アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:ブライアン・ブロンバーグ

ブライアン・ブロンバーグ / ハンズ 〜ソロ・アコースティック・ベース〜5

HANDS -SOLO ACOUSTIC BASS--1 あの神保彰櫻井哲夫の次なるパートナーとして指名したことから明らかなように,ブライアン・ブロンバーグこそ,ジャズフュージョン界随一の“超絶ベーシスト”である。

 アコースティックエレクトリックも,フレッテットもフレットレスも,ウッド・ベースからピッコロ・ベースに至るまで,現存するどんなベースを手にしても,それをいとも簡単に“超絶技巧”で弾きこなすベース・マイスター。

 しかし,ブライアン・ブロンバーグベースソロCD=『HANDS −SOLO ACOUSTIC BASS−』(以下『ハンズ 〜ソロ・アコースティック・ベース〜』)を聴き終えて,ブライアン・ブロンバーグにはウッド・ベース以外は必要ないと思った。

 こんなにも“表情豊かな”ウッド・ベースが弾けるのなら,ことさらエフェクターにこだわる必要などない。
 にわかに信じられないがウッド・ベースエレクトリックギター並みにリードを取れてしまっている。

HANDS -SOLO ACOUSTIC BASS--2 それにしてもウッド・ベースの存在を忘れさせてしまう程,ウッド・ベース1本だけで音楽をクリエイトするブライアン・ブロンバーグの“ジャズメン魂”に惚れ惚れしてしまう。

 ウッド・ベースの何とも骨太な音色が変幻自在にインスピレーションを与えてくれる。これは“弾きすぎるバージョンの”チャーリー・ヘイデン似のインスピレーション。

 難易度の高いアコースティックベースソロが見事にハマッタ瞬間の解放感と満足感たるや,ベースという楽器を超えジャズフュージョンというジャンルを超えて辿り着く“豊穣の音楽”!

HANDS -SOLO ACOUSTIC BASS--3 管理人の結論。『ハンズ 〜ソロ・アコースティック・ベース〜批評

 『ハンズ 〜ソロ・アコースティック・ベース〜』は「前人未到」の“神の手”の領域。
 ジャコ・パストリアスエレクトリックベースに「革命」をもたらしたと同じように,ブライアン・ブロンバーグアコースティックベースに「革命」をもたらしている。

 ジャコ・パストリアスの“フォロワー”であるブライアン・ブロンバーグが「革命」をもたらしたとは何とも皮肉。いいや,ジャコパスも本望であろう。

PS 「HANDS -SOLO ACOUSTIC BASS--3」は販促用の特典CDです。

  01. Stella By Starlight
  02. Cute
  03. Solar
  04. Beatles Medley (Day Tripper〜Yesterday〜Eleanor
     Rigby)

  05. Manha De Carnival
  06. In A Sentimental Mood
  07. King Of Pain
  08. Teen Town
  09. Susumu's Blues
  10. Use Me
  11. Black Dog
  12. What Are You Doing The Rest Of Your Life
  13. Yeah

(キングレコード/KING RECORD 2009年発売/KICJ 559)
(ライナーノーツ/菅野沖彦,ブライアン・ブロンバーグ,坂本信)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

ブライアン・ブロンバーグ / ポートレイト・オブ・ジャコ / TEEN TOWN(PICCOLO BASS VERSION)4

 『PORTRAIT OF JACO』の10曲目は【TEEN TOWN(PICCOLO BASS VERSION)】(以下【ティーン・タウン(ベース・ヴァージョン)】。


 ジャコパスウェザー・リポート時代の18番=【ティーン・タウン(ピッコロ・ベース・ヴァージョン)】は“トータル・ミュージシャン”であったジャコパスへのトリビュートで溢れている。

 超絶技巧のブライアン・ブロンバーグからすると,オリジナルよりスロー・テンポで演奏される【ティーン・タウン(ベース・ヴァージョン)】が意表を突いている。遅めのテンポで振り下ろされる指&指。ストリングスとの融和性が強調されている。

 ウッド・ベースエレクトリック・ベースの掛け合いが聴き所であるが,スロー・テンポゆえこちらも物足りなさが残ってしまう。
 コンビネーション重視のアドリブが連続するのだが,3分9秒からのピッコロ・ベース・ソロは,本来の弾きまくりがスパークした名演である。

