アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:チャーリー・マリアーノ

チャーリー・マリアーノ / ジャズ・ポートレイト4

JAZZ PORTRAIT-1 『JAZZ PORTRAIT』(以下『ジャズ・ポートレイト』)は,チャーリー・マリアーノのことが大好きだった,レジナ・レーベルのオーナー,ジャック・ラフォージが,大枚をはたいて作らせた“幻の名盤”の1つである。

 “幻の名盤”と謳われるのだから,当然内容が素晴らしい。後にCTIで“ブイブイ言わせる”こととなるドン・セベスキーのアレンジがゴージャス極まりない。
 チャーリー・マリアーノの“艶やかな”アルトサックスフィーチャーすべく,ストリングスブラス・セクションを要所要所に配し,アルトが“歌い上げる”アレンジを施している。

 ジャック・ラフォージの大金はサイドメンの人選にも表われていて,トロンボーンボブ・ブルックマイヤーギタージム・ホールピアノジャッキー・バイヤードロジャー・ケラウェイベースリチャード・デイビスアート・デイビスドラムメル・ルイスアルバート・ヒースといった“ビッグ・ネーム”を含めた総勢28名がドン・セベスキーの指揮のもと,チャーリー・マリアーノを盛り立てている。
 この点でジャック・ラフォージは「第二のアルフレッド・ライオン」になりたかったのかもしれない。ジャズ好きとしての本性が隠せない人選だと思う。

 レジナにあってCTIにないもの。それは「セオリーなき自由」であろう。
 結局のところ『ジャズ・ポートレイト』には,チャーリー・マリアーノの全てが出ているようであって,そうでもない。“カッチリとハメラレテしまった”チャーリー・マリアーノとしては,逆にやりにくかったのかもしれない。

 ズバリ『ジャズ・ポートレイト』の主役はチャーリー・マリアーノではなくドン・セベスキーなのである。アレンジャーが,吹かせたいフレーズを主役に吹かせる“痛快さ”が『ジャズ・ポートレイト』最大の聴き所だと思っている。

 ジャック・ラフォージから“全権を委ねられていた”ドン・セベスキーが,チャーリー・マリアーノを“意のままに操っている”。
 チャーリー・マリアーノアルトサックスが「音のパーツの1つとして」ドン・セベスキーに“いいように使われてしまった”?
 この辺りにチャーリー・マリアーノの立ち位置があって,同じ状況下でもドン・セベスキーを“手なずけていた”ウェス・モンゴメリー・クラスと比べると「格落ち」評価も致し方ない?

JAZZ PORTRAIT-2 時代背景もあって,多少モーダールな部分が見られるが,チャーリー・マリアーノが,ただ“明るく爽やかに”アルトサックスを吹いていく。
 チャーリー・マリアーノに“売れ線”を吹かせるとはナイスなアイディアではあった。これが“幻の名盤”の1つに数え上げられている理由なのだろう。

 『ジャズ・ポートレイト』の“目玉”は「巨人・大鵬・卵焼き」ならぬ【THE WIND】【TO TAIHO】【GOODBYE】なのであろうが,個人的には「イージーリスニング・ジャズ」の世界にカッチリとハマッタ“パーカー派らしからぬ”【THE SONG IS YOU】でのアルトが一番のお気に入り。

 “幻の名盤”『ジャズ・ポートレイト』は,ジャズではなく「イージーリスニング・ジャズ」の初穂としての“幻の名盤”であった。
 だ〜って,ドン・セベスキーのアレンジを軽く聴き流すのが本当に気持ちいいのだから,しょうがないんだもん!

  01. I Feel Pretty
  02. The Wind
  03. To Taiho
  04. Goodbye
  05. The Shout
  06. Portrait Of An Artist
  07. Deep In A Dream
  08. Pretty Little Nieda
  09. The Song Is You

(レジナ/REGINA 1963年発売/ABCJ-550)
(ライナーノーツ/妙中俊哉)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チャーリー・マリアーノ / チャーリー・マリアーノと渡辺貞夫4

CHARLIE MARIANO & SADAO WATANABE-1 管理人の中でチャーリー・マリアーノと来れば,何となく「G.I.ジョー」を連想してしまう。
 最大の理由はチャーリー・マリアーノの“彫りの深い顔立ち”が「G.I.ジョー」の人形顔に思えたのがきっかけなのだが,後付かもしれないが,チャーリー・マリアーノ=「G.I.ジョー」説,が我ながら気に入っている。

 アメリカの軍人さんが日本女性を娶る(by 秋吉敏子)。アメリカの軍人さんが日本人を指導する(by 渡辺貞夫)。その結果,親日家さんの象徴「G.I.ジョー」! ねっ,なかなかでしょう?(自画自賛)。

 チャーリー・マリアーノの影響力は,チャーリー・パーカーマイルス・デイビスアート・ブレイキー等のGHQクラスには及ばないが,チャーリー・マリアーノの「G.I.ジョー」としての現場主義の活動が,確実に日本ジャズ発展の“底上げ”に貢献している。チャーリー・マリアーノこそが,日本ジャズ発展の“影の功労者”の1人なのだ。

 そんなチャーリー・マリアーノが,かって強弁を振るった渡辺貞夫との共演盤が『CHARLIE MARIANO & SADAO WATANABE』(以下『チャーリー・マリアーノと渡辺貞夫』)。

 バークリーでの師弟関係そのままに『チャーリー・マリアーノと渡辺貞夫』における渡辺貞夫チャーリー・マリアーノの従者としての共演である。
 …が,そこがまた格別の存在感たらしめているわけであって,渡辺貞夫がこんなにもフルートを吹きまくっているのは『チャーリー・マリアーノと渡辺貞夫』だけであろう。
 こんなにもノリのいいフルートを聴かせられたら,もっとナベサダフルートを聴いてみたくなる〜!

CHARLIE MARIANO & SADAO WATANABE-2 渡辺貞夫アルトサックスの音色を“世界一”と認める管理人に,アルトサックスではなくフルートを意識させてくれるのは『チャーリー・マリアーノと渡辺貞夫』だけ。
 フルート・メインのナベサダは『チャーリー・マリアーノと渡辺貞夫』だけ。

 共にチャーリー・パーカーに心酔しきっているチャーリー・マリアーノ渡辺貞夫のグッド・バイブレーション。
 チャーリー・マリアーノ渡辺貞夫チャーリー・パーカーばりの「リラックスした心地よさ」。軽さと飛翔のブラジル・ナンバー。

 とにかく楽しい。とにかくごきげん。占領下にあった日本ジャズがアメリカの大衆芸術の影響下から抜け出し独自の成長ゾーンに入っている。「G.I.ジョー」がフィギュアの元祖なのです。

  01. Comin' Home Baby
  02. Black Orpheus
  03. One Note Samba
  04. Work Song
  05. Oh Lord Don't Let Them Drop That Atomic Bomb On
     Me

  06. The Shadow Of Your Smile
  07. Goin' Home
  08. On The Trail
  09. My Romance
  10. Secret Love

(ビクター/JVC 1967年発売/VICJ-61367)
(ライナーノーツ/本多俊夫)
(紙ジャケット仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.