アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:フレディ・ハバード

フレディ・ハバード / ブレイキング・ポイント4

BREAKING POINT-1 フレディ・ハバードジャズ・メッセンジャーズから独立し,自分のグループで活動を始めたのが『BREAKING POINT』(以下『ブレイキング・ポイント』)からである。
 これまでは何だかんだと称賛されても,所詮雇われ稼業。自分の音楽を追及したかったフレディ・ハバードとしては遅咲きのスタートとなった。

 フレディ・ハバードソロとして活動するに当たり,意識したのは作曲であろう。初期のアルバムではさっぱりだったオリジナル曲が,次第にぽつぽつと入って来るようになり,フレディ・ハバードの体内で起きている変化を感じていたわけだが『ブレイキング・ポイント』を聴いて,完全に“作曲家”フレディ・ハバード推しなのが分かる。

 そう。フレディ・ハバードジャズトランペッターとしては超一流の人。コンポーザーとしてもなかなかの一流の人であろう。
 しかし,どうにもフレディ・ハバードには悪い意味での「軽さ」がつきまとう。紛れもない天才でありジャズ・ジャイアントの一人であるのに,いつでも選外。TOP10ではなくTOP20に位置する男。

 『ブレイキング・ポイント』を聴いていつも感じるのはフレディ・ハバードのマイナス面である。フレディ・ハバードは決定的にリーダー・シップが欠けている。
 『ブレイキング・ポイント』を録音していて「上手くいかない感。しっくりいかない感」をフレディ・ハバードは感じたのではなかろうか?
 ジャズ・メッセンジャーズと同レベルのメンバーと楽曲が揃っているのに,思い通りにまとまらない…。

 ここが超一流止まりのフレディ・ハバードと「マイスター」のアート・ブレイキー,あるいはマイルス・デイビスとの「差」なのであろう。
 バンドを締め付けないアート・ブレイキーとバンドを締め上げるマイルス・デイビス。それぞれタイプは真逆であるが強力なリーダーシップでバンドを引っ張り上げる“稀有な”存在感で共通する。
 嘘か誠か,これは真実なのだが,自分が演奏を休んでいる時間にもアート・ブレイキーマイルス・デイビスの音が聴こえるというものだ。

 『ブレイキング・ポイント』におけるフレディ・ハバードはどうだろう? 残念ながら,やっぱり存在が「軽い」。よく表現される実験盤にも達していない「中途半端なカッコ良さ」で終わっている。あと一歩突き抜けそうで突き抜けきれない。
 『ブレイキング・ポイント』を聴いて,これをフレディ・ハバードのアルバムだと認識できる人は少ないことだろう。フレディ・ハバードに欠けているのは,リーダー・シップの1点だけだが,これがジャズメンの資質としては想像以上に大きいのだ。

 だから管理人はメインを張るではなく,サイドメンに回った時のフレディ・ハバードの演奏が好きだ。フレディ・ハバードに関してはリーダー作ではなくゲスト参加のアルバムばかりを聴いてしまう。
 つまりはフレディ・ハバードの天賦の才とは「演奏する人」なのだ。演奏に特化された時のフレディ・ハバードトランペットは間違いなく最強であろう。

BREAKING POINT-2 極論を書けば『ブレイキング・ポイント』の真実とは,フレディ・ハバードが世間で受けそうだと思ったものを寄せ集めてきた「当時の流行最先端」なアルバムである。
 そこにフレディ・ハバードなりの明確なビジョンやコンセプトがあれば大ヒットとなったであろう。しかし『ブレイキング・ポイント』のベースにあるのは,まだまだジャズ・メッセンジャーズのメンバー,フレディ・ハバードとしてのジャズなのだ。

 管理人の結論。『ブレイキング・ポイント批評

 『ブレイキング・ポイント』には良くも悪くも“モーダルなフレディ・ハバード”がそこにいる。
 アート・ブレイキーとは違う“モーダル”を目指したのだろうが,表面上は新しいが根っ子の部分は伝統のジャズに支配されていて振り切れていない。

