アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:セシル・テイラー

セシル・テイラー / エアー・アボーブ・マウンテンズ(ビルディングス・ウィズイン)3

AIR ABOVE MOUNTAINS (BUILDINGS WITHIN)-1 “フリージャズの鬼軍曹”セシル・テイラーに関しては「好き」というより「興味本位」という感じで近づいていた。だから「好き嫌い」に関係なく,彼のディスコグラフィーを片っ端から聴き漁った時期があった。

 …が,やっぱり「好き」ではなかったので,ある時,手持ちのコレクションの3枚(セシル・テイラー批評に登場した『LOOKING AHEAD!』『UNIT STRUCTURES』『CONQUISTADOR!』)だけを残して売り払ってしまった。
 結局,管理人のレベルでは前衛音楽は理解できない。『UNIT STRUCTURES批評の中でも書いたのだがセシル・テイラーフリージャズには「現代アート」に通じるものがある。

 福岡市在住の管理人の周りには幾つもの美術館がある。結構,美術館にも通っている方だと思う。久留米には“世界のブリヂストン”運営の「石橋美術館」があって年に数度は足を運ぶ。
 「石橋美術館」と来れば「現代アート」である。あのオブジェ,あの抽象画を見ていると頭の中でセシル・テイラーフリージャズが流れ出す。…と同時に思考停止…。でもそれが良かったりするのだから前衛はやめられない?

 そんな理解不能と分かっているのに,やっぱり見たくなってしまう謎のパターンで手を出したのがセシル・テイラーソロ・ピアノライブ盤『AIR ABOVE MOUNTAINS』(以下『エアー・アボーブ・マウンテンズ(ビルディングス・ウィズイン)』)。

 そう。買い直しである。何度聴いても理解不能で手離したにも関わらず「耳の肥えた今なら楽しめる」という甘い期待と,24BITリマスタリング&紙ジャケット仕様というマニア向けにバージョンアップしての再発にそそられてしまった私がバカだった。
 学習能力なし? 記憶力なし? 約20年振りに聴く『エアー・アボーブ・マウンテンズ(ビルディングス・ウィズイン)』の印象はあの当時のまま。トホホ。

 しかも若さ溢れる20代なら耐えられた『エアー・アボーブ・マウンテンズ(ビルディングス・ウィズイン)』の厳しい演奏が40代の身体には堪える。疲れる。エネルギーが吸い取られるような感覚がある。それ位の圧倒的なセシル・テイラーのパワーに完敗してしまったのだ。

 セシル・テイラーの集中力に観客の集中力が合わさり,呼吸するのさえ憚られる。この時期のセシル・テイラーは統制の利いた構造美よりも無秩序な破壊のテイストが先行しているので,どこで息を吸ってどこで息をはいたらよいのかさえ分からない。ポイントが分からないので聴いていて苦しくなってしまうのだろう。

AIR ABOVE MOUNTAINS (BUILDINGS WITHIN)-2 『エアー・アボーブ・マウンテンズ(ビルディングス・ウィズイン)』を,たった1人のセシル・テイラーが弾いていると考えるのは「発想の飛躍」である。
 ピアノには連弾という奏法があるではないか! 『エアー・アボーブ・マウンテンズ(ビルディングス・ウィズイン)』は,セシル・テイラー“その人”が幾十人も並んで連弾しているに違いない! 「現代アート」が理解できない者にはそうとしか思えやしない!

 そう。『エアー・アボーブ・マウンテンズ(ビルディングス・ウィズイン)』は,紛れもない前衛である。
 ゆえに44分30秒もの時間をかけて作り上げたオブジェと31分44秒もの時間をかけて作り上げた抽象画からなる長時間即興演奏を解説しようとする行為には無理がある。

 セシル・テイラーは何をイメージしながら演奏したのか? セシル・テイラーは長時間演奏のグランド・デザインを描いた上で本番に臨んだのか? セシル・テイラー本人にも着地点が分からないまま演奏が進行したのか?

 「現代アート」が分からない。前衛以降のセシル・テイラーが分からない。再発を買っても20年振りに聴いても『エアー・アボーブ・マウンテンズ(ビルディングス・ウィズイン)』が一向に分からない2014年の春寒であった。

  01. AIR ABOVE MOUNTAINS (buildings within) PART
     ONE

  02. AIR ABOVE MOUNTAINS (buildings within) PART
     TWO


(エンヤ/ENJA 1973年発売/TKCW-32190)
(ライナーノーツ/杉田宏樹)
(紙ジャケット仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

セシル・テイラー / コンキスタドール4

CONQUISTADOR!-1 前作『ユニット・ストラクチャーズ』で,フリージャズの頂点に達したセシル・テイラーがすぐさま動いた!
 『CONQUISTADOR!』(以下『コンキスタドール』)で,自らの手で完成させたフリージャズの“黄金スタイル”を自らの手でぶっ壊す!

