BUZZY FEITEN WHIRLIES-1 バジー・フェイトンのロック・バンド=「バジー・フェイトン & ザ・ワーリーズ」のデビューCDBUZZY FEITEN WHIRLIES』(以下『バジー・フェイトン・ワーリーズ』)。
 これはダメだ。なぜかまだ手元に残っていた。いつものパターンならとうの昔に中古CD屋へお嫁に出しているはずだろうに…。

 あのフル・ムーンラーセン=フェイトン・バンドにおける“ギター・ヒーロー”バジー・フェイトンは『バジー・フェイトン・ワーリーズ』の中にはいない。
 『バジー・フェイトン・ワーリーズ』における“ロック・ギタリストバジー・フェイトンが一向に目立たない。終始バッキングとディストーション係。これがバジー・フェイトンの考えるロックなのか?

 まっ,元来バジー・フェイトンはリード・ギタリストのタイプではない。フル・ムーンではニール・ラーセンのサブ・ギターラーセン=フェイトン・バンドではボーカルのサブ・ギター。そんなことは分かっていた。

 でもせっかくのリーダー・バンド。それもロック・バンド。バリバリと前に出てギターを弾きまくるバジー・フェイトンを期待していたのにぃ。ジム・ヘンドリックスは無理でもスティーブ・ルカサー程度は期待していたのにぃ。

 『バジー・フェイトン・ワーリーズ』におけるバジー・フェイトンの役所は“メロディーに絡みつく”ギタリスト。そう。ボーカルフィーチャーしながらギターも歌う。
 本当にこの公式が当てはまるのなら,フル・ムーンラーセン=フェイトン・バンドにおける“ギター・ヒーロー”バジー・フェイトン“降臨”となるのだが,全然違うんだよなぁ。

BUZZY FEITEN WHIRLIES-2 ボーカルフィーチャーしながらギターが歌えていない。メロディーに絡んではいるがハズシている。意図的なスカシが透けて見える。おいおい。

 リード・ギターを耳で追えないロック・バンドなんて…。「バジー・フェイトン & ザ・ワーリーズ」なんて…。

  01. BREAK DOWN THESE WALLS
  02. LOVE AIN'T NOTHIN' LIKE THIS
  03. THIS AIN'T THE WORLD I KNOW
  04. WAIT
  05. MORE
  06. FIRE IN THE HOUSE OF LOVE
  07. FALSE HOPE
  08. SINCE I MET YOU
  09. DOWN REAL SLOW
  10. HIGHWAY TO LOVE

(ドリ−ムズヴィル・レコード/DREAMSVILLE RCORDS 2000年発売/YDCD-0028)
(ライナーノーツ/中田利樹)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)