アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:CHICKENSHACK

チキンシャック / CHICKENSHACK V4

CHICKENSHACK V-1 『CHICKENSHACK 』の感想は一言。「何とも勿体ない」でおしまいである。
 『CHICKENSHACK 』インスト・ナンバーは全トラック極上である。これだけの音を持っているのに,なぜこのタイミングで歌ものなのだろう?

 スクェア伊東たけしサックスを押し出すために,売れていた歌ものを止めた。チキンシャックも,もっと山岸潤史ギターに歌わせればいいのに…。もっともっと土岐英史サックスに歌わせればいいのに…。

 そう思わずにはいられない程『CHICKENSHACK 』は歌ものとインストとの出来の差が甚だしい。特にアップ・ナンバーに不必要なボーカルがダビングされている。これさえなければギターで盛り上げるはずなのに…。だから山岸潤史ギターソロが少なすぎるってばぁ。

 しかし,これが全てチキンシャックの計算だったのであろう。
 後発のフュージョン・バンド=チキンシャックとしては,オーソドックスなフュージョンを演っても受けない&売れないということを『CHICKENSHACK』『CHICKENSHACK 』『CHICKENSHACK 』『CHICKENSHACK 』の前4作で体験した。

 ゆえに『CHICKENSHACK 』では,フュージョンという枠を越えてきた。舵を切ったは山岸潤史お得意のファンク&ソウル系である。完全なるブラコン路線。う〜む。
 チキンシャックのもう一つの選択肢=土岐英史お得意のジャズ系に舵を切っていたならば…。
 メロウなバラード・ナンバーにおける土岐英史の“ゾクゾクする色気”を耳にするたびに,チキンシャック土岐英史ではなく“ジャズ・サックス・プレイヤー”土岐英史への欲求が高まってくる。

CHICKENSHACK V-2 「チキンシャックフィーチャリング土岐英史」への渇望。この欲望が(ほんの少しであっても)満たされていればチキンシャックにハマったかもしれなかったのになぁ。でも後発の宿命ゆえジャズ系も選択できなかったんだろうなぁ。

  01. FROM TOKYO WITH LOVE
  02. I REMEMBER YOU
  03. IT'S YOU
  04. GODZILLA ON MY PILLOW
  05. CHICKEN REPORT
  06. I DON'T WANNA BE ALONE
  07. NOON CREW
  08. NOW OR NEVER
  09. BROTHER SUNSHINE
  10. STILL AT TEMPS

(メルダック/MELDAC 1989年発売/MED-63)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チキンシャック / CHICKENSHACK4

CHICKENSHACK-1 フュージョンと来れば「夏,海,砂浜,ドライブ…」をイメージするのが常であろう。
 しかし中には真夏の光線が似合わない「夕闇,ミッドナイト,冬,テキーラ」をイメージさせるフュージョンもある。
 実に“URBANな”J−フュージョンバンド。それがチキンシャックである。

 チキンシャックとは,日本を代表するサックス・プレイヤーの土岐英史と日本を代表するギタリスト山岸潤史が組んだ(後発だからこそできた)異色フュージョンバンド
 チキンシャックデビューは作られたものだった。世のフュージョン・ブームも翳りを迎え“新興勢力”スムーズ・ジャズの台頭の波=ケニー・Gの『DUOTONES』!

 そんな時代に乗り遅れたのか? 時代を先取りしたのか? 自然発生的ではない土岐英史山岸潤史の組み合わせが決定的な“URBANな”音。管理人はエロスをチキンシャックから(プレイボーイとかスコラからも)学んだと思っている。下着のジャケット・シリーズからも…。
 そう。当時高校生の管理人には背伸びしても手の届かない世界で作られた,とにかく都会的で大人なフュージョン〜。

 16ビートのリズムに乗ってカラっとしたギターと煌びやかなシンセが16分音符のキメを予定調和的にキメまくるのがカシオペアであるならば,しっとりと濡れたソウルやR&Bに渋くも甘いサックスとブルージーなギターが絡みつくのがチキンシャック
 だからチキンシャックにはハマラなかったのかなぁ。チキンシャックは夜にしか聴かなかったよなぁ。

CHICKENSHACK-2 チキンシャックデビューCD=『CHICKENSHACK』。この音は今の耳にはなんてことない。しかし,あの当時の鮮烈なイメージが蘇ってくる。

 ズバリ,土岐英史ソプラノサックスがエロイ。土岐英史アルトサックスがカッコイイ。土岐さんは「エロかっこいい」! 土岐麻子の父〜!

  01. AT TEMPS
  02. FLOWERS FOR LENA −Dedicated to LENA-Chan
     −

  03. CHINA BLUE
  04. BETCHA BY GOLLY, WOW
  05. VERANO
  06. TOFU
  07. MR. BOP
  08. STINKY SNAKE
  09. GOOD NIGHT D

(メルダック/MELDAC 1986年発売/MED-5)
(ライナーノーツ/大伴良則)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.