アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ビル・フリゼール

ビル・フリゼール / グッド・ドッグ,ハッピー・マン4

GOOD DOG, HAPPY MAN-1 『NASHVILLE』は最高だったのになぁ…。
 これが『NASHVILLE』の続編である『GOOD DOG,HAPPY MAN』(以下『グッド・ドッグ,ハッピー・マン』)を聴いた後の正直な感想であった。

 『NASHVILLE』で,アメリカン・カントリーの真髄を“掘り当てた”ビル・フリゼールの金脈探しに正直,食傷気味になってしまった。そこまでやるか〜,な気分に襲われる。

 『グッド・ドッグ,ハッピー・マン』が,紛れもない名盤であることは認める。ただし,ここまで来てしまうと「“ジャズ・ギタリスト”の看板を下ろしてからにせい」とのたまいたくもなってくる。
 そう。『グッド・ドッグ,ハッピー・マン』には『NASHVILLE』に残されていた“遊び”がない。『グッド・ドッグ,ハッピー・マン』は“本格派”アメリカン・カントリー・アルバムに仕上がっている。

GOOD DOG, HAPPY MAN-2 信じ難いが『グッド・ドッグ,ハッピー・マン』のほとんどで,ビル・フリゼールはサビを弾いていない。
 とはいえメロディーを基に演奏を膨らましていく手法はジャズ的であるし,一見何も主張していないのに確かに「ギター・ミュージック」している。
 こんな切り口で演奏できるジャズ・ギタリストなんてビル・フリゼールを他にしてそう滅多にいるものではない。ウォー!

 ビル・フリゼールのホンノリ土臭く浮遊感漂うギターが,ただただ気持ちいい。ビル・フリゼールギターが曲を“装飾するかのように”メロディーを紡いでいる。

 『グッド・ドッグ,ハッピー・マン』でのビル・フリゼールは「ふにゃ〜ん」である。素朴なフレージングを垂れ流しっぱなしである。な・の・に・見事な構成美を強く感じてしまう。なんだこれ〜。

GOOD DOG, HAPPY MAN-3 『グッド・ドッグ,ハッピー・マン』の本質を例えるなら「車窓から眺める風景のような音楽」。ビル・フリゼールギターは車窓を流れる雲のようなものである。
 バックの音が暗くなると雨雲のように響き,バックがカンカン照りになると入道雲のようにモクモク,バックがロックで稲妻雲…。そんな中,どんなに気候が急変しようと雲の流れだけは一定であるようにビル・フリゼールは「ふにゃ〜ん」なのである。ブレテいない。四角い車窓のキャンバスの中だけで雲が流れ続けていく構成美。

 うん。この構成美がやりすぎだ。『NASHVILLE』は,ハミ出すかハミ出さないか,のコントロールが絶妙であった。『グッド・ドッグ,ハッピー・マン』のビル・フリゼールは決してハミ出さない。やりすぎた分だけ退屈なのだ。

 “天才”ビル・フリゼールは牧歌的にギターを鳴らす“ツボ”を心得ている。懐かしさ以上に“リアル”なアメリカン・カントリーを感じさせてくれる。
 そう。『グッド・ドッグ,ハッピー・マン』こそ“現在進行形”のアメリカン・カントリー! これぞ『NASHVILLE』の完成形!

GOOD DOG, HAPPY MAN-4 “天才”ビル・フリゼールさん。あなたのチャレンジ精神が大好きでした。特に『NASHVILLE』は“未完の大器”仕上げでしたので最高でした。

 “天才”ビル・フリゼールさん。『グッド・ドッグ,ハッピー・マン』で『NASHVILLE』の全貌を知らされてしまった私は今後どうしたらよいのですか? 何を楽しみとしたらよいのですか? もうすでに『グッド・ドッグ,ハッピー・マン』以降のソロ・アルバムは全て売り飛ばしてしまったのですから〜。

