アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:和泉 宏隆

和泉 宏隆 / ビヨンド・ザ・リバー5

BEYOND THE RIVER-1 『BLUE IN RED』で同時期にT−スクェアを退団した本田雅人和泉宏隆だが,2人の卒業に対する印象は真逆…。
 そう。自らの意思ではなく「追い出された」本田雅人と,自らの意思で「飛び出していった」和泉宏隆のイメージがある。事の真相は定かではない(ということにしておこう)…。

 だから和泉宏隆の場合,そこまでして演り始めたピアノ・トリオなのに…。周りに迷惑をかけてまで始めたピアノ・トリオなのに…。これ位の出来だったら何で…。
 そんな思いがあったから,個人的に厳しい態度で和泉宏隆の新作を評価している自分がいた。和泉さん,心無い対応を本当にごめんなさい。

 しかし,そんな謝罪を必要としない大満足なアルバムが出た。和泉宏隆ピアノ・トリオによる『BEYOND THE RIVER』(以下『ビヨンド・ザ・リバー』)である。

 ついに好き嫌いを超えた部分で和泉宏隆名盤に出会えた「喜び」を感じた。「星4つ」で評価していた『LIGHTS IN A DISTANCE』と『A SQUARE SONG BOOK』には,それでも多少,贔屓目の部分があったように思う。

 ただし,名盤ビヨンド・ザ・リバー』にしても,管理人が和泉宏隆に当初期待していたピアノ・トリオ・アルバムとは随分違っていた。
 T−スクェアで得た「栄光と名声と高収入」の全てを振り捨ててまで独立した和泉宏隆に,例えば年棒20億円の提示を蹴ってまで広島東洋カープに復帰した黒田博樹の「男気」のようなものを期待していた。

 一から武者修行に出掛け,一日10時間ピアノを練習し“孤高の人”として,5年後にジャズ・シーンに華々しく再登場してくるような和泉宏隆の姿を想像していた。ここで再び和泉さん,無茶苦茶な想像を本当にごめんなさい。

 ズバリ『ビヨンド・ザ・リバー』で登場した“NEW・和泉宏隆”とは,実に柔らかな“ヒーリング・ピアニスト”であった。
 T−スクェア脱退直後の「気負い」など全く感じられない。それはそれは“清らかなピアノ”が響かせていく。今聴いているピアニストが誰なのかを意識することはない。ただただ気持ち良いピアノの音が流れていく。

BEYOND THE RIVER-2 シンコペーションでフレージングの流れを生み出し,川や風といった移ろうもののイメージを浮かべさせる“ヒーリング・ピアニスト”。
 優しく柔らかくて,流れるようで情緒的で,それでいて一本の筋が通っていて…。目を閉じると白銀の世界。あぁ,切ないほどに美しすぎます。

 これには本当に驚いた。和泉宏隆が弾きたかったピアノが,スーッと身体の奥に沁み渡る…。
 和泉宏隆が目指していたのはメリハリ命の“ジャズ・ピアニスト”ではなかった。浮かんでは消えて無くなるピアノのBGMに,自らの我を押し殺した“NEW・和泉宏隆”の真実を見る。

  01. Heart Land
  02. Northern Island Breeze
  03. GladioluS
  04. Moon Palace
  05. Eyes Of Flora
  06. Prelude
  07. Snow Flower
  08. Spiral Fusion
  09. Golden Land
  10. Time Remembered

(アンドフォレスト・ミュージック/&FOREST MUSIC 2008年発売/NNCJ-1014)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

和泉 宏隆 / アムシー4

AMOSHE-1 当時はまだザ・スクェア在籍中でバリバリの中心メンバーであった“キーボードの”和泉宏隆ファーストソロCDが『AMOSHE』(以下『アムシー』)。

 青春の思い出は知らず知らずのうちに美化されるもので?『アムシー』での和泉宏隆は“キーボードの”和泉宏隆だったと記憶していましたが,今聴き直せば『アムシー』では“ピアノの”和泉宏隆だった。
 今思えば,和泉さんは「初めからアコースティックな人」だったんだなぁ。まぁ,それ位にギャップを感じてしまった。
 ここ数カ月間聴き直すまでは『アムシー』での和泉宏隆の演奏に“ピアニスト”としての印象は持ち合わせていなかった。

 この「虚像のリアリズム」という事実が『アムシー』の立ち位置を明確に表わしているように感じるようになった。
 そう。和泉宏隆ピアノはほとんど目立っていない。しかし“ピアノを弾かずして”王道の和泉サウンドを鳴らしている。これこそが「和泉サウンド」の真骨頂なのであろう。

