである。

 アヴィシャイ・コーエンの本当の凄さは後になって身に染みて来たのだが『チック・コリア & オリジン』の発売時点でも相当に凄いベーシストだった。印象としてはデイヴ・ホランドとかチャーリー・ヘイデンを想起してしまった。
 つまりベーシストとしても超強烈な個性が聴こえて来るのだが,それ以上に全体のサウンドに感化与えるベース・ラインの動きが素晴らしい。セクステットのアンサンブルをベース・ラインで指揮している。曲全体に“変幻自在な”編曲を施している。

 そんな「色彩豊かなベース」を手に入れたチック・コリアが「オリジン」の音楽監督の座をアヴィシャイ・コーエンに委ねている。
 「オリジン」とはアヴィシャイ・コーエン発信の“チャールス・ミンガスばりの”アイディアをフロントの3管が手足となって実践するジャズ・コンボであり,チック・コリア自身は“バンドの凄腕ピアニスト”として,それは硬派で緊張感のあるジャズ・ピアノを弾きまくっている。

CHICK COREA AND ORIGIN-2 ズバリ「オリジン」のサウンドは,日本で言えば“漆塗り”のジャズである。
 表面的に見えるもの,聴こえてくるものは,チック・コリアど真ん中なジャズ・コンボなのだが,よ〜く聴き込んでいくと,こんなところまで手が入っていたのか,と思わせる職人の技を発見する瞬間で満ちている。
 うかつにも「オリジン」の職人技に気付いてしまったが最後,残すは「のめり込む」しか道はなくなる。

 そ・う・し・て・驚愕するのが,ここまで手の込んだ音楽にして,これが「オリジン」の試験的なギグだったという衝撃の事実。次元が違いすぎる。ほぼリハーサル的な演奏にしてこの完成度と知った瞬間に腰が抜けてしまうのでご注意を!

 聴き込むにつれ,奥深い味がどんどん染み出してくる! 『チック・コリア & オリジン』は,発売から17年経過しているとはいえ,今の耳で聴いても古くは感じないし,今後も決して古くは感じないアルバムだと思っている。
 やり尽くされたはずのアコースティックジャズ表現に“襟を正して”取り組んだチック・コリアに深い敬意を表したい。

  01. Say It Again (Part 1)
  02. Say It Again (Part 2)
  03. Double Image
  04. Dreamless
  05. Molecules
  06. Soul Mates
  07. It Could Happen To You
  08. Sifu

(ストレッチ・レコード/STRETCH RECORDS 1998年発売/MVCL-24008)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.