 えっ? あっそうですか? 何回聴いても“不思議ちゃん”な『IN LINE』を聴け!ですか? そうですよね〜。

  01. Rain, Rain
  02. Roscoe
  03. Big Shoe
  04. My Buffalo Girl
  05. Shenandoah (for Johnny Smith)
  06. Cadillac 1959
  07. The Pioneers
  08. Cold, Cold Ground
  09. That Was Then
  10. Monroe
  11. Good Dog, Happy Man
  12. Poem for Eva

(ノンサッチ/NONESUCH 1999年発売/WPCR-19012)
(☆スリーブ・ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/熊谷美広)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ビル・フリゼール / ナッシュビル5

NASHVILLE-1 『ナッシュビル』こそビル・フリゼールの“転換点”にして“最重要作品”。
 ビル・フリゼール批評するつもりなら,必ずや『NASHVILLE』以前と『NASHVILLE』(以下『ナッシュビル』)以後について語らねばならない。『ナッシュビル』は,本気でビル・フリゼールを追いかけようと思う人の“試金石”ともなる1枚である。

 『ナッシュビル』がダメな人でもガッカリする必要はない。きっとその人はビル・フリゼールのファンというよりもジャズフュージョン・ファンなだけである。
 そう。『ナッシュビル』以降のソロ・ワークにおいて,ビル・フリゼールは“ジャズ・ギタリスト”としての看板を下ろしている。“ジャズ・ギタリストビル・フリゼールとしての活動はポール・モチアン絡みを聴くのみ! こちらは超・物凄い〜!

 『ナッシュビル』に漂う,アメリカン・カントリー系のフォークギターの温もりは『ビフォア・ウィ・ワー・ボーン』で感じた絶頂感と真逆の快感! もうトロトロにとろけてしまう。カントリーでこんなにオーガニズムを感じるとは予想だにしなかった。個人的な衝撃作の最右翼である。

NASHVILLE-2 『ナッシュビル』はジャズにもフュージョンにも属していない。とは言え生粋のアメリカン・カントリーでもない。方法としては『ナッシュビル』以前のビル・フリゼールと同じである。

 ビル・フリゼールが興味を持つ,あらゆる要素を取り込んだ“ごった煮”作業のレンジが広がったに過ぎない。「懐かしくて物悲しい」バック・サウンドをフィーチャーして,少し多めにカントリーに振れただけだと思う。完全にカントリーに行っていないのは,それこそビル・フリゼールの“バランス感覚の妙”であろう。

 では『ナッシュビル』が好きな人。その人こそ“真の”ビル・フリゼール・ファンを名乗ってよい。管理人は「『ナッシュビル』好きはビル・フリゼール好き」をここで断言したい。

 ビル・フリゼールの“雄大な音世界”で流れるジャズ・ギターの何と牧歌的なことだろう。無心になって&夢中になって『ナッシュビル』に入り込む。そこにはビル・フリゼールただ一人だけが存在する。心の中を100%ビル・フリゼールが占めている。こんな経験,管理人のフェイバリットであるキース・ジャレットパット・メセニーのアルバムでもそう滅多にできる経験ではない。

NASHVILLE-3 ビル・フリゼールが描き出す“果てしない地平線”の音世界はキース・ジャレットパット・メセニーの“天才”に近い。
 キース・ジャレットパット・メセニーの音楽には,天才が才に溺れない普段からの修練が見え透けてくる。キース・ジャレットパット・メセニーは“天才”にして音楽が好きでたまらない音楽バカ丸出しである。音楽を創造していないと死んでしまうかのように感じられる節がある。
 
 一方のビル・フリゼールは,自分の好きな音を理論を度外視にして自由に組み立てている。子供が好きなだけ楽器を鳴らしブロックを積み重ねているような感じ? 気負いが全く感じられない。ビル・フリゼールという人は山中千尋がそうであるように,自分をプロだと思っていないかのような“素人の凄み”が宿っている。

 そう。ビル・フリゼールの『ナッシュビル』以後は,ECM時代の過激な実験を大満足のうちに終えたからこそリタイアできた,自分の趣味が毎回のテーマになっている!
 だ・か・らビル・フリゼールの趣味に付き合う「『ナッシュビル』好きはビル・フリゼール好き」なのだ。