 一気に音楽性を変える難しさ。そして継続的に新鮮味を打ち出す難しさ。フレディ・ハバードも脱退して初めてアート・ブレイキーの「偉大さ」に気付いたに違いない。

  01. BREAKING POINT
  02. FAR AWAY
  03. BLUE FRENZY
  04. D MINOR MINT
  05. MIRRORS

(ブルーノート/BLUE NOTE 1964年発売/TOCJ-4172)
(ライナーノーツ/レナード・フェザー,原田和典,田原悠)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フレディ・ハバード / ボディ・アンド・ソウル4

THE BODY & THE SOUL-1 『THE BODY & THE SOUL』(以下『ボディ・アンド・ソウル』)の主役はフレディ・ハバードではない。ウェイン・ショーターである。

 そんな主役の2人は共にジャズ・メッセンジャーズの同僚として活動中。共演を重ね,新しいアンサンブルを重ねながらフレディ・ハバードの方からウェイン・ショーターを誘ったのかな? 『ボディ・アンド・ソウル』にはそんな“ウェイン・ショーター印”の音が鳴っている。

 『ボディ・アンド・ソウル』のレコーディング・メンバーは,トランペットフレディ・ハバードテナーサックスウェイン・ショーターアルトサックスエリック・ドルフィートロンボーンカーティス・フラーピアノシダー・ウォルトンベースレジー・ワークマンドラムルイ・ヘイズ

 そう。『ボディ・アンド・ソウル』は,アート・ブレイキー抜きのオール・ジャズ・メッセンジャーズによるスモール・コンボ+拡大されたビッグ・バンド&オーケストラ編成。
 ジャズ・メッセンジャーズの亜流にして,こちらこそが本流と思わせる“HOTな”フレディ・ハバードと“COOLな”ウェイン・ショーターの方向性が一致が名演である。

 『ボディ・アンド・ソウル』の印象を一言で書けば,大編成なのに「全くうるさくない」。フレディ・ハバードにだけは自由に吹かせておいて,バックには抑制を求めているから,音楽全体がなめらかで,知的な響きがする。
 これほどの大物メンバーが個性を抑えてビッグ・バンドのアンサンブル吹きで満足させることができたウェイン・ショーターの“天才”ぶり。ストリングスについても,よくある甘すぎるムードもなく,アーティスティックに鳴らし過ぎることもない。

 “音楽監督”ウェイン・ショーターにとって『ボディ・アンド・ソウル』のようなアレンジ・アルバムの制作は,おおよそ30年後となる『HIGH LIFE』や『ALEGRIA』の登場まで待たなければならない。
 それくらいにウェイン・ショーターにとって『ボディ・アンド・ソウル』は快心の出来だったのだろう。世界指折りのトランペッターフレディ・ハバードがアンサンブルの核を張っているのだから,アレンジ・アルバムは『ボディ・アンド・ソウル』で完結したとしても当然だと思う。

THE BODY & THE SOUL-2 『ボディ・アンド・ソウル』のソロイストフレディ・ハバードエリック・ドルフィーの2人。
 ただし,2人とも編曲の流れを壊さないようなソロであって勿体ない。特にエリック・ドルフィーウェイン・ショーターの共演は,恐らく録音物としては『ボディ・アンド・ソウル』の1作だけだと考えられている。

 その意味で『ボディ・アンド・ソウル』の没テイク。それもエリック・ドルフィーの突飛なソロがオクラの原因となったトラックが残ってはいないのだろうか?