 そう。「和泉サウンド」の真骨頂を感じさせる『アムシー』は,ギター鳥山雄司ドラム神保彰と組んだピラミッドに近いメンバー構成でザ・スクェアに近いフュージョンの“バンド・サウンド”を聴かせる,フュージョン人間=和泉宏隆の代表作である。

 だ・か・ら&や・っ・ぱ・り和泉さんってばぁ。和泉さんはソロ活動ではなくバンドなんだってばぁ。和泉さんの書く名曲を和泉さんの音楽を理解している仲間内で演奏する。これが超カッコエエんだってばぁ。
 だ・か・ら&や・っ・ぱ・り和泉さんってばぁ。和泉さんはジャズの人ではなくてフュージョンの人なんだってばぁ。

AMOSHE-2 管理人の結論。『アムシー批評

 大名盤みたいに書いてきた『アムシー批評であるのだが,今の耳で冷静に聴き込んでみると,冒頭の青春の思い出が実像の3割増しだったのかなぁ。イマイチ,オオゥ,と叫べませんでした。勝手にガッカリ→勝手に失望。

 読者の皆さ〜ん。『アムシー』に過剰な大名盤を期待してはなりません。『アムシー』は星4つ半レベルな名盤です。耳馴染みの良いメロディをカッチリしたハイ・テクニックで見事にパッケージングされています。

  01. DOUBLE RAINBOW
  02. BLUE FOREST
  03. RESOLUTE
  04. EXPLORER
  05. RIVER
  06. PIER 7
  07. BLOW WIND BLOW
  08. SOUL TRIP
  09. IN THE ARMS OF MORPHEUS

(CBSソニー/CBS/SONY 1988年発売/CSCL1689)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

和泉 宏隆 / 14TO18AFTERNOON5

14TO18AFTERNOON-1 なんだか一聴して泣きたくなる。人目をはばからず咽び泣きたくなる。和泉宏隆の『14TO18AFTERNOON』を初めて聴いた瞬間がそうだった。

 人生に人目をはばからず咽び泣くシーンは何度かあるのだろうが『14TO18AFTERNOON』の涙は結婚式である。
 思えば,独身貴族の管理人には一生縁がないはずの結婚式。しかし,管理人は自分の結婚式で流すBGMだけは決めている。それが和泉宏隆の【TERRA DI VERDE】と【SILVER GIRL IN THE MIST】。もう妄想するだけで泣けてくるのだ。
 父の顔。母の顔。新婦のご両親の顔。そしてまだ見ぬ新婦の顔。かわいいといいなぁ。← ほんとバカ男ですみません。

 『14TO18AFTERNOON』の感動は【SILVER GIRL IN THE MIST】だけでは終わらない。和泉宏隆の“B級キラー・チューン”【WHITE MAN】【TWILIGHT IN UPPER WEST】収録。和泉さんが素敵。伊東さんとは違った味がしみる〜。

 和泉さんのオリジナルだけではない。【GOING HOME】である。来る。来る〜。

 BGMかもしれない。イージーリスニングかもしれない。ジャズでもフュージョンでもないが『14TO18AFTERNOON』とにかくいいのだ。レヴューを書くのがばかばかしくなるくらい…。

14TO18AFTERNOON-2 こんな名盤を“14時から18時のティー・タイム”に聴いてくれとは酷である。『14TO18AFTERNOON』が流れ出したら席を立てなくなるでしょ? 紅茶を何倍も飲みすぎて利尿作用で離席するまで“至福の”和泉タイム〜。

 こんな名盤。取って置きの「結婚式SONG」では勿体ない。クリスマスにも聞いています。

PS 2012年のクリスマスは和泉さん,と行きたい所だったのですが,田中豊雪さんと過ごせそうです。そう。「神戸チキン・ジョージ」における「T−SQUARE “YEAREND SPECIAL 2012”5DAY’S」の3日目のチケットGET〜。最高の遠征日取りでついに念願が叶いそうなのです。当日は豊雪さんの他にもhimebowさんやホームズさんにも会えるかな〜?