NASHVILLE-4 管理人の結論。『ナッシュビル批評

 ビル・フリゼールは『ナッシュビル』以降が面白い。『ナッシュビル』以降こそが聴き所。『ナッシュビル』でビル・フリゼールはキャリアの頂点に達したと思う。

 …とここまで書いておきながら…。管理人にとって『ナッシュビル』以降のビル・フリゼールは,どれも似たり寄ったりな感じがする。ビル・フリゼール自身『ナッシュビル』に“呪縛”のようなものを感じてはいないのか?
 『ナッシュビル』以降のビル・フリゼールに駄盤なし。どれもが最高傑作レベルに違いなし。でも…。

 ズバリ,管理人はビル・フリゼールという“ジャズ・ギタリスト”をビル・フリゼールソロ作品から離れ,ポール・モチアン絡みで聴くことにしています。

  01. GIMME A HOLLER
  02. GO JAKE
  03. ONE OF THESE DAYS
  04. MR. MEMORY
  05. BROTHER
  06. WILL JESUS WASH THE BLOODSTAINS FROM
     YOUR HANDS

  07. KEEP YOUR EYES OPEN
  08. PIPE DOWN
  09. FAMILY
  10. WE'RE NOT FROM AROUND HERE
  11. DOGWOOD ACRES
  12. SHUCKS
  13. THE END OF THE WORLD
  14. GONE

(ノンサッチ/NONESUCH 1997年発売/WPCR-5581)
(☆スリーブ・ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/熊谷美広)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ビル・フリゼール / ビフォア・ウィ・ワー・ボーン5

BEFORE WE WERE BORN-1 『イン・ライン』が“静”の代表作であるならば『BEFORE WE WERE BORN』(以下『ビフォア・ウィ・ワー・ボーン』)は“動”の代表作。

 『ビフォア・ウィ・ワー・ボーン』でのビル・フリゼールは,これでもかって言うくらいにジャズ・ギターを弾きまくっている! こんな過激なビル・フリゼールは唯一無二! 岡本太郎の「芸術は爆発だ!」をジャズ・ギターで表現するとこうなるのだろう。

 元来,ビル・フリゼールというギタリストは,無音空間=余韻を大切にするギタリストビル・フリゼールギター・ワークはワンコードや循環コードで転調がないものが多いように思う。
 ギターシンセやディレイ,ディストーション,リバーブ・ユニットなどのエフェクター類を駆使することによって,ギタリストとしてのアイデンティティを押し広げ,あるいは非ギタリスト的なアプローチを試みていると思うのだが,結果,機械的で無機質な音ではなく管楽器のような肉声に近い響きがする。

 ディレイ・ワークはかぶせる音を間違えるととんでもない結果になる。ビル・フリゼールのディレイ・ワークは“センスの塊”である。『ビフォア・ウィ・ワー・ボーン』の過激なディレイが,やっぱり“浮遊”している。
 フワフワ感とハードコアの違和感→不穏な異空間→無音空間の芸術→鳥肌ものの「アバンギャルド作品」。それが『ビフォア・ウィ・ワー・ボーン』である。

 ビル・フリゼールが敢えて表現した“不安定な響き”に追い打ちをかけるのがアート・リンゼイの“ヘタウマ・ギター”。この「不可思議不思議共鳴」のツインギターアート・リンゼイとの共演を望んだビル・フリゼールの“ミクスチャー感覚の才”!

 そんなツインギターに“スパイスをふりかける”のが盟友=ジョン・ゾーンジョン・ゾーンの音世界で染め上がった「ビル・フリゼールバンド」は“プログレするセロニアス・モンク”のようである。

 一聴,不協和音の壁がそびえ立つセロニアス・モンクジャズ・ピアノ。しかしセロニアス・モンク程,真にフリージャズしている巨人はいない。事実,ジャズ・マニアが最後に行き着くのはセロニアス・モンクである(…と言われている。管理人はまだセロニアス・モンクまで行き着いてはいないけど,これが分かる気がするのです!)
 そんな真にフリージャズしている“現代の”セロニアス・モンクジョン・ゾーンであり「ビル・フリゼールバンド」を“鳴らして”12音階では“表現不能”なプログレを聴かせている。大感動!