 『CONQUISTADOR!』(以下『コンキスタドール』)には『ユニット・ストラクチャーズ』の名残のかけらもない。
 『ユニット・ストラクチャーズ』の“構造美”に対して『コンキスタドール』の真実とは“破壊の果ての混沌”である。何かが“轟音を立てて崩れていく音楽”なのである。

 『コンキスタドール』におけるセシル・テイラージャズ・ピアノは,見事な調和を聴かせた次の瞬間,バラバラになって砕け散ってゆく。そしてまた次の瞬間,表情の異なる見事な調和を聴かせては消えてゆく“音のスライム”!
 作っては消し→分裂→作っては消し→再生…。この一連の「スライムの陶器師」であるかのような“おまじない”に一体どんな意味があるのだろう?

 管理人には分からない。『コンキスタドール』を何十回と聴いてみたが分からない。多分100回聴いても分からないように思う。
 管理人に分かることがあるとすれば,それはセシル・テイラーが感じていたであろう“快楽”である。とにかく気持ちいい。このカオスに浴しているのが気持ちいいのだ。

 セシル・テイラーは『コンキスタドール』で,バンドを支配することを意識的に止めている。自分が作った枠だけが残る音の修羅場に,頭真っ白で,裸エプロンで乗り込んでいる。全てを知っているはずなのに,違う自分と共演してしまうような妙な感覚…。
 緻密で厳格で理知的,でも意外に軽やかで,壮大な緊張感に支配される集団即興演奏の領域にセシル・テイラーが初めて足を踏み入れている。

CONQUISTADOR!-2 ただし『コンキスタドール』におけるセシル・テイラーの破壊は,事前に計算された破壊であった。
 そう。ブルーノート名物のリサーサル! 初演のインパクトを取るか? テイク2の完成度を取るか?
 どちらにしてもセシル・テイラーは,冷静に理性的に,集団即興演奏を破壊へとリードしていく。
 
 分裂と再生を繰り返しながら崩壊を続ける,静から動へのダイナミクスの相当難解なアドリブ地獄を前にして,それでもあなたは『コンキスタドール』を言葉で説明しろと言いますか!

  01. CONQUISTADOR
  02. WITH (EXIT)

(ブルーノート/BLUE NOTE 1966年発売/TOCJ-4260)
(ライナーノーツ/ナット・ヘントフ,原田和典,エイヴリー・シャープ)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

セシル・テイラー / ユニット・ストラクチャーズ5

UNIT STRUCTURES-1 『UNIT STRUCTURES』(以下『ユニット・ストラクチャーズ』)は,印象的なジャケット通りの「音絵巻」。
 『ユニット・ストラクチャーズ』の「音絵巻」にはセシル・テイラーのこれまでの鍛錬の全てが,そしてフリージャズの歴史の全てが「巻かれている」!

 そう。『ユニット・ストラクチャーズ』こそが「THIS IS FREE JAZZ」なのである。フリージャズを語るには避けて通ることのできない名盤中の名盤だと思っている。

 一般にフリージャズとは“自由”の意味が歪曲されてか,あるいは“デタラメな演奏”が強調されてか,即興的な演奏をイメージしがちだが,実はそうではない。
 フリージャズは突然変異のごとく自然発生的に生まれたジャズではなく,ハード・バップの限界をブレイクスルーするために,いわば必然的に,ハード・バップの延長線上に生まれたジャズフリージャズはモードの右腕なのだ。

 セシル・テイラーフリージャズに接すると,常にあるルール上で音楽が展開されていることが理解できる。ただし理解できるのは,適当にやっていないな,ということだけであって,明快に批評できるだけのまとまりを発見するには至らない。

 その特徴は『ユニット・ストラクチャーズ』に顕著であって『ユニット・ストラクチャーズ』を聴いていると「現代アート」を見せられているような感覚を抱く。抽象画とかオブジェとかを見せられた時の「これが一体何なのか…。これが果たして芸術なのか…」。この意味でセシル・テイラーこそ「真の前衛」なのである。

 セシル・テイラーの音楽には,常に枠みたいなものがあって,基本的にどの楽器もこの枠を出ることはない。この枠とは作曲部分であるとも言えるが,むしろセシル・テイラーの指示,と捉えた方が分かりやすい。
 先に『ユニット・ストラクチャーズ』を「音絵巻」と記したが『ユニット・ストラクチャーズ』の全4曲が組曲であるかのように構成されている。しかしそう単純な話ではない。その4曲とも曲の中にドラマがあって1曲1曲が組曲であるかのように構成されている。