BRIAN BROMBERG : Acoustic Bass, Fretted Bass, Fretless Bass, Piccolo Bass, Horn Arranging
DAVE KOCHANSKI : Keyboards and Loop Programming
DLOC : Drums
GANNON ARNOLD : Guitar
JEFF LORBER : Electric Piano
GREGG MATHISON : B3 Organ
GARY GRANT : Trumpet
JERRY HEY : Trumpet
DAN HIGGINS : Saxophone
LARRY WILLIAMS : Saxophone
ANDY MARTIN : Trombone

ブライアン・ブロンバーグ / ポートレイト・オブ・ジャコ / TEEN TOWN(BASS VERSION)4

 『PORTRAIT OF JACO』の3曲目は【TEEN TOWN(BASS VERSION)】(以下【ティーン・タウン(ベース・ヴァージョン)】。


 ジャコパスウェザー・リポート時代の18番=【ティーン・タウン(ベース・ヴァージョン)】は“トータル・ミュージシャン”であったジャコパスへのトリビュートで溢れている。

 超絶技巧のブライアン・ブロンバーグからすると,オリジナルよりスロー・テンポで演奏される【ティーン・タウン(ベース・ヴァージョン)】が意表を突いている。遅めのテンポで振り下ろされる指&指。ストリングスとの融和性が強調されている。

 ウッド・ベースエレクトリック・ベースの掛け合いが聴き所であるが,スロー・テンポゆえこちらも物足りなさが残ってしまう。
 コンビネーション重視のアドリブが連続するのだが,3分9秒からのウッド・ベース・ソロは,本来の弾きまくりがスパークした名演である。

BRIAN BROMBERG : Acoustic Bass, Fretted Bass, Fretless Bass, Horn Arranging
DAVE KOCHANSKI : Keyboards and Loop Programming
DLOC : Drums
GANNON ARNOLD : Guitar
JEFF LORBER : Electric Piano
GREGG MATHISON : B3 Organ
GARY GRANT : Trumpet
JERRY HEY : Trumpet
DAN HIGGINS : Saxophone
LARRY WILLIAMS : Saxophone
ANDY MARTIN : Trombone

ブライアン・ブロンバーグ / ポートレイト・オブ・ジャコ / CONTINUUM5

 『PORTRAIT OF JACO』の2曲目は【CONTINUUM】(以下【コンティニューム】。


 ジャコパスの18番=【コンティニューム】が劇的にクール! 2001年のジャコパスブライアン・ブロンバーグのように“整然と”は弾かないだろうが,ジャコパスがクールにアレンジしたなら「こうなっていたかも…」と想像力を掻き立ててくれる程の超名演である。

 【コンティニューム】は「ウッド・ベースの神業とフレットレス・ベースの神業とピッコロ・ベースの神業」がクールに共演しているのがミソ! つまりブライアン・ブロンバーグウッド・ベースが終始ボトムを支え,フレットレス・ベースが【コンティニューム】独特のテーマを響かせ,ピッコロ・ベースが擬似ギター・ソロのアドリブをかましまくる!
 これら性格の異なる3本のベースが,しかしどれもジャコパス・チックに鳴っているんだよなぁ。管理人は【コンティニューム】を聴いて,ブライアン・ブロンバーグジャコパス愛に涙しました。

 【コンティニューム】の“きらきらした”リズムとシンセサイザーはブライアン・ブロンバーグならでは! ジャコパスコンティニューム】の音源はどれもバツゆえ古臭いイメージがあるのだが,このハイテクなバックにフレットレス・ベースのテーマが重なる瞬間は失禁ものである。
 そして「第二波」としてのピッコロ・ベースの大登場! これは誰がどう聴いてもエレキ・ギターである。しかも凄腕ギタリストによるアドリブである。管理人も間違えた。現役ギタリストも現役ベーシストも間違えた。耳に自信のある方は一度チャレンジしてみてください。きっと“目の玉も飛び出さんばかりに”たまげることでしょう。

BRIAN BROMBERG : Acoustic Bass, Fretless Bass, Acoustic Piccolo Bass, String and Loop Arranging
TOM ZINK : Piano, Keyboards and Loop Arranging and Programming, and Strings Arranging
JOEL TAYLOR : Drums

ブライアン・ブロンバーグ / ポートレイト・オブ・ジャコ / PORTRAIT OF TRACY5

 『PORTRAIT OF JACO』の1曲目は【PORTRAIT OF TRACY】(以下【トレイシーの肖像】。


 世界一のジャコパス・フリーク=ブライアン・ブロンバーグが,ジャコパスの勝負曲=【トレイシーの肖像】で勝負に出た!