  01. Silver Girl in the Mist
  02. White Mane
  03. Blooming Hill
  04. More Human
  05. Twilight in Upper West
  06. Going Home
  07. Intermezzo Op 118-2

(アンドフォレスト・ミュージック/&FOREST MUSIC 2002年発売/NNCJ-1003)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

和泉 宏隆 / 22TO26MIDNIGHT3

22TO26MIDNIGHT-1 管理人は和泉宏隆が好きだ。大好きだからこそ,今夜は苦言を呈そうと思う。
 「和泉さん,もうそろそろ(ソロソロ和泉流)ソロ・ピアノは終わりにしませんか?」。

 「スクェアで大車輪の活躍を見せたキーボードへ戻って来いとは言いません。アコースティック・ピアノをこれからも弾き続けてください。
 ただしピアノ・トリオまでにしておきましょう。ハッキリ言ってソロ・ピアノだと和泉さんの良さが殺されてしまうと思うのです。もう自分で自分の首を絞めるようなソロ・ピアノは止めにしましょう」。

 この暴言は,ザ・スクェアの『R・E・S・O・R・T』,ソロ・ピアノの『22TO26MIDNIGHT』,ピアノ・トリオの『A SQUARE SONG BOOK』に収録されている【OMENS OF LOVE】を聴き比べた結果だが,理由はそんなに単純ではない。
 T−スクェアスーパーバンドの『WONDERFUL DAYS』に提供した【WONDERFUL DAYS】と【FRECKLES】の表現力は,バンド向きのコンポーザー&アレンジャーの才能を証明していると思う。

 『R・E・S・O・R・T』の【OMENS OF LOVE】を聴いた後に『A SQUARE SONG BOOK』の【OMENS OF LOVE】はまだ聴ける。しかし『R・E・S・O・R・T』の【OMENS OF LOVE】を聴いた後に『22TO26MIDNIGHT』の【OMENS OF LOVE】は聴けたものではない。
 期待が大きかっただけに,何のアイディアもない焼き直しのソロ・ピアノには失望した。
 そう。『22TO26MIDNIGHT』は“悪い意味での”カクテル・ピアノである。

 スクェアで聴く和泉宏隆ピアノソロは素晴らしい。それで1曲丸々和泉宏隆ピアノソロで聴いてみたい,と思ったことは事実である。
 しかし“ジャズ・ピアニスト”として,トータルな音楽家としての才能が剥き出しになるソロ・ピアノは残酷だ。リズム感,テクニック,インプロヴィゼーション…。曲の間奏で弾くアドリブの才能だけで通用するほど甘くはない。

22TO26MIDNIGHT-2 “ジャズ・ピアニスト和泉宏隆キース・ジャレットチック・コリアになれはしない。キースチックどころか小曽根ソルトにもなれやしない。
 ただし和泉宏隆独特の“ハーモニー・センス”を武器にすれば結果は異なる。コンボ編成であれば世界のキースチックとも戦える。そんな自分の最大の武器をみすみす封印するなんて…。

 『22TO26MIDNIGHT』のコンセプトは「22時から26時」のミッドナイトな音楽集。だからダメなのか? コンセプトのせいなのか?
 『22TO26MIDNIGHT』を「22時から26時」の“指定時間”に合わせて聴いてみた。なるほどね〜。“良い意味での”ヒーリング・ミュージックが鳴っている。ライバルは「ジェットストリーム」?

 管理人の耳は当てになりません。和泉さん,わざとサラッと弾き流しているのならゴメンナサイ。

  01. Love Ballad
  02. Moon Palace
  03. Omens Of Love
  04. November Rain
  05. Snow Flower
  06. The Inner Room
  07. Clair De Lune

(アンドフォレスト・ミュージック/&FOREST MUSIC 2002年発売/NNCJ-1004)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

和泉 宏隆 / LIGHTS IN A DISTANCE4

LIGHTS IN A DISTANCE-1 T-スクェア退団後,アコースティック・ピアノ・ソロを“究めてきた”和泉宏隆。そんな和泉宏隆“待望の”ピアノ・トリオ作が『LIGHTS IN A DISTANCE』である(注:正確には和泉宏隆トリオ発足前のフルートギターの変則ゲスト入りです)。

 『LIGHTS IN A DISTANCE』は,和泉宏隆自ら「満を持して」と表現した自信作。
 それもそのはず。『LIGHTS IN A DISTANCE』は,構想10年の苦節10年? 『LIGHTS IN A DISTANCE』の完成のために和泉宏隆はこの10年間,アコースティック・ピアノ・ソロとして,時には他のフォーマットで試行錯誤を繰り返し,自慢の名曲に“磨き”をかけてきた。言わば実験の10年間である。 
 しかしだからと言って,全く力みを感じない。『LIGHTS IN A DISTANCE』の真髄は“小川のせせらぎ”のような心地良さ。いつまでもずっと聞いていたくなるような…。

