アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:大西 順子

大西 順子 / ビレッジ・バンガードの大西順子5

JUNKO ONISHI LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD-1 “ジャズの殿堂”と言えばビレッジ・バンガードであろう。
 そのビレッジ・バンガードに,日本人が初めてステージに立った。しかも6日間連続公演である。ジャズ・ピアニスト大西順子である。

 これはジャズ・ファンにとっては「国民的なビッグ・ニュース?」に違いないのだが,いかんせん,新聞のスミで小さく取り上げられたにすぎなかった。
 しかしこの大偉業は,大偉業の価値を知る人々の手によって記録されていた。それが『JUNKO ONISHI LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD』(以下『ビレッジ・バンガードの大西順子』)である。

 「大西順子のにとっては小さな一歩だが,日本人ジャズメンにとっては大きな一歩」(by アームストロング風)…と,紹介したいが『ビレッジ・バンガードの大西順子』は単なる歴史のドキュメンタリーなどではない。これぞジャズのドキュメンタリーである。

 これはもうどうしようもない不可抗力であるが,大西順子には“日本人初”や“女性初”という言葉が一生ついてまわることだろう。
 しかし『ビレッジ・バンガードの大西順子』に関しては“本場の観客を熱狂させた初めての”と呼んでもらいたい。

JUNKO ONISHI LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD-2 『ビレッジ・バンガードの大西順子』は,ジャズ・ピアニスト大西順子のドキュメンタリーであって,ジャズライブそのものである。

 そう。実力で“ジャズの殿堂入り”を勝ち取った大西順子は「J-ジャズ界の野茂英雄」である。

  01. SO LONG ERIC
  02. BLUE SKIES
  03. CONCORDE
  04. HOW LONG HAS THIS BEEN GOIN'ON
  05. DARN THAT DREAM
  06. CONGENIALITY

(サムシンエルス/SOMETHIN'ELSE 1994年発売/TOCJ-5570)
(ライナーノーツ/児山紀芳)
★スイングジャーナル誌選定【ゴールドディスク】
★1995年度ジャズ・ディスク大賞【銀賞】受賞
★1995年度読者人気投票【ジャズマン・オブ・ザ・イヤー】受賞
★1995年度読者人気投票【アルバム・オブ・ザ・イヤー】受賞
★1995年度読者人気投票【コンボ・オブ・ザ・イヤー】受賞
★1995年度読者人気投票【ピアニスト・オブ・ザ・イヤー】受賞

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

大西 順子 / クルージン4

CRUSIN'-1 管理人は『CRUSIN’』(以下『クルージン』)を聴いて大西順子の本質を理解できたと思っている。
 大西順子は“オーソドックスなジャズ・ピアニスト”であって革命児ではない。大西順子J-ジャズウイントン・マルサリスであり“新伝承派”と考えてまず間違いない。

 大西順子自身はオリジナルを録音したつもりかもしれないが『クルージン』で強烈に浮かび上がる雰囲気は“新伝承派”の正にそれであった。管理人が『ワウ』で感じた“流行最先端の”スイングだったのも,これで合点がいく。
 そう。『クルージン』は『ワウ』あっての『クルージン』である。『クルージン』は『ワウ』がなければ生まれてこなかったと思う。

 この論理には音楽的な意味合いだけでなく商業的な意味合いも含まれている。なぜなら『クルージン』には『ワウ』が大ヒットしたからこそのビリー・ヒギンズとの共演盤なのだから…。

 ビリー・ヒギンズと言えば(管理人的にはパット・メセニーなのであるが)オーネット・コールマンであろう。
 あのオーネット・コールマン・カルテットの名ドラマー。そして大西順子のアイドルの1人がオーネット・コールマンである。
 そう。大西順子ビリー・ヒギンズの共演は,東芝EMIからの『ワウ』大ヒットのプレゼントであった。

 この豪華共演が当たった! ビリー・ヒギンズドラミングに乗せられて大西順子ジャズに対する「ウルトラ・オーソドックス」な演奏が露わになっている!