  01. BODY AND SOUL
  02. CARNIVAL (MANHA DE CARNAVAL)
  03. CHOCOLATE SHAKE
  04. DEDICATED TO YOU
  05. CLARENCE'S PLACE
  06. ARIES
  07. SKYLARK
  08. I GOT IT BAD AND THAT AIN'T GOOD
  09. THERMO

(インパルス/IMPULSE! 1963年発売/UCCU-5278)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フレディ・ハバード / ハブ・トーンズ5

HUB-TONES-1 『HUB−TONES』(以下『ハブ・トーンズ』)でフレディ・ハバードが一皮むけた。
 『ハブ・トーンズ』でフレディ・ハバードジャズ・ジャイアントの仲間入りを果たした。

 『ハブ・トーンズ』以前のフレディ・ハバードの強みとは「超一流トランペッター」の1点のみ。作曲や編曲やリーダーシップの面ではまだまだであった。
 それがどうだろう。『ハブ・トーンズ』では突進するトランペットも過去最高の出来であるが,作曲も編曲もリーダーシップも含めて全ての面において同世代のトランペッター以上に秀でている。
 ついに『ハブ・トーンズ』でフレディ・ハバードジャズ・シーンの先頭を走るトランペッターとして躍り出たのだ。

 フレディ・ハバードの内面が成長している。具体的にはトランペットから,味気のないフレージングや深みの無い音色が流れることがなくなった。それどころか“情状派”への転身とも取れるトラックが並んでいる。

 例えば【YOU’RE MY EVERYTHING】というジャズスタンダードを,ふくよかな音色で歌心たっぷりに歌いきる。
 そして特筆すべきはミュートではない繊細な表現にある。フレディ・ハバードはテクニカルなトランペッターだあるが,ハイテクニックが嫌みでなく,最良の塩梅に仕上がっていると思う。

 【HUB−TONES】での音響の隅々までなめて踊るよう素晴らしいアドリブに燃え上がる。
 フレディ・ハバードトランペットと来れば「世界一のフィンガリング」であろうが【HUB−TONES】での演奏と来れば,内なる感情表現に「世界一のフィンガリング」でさえ追いついて行けない印象を受ける。それだけ内に秘めたものが圧倒的なのだ。
 あくまで会話をするような調子で,猛烈なインプロヴィゼーションが放出される。それを一瞬でアドリブ構成するセンスが群を抜いて現代的で格好良い。

HUB-TONES-2 【LAMENT FOR BOOKER】では打って変わって,陰影のあるトランペットを聴かせてくれる。クリフォード・ブラウンの死後,彗星のように現われてはブラウニー同様に夭逝した,若き名トランペットブッカー・リトルに捧げたフレディ・ハバードバラード
 誰もが認める【I REMEMBER CLIFFORD】の様な名曲ではないかもしれない。だがどこか幽玄的で灰色な雰囲気を醸し出すこのバラードブッカー・リトルにピッタリの曲調がお見事!

 さて,そんなフレディ・ハバードの“覚醒”請負人がピアノハービー・ハンコック
 『ハブ・トーンズ』で初共演を果たしたフレディ・ハバードハービー・ハンコックのコンビがその後「新主流派」というジャズの歴史を創っていくことを互いにまだ知る由もないのだが,やっぱり相性チリバツ! ハービー・ハンコックのバッキング最高!

  01. YOU'RE MY EVERYTHING
  02. PROPHET JENNINGS
  03. HUB-TONES
  04. LAMENT FOR BOOKER
  05. FOR SPEE'S SAKE

(ブルーノート/BLUE NOTE 1962年発売/TOCJ-4115)
(ライナーノーツ/ジョー・ゴールドバーグ,原田和典,菅原正晴)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フレディ・ハバード / ハブ・キャップ4

HUB CAP-1 『HUB CAP』(以下『ハブ・キャップ』)自体の出来はイマイチである。
 しかし『ハブ・キャップ』には,ジャズ界のその後,を先取りしたフレディ・ハバードの功績について語られるべきであろう。フレディ・ハバードは一介のトランペッターではない。