 この心地良さは『LIGHTS IN A DISTANCE』のテーマである“成熟”から来ている。
 10年間,手塩にかけて育て上げた“和泉バラードが,傷ついた心を優しく愛撫してくる。優しく包み込んでくれる。こんなにも“優しく語りかけてくる”ジャズ・ピアノは,いつ以来だろう…。

 CDジャケットを見て「THIS ALBUM IS DEDICATED TO YOZO IZUMI」の表記に気付いた。『LIGHTS IN A DISTANCE』は,和泉宏隆の亡き父に捧げられたレクイエムであった。
 過去の自作曲の“焼き直し”は,亡き父との思い出の“焼き直し”でもあった。独立後の苦楽を陰で支えた愛する家族。『LIGHTS IN A DISTANCE』に,和泉宏隆の“熱い思い”が封じ込められている! それをこんなに“クール”に表現するなんて…。

 さて,和泉宏隆“待望の”ピアノ・トリオ作=『LIGHTS IN A DISTANCE』の真髄とは,ピアノ・ソロの総決算にして,ピアノ・ソロの完成形。和泉宏隆ピアノ・トリオは,よく書かれる「新たなチャレンジ」などではない。
 ピアノ・ソロを追求していった結果が(必然的に!)和泉宏隆ピアノ・トリオへと導いた。より立体的というか3Dの世界を求めたというか…。

 和泉宏隆の狙い通り,ピアノ・トリオで一層“浮かび上がる”メロディ&ハーモニーのハイ・センスが素晴らしい。
 極上メロディ・ラインに余分なものは一切足さない。極上メロディ・ラインに余分なものは一切引かない。(by SUNTORY『山崎』)

LIGHTS IN A DISTANCE-2 和泉宏隆ピアノに歌を歌わせていく! ピアノを響かせていく! シンプルなのに色彩豊かなピアノが美しい。
 村上聖ベース板垣正美ドラムアドリブのためのスペースを用意しつつもここまでシンプルにまとめ上げるには(勿論和泉宏隆の才能なのであろうが)相当な時間と労力を掛けて「造り込んだ」のではなかろうか?

 『LIGHTS IN A DISTANCE』の“書き込まれた”全11トラックの“小川のせせらぎ”は,和泉宏隆の“生涯のレパートリー”として演奏され続けるにふさわしい。永遠に腰を据えて聴き続けたい。管理人スルメの一枚である。

PS アルバム・タイトルは『LIGHTS IN A DISTANCE』。トラック・タイトルは【LIGHT IN A DISTANCE】。この“S”の違いをご存知の方,是非管理人にご教授くださ~い。

  01. SKY, SO BLUE
  02. AFTER THE SHIP HAS GONE
  03. TEARS IN LEGATO
  04. COLORS ON THE STREET
  05. IN THE STREAM
  06. FALLEN INTO THE DARKNESS
  07. THREE SWALLOWS
  08. ANGELITE
  09. TIMELESS ROAD
  10. SILVER GIRL IN THE MIST
  11. A LIGHT IN A DISTANCE

(アンドフォレスト・ミュージック/&FOREST MUSIC 2007年発売/NNCJ-1012)

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

和泉 宏隆 トリオ / ア・スクェア・ソング・ブック / WHITE MANE5

 『A SQUARE SONG BOOK』の2曲目は【WHITE MANE】。

 
 【WHITE MANE】がいい。和泉宏隆ピアノがメインを取り,村上聖フレットレス・ベースが脇を固める最高のアレンジである。

 【WHITE MANE】とは「白い馬のたてがみ」のことだが,確かに目を瞑って聴いていると「白い馬のたてがみ」が,爽やかな風になびいている! ここは北の大地の平原である。幼ない競走馬の卵たちが,何とも無邪気に“かけっこ”している。
 そうかと思えば,ある時には「白い馬のたてがみ」に白髪が入り混じっても見える。そう。競走を終えた名馬たちが余生を静かに過ごしている。軽く小走りしている。「走るって楽しいなぁ」。そんな会話が聞こえてくる?