CRUSIN'-2 指が重い感じでゴツゴツ来るのはセロニアス・モンクばり。それでいてドライブする辺りはバド・パウエルばり。暗く深く内へと向かう演奏表現はビル・エヴァンスである。
 しかしその中心にはどっしりと大西順子が座している。

 『クルージン』で露わになった,独特の低音の使い方こそ,新伝承派=J-ジャズウイントン・マルサリス大西順子の証しである。

  01. EULOGIA
  02. THE SHEPHERD
  03. SUMMERTIME
  04. CONGENIALITY
  05. MELANCHOLIA
  06. CARAVAN
  07. ROZ
  08. SWITCHIN' IN
  09. BLUE SEVEN

(サムシンエルス/SOMETHIN'ELSE 1993年発売/TOCJ-5555)
(ライナーノーツ/児山紀芳,大西順子)
★1994年度読者人気投票【ジャズマン・オブ・ザ・イヤー】受賞
★1994年度読者人気投票【アルバム・オブ・ザ・イヤー】受賞
★1994年度読者人気投票【ピアニスト・オブ・ザ・イヤー】受賞

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

大西 順子 / 楽興の時5

MUSICAL MOMENTS-1 祝☆大西順子リターンズ! 祝☆大西順子・完全復活! 実に11年振りの新作『MUSICAL MOMENTS』(以下『楽興の時』)なのである。

 …が,管理人的には11年振りではなく14年振りなのです。そう。つい先日,大西順子「引退ツアー」の予習のために購入した次第です。

 それはなぜか? 大西順子の引退以来,ライバル=木住野佳子に寝返ったのが大きいのだが,それ以上に恐さがあった。手に取るのを躊躇した。勇気が出なかった。
 管理人のジャズ・ライフに“君臨していた”大西順子との思い出の日々。美しい思い出は綺麗なままで保存したい…。

 先に結論を記す。『楽興の時』は“心配無用の”大名盤であった。これは凄い。やはり「大西順子大西順子」であった。
 11年振りに感じる大西順子の個性は健在。11年という歳月を一音でタイム・トリップ。“あの感じ”をすぐに思い出してしまった。

 ん〜,でもちょっと違うかな〜。『楽興の時』には,ところどころに管理人の“知らない”大西順子が混じっている。アタックの強さもニュアンスが違うように感じたりする。何だか「取っ付き難い」インテリな大西順子を感じたりする。

 そんな瞬間に『楽興の時』を聴く意味があるのだろう。大西順子が時間をかけて“練り上げた”ジャズが鳴っているのだ。
 事実『楽興の時』は聴き込むにつれ,新しい皮が見えてくる。剥いても剥いても新境地。初めは難解に思えた大西順子のオリジナル3曲が素晴らしい。真に「自由」を手に入れた大西順子ジャズ・ピアノが骨太にドライブしている。身体の芯から“ゾクゾクする”興奮ものの名演だと思う。

 オリジナル以上に効いているのがエリック・ドルフィの3曲。かつて大西順子は自身のキャリアを,デューク・エリントンセロニアス・モンクオーネット・コールマンで始めていたが,今回の「再デビュー」に選んだのがエリック・ドルフィである。
 エリック・ドルフィの“あの感じを”大西順子がドンピシャリ! エリック・ドルフィ,改めていいと思いました。

 90年代の大西順子を知らなくとも楽しめる=NEW大西順子。『楽興の時』はそんな内容です。
 一方,ブルーノート東京でのライブを収めたボーナス・トラック=【SO LONG ERIC〜MOOD INDIGO〜DO NOTHIN’TILL YOU HEAR FROM ME】は,90年代の大西順子大好き人間のためのもの。大西順子ソロ・ピアノ=【煙が目にしみる】からの流れがこれまたいいんだよなぁ。

