アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:TETHERED MOON

テザード・ムーン / ファースト・ミーティング5

FIRST MEETING-1 『トライングル』でキース・ジャレットトリオに“肩を並べた”菊地雅章の「テザード・ムーン」が『FIRST MEETING』(以下『ファースト・ミーティング』)でキース・ジャレットトリオを見事に超えてしまっている。
 超キース・ジャレット・フリークな管理人をして『トライングル』〜『ファースト・ミーティング』の「テザード・ムーン」は『ウィスパー・ノット』が発売されるまでの90年代キース・ジャレットトリオを超えていたのだ。

 さて『トライングル』の続編が『ファースト・ミーティング』なるタイトル名である。理由は『ファースト・ミーティング』が「テザード・ムーン」の秘蔵「ファースト・セッション」集。
 そうなるとピアノ菊地雅章ベースゲイリー・ピーコックドラムポール・モチアンの“初顔合わせ”でキース・ジャレットトリオを超えてしまっていることになる。

 おお,またしてもゲイリー・ピーコック! 今夜の『ファースト・ミーティング批評の主役はゲイリー・ピーコック

 ピアノキース・ジャレットベースゲイリー・ピーコックドラムジャック・デジョネットによるキース・ジャレットトリオの“初顔合わせ”と来ればゲイリー・ピーコックの『TALES OF ANOTHER』! やっぱり大名盤

 冷静にキース・ジャレットトリオについて分析すると『ウィスパー・ノット』と『マイ・フーリッシュ・ハート』の2枚を除けば「キース・ジャレットトリオ結成30周年記念:『あなたの好きなキース・ジャレットトリオの1曲は?』」の結果通り『STANDARDS,VOL.1』『STANDARDS,VOL.2』『CHANGES』『STANDARDS LIVE』『STILL LIVE』で決まりである。

 しかし上記5枚をしても『TALES OF ANOTHER』には達していない。理由はゲイリー・ピーコック
 キース・ジャレットトリオの「浮沈の鍵」を握るのはゲイリー・ピーコックゲイリー・ピーコックの好不調の波がキース・ジャレットジャック・デジョネットにも少なからず影響を及ぼしている。

FIRST MEETING-2 だ・か・ら『ファースト・ミーティング』! 『ファースト・ミーティング』でのゲイリー・ピーコックが,これまた『TALES OF ANOTHER』並みの“キレキレ”である。

 ゲイリー・ピーコックベースがとにかくイケイケ。リーダー=菊地雅章の意図を汲み取っているようにも思えるが,そこは“初顔合わせ”。悪気はなくともゲイリー・ピーコックの“地”が菊地雅章ピアノをリードしている。こんなにも“神懸った”ゲイリー・ピーコックを久しぶりに聴いた思いがしたものだ。

 『TALES OF ANOTHER』のゲイリー・ピーコックが『ファースト・ミーティング』のゲイリー・ピーコック菊地雅章ピアノに,独特の音空間の間を与えつつ,間を埋めている。
 キース・ジャレット菊地雅章を“転がす”ゲイリー・ピーコックこそ「現代のベース・マイスター」に違いない。

  01. Tethered Moon
  02. Misterioso
  03. Intermezzo / So In Love
  04. First Meeting / Solar / Open Trio
  05. P.S.

(ウィンター&ウィンター/WINTER & WINTER 1997年発売/BOM-22035)
(☆直輸入盤仕様 ライナーノーツ/山本淑子)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

テザード・ムーン / トライアングル5

TRIANGLE-1 「キース・ジャレット三昧」のお正月を送ったせいだと思う。
 無性に菊地雅章テザード・ムーンが聴きたくなって,ここのところ毎日聴いている。

 キース・ジャレット菊地雅章。管理人はキース・ジャレットジャズ・ピアノを聴いているとなぜだか菊地雅章を連想してしまう。
 ビル・エヴァンスでもミシェル・ペトルチアーニでもなくブラッド・メルドーでもアキコ・グレースでもなく,なぜだか菊地雅章なのだ。

 キース・ジャレット菊地雅章の共通点は多々ある。まず唸る。そしてマイルス・デイビスギル・エヴァンスポール・モチアンゲイリー・ピーコックとの密なる共演。さらにはフリージャズ…。

 上記はちと強引? 実に“孤高の天才”キース・ジャレットと同じ世界に住んでいるジャズ・ピアニストなんていやしないのだし,冷静にCDを聴き比べれば菊地雅章はほど遠い。でもそれでもキース・ジャレット菊地雅章を思い重ねてしまうのだ。
 この感覚が分かる人はいますか? その人は絶対にキース・ジャレット・フリーク! 管理人と「ドンピシャなお友達」になれることでしょう。

 そんな何の根拠もなく意味不明なのに確たる自信だけは持っている“菊地雅章から香るキース・ジャレットの香り”。その最右翼と来ればベースゲイリー・ピーコックドラムポール・モチアンと組んだ「テザード・ムーン」である。

 超キース・ジャレット・フリークな管理人をして,あのキース・ジャレットトリオに“肩を並べる”と思ったピアノ・トリオは,後にも先にも「テザード・ムーン」だけなのだ。
 ここまで書けば管理人が冗談でも気まぐれでもなく本気で「テザード・ムーン」を押していることは察していただけることと思う。

 「テザード・ムーン」の基本形は『AT THE DEER HEAD INN』におけるキース・ジャレットトリオだと思っている。
 キース・ジャレットトリオと来れば,ピアノキース・ジャレットベースゲイリー・ピーコックドラムジャック・デジョネットであるが『AT THE DEER HEAD INN』ではドラムジャック・デジョネットポール・モチアンに交代した。
 キース・ジャレットトリオの編成からドラマーが1人交代しただけで,こうも変わるものなのか!?

 そうして「テザード・ムーン」の『TRIANGLE』(以下『トライングル』)を聴いた感想は,キース・ジャレットトリオの編成からピアニストが1人交代するだけで,こうも変わるものなのか!?

TRIANGLE-2 そう。『トライングル』は『AT THE DEER HEAD INN』のデジャヴ! 『AT THE DEER HEAD INN』の再来! 『AT THE DEER HEAD INNアゲイン

 『トライングル』での菊地雅章は“弾きすぎていない”。一音一音,ピアノの音を丁寧に選びながら“慈しんでいる”菊地雅章のセンスがどうにも素晴らしすぎる。
 ピアノのハイライトは【THE SONG IS YOU】である。

 この菊地雅章の音選びを「導き,刺激し,手助けしている」ゲイリー・ピーコックベースポール・モチアンドラムのセンスがどうにも素晴らしすぎる。
 ベースドラムのハイライトは【TURNAROUND】である。

 …と,この3人とも「どうかしてるぜ!」とブラックマヨネーズの吉田のツッコミを締めの言葉としてチョイスした管理人のセンスなしがひどすぎる。 

  01. LITTLE ABI
  02. THE SONG IS YOU
  03. INTRODUCTION 1〜I FALL IN LOVE TOO EASILY
  04. TRUE U
  05. GAIA
  06. CONCEPTION VESSEL
  07. TURNAROUND

(パドルホイール/PADDLE WHEEL RECORDS 1992年発売/KICJ-130)
(ライナーノーツ/川田恒信,稲葉真弓)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.