アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:今田 勝

今田 勝 NOWIN / そよ風と私4

THE BREEZE AND I-1 「日本のジョー・サンプル今田勝が結成したフュージョン・バンドの「今田勝&ナウイン」。

 だ・か・ら“重厚なのに軽やかな”「ナウイン」サウンドは,明るくスイングしていた時代の「クルセイダーズ」に通じるものがある。
 『THE BREEZE AND I』(以下『そよ風と私』)における「ナウイン」と「クルセイダーズ」の類似点。それがタイム感!

 ジャズの間合いでフュージョンする瞬間の「何とも言えない音空間の絡み具合」が絶妙なのだ。その意味でジョー・サンプル今田勝こそ,真のキーボード・プレイヤーだと宣言できる。

 今田勝の強烈なタッチはジャズ・ピアノそのものなのに,これぞフェンダー・ローズそのものの音。チック・コリア系にはないジョー・サンプル系の独特の響きは格別。これぞ「ナウイン」の音であり「クルセイダーズ」の音なのだ。

 そして「クルセイダーズ」がジョー・サンプルのワンマン・バンドでないのと同じく「ナウイン」も今田勝のワンマン・バンドではない。
 管理人が『そよ風と私』の「ナウイン」に「クルセイダーズ」を感じてしまうのは『そよ風と私』が「ナウイン」史上最高に「フィーチャリング今田あきら」しているから!

THE BREEZE AND I-2 今田あきらのモダンなアレンジとシンセサイザーが,今田勝キーボードを“歌わされる”ために目まぐるしく動いている。

 同じ「ナウイン」であっても,他の「ナウイン」のアルバムはジョー・サンプルの初期のソロ・アルバムっぽいのだが『そよ風と私』だけは「クルセイダーズ」っぽいと思う。

 だから「クルセイダーズ」好きの管理人には「ナウイン」と来れば,まずは『そよ風と私』を連想する。そろそろジョー・サンプル今田勝松岡直也高中正義の季節がやってくる。

  01. THE BREEZE AND I
  02. SUBLIMINAL WIND
  03. SUNFLOWER SMILE
  04. JOYFUL TRIP
  05. AIR BALLOON
  06. AFTER THE RAIN
  07. HORSE RIDING
  08. HURRICANE
  09. THE SUMMER KNOWS

(ポリドール/POLYDOR 1989年発売/HOOP20341)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

今田 勝 / アンダルシアの風4

ANDALUSIAN BREEZE-1 嘘か誠か?今田勝の【アンダルシアの風】に,あの勝新太郎が歌詞をつけて歌おうとした,なるウワサがあった。
 これって妙に説得力がある。信ぴょう性を感じる。実現していたら松岡直也作,中森明菜の【ミ・アモーレ】に並ぶ大ヒット曲が誕生していたのかもしれない。

 実はこのエピソードに「ジャズ・ピアノの詩人」と称された今田勝の個性が表現されていると思う。「重厚なのに軽やかな音」という意味不明な表現が“一番しっくりくる”独特なサウンドは,今田勝の作曲センスの賜物にあった。
 そんな今田勝の個性が色濃く発揮されたのが,4ビートから離れ,リズミックな可能性の拡大を目指した「今田勝&ナウイン」へと続く80年代のフュージョン路線の名盤群であろう。

 そのスタートとなる一番手こそが,上記,勝新太郎のウワサの発信源となった【アンダルシアの風】収録の『ANDALUSIAN BREEZE』(以下『アンダルシアの風』)である。

 『アンダルシアの風』は,ピアノ今田勝ベース古野光昭ドラム守新治ピアノトリオに,曲毎にゲスト参加するパーカッション今村祐司ギター渡辺香津美が加わった,ジャズでもなくフュージョンでもない“未完成のクロスオーヴァー”!