 と・に・か・く・『楽興の時』は大西順子の最高峰。聴き流すことを許さないジャズ・ピアノ。「引退ツアー」参戦後もヘビロするとは不惑である。
 要するに大西順子は引退中もジャズ・ピアノから離れてはいなかった。ブランクなどはなかった。(大西順子が言うところの)「研究者」として前進していた。その成果が『楽興の時』に詰め込まれていると思う。十二単のような“艶やかな”ジャズ・ピアノ

MUSICAL MOMENTS-2 さて,明日,大西順子さんがジャズ・ピアニスト=プレイヤーとして引退されます。
 明日の夜は一人自宅で「大西順子を楽しむ会」を開きます。熱く,でも静かに「拝聴して」過ごしたいと思っています。大西順子の全ディスコグラフィいけるかな?

 未来永劫,大西順子の新作が発表されないのはジャズ界にとって,いいや,音楽業界全体にとっての大損失。残念無念でなりませんが,管理人には取って置きの楽しみが眠っているので幸せです。まだ『バロック』聴いてないもんね〜。

  01. HAT AND BEARD
  02. I GOTTA RIGHT TO SING THE BLUES
  03. BACK IN THE DAYS
  04. BITTERSWEET
  05. ILL WIND
  06. MUSICAL MOMENTS
  07. SOMETHIG SWEET, SOMETHING TENDER
  08. G.W.
  09. SMOKE GETS IN YOUR EYES
  10. SO LONG ERIC〜MOOD INDIGO〜DO NOTHIN'
     TILL YOU HEAR FROM ME


(サムシンエルス/SOMETHIN'ELSE 2009年発売/TOCJ-68085)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

大西 順子 / ワウ4

WOW-1 『WOW』(以下『ワウ』)を語る時,大西順子の“最高傑作”なる修飾語が尾ひれについてくるが,それは世評の誤りである。

 『ワウ』は,ズバリ“流行最先端の”スイングCDである。デューク・エリントンセロニアス・モンクオーネット・コールマンというジャズの個性派に憧れるだけあって,大西順子ジャズ・ピアノには感嘆してしまう。

 しかしこの驚きはジャズの歴史への造詣の深さから感じる種類のものである。そう。『ワウ』の真実は,大西順子・プレゼンツ「ジャズ・ジャイアンツ」へのトリビュート作である。

WOW-2 『ワウ』で,大西順子は過去の自分を総括しているように思えてならない。すでに大西順子オリジナルの香りもするが,まだ薄い。

 “流行最先端の”スイングで偉大な過去にケジメをつけた大西順子ジャズ・ピアノは,この後,新境地を切り開くべくぐんぐん成長していく〜。

  01. THE JUNGLAR
  02. ROCKIN' IN RHYTHM
  03. B-RUSH
  04. PROSPECT PARK WEST
  05. POINT-COUNTER-POINT
  06. BRILLIANT CORNERS
  07. NATURE BOY
  08. BROADWAY BLUES

(サムシンエルス/SOMETHIN'ELSE 1993年発売/TOCJ-5547)
(ライナーノーツ/藤本史昭)
★スイングジャーナル誌選定【ゴールドディスク】
★★1993年度(第27回)ジャズ・ディスク大賞【日本ジャズ賞】受賞

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

大西 順子 / プレイ・ピアノ・プレイ5

PLAY, PIANO, PLAY-1 ビレッジ・バンガードの次に東芝EMIが考えた戦略は有名なジャズ・フェスティヴァルへの出演であった。
 『PLAY, PIANO, PLAY』(以下『プレイ・ピアノ・プレイ』)は,スイスのモントルー,フィンランドのポリ,ドイツのシュトゥットガルでのライブ盤。大西順子荒巻茂生原大力の日本人トリオが絶賛を浴びた,1996年の夏のヨーロッパのドキュメントである。

 きっとヨーロッパのジャズ・ファンを“ぶちかましてやろう”的な大西順子の空気感が封入されているのだろう。
 『プレイ・ピアノ・プレイ』での大西順子のテンションが異常に高い。戦闘意欲剥き出しで,有名ジャズ・フェスティヴァルのステージで一暴れしている。