BEFORE WE WERE BORN-2 管理人の結論。『ビフォア・ウィ・ワー・ボーン批評

 ビル・フリゼールの“動”である『ビフォア・ウィ・ワー・ボーン』の“腰の据わらない”ジャズ・ギターはハッキリ言って異端である。鳥肌ものの「アバンギャルド作品」である。
 しかし,掘り下げて聴き込んでいくと,いつものビル・フリゼールにブチ当たる。『イン・ライン』と『ビフォア・ウィ・ワー・ボーン』は対照的なアルバムにして組曲タッチであり姉妹盤のようである。

 ビル・フリゼールは今夜もきっと世界のどこかで“静”と“動”を行き来しているはずである。
 ビル・フリゼールジャズ・ギターに不可能の文字はない。

  01. BEFORE WE WERE BORN
    SOME SONG AND DANCE:
  02. Freddy's Step
  03. Love Motel
  04. Pip, Squeak
  05. Goodbye
  06. HARD PLAINS DRIFTER
  07. THE LONE RANGER
  08. STEADY, GIRL

(ノンサッチ/NONESUCH 1989年発売/WPCR-5583)
(ライナーノーツ/大場正明)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ビル・フリゼール・バンド / ルックアウト・フォー・ホープ5

LOOKOUT FOR HOPE-1 “鬼才”ビル・フリゼールが結成した自己名義のバンド=「ビル・フリゼールバンド」のデビュー盤『LOOKOUT FOR HOPE』(以下『ルックアウト・フォー・ホープ』)。

 予想通り=期待通りに『ルックアウト・フォー・ホープ』でもビル・フリゼールの“不思議ちゃん”ワールド全開!
 ただし,ハンク・ロバーツチェロが効きすぎてしまった副産物なのだろう。ビル・フリゼールの“不思議ちゃん”ワールドが固まってきている。『イン・ライン』で感じた“浮遊感”や“狂気”がバンド・サウンドとして上手に固定化できている。 

 『ルックアウト・フォー・ホープ』での混沌とした“ごった煮”感のバンド仕様が,かえってビル・フリゼールソロギターを浮き上がらせる仕掛けなの? チェロあるいはバンジョーが,こんなにもハマッたジャズ・アルバムはそう滅多にあるものではない。

 『イン・ライン』での異空間が『ルックアウト・フォー・ホープ』で立体化している。エレクトリックアクースティックがクロスする,奥行きのあるジャズ・ギターとして進化している。
 チェロをも呑み込むジャズ・ギターが無敵! そう。ビル・フリゼールの懐の深さこそが“宇宙空間”! ブラックホールのように,そこで鳴っている音楽だけでなく,聴いているリスナーさえをも呑み込んでみせる。管理人もビル・フリゼールの体内に取り込まれてしまった → HELP ME!

 そう。「ビル・フリゼールバンド」の3人のメンバーは,すでにビル・フリゼールに取り込まれてしまっている。司令塔=ビル・フリゼールの意のままに“ビル・フリゼールの音”を発している。

LOOKOUT FOR HOPE-2 『ルックアウト・フォー・ホープ』にはビル・フリゼールの“影武者”がいる。バンド・メンバー=チェロハンク・ロバーツベースカーミット・ドリスコルドラムジョーイ・バロンが,個性全開で,ただし
ビル・フリゼール“ばり”に演奏していく。だ・か・ら立体的な“不思議ちゃん”ワールド全開!