 フレディ・ハバードが『ハブ・キャップ』で試みた3管ユニゾン・セクステットが真価を発揮したのは,フレディ・ハバード自身もプレイヤーとして創作に参加した,ウェイン・ショーターを擁するジャズ・メッセンジャーズであった。
 “天才”ウェイン・ショーターの手を借りた『MOSAIC』で,ついにフレディ・ハバードのアイディアが「UPDATE」され花開いた。

 そんなジャズ・メッセンジャーズの『MOSAIC』への「原石セッション」となった『ハブ・キャップ』には,もう1つ,フレディ・ハバードの音楽観が秘められている。
 フレディ・ハバードはこれまで『OPEN SESAME』『GOIN’ UP』と豪華な先輩たちの胸を借りてソロ・アルバムを制作してきたが,第3弾となる『ハブ・キャップ』での大物はフィリー・ジョー・ジョーンズぐらい(まっ,後にみんなBIGになったのだけど)。

 トロンボーンジュリアン・プリースターテナーサックスジミー・ヒース,そして後にジャズ・メッセンジャーズでもコンビを組むこととなるピアノシダー・ウォルトンを迎えたフレディ・ハバードの3管ユニゾン・セクステットの人選は,いつものアルフレッド・ライオンではなくフレディ・ハバード本人であった。

 念願のメンバーで念願の3管ユニゾン。『ハブ・キャップ』こそがフレディ・ハバードが本当に演りたかったジャズだった,と言い切ってしまおう。
 フレディ・ハバードにとって3管とは,自分自身が一番輝く理想の編成である。なぜならばフレディ・ハバードの持ち味であるメタリックなトランペットは言ってみれば「淡泊」。そこへトロンボーンテナーサックストランペットの両隣りで「味わい深い陰影」をつけてくれる。

HUB CAP-2 NO。ここまで啖呵を切ってきたが,思いの外,出来上がった『ハブ・キャップ』の印象は地味である。これってフレディ・ハバードのせいではなくアート・ブレイキーフィリー・ジョー・ジョーンズの実力差?
 フレディ・ハバードトランペットにもジャズ・メッセンジャーズの時のような伸びは小さく,アンサンブルの要を担うというミッションを全うしようとしている印象である。

 それもこれも全ては念願の3管ユニゾン達成のため。アンサンブル・ハーモニーのためである。『OPEN SESAME』『GOIN’ UP』では1曲だけだったオリジナルも『ハブ・キャップ』では4曲作曲。
 そう。『ハブ・キャップ』の録音時にフレディ・ハバードに足りなかったのはアレンジ力の1点だけ! そのアレンジ力も才能の欠如ではない。モードという新しいジャズの言語にまだ馴染めていなかっただけ!

 管理人の結論。『ハブ・キャップ批評

 フレディ・ハバードは従来のハードバップ・スタイルに範を求めながらも『ハブ・キャップ』で確実に新しい時代への布石を打っている。
 フレディ・ハバードの新しい地平を目指そうとする意気込みと発展途上の魅力がたまらない。

  01. HUB CAP
  02. CRY ME NOT
  03. LUANA
  04. OSIE MAE
  05. PLEXUS
  06. EARMON JR.

(ブルーノート/BLUE NOTE 1961年発売/TOCJ-4073)
(ライナーノーツ/レナード・フェザー,後藤誠,小林貢)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フレディ・ハバード / ゴーイン・アップ4

GOIN' UP-1 フレディ・ハバードのリーダー・アルバムである。フレディ・ハバードデビュー盤である。なのに“からっきし目立っていなかった”『オープン・セサミ』でのフレディ・ハバード
 ティナ・ブルックスである。マッコイ・タイナーである。当時はまだ無名の2人との共演である。

 ハンク・モブレーである。フィリー・ジョー・ジョーンズである。2ndアルバム『GOIN’ UP』(以下『ゴーイン・アップ』)では前作から一転して「ジャズ界のレジェンドたち」との共演である。

 『ゴーイン・アップ』でのベテラン組との対比によりフレディ・ハバードの“フレッシュさ”が際立って聴こえる。なので個人的には「若き日のフレディ」と来れば『オープン・セサミ』ではなく『ゴーイン・アップ』を連想してしまう。
← ちなみにフレディと聞けば,管理人にはフレディ・マーキュリーではなくフレディ・ハバードのことなのです! 愛輝くん!

