COSMIC WORDS-1 管理人の音楽鑑賞は実際は雑食のオール・ジャンルです。部屋にいる時には「ながら聞き」のBGMとしてラジオがずっと流れています。ですので邦洋のヒット曲は大概網羅できていると自負しています。
 ただし「CD鑑賞」となると話は一変。SACDヘッドフォンで「拝聴」するのはジャズフュージョンのみ。一日の数時間はオーディオの前で正座しながらジャズフュージョンの醍醐味=アドリブを追いかけ続けています。楽しい〜。

 管理人のこのスタイルが確立されたのはもう20年以上前。きっかけとなる出来事がありました。
 今も部屋にはCDが(例のリッピングして中古CD屋で売る活動がぼちぼち定着したので減りましたが)1000枚以上はありますが,当時も2000枚以上は所有していたはずです。ジャズフュージョンが1000枚として,残る1000枚はオール・ジャンル。

 ああ〜,ここまで書いて振り返ってみると,今,昔と同じことをやっている〜。そう。1000枚売りさばき〜。
 その時に決めたのです。CDジャズフュージョン以外は買わないことを。それで売るCDを仕分けしたのですが…。
 結果“ジャズフュージョン縛り”は崩れ“インスト縛り”と相成りました。そうです。ジャズフュージョンには当たらない,YMO高中正義を捨てきれなかったのです。

 しかしYMO高中正義はまだいい。事実,今ではYMO高中正義のコレクションの半分は売り飛ばしてしまっている〜。
 実はその仕分け作業でどうしても死守したかった,どうしても処分できなかったCDが1枚あったんです。
 その“宝物にして愛着”の1枚こそ,ロック・ギタリスト鈴木賢司の『COSMIC WORDS』! 『COSMIC WORDS』が管理人の思惑“ジャズフュージョン縛り”を崩壊させたのです。

 もう大好き。メチャメチャ好き。野呂一生に狂っていた管理人の音世界を広げてくれたのが鈴木賢司なのです。アドリブログには似つかない,ロック系アーティストの初登場レビューです。以後,アドリブログは“インスト批評ブログ”ということでご贔屓願いま〜す(冗談です。アドリブログジャズフュージョン命!)。

COSMIC WORDS-2 『COSMIC WORDS』は全曲素晴らしいのですが,特に【理由なき反抗】【CLUB ELEKING】【輝ける7つの海をこえて】の3トラックは神!

 様々なメディアで「無人島へ持っていく10枚」なる企画を目にする時に考える。管理人ならキース・ジャレットパット・メセニーカシオペアスクェアマイルス・デイビスウェザー・リポートウイントン・マルサリス渡辺貞夫ソニー・ロリンズの9人の鉄板から1枚づつ選ぶとして,最後の1枚で迷いに迷いのたうち回るはず?

 残る一枠を争うは,矢野沙織デビッド・サンボーンケニー・ギャレット本田雅人ディメンションナニワの名前が思い浮かんだが,ズバリ,もしやの大穴=鈴木賢司!?
 『COSMIC WORDS』をチャッカリ,どさくさ紛れで袖の下から潜り込ませていそうな自分がいるのです。それくらい好き。本当に好き。完。

  01. RUMINATE
  02. 理由なき反抗
  03. JUST I LIKE THIS
  04. CLUB ELEKING
  05. 夢見るころを過ぎて
  06. COME ON!!(EVERYBODY SAY HEY!)
  07. 時間は止らない
  08. ARMS ON GUITAR
  09. 輝ける7つの海をこえて

(エピック・ソニー/EPIC/SONY 1986年発売/32・8H-64)
(ライナーノーツ/小貫信昭)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)