 全6曲の全てがサンバでありラテンなのだが『アンダルシアの風』の前後を聴き比べてみると,そんなリズムの変化以上に今田勝の音楽の「イ・ロ・ハ」の変化が耳に残る。
 ズバリ,今田勝が“クロスオーヴァー”で追求したのは「メロディー楽器のアンサンブル」だと思う。

ANDALUSIAN BREEZE-2 『アンダルシアの風』について語られる時,決まって今田勝以上に,渡辺香津美の【ANDALUSIAN BREEZE】【MORNING DREAM】でのアコースティックギターや【TOUCH AND GO】でのエレクトリックギターについて語られるが,それは尤もなことであって,渡辺香津美の「ノスタルジック」で「スパニッシュ」で「メランコリック」なメロディーこそが“完成されたフュージョン”なのだから…。

 渡辺香津美の“完成されたフュージョン”に刺激された,今田勝の“未完成のクロスオーヴァー”が,いかにも「ジャズとの決別宣言」のように響くあたりが“最高に美味しい”!
 今田勝の,アドリブではなくアンサンブルを重なり合わせてフュージョンさせた“未完成のクロスオーヴァー”が歌っている!

 そう。今田勝の今(NOW)+勝(WIN)=「NOWIN」!
 『アンダルシアの風』は“スペイン音階のを味方につけた”今田勝の大勝利でのエンディング〜!

  01. ANDALUSIAN BREEZE
  02. MORNING DREAM
  03. GULF STREAM
  04. TOUCH AND GO
  05. SAMBA DEL CENTAURO
  06. NOWIN

(アルファ/ALFA 1980年発売/ALCR-180)
(ライナーノーツ/山口弘滋)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

今田 勝 / リバージュ5

RIVERGE-1 『RIVERGE』(以下『リバージュ』)は,今田勝が「今田勝&ナウイン」結成後にリリースした,敢えて個人名義な「ナウイン」サウンド。

 “重厚なのに軽やかな”「ナウイン」サウンドそのままに,芸達者な年長者で脇を固めた『リバージュ』の狙いは,リゾート・ミュージックのモチーフを基本とした許容性の広い南国物語。十人十色の南国物語。

 名アレンジャー=清水信之シンセサイザーを基調とし,キーボード難波弘之中西康晴ギター松本恒秀杉本喜代志ベースポール・ジャクソン高水健司ドラム村上秀一山木秀夫市原康パーカッション三島一洋フリューゲル・ホルン吉田憲司アルト・サックス藤陵雅裕,そして飛鳥ストリングスまでが色彩豊かに絡みつく。

 『リバージュ』の聴き所は,若手ジャズメンの登竜門「今田勝&ナウイン」では表現しきれない“多義的で豊かな叙情感”! この辺りの“懐の深さが”敢えて個人名義な「ナウイン」サウンドの肝であろう。
 そう。『リバージュ』こそ,今田勝フュージョン路線の集大成。ゆえに「今田勝&ナウイン」の本流を汲んだ,敢えて個人名義のアルバムなのだ。

 フュージョン路線に進んでも「ジャズ・ピアノの詩人」と称された今田勝の独特な作曲センスは健在。そんな今田勝の珠玉の名曲を“今田勝のイメージ以上に表現できる”凄腕ジャズメン・バンド「今田勝&ナウイン・スペシャル?」だからこそ,今田勝の“心の歌”が聴き取れる。

 『リバージュ』でのリゾート・ミュージックは,ザ・スクェアハワイではなく管理人には三浦海岸。
 そう。『リバージュ』は,海外高級リゾートではなくイモ洗いリゾート。もう完全なる「日本の夏」。
 明るく爽やかでユーモラスで超カッコいいのに最大公約数が「涙のツボ」=今田勝特有の「哀愁のメロディ」必殺。これが極めて日本的。世界中どこを探しても『リバージュ』が似合うのは三浦海岸しか思いつかない。

 「世界一のジャズ大国」日本でしか育たなかったJ−フュージョン。日本人の血が流れていないと感じられないフィーリングとボキャブラリーとイマジネーション。エキゾティックで歌謡曲チックな歌メロとジャズ・ロックが融合した“重厚なのに軽やかな”BGM。
 (普段,思うことなど皆無なのに)日本人に生まれて良かった。アメリカに生まれていてもJ−フュージョンを聴いていたという虚言。夏の海のお供は,サザンでもチューブでもなく80年代J−フュージョンですから〜。

RIVERGE-2 さて,ここからは『リバージュ批評「外典」。

 今田勝は「日本のジョー・サンプル」。ここはブレない。しかし「今田勝&ナウイン」の全CD,特に『リバージュ』を聴くと「これは今田勝による松岡直也へのリスペクト作?」と思える瞬間が多々訪れる。今田勝の近似値=松岡直也!?