 【トレイシーの肖像】は,ジャコ・パストリアスが夫人へ捧げたフレットレス・ベース・ソロ! このトラックは,フレットレス・ベース一本で世界に革命を起こした「ジャコ・パストリアスの革命」に次ぐ「ブライアン・ブロンバーグの乱」である。

 ブライアン・ブロンバーグは【トレイシーの肖像】をウッド・ベースで奏でている。このアイディアが素晴らしいし,アイディアを形にしたベーシストとしての卓越したテクニックも素晴らしい。
 イントロのハーモニクスを聴いて,この音がウッド・ベースライナーノーツで知った時の大衝撃! 【トレイシーの肖像】の衝撃に終わりはない。

BRIAN BROMBERG : Acoustic Bass, String and Percussion Arranging
TOM ZINK : Piano, Keyboards, Arranging, and String Programming, and Strings Arranging
ALEX ACUNA : Percussion

ブライアン・ブロンバーグ / ポートレイト・オブ・ジャコ5

PORTRAIT OF JACO-1 ジャズメンにとって,トリビュート・アルバムの製作は,そのジャズメンをオマージュとして,自分自身を見つめ直すことである。そのジャズメンからの拭い去れない影響を意識しながら,自分自身のアイデンティティを確立する作業なのである。
 その結果,出来上がったトリビュート・アルバムは「私は誰々からの影響を受けてこんなジャズメンに育ちました」という“自己紹介盤”であって,単なる誰々の楽曲集ではないはずだ。
 しかし,自己紹介にはある種の恥ずかしさがつきまとう。ストレートに,ありのままの自分を語る難しさ…。TVでのものまね芸人よろしく,単なる完コピでは?

 さて,ブライアン・ブロンバーグの『PORTRAIT OF JACO』(以下『ポートレイト・オブ・ジャコ』)である。
 『ポートレイト・オブ・ジャコ』は,現代のベース・マイスターの1人=ブライアン・ブロンバーグによる,ジャコ・パストリアスへ捧げた,正真正銘のトリビュート・アルバムである。

 『ポートレイト・オブ・ジャコ』が凄い。ジャコパスジャコパス“らしい”フレーズは出てこない。しかし,どこを聴いてもジャコ・パストリアス“らしさ”を感じてしまう。
 そう。『ポートレイト・オブ・ジャコ』は,表面上はブライアン・ブロンバーグソロCDであるが,実質的には,ジャコ・パストリアスソロCDだと言い切ってしまおう。

 “サポート・ベーシスト”に徹したブライアン・ブロンバーグの超絶ベースソロは,全編ジャコパスへの愛で満ち満ちている。いいや,ジャコパス愛が溢れ出ている。
 『ポートレイト・オブ・ジャコ』におけるブライアン・ブロンバーグの主張はただ一つ,俺は“世界一”ジャコ・パストリアスが大好きなんだ〜,という叫び声である。

 欧米人は「他人と同じであってはならない」という文化を有している。その上で“ジャコパス丸出しの”トリビュート・アルバムを完成させたことに意味がある。

 思うに,ブライアン・ブロンバーグジャコ・パストリアスを“背負う”決意を固めたのではなかろうか?
 そう。『ポートレイト・オブ・ジャコ』は,ブライアン・ブロンバーグによる「現代のジャコパスへの化身宣言」であろう。管理人はブライアン・ブロンバーグのこの勇気にいたく感動してしまった。

PORTRAIT OF JACO-2 もし,ジャコ・パストリアスが,このメンバー(アレックス・アクーニャボブ・ミンツァー等)と共演したなら,ピッコロ・ベースを,ウッド・ベースを弾いたとしたら…。

 ジャコパス・ファンのその願いをブライアン・ブロンバーグが全て叶えてくれる。ファン最大の願いである,師匠=ジャコ・パストリアスと,弟子=ブライアン・ブロンバーグの共演を一人二役で適えてくれる。

 そう。『ポートレイト・オブ・ジャコ』最大の聴き所は,ジャコ・パストリアスブライアン・ブロンバーグのシンクロにある! ブライアン・ブロンバーグジャコ・パストリアスの“天才”ベーシストを感じてしまう。

  01. Portrait of Tracy
  02. Continuum
  03. Teen Town [bass version]
  04. A Remark You Made
  05. Three Views of a Secret
  06. Tears
  07. Slang
  08. Come On, Come Over
  09. The Chicken
  10. Teen Town [piccolo bass version]

(キングレコード/KING RECORD 2002年発売/KICJ 428)
(ライナーノーツ/ボビー・コロンビー,松下佳男)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.