アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:アヴィシャイ・コーエン

アヴィシャイ・コーエン / ディヴォーション4

DEVOTION-1 オリジンの3枚目のアルバムが聴ける。
 それは「チック・コリアオリジン」名義ではなく,アヴィシャイ・コーエン名義の『DEVOTION』(以下『ディヴォーション』)がそれである。

 『ディヴォーション』は,活動を休止したはずの「チック・コリアオリジン」そのもの。「アヴィシャイ・コーエンオリジン」の音楽そのものだと思う。
 『ディヴォーション』のレコーディング・メンバーには,スティーヴ・ディヴィスジェフ・バラードの元「オリジン」・メンバーのクレジット。「オリジン」が事実上,アヴィシャイ・コーエンソロ・アルバムで復活を遂げている。

 アヴィシャイ・コーエンを聴いて,直結する「オリジン」特有の感覚は,チック・コリアが全面協力した『ADAMA』でも感じ得たものだったが,この『ディヴォーション』から漂う「オリジン」特有の感覚は,アヴィシャイ・コーエンの書くメロディ・ラインとベース・ラインに多くを負っている。

 アヴィシャイ・コーエンの書くメロディ・ラインは,キャッチーではないのだが耳残りが激しい。恐らく作曲のテクニックがあって,例えば起承転結があって,とかの技術的なウンヌンを超えたレベルで創作されている。音の節々から“キシミ”が聴こえてくる。

DEVOTION-2 今でこそ“ベーシスト”しているアヴィシャイ・コーエンだが,彼のルーツは元ピアニスト。この辺の繊細な感覚がアヴィシャイ・コーエンの音使いに影響しているのか,アドリブの組み立て方が,中音域をまんべんなく用いるワイドレンジ指向で素晴らしい。

 サスティンが短く,時に速いパッセージをスタッカート気味に刻んでいる。従来の4ビートのウォーキングに全く支配されない音列とリフ・パターンが絡み合う,ベース・ラインからの「哀愁のメロディ・ライン」が素晴らしい。

 実はこの辺りの感覚が「オリジン」特有の感覚と直結する要因だと思うが,とにかく困惑させられる。なんでここでこんなメロディが出て来るのだろうか?
 でも,聴き込んでいるうちに,いつしか“しっくり来ている”自分がいる。アヴィシャイ・コーエンが『ディヴォーション』で表現した幾枚ものベールがかかったイスラエルのジャズ。実はこれが,王道ジャズ,なのである。

  01. EL CAPITAN & THE SHIP AT SEA (Dedicated to
     Horace Silver)

  02. THE GIFT (Dedicated to Chick Corea)
  03. BASS SUITE #3 PART 1 (Dedicated to Galia Luz)
  04. OT KAIN
  05. ANGELS OF PEACE
  06. TI DA DOO DI DA
  07. LINDA DE MI CORAZON
  08. DEEP BLUE
  09. IGOR
  10. SLOW TUNE
  11. NEGRIL
  12. MUSA
  13. CANDELA CITY
  14. BASS SUITE #3 PART 2
  15. ALTONSIA

(ストレッチ・レコード/STRETCH RECORDS 1999年発売/MVCL-24015)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

アヴィシャイ・コーエン / アダマ4

ADAMA-1 『ADAMA』(以下『アダマ』)を聴いて「オリジン」とは「チック・コリアオリジン」ではなく「アヴィシャイ・コーエンオリジン」であったことを痛感した。

 チック・コリアの大ファンの皆さん,ごめんなさい。しかし,チック・コリアの大ファンの皆さんと同じ立場をして,この発言であることをご容赦ください。
 チック・コリアは素晴らしいのです。アヴィシャイ・コーエンのような“天才”をまたもや発掘したのだから凄い眼力の持ち主に違いないのです。

 思うに,きっと読者の皆さんもチック・コリアのように感じた瞬間がありませんか? つまりアヴィシャイ・コーエンの「ベース主導」のアンサンブルに身を委ねてしまいたくなるような…。
 正直,管理人はアヴィシャイ・コーエンの“天才肌”が苦手です。ベーシストとしてのアヴィシャイ・コーエンはそれなりに好きなのですが「ベース主導」のアヴィシャイ・コーエンの音楽性,彼の世界観がいまいち肌に合わないんだよなぁ。

 ゆえに『アダマ』もチック・コリアブラッド・メルドー目当てで購入。しかし『アダマ』を聴いているうちに,自然とチック・コリアブラッド・メルドーではなく,アヴィシャイ・コーエンベースばかりを耳で追う自分に気付く。

 そう。アヴィシャイ・コーエンジャズの枠を飛び越えた多彩なプレイのベーシストベース1本で音楽を感じさせてくれる。
 いや〜,参ったなぁ。流石に“チック・コリアを袖にした”ベーシストだけのことはあるよなぁ。とにかく「凄いヤツが出てきたな」。そんな感想で頭が一杯になってしまうのである。
 まぁ,こんなことはたまにある。繰り返し聴き込んでいくにつれ,徐々に音楽が評価が定まってくる。はずなのだったが…。

ADAMA-2 『アダマ』は,どうにもこうにも“オリエンタルでエキゾティックな民族音楽”! アヴィシャイ・コーエン・オリジナルのNY最先端の美メロがウードリュートといったアラビアの類の伝統的な楽器で表現される! これがイスラエルのジャズというものなのか!? 何回聴いても面喰う!

 そんな“フワフワ”とした感覚の中で,管理人の頭の中に明確に浮かんだイメージこそが「チック・コリアオリジン」であった。この無意識に「オリジン」を連想したという事実は管理人にとって,とてつもなく大きく重い一大事。
 もはや自分の中で「オリジン」というバンドは,チック・コリアのバンドではなくアヴィシャイ・コーエンのバンドになってしまった。

 “チック・コリアを袖にした”結果,ジャズの表舞台から姿を消したアヴィシャイ・コーエンであったが,今やアヴィシャイ・コーエンの大復活! アヴィシャイ・コーエンが覇権を握り“ヴイヴイ”言わす時代が10年がかりで到来した!
 それくらいのメガトン・パンチ=『アダマ』恐るべし! アヴィシャイ・コーエン恐るべし!

  01. Ora
  02. Madrid
  03. Bass Suite #1
  04. Reunion of the Souls
  05. Dror
  06. No Change
  07. Bass & Bone Fantasy
  08. Adama
  09. Bass Suite #2
  10. Besame Mucho
  11. Gadu
  12. Ace of Bass
  13. When I Fall in Love
  14. Jasonity

(ストレッチ・レコード/STRETCH RECORDS 1998年発売/MVCL-24007)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.