 『プレイ・ピアノ・プレイ』で感じる「勢いとノリは」他のCDでは味わえない,大西順子の“野望”を感じさせる。たまにはこんな「鼻っ柱の強い」女性に恋するのもいいものであろう。

PLAY, PIANO, PLAY-2 『プレイ・ピアノ・プレイ』で,管理人の大西順子への“炎熱”は最高潮に達してしまった。
 特にCDの裏ジャケ! これが実にエロい! 大西順子の全てを受け止める決意が固まった瞬間『プレイ・ピアノ・プレイ』から“爽やかなヨーロッパの風”が流れ出す!

 大西順子ファンは『プレイ・ピアノ・プレイ』を一音一音聴き込んではいけない。ジャズ・フェスティヴァルの会場同様,ビール片手にリラックス!
 そう。『プレイ・ピアノ・プレイ』は,大西順子トリオ作“くつろぎの”CDである。【ハウ・ハイ・ザ・ムーン】は,是非生で聴いてみたかったなぁ。

  01. Play, Piano, Play
  02. How High The Moon
  03. Slugs
  04. Trinity
  05. Portrait In Blue
  06. Kutoubia
  07. The Jungular

(サムシンエルス/SOMETHIN'ELSE 1996年発売/TOCJ-5583)
(ライナーノーツ/藤本史昭)
★1996年度ジャズ・ディスク大賞【日本ジャズ賞】受賞

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

大西 順子 / ビレッジ・バンガードII / RINGO OIWAKE5

 『VILLAGE VANGUARD Ⅱ』の4曲目は【RINGO OIWAKE】(以下【りんご追分】)。


 “日本女性のジャズ・ピアニスト”を意識したと思われる選曲の【りんご追分】が,大西順子ジャズ・ピアノに,かっちりとハマッタ! このトラックを聴いて以降,管理人も大西順子にハマッタ!

 【りんご追分】は“クールな”大西順子ピアノと“ホット”なリズム隊が一体となった大名演である。つまりは「頭寒足熱」の大名演。日本的情緒に溢れる【りんご追分】が,これほどスイングしようとは…。
 マイナー調のテーマが格調高く鳴り響いていると思った瞬間,たった一音のピアノのアタックで,ジャズ特有の“黒の深み”へと持っていかれてしまう。このアレンジたるやただごとではない。

 モーダルな大西順子ピアノ・ソロが続く中,7分43秒から突如として表われる美メロ! 【りんご追分】にジャズ・スタンダードの素養を見出した大西順子の構成力は真に天才の証しである。

 ついさっきまで大西順子を猛プッシュしていた,レジナルド・ヴィールハーラン・ライリーの2人も長めのソロ・タイムになると己の名人芸に没入している。この2人のレベルの高さは耳ダンボである。このアドリブは「ビレッジ・バンガード」という会場だけが産み出すことのできる“聖地の黒ノリ”である。

 17分49秒で再度テーマが登場するのだが,3人のソロを讃える観客が自然と拍手を送るその場に毎回自分自身もいるかのように感じてしまう。【りんご追分】を聴くと,何かしらスイッチが入ってしまう自分に気付く。

JUNKO ONISHI : Piano, Keyboards
REGINALD VEAL : Bass
HERLIN REILEY : Drums

大西 順子 / ビレッジ・バンガードII5

VILLAGE VANGUARD II-1 読者の皆さんは,90年代に巻き起こった大西ブームをご存知であろうか? 当時の異様な盛り上がりと比べれば,今の上原ブームなど足元にも及ばない。
 そのブームの頂点に鎮座する大西順子を評して,やれ,J-ジャズの旗頭だのオピニオン・リーダーだの,ジャズ・シーンの牽引車と語られていた。
 管理人も大西フィーバーに沸いた一人であったのだが,あの論調には疑問を感ずにはいられなかった。みんなして大西順子を真剣に聞いているのか,と思ってしまった。