 …と,この流れでついでに書けばフレディ・ハバードの場合,年代を遡るにつれ年を取って聴こえてしまうから不思議である。
 管理人の「初めてのフレディ・ハバード」がハービー・ハンコックの『処女航海』だったせいでもあるだろう。『オープン・セサミ』『ゴーイン・アップ』がコテコテのハード・バップだったということもあるだろう。

 NO! フレディ・ハバードの“耳年寄り”の理由とはフレディ・ハバードの“早熟”にある。同じ“早熟のトランペッター”でもリー・モーガンフレディ・ハバードではタイプが異なる。

 フレディ・ハバードの“早熟”の意味とは,圧倒的なテクニックを活かした演奏スタイルのことを指す。『ゴーイン・アップ』の時点ではブリリアントなフレーズは残念ながら出て来ていない。フレディ・ハバードが「ロックの洗礼」を受けたのはもう少し先のことである。
 事実『ゴーイン・アップ』の聴き所はフレディ・ハバードの“ブルース・フィーリング”にある。

 例えば,ケニー・ドーハムの代表曲として名高い【LOTUS BLOSSOM】をフレディ・ハバードは【ASIATIC RAES】という題名でアレンジして演奏しているのだが,これが“本家以上の”大名演仕上げ! 【LOTUS BLOSSOM】の“熱風ブルース・バージョン”の完成であった。

GOIN' UP-2 【ASIATIC RAES】の聴き所は,フィリー・ジョー・ジョーンズの高速パッセージに負けない,フレディ・ハバードの“超絶技巧”高速パッセージによる“ブルース・フィーリング”の交歓にある。

 フィリー・ジョー・ジョーンズの爆裂ドラミングに煽られて疾走するのだが,高速運転中なのに余裕溢れるブルースを吹き上げるフレディ・ハバードのテクニックは流石! 演奏が進行するにつれフィリー・ジョー・ジョーンズドラムが落ち着いていく様がハイライト!

 【BLUES FOR BRENDA】では,野太く重心の低い中低域のトランペットでスタートから攻めていたがフレディ・ハバードが,終盤のハイノートで「天へと昇る」あの甲高い音色が忘れられない!
 旧い時代のバッパーを演じきったハード・バップ・スタイルのトランペットハンク・モブレーのマイルド・テナーを抑えつけた瞬間のカッコ良さが忘れられない!

  01. ASIATIC RAES
  02. THE CHANGING SCENE
  03. KARIOKA
  04. A PECK A SEC
  05. I WISHED I KNEW
  06. BLUES FOR BRENDA

(ブルーノート/BLUE NOTE 1961年発売/TOCJ-6575)
(ライナーノーツ/アイラ・ギトラー,土倉明)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フレディ・ハバード / オープン・セサミ4

OPEN SESAME-1 ジャズの王者はトランペットである。そんな「王様のトランペッター」を語っていくとフレディ・ハバードの名前は外せない。
 しかし,フレディ・ハバードトランペットが本当に良いのは「新主流派」以降である。加えてフレディ・ハバードトランペットが本当に良いのはサイドメンとしての演奏である。

 だからフレディ・ハバード初期の演奏は聴いても聴かなくてもどちらでもよい。聴かないよりは聴いた方がよいとお奨めしている。
 現に管理人はフレディ・ハバードデビュー盤『OPEN SESAME』(以下『オープン・セサミ』)ではフレディ・ハバードの演奏は聞いてはいない。

 そう。『オープン・セサミ』はフレディ・ハバードトランペットを聴くためのアルバムではなく,ティナ・ブルックステナーサックスマッコイ・タイナーピアノを聴くためのアルバムなのである。

 ズバリ『オープン・セサミ』の主役はティナ・ブルックスである。演奏もそうなのだがアルバムが醸し出す雰囲気はティナ・ブルックスの個性そのものである。
 結局のところ『オープン・セサミ』の顔である【オープン・セサミ】と【ジプシー・ブルー】はティナ・ブルックスあってこそ!