 一人多重録音メイン+ゲスト・ベ−シストの『イン・ライン』を越えた,四人による“疑似”一人多重録音作『ルックアウト・フォー・ホープ』。
 「伸びやかなまま揺らぐリリカルな静けさ」を基調とするECMの申し子=ビル・フリゼールの“バンド・サウンド”を堪能できる。

  01. Lookout for Hope
  02. Little Brother Bobby
  03. Hangdog
  04. Remedios the Beauty
  05. Lonesome
  06. Melody for Jack
  07. Hackensack
  08. Little Bigger
  09. The Animal Race
  10. Alien Prints

(ECM/ECM 1988年発売/UCCE-3028)
(ライナーノーツ/松永紀代美)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ビル・フリゼール / イン・ライン5

IN LINE-1 自称「ジム・ホールのノートのジミ・ヘンドリクスのサウンドを持つギタリスト」=ビル・フリゼール

 いや,ウソである。ビル・フリゼールジャズ・ギターには,確かにジム・ホールジミ・ヘンドリクスの香りもするが,基本はウェス・モンゴメリーの系譜に位置している。
 しかしビル・フリゼールの音楽はジャズ・ギターというよりも,トランペットマイルス・デイビステナー・サックスソニー・ロリンズを聴いているようでもあるし,ジャズというジャンルを越えてブルースやロック,はたまたサーフィン・ミュージック,カントリー,レゲエの香りを感じてしまう“ウルトラ”雑食オールラウンダー!

 管理人がビル・フリゼールを語るなら「チャーリー・パーカーのノートのオーネット・コールマンのサウンドを持つギタリスト」!
 ビル・フリゼールの本質は“モダン・ジャズの創始者”チャーリー・パーカーと“ジャズの革命児”オーネット・コールマンのブレンドである。ただしブレンドの比率はチャーリー・パーカーオーネット・コールマンを足しても40%。残りの60%の成分は解析不能である。

 ビル・フリゼールは「一体どこから来て,一体どこへ迎おうとしているのか?」。チャーリー・パーカーで始まりオーネット・コールマンで変化を遂げて以来,長らく停滞していたジャズ・シーンのメジャー・バージョン・アップ。
 ビル・フリゼールギターには,ジャズ・シーンを一遍させてしまうだけの“メガトン・パワー”が秘められている。

 管理人がここまでビル・フリゼールを買っている理由は,ビル・フリゼールジャズ界きっての“不思議ちゃん”であるからだ。
 とことん聴いてもよく分からない。全く分からないわけではないのだが,以前の常識から外れているので,どう受け止めていいのかが分からない。しかし確実に難解ではない。バックとも見事に調和している。かぁ〜。
 ズバリ,ビル・フリゼールのアプローチはモダン・ジャズの世界に突如としてあらわれた“突然変異”のようなのだ。

IN LINE-2 とにかくビル・フリゼールデビューCD=『IN LINE』(以下『イン・ライン』を聴いてみてほしい。
 聴けば分かるさ。何とも表現しようがない,この管理人のもどかしさが…。

 『イン・ライン』は正統派のモロECMかぶりの王道ギター。実にクリアーである。しかし理路整然とした中で展開されているのは“狂言”のようである。明快なのに歪んでいる。
 ビル・フリゼールのフレージングは実直極まりない。ビル・フリゼールパット・メセニージョン・スコフィールドのようにアウトはしない。だから掴めそうななのに,その一歩手前で,でも絶対に掴みきれない揺らぎの歪み。

 『イン・ライン』を聴いていると,どこかの宇宙空間に連れ去れるかのようである。意識はハッキリしている。宙に浮いた瞬間も覚えている。でも地面から一歩足が浮いた瞬間から,今自分がどこに浮いているのか記憶を失くしてしまう。
 理解できるのはビル・フリゼールと2人して“歪み空間”に浮いている。その1点だけ。たとえ100回聴き込もうとも…。

  01. Start
  02. Throughout
  03. Two Arms
  04. Shorts
  05. Smile On You
  06. The Beach
  07. In Line
  08. Three
  09. Godson Song

(ECM/ECM 1983年発売/UCCE-3018)
(ライナーノーツ/村井康司)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.