 トラック毎にソロ・オーダーがあるのだが,フレージングは従来のバップの延長線にあるもので目新しいものではない。しかし,その使いまわされていたフレージングの組み合わせが革新的。
 通常であればソロ・オーダーは先のソロイストのフレージングにつながっていくものだが,セシル・テイラーは決してそれをやらない。敢えて先のフレージングとは異質なソロをオーダーしている。ブツ切りのソロを切り絵にし,張り絵にまとめ上げている。

 そう。『ユニット・ストラクチャーズ』の真実とは,セシル・テイラーの手による「コラージュ」。
 『ユニット・ストラクチャーズ』は,メンバー“絶唱”のソロに気を取られてはいけない。トラック毎に聴いてもいけない。なぜなら「木を見て森を見ず」になってしまうから。
 ナスカの地上絵を見るが如く,天空から地上を見渡すようなスケールの大きな感受性が必要なのだ。

UNIT STRUCTURES-2 管理人の結論。『ユニット・ストラクチャーズ批評

 事前に入念に書き記された,メロディでもなく,リズムでもない“断片的な音の奇声”が整然と迫ってくる。『ユニット・ストラクチャーズ』ほど“不自由な”フリージャズはない。ここにあるのはセシル・テイラーの掌の内における“自由”だけである。

 めくるめくアコースティック楽器の「コラージュ」=「音絵巻」を眺めるだけ。蜃気楼で出来た巨大な建造物=「音絵巻」を眺めるだけ。リスナーにできるのはただそれだけ。
 『ユニット・ストラクチャーズ』はリスナーを選ぶ。上記のような聴き方の出来るジャズ・ファンにとって『ユニット・ストラクチャーズ』以上にフリージャズしているアルバムはない。
 『ユニット・ストラクチャーズ』こそが「THIS IS FREE JAZZ」。フリージャズ名盤中の名盤であろう。

  01. STEPS
  02. ENTER, EVENING (SOFT LINE STRUCTURE)
  03. UNIT STRUCTURES〜AS OF A NOW〜SECTION
  04. TALES (8 WHISPS)

(ブルーノート/BLUE NOTE 1966年発売/TOCJ-6672)
(ライナーノーツ/セシル・テイラー,小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

セシル・テイラー / ルッキング・アヘッド5

LOOKING AHEAD!-1 セシル・テイラーが前衛に走る前の代表作が『LOOKING AHEAD!』(以下『ルッキング・アヘッド』)。

 とにかく聴きやすい。アール・グリフィスヴィブラフォンがメインを張っているせいもあろうが,セシル・テイラーピアノがメロディアス。ハーモニクスに聴こえるジャズ・ピアノ名盤である。

 『ルッキング・アヘッド』は,オーソドックスな展開の“ギリギリの”フリージャズ
 「今,俺はセシル・テイラーを聴いている。今,俺はフリージャズを聴いている」的な“先入観としての難解”を意識しなければ,悶絶ものであろう。

 “フリージャズの鬼軍曹”セシル・テイラーは,キャリアの初めからイノベーダーとしてフリージャズ・スタイルに突き進んでいたわけではない。
 セシル・テイラーが,イノベーダーとして『ルッキング・アヘッド』で成し得たのは“音塊”としてのジャズ・ピアノであり“パーカッシブ”なジャズ・ピアノである。

 そう。前衛以前の『ルッキング・アヘッド』における,セシル・テイラーのトレードマーク=「過激な演奏」はピアノ単体のレベルであって,後の集団即興演奏的な「過激な演奏」の予兆はない。「昔の前衛は今の古典?」の典型例?

 『ルッキング・アヘッド』で,セシル・テイラーが取り組んだジャズ・ピアノの革新とは“第2のセロニアス・モンク”路線。
 ピアノのテンションの高い音圧とヴィブラフォンのクールな響きが相性チリバツ。新鮮なハーモニクスに“癒し”すら感じられる。

LOOKING AHEAD!-2 セシル・テイラーオーネット・コールマンも問題作はあるのはあるが,基本,分かりやすくて聴きやすい。
 セシル・テイラーオーネット・コールマンも“デタラメではなく計算された破綻”としてのフリージャズを演奏している。

 『ルッキング・アヘッド』は,是非,頭や知識で聴くのではなく,素直に音から入ってほしい。絶対いいから!

  01. LUYAH! THE GLORIOUS STEP
  02. AFRICAN VIOLETS
  03. OF WHAT
  04. WALLERING
  05. TOLL
  06. EXCURSION ON A WOBBLY RAIL

(コンテンポラリー/CONTEMPORARY 1959年発売/VICJ-2168)
(ライナーノーツ/ナット・ヘントフ,青木和富)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.