 一聴するとホレス・シルヴァーっぽい曲調だが,元気いっぱいのマイナー調で哀愁してしまうのがティナ・ブルックスの腕前なのである。
 多弁で安定感のあるフレディ・ハバードと朴訥で線が細いけれど黒っぽいティナ・ブルックスの組み合わせが強い印象を残している。ティナ・ブルックスの繊細かつソウルフルな味が絶妙に臭い立ってくる。ティナ・ブルックスが好きだ〜。

OPEN SESAME-2 そうしてマッコイ・タイナーピアノである。マッコイ・タイナーの洗練されたピアノがあるから,ティナ・ブルックスの演歌チックで昭和レトロな雰囲気にドップリ浸れるというものだろう。
 リリカルで小気味良いピアノ・タッチの流ちょうなフレージングが,フレディ・ハバードティナ・ブルックスの両雄を自由に転がしていく。

 『オープン・セサミ』の後もしばらくフレディ・ハバードを支えることになるマッコイ・タイナーフレディ・ハバードの成功は“名脇役”マッコイ・タイナーのサポート抜きには語れない。

  01. OPEN SESAME
  02. BUT BEAUTIFUL
  03. GYPSY BLUE
  04. ALL OR NOTHING AT ALL
  05. ONE MINT JULEP
  06. HUB'S NUB
  07. OPEN SESAME (alternate take)
  08. GYPSY BLUE (alternate take)

(ブルーノート/BLUE NOTE 1960年発売/TOCJ-7075)
(ライナーノーツ/アイラ・ギトラー,原田和典)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

フレディ・ハバード&オスカー・ピーターソン / フェイス・トゥ・フェイス / THERMO4

 『FACE TO FACE』の2曲目は【THERMO】(以下【サーモ】)。


 【サーモ】は聴き所満載であるが,ズバリ,フレディ・ハバードが最後に全部“おいしいところをもっていくさま”を聴いてほしい。

 【サーモ】の最初の聴き所は,クロマチィックなライン・メロディを簡単に弾き倒した3人の名人が,名人の名にふさわしいアドリブを聴かせるソロ回し!

 1番手はフレディ・ハバードトランペットソロ。いつも通りのテクニカル・トランペットが鳴り続ける中,心惹かれるのは,純粋に音楽の本質=創造的なフレージングの妙である。フレディ・ハバードが作るメロディ・ラインは一流作曲家のそれである。
 2番手はジョー・パスギターソロ。絶対的な名演に違いないが,フレディ・ハバードオスカー・ピーターソンの“超絶”にサンドされたジョー・パスが哀れ? ソロの順番がもたらした“不遇のアドリブ”だと思う。
 3番手はオスカー・ピーターソンピアノソロ。まるでアート・テイタムばりのアドリブがお見事! 「あんたが大将」である。

 上記を書き記した上での管理人の結論! 聴き所は5分56秒から6分37秒におけるトランペットソロと,それ以降のオスカー・ピーターソンとのソロ交換における,フレディ・ハバードの超絶フレーズにある!
 フレディ・ハバードのこのアドリブだけで大満足である。そして最後の最後に伸び上がる〜!

