アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ベイビー・フェイス・ウィレット

ベイビー・フェイス・ウィレット / ストップ・アンド・リッスン4

STOP AND LISTEN-1 ブルーノートの“大看板”ジミー・スミスの次を狙う「次世代エース」のオルガニストベイビー・フェイス・ウィレット
 ジミー・スミスの大量リリースがブルーノートの戦略であったならば,ベイビー・フェイス・ウィレットも大量リリースのはずである。しかし,そんな「期待の星」は2枚で終焉。これってなぜだろう?

 ベイビー・フェイス・ウィレットの2枚目にして事実上の最終作=『STOP AND LISTEN』(以下『ストップ・アンド・リッスン』を聴いてライオンが下した「クビ宣告」の判断に同意してしまう非情な自分がいるのに気付く。
 そう。名盤フェイス・トゥ・フェイス』の再演を期待して聴いた『ストップ・アンド・リッスン』が外れ。『ストップ・アンド・リッスン』の印象は“こじんまり”&“地味”にまとまっている。
 スケールが小さくなった理由はフレッド・ジャクソンテナー・サックス抜きの,ギタードラムとによるオルガントリオ・フォーマットの採用にあろう。グラント・グリーン好きにとっては出番が多くてかえっていいと思うのですが…。

 『フェイス・トゥ・フェイス』に色濃かったベイビー・フェイス・ウィレット特有のR&Bやゴスペル・テイストは『ストップ・アンド・リッスン』でも健在。というか,R&Bやゴスペル・テイストがやけに耳につく。
 『ストップ・アンド・リッスン』の音作りは,ジミー・スミスが築き上げたオルガン・ジャズとは別物である。ハッキリ言えばジャズの鍵盤ものではない。ジャズ・ピアノの延長としてのオルガン・ジャズとは“似て非なるもの”である。

 「JAZZYでテクニシャン」なジミー・スミスと「ブルージーな情念」のベイビー・フェイス・ウィレット
 フレッド・ジャクソンアドリブが聴けない『ストップ・アンド・リッスン』が物足りない。ベイビー・フェイス・ウィレットアドリブは教会オルガン的であってジャズ的なアドリブに不慣れなのだろう。

STOP AND LISTEN-2 『フェイス・トゥ・フェイス批評でも書いたが,やはりベイビー・フェイス・ウィレットの持ち味は“細部の下支えの妙”にあるのであって自ら先陣を切ってリードするワンマン・タイプではない。『ストップ・アンド・リッスン』にもフレッド・ジャクソンが参加していたなら…。

 全体として悪くはないが『フェイス・トゥ・フェイス』に比べてソロの詰めが甘いというか燃焼しきれていない。あのトランペットのような甲高い“シャウト”が聴こえない。キラー・チューンもない。
 ただし洗練度が増しているのに“ソウルフルでアーシーな雰囲気”が損なわれていない。泥臭いとまではいかないバランス感覚が素晴らしい。ブルーノートの「次世代エース」のオルガニストの実力は伊達ではなかった。

 このアーシーなオルガン・ジャズを“好むか好まざるか”で評価が変わる『ストップ・アンド・リッスン』。管理人の評価はライオンと同じはずである。

  01. WILLOW WEEP FOR ME
  02. CHANCES ARE FEW
  03. JUMPIN' JUPITER
  04. STOP AND LISTEN
  05. AT LAST
  06. SOUL WALK
  07. WORK SONG

(ブルーノート/BLUE NOTE 1961年発売/TOCJ-6574)
(ライナーノーツ/佐藤英輔)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ベイビー・フェイス・ウィレット / フェイス・トゥ・フェイス4

FACE TO FACE-1 「かわいい顔してなかなかやるなぁ」。これが世の“凄腕な童顔(ベイビー・フェイス)”を称賛する際の常套句であろう。
 しかし,ブルーノートが誇るオルガニスト“凄腕な童顔(ベイビー・フェイス)”ベイビー・フェイス・ウィレットを絶賛しようものなら「なかなかやるなぁ」では怒られる。ここは是非とも「師匠,御見それしました」と深々と頭を下げていただきたい。

 そう。ベイビー・フェイス・ウィレットデビューCDFACE TO FACE』(以下『フェイス・トゥ・フェイス』)は,童顔の幼子に“魂をえぐられたかのような”気分になる。
 やってることは童顔のそれではなく,悪戯っ子がそのまんま大人になった「とっつぁん坊や」のあれである。

 ここで確認しておくが,ベイビー・フェイス・ウィレットは確かに童顔である。しかしベイビー・フェイス・ウィレットが童顔なのは彼の容姿を指してではない。
 オルガンという「黒くエグイ」楽器を,キンキンに華やかな音色へとフラッグシップした,その音楽性が“若い”のだ。ベイビー・フェイス・ウィレットオルガンが,時にけたたましく時に不意打ちをかけて“GROOVYに”鳴りまくる。まるでオルガンではなくトランペットのように甲高く〜!