 2人の違いは今田勝の方がラテン調の湿度の少ないさらっとした南国風。味が「濃いか薄いか」の差だけと見る。う〜ん。でも書いていて何か違うよなぁ。
 ここは逆に『リバージュ』の中の松岡直也を分析する。すると…あった〜! 今田勝松岡直也を結び合わせる共通点「清水信之」。
 そう。清水信之の師匠は松岡直也清水信之ラテン・アレンジは松岡直也“譲り”なのだった〜。

 本当? 多分間違っている。「似て非なるもの」今田勝の近似値=松岡直也の秘密を探求することが管理人の永遠のテーマの一つです。

  01. Melodious Summer
  02. Wind & Wave
  03. Driving The Cabriolet
  04. Ships in Harbor
  05. A Door of Glass
  06. Vinous Party
  07. Saint Tropes
  08. Strange Conversation
  09. On Green Dolphin Street

(ポリドール/POLYDOR 1986年発売/H33P20087)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

今田 勝 / 誘われてシーサイド4

BLUE MARINE-1 ズバリ,今田勝は「日本のジョー・サンプル」である。
 ただし,この言葉を誤解しないでいただきたい。今田勝フュージョン路線は,完全に『RAINBOW SEEKER』スタイル。ジョー・サンプルの後追いなのであるが,今田勝の個性が強くてジョー・サンプルのコピーの遥か上を行っている。

 そんな今田勝が“似た者”ジョー・サンプルへ捧げたアンチテーゼがある。それが『BLUE MARINE』(以下『誘われてシーサイド』)である。
 『誘われてシーサイド』における,今田勝の「非なる」ジョー・サンプル,が実に興味深い。

 一般に『誘われてシーサイド』は,今田勝が「アイウイットネス」のスティーブ・カーンアンソニー・ジャクソンスティーブ・ジョーダンの3人に,グローバー・ワシントン,JR.トム・ブラウンを迎えて作られた豪華盤で通っているが,管理人的にはウェザー・リポートからマノロ・バドレーナを引っ張ってきた事実にニヤリ。

 そう。今田勝は「アイウイットネス」の凄腕リズム隊に元メンバーのパーカッショニストウェイン・ショータークラスのフロントを組み合わせた,仮想ウェザー・リポート&仮想ジョー・ザビヌルの世界を構築してジョー・サンプルクルセイダーズへ「ア・テ・ツ・ケ」た。ただし結果は「つ・も・り」止まりである。

 残念な理由は今田勝グローバー・ワシントン,JR.の相性の悪さ。グローバー・ワシントン,JR.抜きの【エンジェルフィッシュ】と【スマイル・フォー・ユー】の決定的名演は陽。太陽サンサン。ルンルン・ソング。『RAINBOW SEEKER』を凌いでいる。

 なのにグローバー・ワシントン,JR.が入ると途端に陰。これはグローバー・ワシントン,JR.が悪いのではなくフロントの人選ミス。グローバー・ワシントン,JR.は『WINELIGHT』な秋の人。夏が似合うは夕暮れ時。太陽サンサンは無理な人。『RAINBOW SEEKER』の2番煎じでボツ。

BLUE MARINE-2 いや〜,惜しい。同じサックス奏者ならグローバー・ワシントン,JR.ではなくベニー・モウピンだったのに…。
 クルセイダーズへ「ア・テ・ツ・ケ」るならウェザー・リポートではなくてヘッド・ハンターズジョー・サンプルへのアンチテーゼの役割モデルはジョー・ザビヌルではなくてハービー・ハンコックだったのに…。

 今田勝の「非なる」ジョー・サンプルへのアンチテーゼ。ちょっとは効果があったかな?
 いいや,やっぱり今田勝は,どんなに弾いてもどうもがいても「日本のジョー・サンプル」。『誘われてシーサイド』での今田勝は「頭隠して尻隠さず」だったかな?

