LIGHT AS A FEATHER-1 【フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン】は管理人の人生において特別な位置を占めている。

 管理人の中学時代の23時の日課。それはNHK−FMの「クロスオーバー・イレブン」のテーマ曲=アジムスの【フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン】のオープニング終わりで,すぐにFM長崎の「ソニー・デジタル・サウンド」へチューニングすると,CM終わりのタイミングで連続で流れてくるテーマ曲=ザ・スクェアの【ハワイへ行きたい】。
 このラジオ・ザッピングの儀式?が就寝へのルーティーン。津嘉山正種の「街も深い眠りに入り,今日もまた一日が終わろうとしています…」という渋いナレーションからの椎名誠の朴徳独り語り。
 23時代なのに「街も深い眠りに入る」というフレーズに夜が長かった80年代を感じまくってしまう。まだセブンイレブンもなかったんだよなぁ。

 このように書くと少なく見積もっても管理人の思いに共感してくれる人が1000人はいると思っている。「クロスオーバー・イレブン」は「ジェット・ストリーム」や「オールナイト・ニッポン」に並ぶ国民的深夜ラジオ番組であった。
 幾つになっても【フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン】が流れ出すと一日が終わった気がしてくる。後は寝るだけ。その前にちょこっといけないことをして…。

 そんな【フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン】収録の『LIGHT AS A FEATHER』(以下『ライト・アズ・ア・フェザー』)。
 大ヒットした【ジャズ・カーニヴァル】は知っているが好みではない。【ジャズ・カーニヴァル】タイプではなく【フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン】っぽい曲が聴きたい。タイトル・チューンに指名したリターン・トゥ・フォーエヴァーカヴァーライト・アズ・ア・フェザー】への期待が高まってくる。…が,しかし…。

 管理人は何度も何度もアジムスの音楽を,そして『ライト・アズ・ア・フェザー』の全10トラックを理解しようと努力した。
 でもダメだ。アンテナにまるで引っ掛からない。【フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン】を除く『ライト・アズ・ア・フェザー』の9トラックは「普通のジャズファンク集」だった。

 え〜っ? 頼みの綱の【フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン】にまで粗が見えてきた。
 イントロのシンセのボリュームが大きすぎないか? 「クロスオーバー・イレブン」のテーマ曲ヴァージョン?では,もう少し静かにフェードインしていたような気がするのだが…。
 もう全てが台無しである。こんなお寒い内容であれば,いっそ聴かない方がよかった。

LIGHT AS A FEATHER-2 管理人の結論。『ライト・アズ・ア・フェザー批評改め,今回はアジムス批評

 ブラジルの世界的なフュージョン・グループ,アジムスとは【フライ・オーヴァー・ザ・ホライズン】のみの「一発屋」であった。

  01. PARTIDO ALTO
  02. AVENIDA DAS MANGUEIRAS
  03. LIGHT AS A FEATHER
  04. FLY OVER THE HORIZON (VOO SOBRE O HORIZONTE)
  05. AMAZONIA
  06. JAZZ CARNIVAL
  07. YOUNG EMBRACE (UM ABRACO DA MOCIDADE)
  08. DONA OLIMPIA
  09. THIS EXISTS(EXISTE ISTO)
  10. MONTREUX

(ビクター/JVC 1980年発売/VICJ-60955)
(ライナーノーツ/中原仁,友田さとし)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)