FAVOR OF MY FRIENDS-1 「須藤満のみなさんのおかげです・ツアー」のセッションライブCD盤=『FAVOR OF MY FRIENDS』(←タイトルは「みなさんのおかげです」の英訳です。とんねるずの「…でした」の放送前?)を聴くと,須藤満こそが“バンドの要”であることが良く分かる。

 このセッションライブを聴いた瞬間,TRIXを連想してしまった。ドラム神保彰熊谷徳明のように…,キーボード高橋亜土窪田宏のように…,ギター大橋勇平井武士のように…(あっ,ギターJETよりも菰口雄矢の方がイメージ通り!)。
 一度「須藤満のみなさんのおかげです・ツアー」=TRIXライブと認識してしまったので,もう元には戻れません。トホホ。

 ん? リリースが1997年11月。TRIX結成前じゃん。“TRIXの母体”は「須藤満のみなさんのおかげです・ツアー」なのである。TRIXファンの皆さんは,そこんところよ〜く覚えておくように。
( そうなんです。管理人が『FAVOR OF MY FRIENDS』を入手したのはTRIXデビュー後数年してからでした。リアルに聴いていないくせして偉そうに! NO! こんな聴き方したから発見することもあるんです! 後追いの美学なのです! )

 入手したのは遅かったのですが『FAVOR OF MY FRIENDS』はかなりの回数聴き込みました。かなりの引っ掛かり具合で,実は骨太,中々消化できませんでした。そんな中,ついにスッキリできたのが,冒頭で書いた“TRIXのルーツ”が須藤満セッションバンドにあったという事実。須藤満こそが“TRIXの要”=“バンドの要”であるという事実。
 TRIX熊谷徳明バンドだけれど「ストさんあってのTRIX」だと思う。JETが去り窪田さんが去った今,しみじみとそう思う(泣)。JET窪田さん,好きだったのに(泣)。

 そんな“バンドの要”の須藤満が『FAVOR OF MY FRIENDS』でコンビを組んだは「日本一」→「世界一」の名ドラマー神保彰! ヒャッホー。ある意味“夢の組み合わせ”!
 神保彰のサポートを受けて須藤満が思う存分前に出ている。これぞ“男のベーシスト魂”を彷彿とさせる大熱演。スクェアでのノリストノリ・竹裕之スト・ウ満)でもTRIXでのノリスト熊谷・ノリ・明スト・ウ満)とも違うジンストでの須藤満はストレート・ライン。もはやベースよりもギターに近い6弦ベースのハイ・テクニック!

FAVOR OF MY FRIENDS-2 そう。『FAVOR OF MY FRIENDS』での須藤満ベース・ラインはT−スクェアTRIXで聴かせるポップ・インストゥルメンタルではなく,超絶技巧なフュージョンベース・ラインである。キリキリのカリカリでドラムに,時にはギターキーボードにも絡みつく。

 セッションベーシスト須藤満が超カッコイイ。須藤満のこのベースセッションベーシストしていた頃のマーカス・ミラーとかバーニー・ブルネルのような,渡辺香津美セッション・アルバムで響いているタイトなベースのあの感じ。

 全7曲のセッション・ナンバーと思いきや,これが1曲1曲カラーの異なる名曲。特にお気に入りなのが【THE SUN IS RISING AGAIN】。
 高橋亜土の“白眉の”キーボードソロを受けた大橋勇がロックン・ロールしまくっている。フロントの2人に煽られた,あの神保彰が本気で燃え上がってしまっている。
 5分43秒からのオオラスはJ−フュージョン史上,語り継がれねばならない大名演である。

  01. ON THE TRACK
  02. KEY HUNTER
  03. SUCCESS MOON
  04. 届かない電話〈消えた花嫁の謎〉
  05. ASIAN MOGLER
  06. カーニバル殺人事件
  07. THE SUN IS RISING AGAIN

(ヴィレッジ/VILLAGE 1997年発売/VRFL0001)
(ライナーノーツ/須藤満)
(デジパック仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)