HUMARHYTHM LIVE-1 松原正樹フュージョンギタリストに徹してさえいれば,今やとんでもないことになっていただろう。真面目にそう思っている。松原正樹こそ,日本が誇るハイセンスな“ギターの巨匠”の1人なのだ。

 このトーン,このフレージング,そして何よりも大切な間の取り方と歌心が完璧。時に豪快なドライブで急所をエグッテくれば,ソウルフルなソロで胃袋をエグリ取り,ブルージーなカッティングで心臓をエグリ裂き,泣きのバラードで魂をエグッテくる。この存在感かたるや“格別”である。
 そう。松原正樹の“格別”な存在感はボーカリスト然。松原正樹ギターが“うなれば”そんじょそこらのボーカリストは一発で霞んでしまう。

 それくらいに松原正樹ギターには“歌”がある。トーンとフレージングで正しく“歌う”のインパクト。そう。松原正樹ギターには,歌詞では決して伝えきれないインストならではの説得力が感じられる。
 だからフュージョンギタリストに徹してほしかった。何でも器用に弾き倒してほしくはなかった。「できる」ということと「やる」ということは別物なのだから…。

 松原正樹の25周年記念ライブ盤『HUMARHYTHM LIVE』(以下『ヒューマリズム・ライブ』)は,松原正樹のライフワークである,打ち込み等を使用しない人間の生演奏を大切にした感動のライブ盤である。

 やっぱりいいなぁ。『ヒューマリズム・ライブ』の生演奏。暖か味があるし迫力もある良い演奏。松原正樹を盛り立てようとバックが生き生きと楽しげに弾いている姿が想像できるような“HUMARHYTHM”な音。

HUMARHYTHM LIVE-2 惜しむべきは『ヒューマリズム・ライブ』で本物のゲスト・ボーカルが入っているところ。松原正樹のあれ程のギターが盛り下がる〜。

 松原正樹フュージョンギタリストに徹してさえいれば,ゲスト・ボーカルなど入らない。松原正樹がバンドを演ったら野呂一生にもなれたと思うし,ジャズを演ったら渡辺香津美にもなれたであろうし,ポップスなら高中正義にもなれたであろうし…。

 でも松原正樹は“器用貧乏”ではなく“器用富豪”。松原正樹こそ,日本が誇るハイセンスな“ギターの巨匠”の1人なのだ。

  DISC1
  01. NE-ON
  02. True Lies
  03. LIVING IN THE MUSIC
  04. Deep Ocean
  05. Bourgeon
  06. DA-BA-DA
  07. With Me
  08. SYLVIA
  09. MAKE IT WITH ME
  10. SOMEDAY
  11. THE DEALER
  12. HUMAN RHYTHM
  13. You Babe

  DISC2
  01. MIURA WIND
  02. E・D・G・E
  03. Dolphin
  04. Over Lap
  05. SNIPER
  06. Fliegen
  07. AGATHA
  08. ARESA KORESA
  09. OPEN YOUR FREEWAYS
  10. HERCULES
  11. Rocking Chair

(ロッキング・チェアー・レコード/ROCKING CHAIR RECORD 2003年発売/RCM-1003-4)
(CD2枚組)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)