 『フェイス・トゥ・フェイス』は,ベイビー・フェイス・ウィレットのリーダー作にして,ギターグラント・グリーンテナー・サックスフレッド・ジャクソンを大フィーチャリングした,アーシーな雰囲気の大ソウル大会にして,ギターテナー・サックスがテーマを歌いオルガンソロを取る構図(勿論,オルガンはバックでも常時鳴り続けている)。

 “一歩下がった”ベイビー・フェイス・ウィレットオルガン・プレイに“童顔”を感じさせる展開でありながらも,ベイビー・フェイス・ウィレットオルガンの存在感たるやもう…。
 オルガンがバックでお遊戯を踊っている。アチョー,アチョー,と鍵盤が押されていく。う〜ん。これは「黒くエグイ」楽器=オルガンの音使いではない。
 そして,ベイビー・フェイス・ウィレットがなにより凄いと思うのが“絶対王者”ジミー・スミスのように「オメメパッチリなメリハリ・メイク」で弾いていないのだから面喰う〜。

 要はベイビー・フェイス・ウィレットオルガンは,ギターテナー・サックスのための“化粧下地”!
 ベイビー・フェイス・ウィレットオルガンがソウルな雰囲気を醸し出し,グラント・グリーンのブルージーなギターフレッド・ジャクソンの野太いテナーの“厚塗り”を許している。

 そう。ベイビー・フェイス・ウィレットの仕事ぶりが最高のポイント! ソウルフルでブルージにして,そうした言葉だけでは表現しきれない引っ掛かりがビンビン。一種のソフィストケイトされた“ぶっきらぼうな”語り口が“凄腕な童顔(ベイビー・フェイス)”にして「とっつぁん坊や」の二面性がベイビー・フェイス・ウィレットの個性である。
 ベイビー・フェイス・ウィレットに感じるオルガン・ジャズの源流=R&Bやゴスペル・テイスト。オルガン・ジャズであるとともに,黒人のソウル・ミュージックであることを追いかけ続ける肌触りやノリが“若さ”なのだ。

 『フェイス・トゥ・フェイス』でのオルガン・ジャズ・フォーマットを無視して,時に“下地役”のベイビー・フェイス・ウィレットが,ちゃぶ台をひっくり返し,果てには畳までひっくり返す大どんでん返しの大振る舞い! やっぱりオルガンなんだけどトランペット炸裂時のようなアドレナリン!
 それ位に『フェイス・トゥ・フェイス』でのベイビー・フェイス・ウィレットオルガン・ジャズは異質である。簡単に言えば“全包囲網仕掛けではなく単音のシングル・トーン仕掛け”!

FACE TO FACE-2 恐らく,一度ベイビー・フェイス・ウィレットオルガン・ジャズを聴けば病み付きになる。脳裏からトランペットのようなオルガンの音像が消えなくなる。
 流石はブルーノートでありアルフレッド・ライオンである。ジミー・スミスの次を狙う「次世代エース」はベイビー・フェイス・ウィレット以外に考えられなかったように思う。

 ゆえに冒頭で書いたが,ベイビー・フェイス・ウィレットは「師匠」なのだ。「師匠,御見それしました」なのだ。ジミー・スミスとはブルーノートという同じ政党に属しつつも“亜流”な派閥に属するオルガニスト
 しかし,こんな天才,他の派閥の長老たちが放ってはおかない。ベイビー・フェイス・ウィレットは次作『STOP AND LISTEN』を最後にブルーノートを去る。そのまま引退→消息不明? もっともっとライオンの下で働ければ良かったのに…。

 そんなこんなで,もしや管理人を「ベイビー・フェイス・ウィレット通」だと思われたかもしれません。最後にぶっちゃけ書きます。
 管理人がベイビー・フェイス・ウィレットを聴いたのはグラント・グリーン目当てでした。グラント・グリーンからのベイビー・フェイス・ウィレットであり,フレッド・ジャクソンなのでした〜。
 このようにして「ブルーノートジャズメンの輪」が繋がっていくのでございます!

  01. SWINGIN' AT SUGAR RAY'S
  02. GOIN' DOWN
  03. WHATEVER LOLA WANTS
  04. FACE TO FACE
  05. SOMETHING STRANGE
  06. HIGH 'N LOW

(ブルーノート/BLUE NOTE 1961年発売/TOCJ-9055)
(ライナーノーツ/原田和典)
(紙ジャケット仕様)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.