FREDDIE HUBBARD : Trumpet
OSCAR PETERSON : Piano
JOE PASS : Guitar
NIELS-HENNING ORSTED PEDERSEN : Bass
MARTIN DREW : Drums

フレディ・ハバード&オスカー・ピーターソン / フェイス・トゥ・フェイス / ALL BLUES5

 『FACE TO FACE』の1曲目は【ALL BLUES】(以下【オール・ブルース】)。


 オスカー・ピーターソンの【オール・ブルース】が聴ける! ついにオスカー・ピーターソンモードが聴ける! 管理人はこの日が来るのをずっと待ちわびていた。

 しかし,オスカー・ピーターソンはやっぱりモードがお嫌いのようでブルース・アレンジで逃げられてしまった。タイトルが【オール・ブルース】なのだから,文句はマイルス・デイビスに言うべき? しかしこれが物凄いブルース! 期待外れなのに期待以上! それが【オール・ブルース】である。

 イントロから45秒間のフレディ・ハバードとのデュオで聴かせる芸達者ぶりに絶句する。オスカー・ピーターソン1人でフレディ・ハバードを支え得るバッキングが秀逸!
 2分40秒からはジョー・パスモード・イディオムのギター・ソロと絡みながら「壊さず離れず」のジャズ・ピアノが最高である。

 しかし【オール・ブルース】の主役はフレディ・ハバードトランペット! 絶好調のピーターソンを“力づくで押しのけ”自分色に塗り変えて行く! この豊かな創造性はフレディ・ハバード特有の味! テクニカルなのにド迫力! 小手先の細かな変化と王道勝負が同居する“突進型”のトランペットは,もう誰にも止められない!

 管理人には意外な発見があった。フレディ・ハバードは自分の好き勝手には演奏してはいない。完璧にバックをコントロールしている。
 フレディ・ハバードに乗せられたオスカー・ピーターソンアドリブが,そしてニールス・ヘニング・オルステッド・ベデルセンベースソロが切れている。“狂喜乱舞”の大名演である。

FREDDIE HUBBARD : Trumpet
OSCAR PETERSON : Piano
JOE PASS : Guitar
NIELS-HENNING ORSTED PEDERSEN : Bass
MARTIN DREW : Drums

フレディ・ハバード&オスカー・ピーターソン / フェイス・トゥ・フェイス5

FACE TO FACE-1 2008年の歳末に悲報が届いた。フレディ・ハバードであった。「また一人,偉大なジャズ・ジャイアントが亡くなってしまった」とジャズ好きの友人へ話した時,彼の発した一言で更に悲しくなってしまった。
 「フレディ・ハバードって尻つぼみの人でしょう? 後藤雅洋の本で読んだことがある」とのこと。あちゃ〜。これが何度目かのデジャヴであった。

 管理人は巷で定説化してしまった「フレディ・ハバード尻つぼみ説」に真っ向から反論したい。フレディ・ハバードを掴まえて「尻つぼみ」と称するのは,単純に「ハード・バップが最高だ」と思い込んでいるジャズ・ファンたちである。
 彼らの批評の物差しとは音楽形式の優劣であって肝心の演奏ではない。エレクトリックよりアコースティックが偉く16ビートよりも4ビートが偉い。単純に雰囲気がフュージョンしている音楽はアドリブがどんなに優れていても評価されないのだ。

 現代最高のトランペッターウイントン・マルサリスである。ウイントンを聴いた直後に下手なトランペッターは聴けやしない。
 そう管理人が主張するのは,何もウイントン・マルサリスが“新伝承派の象徴”だからではない。

 絶対に有り得ないことだが,仮にウイントン・マルサリスフュージョン・サウンドをバックにジャズ・トランペットを吹き上げたらどうなるのだろう? きっと一斉に“ウイントン・バッシング”が湧き上がることだろう。
 理由はこれまた単純であってウイントン・マルサリスが“伝統のジャズ”を捨てたから…。

 どう? これって変でしょう? 純粋な音楽好きには有り得ないでしょう? 肝心の演奏内容は無視してフュージョンっぽい“売れ線”に手を染めたらそれで全てがおしまいなんて…。
 しかしこれは仮定の話ではないのです。現実に起きている悲しいナンセンスなのです。これこそが「フレディ・ハバード尻つぼみ説」の真相なのです。