 【WHITE MANE】は,T−スクェアの名バラードの一曲であるが,こうして和泉宏隆ピアノ・トリオと聴き比べてみると,俄然カラフルに聴こえてしまう。
 T−スクェアが“セピア調”なら和泉宏隆トリオは“水墨画”。伊東たけし和泉宏隆との個性の違いであろう。

HIROTAKA IZUMI : Piano
KIYOSHI MURAKAMI : 6 Strings Bass
JUN AOYAMA : Drums

和泉 宏隆 トリオ / ア・スクェア・ソング・ブック / THE CATCHER IN THE RYE4

 『A SQUARE SONG BOOK』の1曲目は【THE CATCHER IN THE RYE】。

 
 【THE CATCHER IN THE RYE】とは「ライ麦畑でつかまえて」のこと? ライナーノーツを読む限りその真偽は定かではないが,一旦そう思って聴き出すと,これが俄然マッチする。もう管理人の中では【THE CATCHER IN THE RYE】は「ライ麦畑でつかまえて」のテーマ・ソングで間違いない。

 【THE CATCHER IN THE RYE】には「ライ麦畑でつかまえて」の暗部はない。「広〜い広〜いライ麦畑で遊んでいる子供たちが,気付かずに崖っぷちから落ちそうになった時に捕まえてあげるような,そんな人間になりたい」物語の,悠然とした優しさに包み込まれる美メロに涙してしまう。

 2分19秒からの村上聖ベースソロはホールデン・コールフィールドの回想シーンである。

HIROTAKA IZUMI : Piano
KIYOSHI MURAKAMI : 6 Strings Bass
JUN AOYAMA : Drums

和泉 宏隆 トリオ / ア・スクェア・ソング・ブック4

A SQUARE SONG BOOK-1 “バカテク系”のフュージョン・バンドの中でも,楽曲の良さが“抜きん出ている”T−スクェアには2人の天才メロディ・メーカーがいる。
 ハードでキャッチーな“純日本的”インスト・ポップ・ライターが安藤まさひろならば,泣ける&しみるの“純日本的”インスト・バラード・ライターが和泉宏隆である。

 T−スクェアのファンは皆,和泉宏隆による珠玉のバラード作品を,敬愛の念を込めて「和泉バラード」と呼んでいる。
 そんな「和泉バラード」好きにとってはたまらない選曲の『A SQUARE SONG BOOK』(以下『ア・スクェア・ソング・ブック』)であるのだが…。

 「ザ・スクェアからT−スクェアに至る16年間の在籍中に提供した数々の名曲が,いまピアノ・トリオで甦る!」。そう。『ア・スクェア・ソング・ブック』は,和泉宏隆トリオによる,スクェア時代の和泉宏隆作曲トラックのリメイク集!
 あの【OMENS OF LOVE】が【TAKARAJIMA】の美メロが,新アレンジで奏でられていく! 要は和泉宏隆自身によるセルフ・カバーであるが,独り立ちしてピアノ・トリオを組んだせいか,どうも印象として“しっくり”こない。もうどうにも“物足りない”のだ。

 理由は単純。和泉宏隆トリオの演奏も素晴らしいのだが,それ以上にスクェアでのアレンジがハマッているのだ!
 管理人の頭の中では,和泉バラードの極上メロディが流れ出すと同時に,あの「奇跡の5人」が演奏した最高のアレンジが流れ出してしまう! あのメロディにはスクェアの音色,スクェアのリズムが最高なのだ!
 そう。管理人にとって『ア・スクェア・ソング・ブック』は,和泉バラードのメロディの良さ以上に,本家スクェアのアレンジの良さを実感するためのCDなのである。

A SQUARE SONG BOOK-2 『ア・スクェア・ソング・ブック』に,往年の「スクェア・サウンド」を期待して買った分だけ期待外れなのかも?
 特に村上聖6弦ベースとは思えない“端整で柔らかなベース・ライン”をフューチャーしたピアノ・トリオとしての演奏は素晴らしい。名曲の「産みの親」が自慢のピアノ・トリオで描きだす,スクェアとは別世界の和泉バラードがいい。

 テイク別の聴き比べはジャズ/フュージョン・マニアの専売特許であるのだが『ア・スクェア・ソング・ブック』は相当手ごわい。
 「スクェアのオリジナル・バージョンと聴き比べてみよう」という“邪念を起こさずに”聴く自信のあるスクェア・ファンだけが楽しめる代物である。

 「違いが分かる男」のゴールドブレンド=『ア・スクェア・ソング・ブック』を召し上がれ?

  01. The Catcher In The Rye
  02. White Mane
  03. Cape Light
  04. Twilight In Upper West
  05. Omens Of Love
  06. November Rain
  07. Play For You
  08. Leave Me Alone
  09. Takarajima
  10. Enrai

(アンドフォレスト・ミュージック/&FOREST MUSIC 2008年発売/NNCJ-1013)
(ライナーノーツ/和泉宏隆)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.