 管理人の意見はこうだ。大西順子は“オーソドックスなジャズ・ピアニスト”であって革命児ではない。大西順子は正統派のスインガーであって,モードよりもハード・バップ=ノリ重視のジャズ・ピアニストなのである。

 大西順子ジャズ・ピアノに無意味なアドリブはない。ジャズを単なる素材として遊び道具の様に扱う傲慢さとも無縁である。テーマ,ソロ,アレンジなどトータルなバランスに重きが置かれており,曲を成立させる&聴かせることに真摯に取り組んでいる。
 そう。ウイントン・マルサリスとM-BASEの狭間で学んだバークリー卒,それが大西順子なのである。

 大西順子をマラソンに例えるなら,先頭集団に属してはいるが集団の後方を走っているようなランナーである。
 決して自分からレースを引っ張るでもなく仕掛けるでもない。TV画面の隅っこに映り続け時折名前を紹介されるようなランナー。最後は粘って8位入賞のような…。← 大西順子ファンの皆さん,ごめんなさい。

 大西順子自身,ヒートアップするメディア,身の丈以上の過大評価に戸惑っていたのではなかろうか? いや,これは管理人にも確信があるが,大西順子はこの状況に燃えに燃えたはずだ! 勝気で反骨精神に溢れる彼女は,デビュー以前にも増してジャズに打ち込んだに違いない!

 努力を重ねた“人気先行”大西順子に,ついに実力が追いつく日がやっていた! CDデビューから2年,大西順子は名実共にJ-ジャズの旗頭,オピニオン・リーダーになった!
 その成長の証しが“ジャズの殿堂”ビレッジ・バンガードでの2枚のライブ盤である。

 『JUNKO ONISHI LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD』(以下『ビレッジ・バンガードの大西順子』)と『JUNKO ONISHI LIVE AT THE VILLAGE VANGUARD Ⅱ』(以下『ビレッジ・バンガードⅡ』)の2枚のライブ盤は,ビル・エヴァンスジョン・コルトレーンらの,ビレッジ・バンガード録音の傑作ライブ盤と肩を並べる“掛け値なし”の大名盤である。

VILLAGE VANGUARD II-2 大西順子のトレードマークである,男勝りの打楽器的なピアノ演奏と“グシャッ”とした音色が炸裂している。「ゴリゴリ」とピアノを力任せにドライブさせながらもメロディアスにスイングする“生粋のジャズメン魂”がパンチラする,いやモロ見えである!
 透け透けの“ジャズメン魂”で「低音スイング」するジャズ・ピアノが大好物である。

 しかしここでまさかのねじれ現象! ここでもやっぱり東芝EMIである(大西順子と東芝EMIとの決定的な関係は後日詳述します)。
 『ビレッジ・バンガードの大西順子』と『ビレッジ・バンガードⅡ』の2枚は同日録音である。当然クオリティに差はないのだが,片やスイングジャーナル誌選定【ゴールドディスク】1994年度ジャズ・ディスク大賞【銀賞】受賞。片や無冠という処遇ぶり。冷遇である。

 管理人の好みは無冠の帝王『ビレッジ・バンガードⅡ』にある。単純にスローな選曲。とりわけ【りんご追分】である。もっともっと『ビレッジ・バンガードⅡ』!

  01. THE HOUSE OF BLUE LIGHTS
  02. NEVER LET ME GO
  03. BRILLIANT CORNERS
  04. RINGO OIWAKE
  05. TEA FOR TWO

(サムシンエルス/SOMETHIN'ELSE 1995年発売/TOCJ-5572)
(ライナーノーツ/成田正)

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

大西 順子 / フラジャイル3

FRAGILE-1 アイドルから女優への転進は機を掴むのが難しい。
 路線変更のタイミングを逸すれば新しく台頭してくるライバルたちに埋没に世間から忘れ去られてしまう。