 フレディ・ハバードハード・バップ・スタイルの栄光を守り続ける保守派ではない。ジャズ・シーンの変遷に自らのスタイルを重ね求める新進気鋭のジャズメンである。そう言う意味ではフレディ・ハバードマイルス・デイビスと同類である。
 「フレディ・ハバード尻つぼみ説」の支持者には電化マイルスを拒否する人が多いのも納得である。マイルス電化してからが最高なことも知らないくせに…。新年早々ブツブツ…。

 そう。スタイル変われどマイルスマイルス。スタイル変われどフレディフレディなのである。
 しかしマイルス・デイビスフレディ・ハバードの決定的な違いは,マイルス・デイビスが流行を産み落とす側のジャズメンであったのに対して,フレディ・ハバードは作られた流行に乗る側のジャズメンだったこと。

 それゆえに幸か不幸か,マイルス・デイビスは2度とメインストリームに戻ってこなかったが,フレディ・ハバードウイントン・マルサリスが作り上げた“新伝承派ムーブメント”に乗せられて“ストレート・ア・ヘッドなジャズ畑”へと舞い戻ってきてくれた。

 『FACE TO FACE』(以下『フェイス・トゥ・フェイス』)は,流行のフュージョン畑に腰を据えつつも,これまた流行のアコースティック・ジャズへの回帰を模索し始めた時期のアルバムである。

FACE TO FACE-2 この“どっちつかず”の状況が,素のフレディ・ハバードの魅力を惹き出している。このタイミングでなければ“異色の顔合わせ”と騒がれた,ジャズ・ピアニストオスカー・ピーターソンとの共演も実現しなかったかもしれない。

 ズバリ『フェイス・トゥ・フェイス』の聴き所は,互いに“超絶技巧”と謳われるフレディ・ハバードオスカー・ピーターソンのハイ・テクニックの応酬合戦!
 そんな2人の高速バトルにギタージョー・パスベースニールス・ベデルセンの芸達者が強烈に絡みつくからもう大変! スイングしたバックに呼応するテクニカル系のトランペットが個性豊かに鳴り響く! 世界最高峰のジャズ・トランペットの復活である。

 実は管理人にとって,上記,ウイントン・マルサリスの直後に聴けるジャズ・トランペッターの最右翼がフレディ・ハバードである。
 フレディ・ハバードトランペットウイントン・マルサリストランペットに負けてはいない。いいや,勢いと高速フレージングではウイントン・マルサリスを超えている。
 ウソだと思われた読者の皆さんは,騙されたと思って『フェイス・トゥ・フェイス』を聴いてみてほしい。騙されていたのは「フレディ・ハバード尻つぼみ説」の方だったと目が覚めるに違いない。

 個人的にはフレディ・ハバードの死はかなり痛い。フレディ・ハバード亡き後,テクニカル・トランペット系はランディ・ブレッカーが支えていくことだろう。
 しかし管理人の中のウイントン・マルサリスの直後に聴きたいトランペッターの座席は空席のまま。しばらくはウイントン・マルサリスの直後にクリフォード・ブラウンでも聴こうかなぁ。

  01. ALL BLUES
  02. THERMO
  03. WEAVER OF DREAMS
  04. PORTRAIT OF JENNY
  05. TIPPIN'

(パブロ/PABLO 1982年発売/VICJ-60866)
(紙ジャケット仕様)
(ライナーノーツ/小川隆夫)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール

セラビー

記事検索
Categories      日本人は五十音順:外国人はアルファベット順
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

LEFT ALONELEFT ALONE
マル・ウォルドロン

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

ヴァイアティカムVIATICUM
e.s.t.(エスビョルン・スヴェンソン・トリオ)

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

FOURPLAYFOURPLAY
フォープレイ

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2019 アドリブログ All Rights Reserved.