 今田勝ジョー・サンプルの“呪縛”を自覚したのか,この2年後に「ナウイン」を結成。そう。ジャズ・ピアニストとしての自分に素直になればフェンダー・ローズで世界進出。小難しく考えないフュージョン路線が待っています。

  01. BLUE MARINE
  02. STREET DANCER
  03. ANGELFISH
  04. SECRET SOUNDS
  05. JUMPIN' DOLPHIN
  06. TROPICAL BUTTERFLY
  07. DEAR LILI
  08. SMILE FOR YOU

(ポリドール/POLYDOR 1982年発売/H32P20065)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

今田 勝 / シーキング・ブルー / SEEKING BLUE4

 『SEEKING BLUE』の1曲目は【SEEKING BLUE】(以下【シーキング・ブルー】)。


 【シーキング・ブルー】は,12分を超える熱演である。この気合の入ったミディアム・ブルースに,今田勝の考える“ジャズ”を感じる。

 【シーキング・ブルー】は,典型的な2管クインテットハード・バップゆえ,各人のソロ廻しがフィーチャリングされている。
 管理人の好きな“今田節”は,フロント2管のコールにレスポンスするピアノのテーマで登場する。キターッ&来る〜!
 中村誠一サックス向井滋春トロンボーンによる長尺のソロは,2人の名手ぶりを文句なく実証するアドリブである。
 そしてそして,リズム隊が熱〜い。今田勝ピアノ・タッチが有り得ない! フロントの2管とバースしながら繰り出される,稲葉国光ベース渡辺文男ドラムソロが肝である!

MASARU IMADA : Piano
KUNIMITSU INABA : Bass
FUMIO WATANABE : Drums
SHIGEHARU MUKAI : Trombone
SEIICHI NAKAMURA : Sax

今田 勝 / シーキング・ブルー4

SEEKING BLUE-1 ここ数年の音楽(ジャズ)業界の動きとして,レコード会社とマスコミが一体となって“和ジャズ”とか“昭和ジャズ”と呼ばれる,1950年代~80年代のJ-ジャズのアルバムがCD復刻盤として続々とリリースされている。

 普通に考えたら,定年退職を控え,第二の人生を謳歌しようと考える,ジャズ喫茶世代=団塊の世代をターゲットにしていると思うのだが,どうやら購入の中心層は意外にもジャズ・ファンではなく,現代のレア・グルーヴ世代やDJ筋らしい。
 へぇ~。“和ジャズ”や“昭和ジャズ”が懐古趣味などではなく“最新”の音楽だったとは驚きである。

 さて,この歓迎すべき“CD復刻シリーズ”の中で,管理人の目が,手が止まったのが,ピアニスト今田勝の『SEEKING BLUE』(以下『シーキング・ブルー』)である。

 管理人にとって,今田勝と来れば「今田勝&ナウイン」である。他のフュージョン・バンドとは一線を画する「今田勝&ナウイン」は「ジャズ・ピアノの詩人」と称された今田勝の個性そのもの。「重厚なのに軽やかな音」という意味不明な表現が“一番しっくりくる”独特なサウンドは,今田勝の作曲センスの賜物にあった。

 そこで,当時の“マセガキ”管理人は“フュージョンしてない”今田勝に興味を覚えた。お小遣いは少ない。悩みに悩んで決断した“JAZZYな”今田勝の1枚が『シーキング・ブルー』だった。

 当時は試聴機などない時代。『シーキング・ブルー』の決め手は,全曲・今田勝のオリジナルであったことと“強面”のジャケット写真であった(単純)。井上陽水似? はたまた裏社会の人っぽいジャケット写真からは“ナウイン・サウンド”していない今田勝が漂い出ている!?

SEEKING BLUE-2 2管クインテットハード・バップ作=『シーキング・ブルー』は,実に大人であった。『シーキング・ブルー』には,爽やかなアンサンブルではなくアドリブで勝負する“ジャズ・ピアニスト今田勝がいた。“ナウイン・サウンド”していない今田勝を知った時の衝撃は,例えば「11PM」よろしく“覗いてはならない大人の世界”を覗いてしまった気がしたものだ。

 あぁ『シーキング・ブルー』。(『ブルー』なだけに)青春の『シーキング・ブルー』。正直『シーキング・ブルー』以上の名盤は数多いが,管理人にとっての“和ジャズ”や“昭和ジャズ”の代表作とは『シーキング・ブルー』なのである。

 久方ぶりに聴いた『シーキング・ブルー』が懐かしい。しかし今の耳にも新しい響く“サムシング”がある。
 『シーキング・ブルー』にレア・グルーヴは含まれていないが,本物の“和ジャズ”や“昭和ジャズ”は,懐古趣味抜きに“最新”の音楽として十分楽しめる!

  01. SEEKING BLUE
  02. PIKO
  03. WAKE UP
  04. BLUE PIANO
  05. MORNING SUNSHINE

(ユピテル・レコード/YUPITERU RECORDS 1978年発売/ABCJ-441)

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.