 東芝EMIが育てた“アイドル”大西順子の“大胆なイメージ・チェンジ”もうまくいかなかった。そう。『FRAGILE』(以下『フラジャイル』)である。

 『フラジャイル』で,大西順子は“禁断の電化”へと手を出した。東芝EMIは大西順子に,ハービー・ハンコックチック・コリアを重ね見たことだろう。
 管理人もエレクトリック路線は何ら悪いとは思わなかった。しかしいかんせん大西順子は,J-ジャズ界の“アイドル”であった。ファン層は“アコースティックな4ビート以外はジャズとは認めない”とする保守層が圧倒的だった。

 大西順子ファンは“禁断の電化”で一斉にソッポを向いた。“売れっ子”の大西順子は実力で,レコード会社を牛耳ることに勝利したが,世間は“女流ピアニスト”の大西順子を求めていた。東芝EMIはそこを読み間違えた。

 そう。敗因は東芝EMIのマネージメント力にある。大西順子の“ジャズ・ロック”作=『フラジャイル』には,エレクトリックと8ビートが導入されたにも関わらず,特に目新しさは感じなかった。ハービー・ハンコックチック・コリアを聴いた時に感じた衝撃度は薄かった。

FRAGILE-2 『フラジャイル』の完成度の低さゆえ(結果論ではあるが)時期早尚の“禁断の電化”で大西株は大暴落!
 正にメディアに踊らされメディアに潰された“悲運の”ジャズ・ピアニスト。それが大西順子である。

  01. PHAETHON
  02. COMPLEXIONS
  03. YOU'VE LOST THAT LOVIN' FEELIN'
  04. COMPARED TO WHAT
  05. HEY JOE
  06. EULOGIA VARIATION
  07. SUNSHINE OF YOUR LOVE (JAM)

(サムシンエルス/SOMETHIN'ELSE 1998年発売/TOCJ-8008)
(ライナーノーツ/佐藤英輔)

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)

大西 順子 / ピアノ・クインテット・スイート5

PIANO QUINTET SUITE-1 『PIANO QUINTET SUITE』(以下『ピアノ・クインテット・スイート』)こそ,大西順子の最高傑作!

 『ピアノ・クインテット・スイート』を聴き通すと,大西順子のルーツが,デューク・エリントンでありセロニアス・モンクであり,そしてオーネット・コールマンなのがよ~く分かる。
 ただし大西順子のコンボは,他の誰とも似ても似つかないオリジナルの雨嵐にKOされること間違いなし! 大西順子ジャズ・ピアノが,ピアノ・トリオ以上に響いている。

 大西順子の頭の中で鳴っている音楽を,ついに表現することができるメンバーと巡り会えた。そのキーパーソンがフリー・ジャズアルト・サックス奏者の林栄一である。

PIANO QUINTET SUITE-2 『ピアノ・クインテット・スイート』の真実は「大西順子・フィーチャリング・林栄一」である。
 林栄一の魅力をいかんなく引き出しつつも,大西順子の音楽として取り込む名バンド・リーダー。もっともっと大編成の大西コンボも聴いてみたいと切に願う。

 『ビレッジ・バンガード』での2枚のライブ盤で,過熱する人気に追いついた大西順子が『ピアノ・クインテット・スイート』で,人気を追い越した!
 『ピアノ・クインテット・スイート』は,J-ジャズの歴史に残る「金字塔」である。

  01. PIANO QUINTET SUITE
  02. PEGGIE'S BLUE SKYLIGHT
  03. INTERLUDE 1
  04. NATURALLY
  05. INTERLUDE 2
  06. THE TROPIC OF CAPRICORN
  07. TONY
  08. ORANGE WAS THE COLOR OF HER DRESS, THEN BLUE SILK
  09. TAKE THE A TRAIN

(サムシンエルス/SOMETHIN'ELSE 1995年発売/TOCJ-5576)
(ライナーノーツ/藤本史昭)
★1995年度ジャズ・ディスク大賞【日本ジャズ賞】受賞

人気ブログランキング - 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
最新コメント
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.