アドリブログ 〜JAZZ/FUSION批評〜

ジャズ/フュージョン批評ブログ ALBUM REVIEW, TRACK REVIEW and more

CD批評:チャーリー・ヘイデン

チャーリー・ヘイデン & ハンク・ジョーンズ / スピリチュアル5

STEAL AWAY-1 テンポの遅いデュエットを演らせたら,やはりチャーリー・ヘイデンが一番手であろう。とにかく軒並み出来が良い。
 キース・ジャレットパット・メセニーから始まって,ケニー・バロンしかり,ジム・ホールしかり,エグベルト・ジスモンチしかり…。

 そんな中,管理人がチャーリー・ヘイデンデュエット“最高傑作”として推すのが,ピアノの“御大”ハンク・ジョーンズとのデュエットSTEAL AWAY』(以下『スピリチュアル』)である。

 ハンク・ジョーンズの,リリカルで,それでいて万人受けするストレートなフレージングの説得力が,チャーリー・ヘイデンの朴訥で,斜に構えがちな重いフレージングとの絶大なる「相性の良さ」を感じさせる。
( チャーリー・ヘイデンハンク・ジョーンズによる続編『カム・サンデイ』はハンク・ジョーンズの遺作である。ハンク・ジョーンズにとっても特別だった? )

 同じピアニストであってもくすみがちの美しさのキース・ジャレットとストレートに煌びやかなハンク・ジョーンズでは全然違う。
 しかし,キース・ジャレットにしてもハンク・ジョーンズにしても,チャーリー・ヘイデンデュエットしている間は,類まれなる個性を捨てて,どちらも一介のジャズ・ピアニストに戻っている。

 ここにチャーリー・ヘイデンの個性が聴こえる。チャーリー・ヘイデンはまず共演者の音楽をじっくりと聴いている。そしてそのジャズメンの本音が聴こえ出すまで待つことができる人である。
 そうしてついに本音が聴こえ出した瞬間に共演者の意図を汲み取り,その場にふさわしい最高の音を選択する名手。表に出ようと裏に回ろうとも,いつでも音楽全体を優しく包み込み,自慢のベースをいつでも意識的に消すことができる。

 そう。チャーリー・ヘイデンは音楽の土台を支えるベーシストにして,共演者がどんなアドリブで弾けようとも,最後にはちゃんと帰って来る受け皿を準備している。
 デュエット中の共演者は,チャーリー・ヘイデンと2人でシーソーにでも乗ったかのような楽しい気分になるのだと思う。要するにチャーリー・ヘイデンとはバランサーなのだ。

 チャーリー・ヘイデンハンク・ジョーンズが『スピリチュアル』で選んだテーマは,古くから歌われてきた黒人霊歌や教会の賛美歌である。
 黒人音楽への敬意,普通の暮らしへの敬意,普通に生きている人々の日々の営みへの敬意,そういう暮らしを繰り返してきた先人たちへの敬意がアルバム全体に貫かれている。ここにアドリブは要らない。新しいアレンジも要らない。

STEAL AWAY-2 ズバリ『スピリチュアル』の聴き所は,円熟とも枯れとも何とも形容し難い,音数の少ないベースピアノの“エイジングされた”静かな語らいにある。

 チャーリー・ヘイデンベースが丸みを帯びている。ただ丸いだけではない。長い年月を経て熟成されて角がとれてきたような丸み,と書けばよいのだろうか,芯の部分では強い意思を保っていて,それが深いコクとまろやかさのある極上の味わいになっている。
 ハンク・ジョーンズピアノには,既に心に刻まれている,お馴染のメロディーをただなぞっただけの雰囲気がある。シンプルに,そしてたんたんと,リラックスした演奏が進行していく…。

 本を片手にぼんやりと『スピリチュアル』に向き合う幸福感がたまらない。ながら聴きの最中に,ふと音楽に耳を傾けたその瞬間,まるでシャッターで切り取られたかのような,極上のメロディーが耳に飛び込んでくる…。
 教会の机の木の香り,ひんやりとした空気,ステンドグラスの不思議な色合い,その向こうに見えた大きな木に揺れる緑の葉っぱ,薄い水色の高い空。そんなことを思い出す。ぼんやりとした記憶…。けれどもはっきりとした記憶…。

  01. IT'S ME, O LORD (STANDIN' IN THE NEED OF PRAYER)
  02. NOBODY KNOWS THE TROUBLE I'VE SEEN
  03. SPIRITUAL
  04. WADE IN THE WATER
  05. SWING LOW, SWEET CHARIOT
  06. SOMETIMES I FEEL LIKE A MOTHERLESS CHILD
  07. L'AMOUR DE MOY
  08. DANNY BOY
  09. I'VE GOT A ROBE, YOU GOT A ROBE (GOIN' TO SHOUT ALL
     OVER GOD'S HEAV'N)

  10. STEAL AWAY
  11. WE SHALL OVERCOME
  12. GO DOWN, MOSES
  13. MY LORD, WHAT A MORNIN'
  14. HYMN MEDLEY;
    ABIDE WITH ME
    JUST AS I AM WITHOUT ONE PLEA
    WHAT A FRIEND WE HAVE IN JESUS
    AMAZING GRACE

(ヴァーヴ/VERVE 1995年発売/POCJ-1273)
(ライナーノーツ/モーリス・ジャクソン,チャーリー・ヘイデン,アビー・リンカーン)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)

チャーリー・ヘイデン & パット・メセニー / ミズーリの空高く / THE MOON IS A HARSH MISTRESS5

 『BEYOND THE MISSOURI SKY (SHORT STORY)』の6曲目は【THE MOON IS A HARSH MISTRESS】(以下【ザ・ムーン・イズ・ア・ハーシュ・ミストレス】。


 『ミズーリの空高く』で燃え上がる,静かなる青い炎は【ザ・ムーン・イズ・ア・ハーシュ・ミストレス】から始まった!
 『ミズーリの空高く』の最重要曲=チャーリー・ヘイデンパット・メセニーのクロス・ポイントが【ザ・ムーン・イズ・ア・ハーシュ・ミストレス】である。

 チャーリー・ヘイデンウッド・ベースパット・メセニーのステール弦による“静かな静かな”のデュエットは『ミズーリの空高く』前半の音世界である。
 そこへ,1分31秒でフィルインしてくるガッド・ギターで奏でられた美メロに頭くらくらした瞬間,更なる追い討ちをかけるシンクラビアによるストリングス・アレンジが実に美しい。美しすぎる! これぞ一気に華やぐ『ミズーリの空高く』後半の音世界である。

 ライナーノーツの中でチャーリー・ヘイデンが,メセニー・ミュージックを指して“アメリカ印象主義”と呼んでいるが【ザ・ムーン・イズ・ア・ハーシュ・ミストレス】は,これぞ“アメリカ印象主義”の王道である。パット・メセニージャズフュージョン界のモネである(アメリカ印象主義ではないけれど…)。

 【ザ・ムーン・イズ・ア・ハーシュ・ミストレス】は『ミズーリの空高く』のジャケット写真にある,群青やセピア色の空の移ろいが音楽的に表現されたトラックである。夕暮れを覆いつくす空一面のオレンジの雲が“アメリカ印象主義”の象徴である。

CHARLIE HADEN : Bass
PAT METHENY : Acoustic Guitars and all other instruments

チャーリー・ヘイデン & パット・メセニー / ミズーリの空高く / FIRST SONG (FOR RUSH)4

 『BEYOND THE MISSOURI SKY (SHORT STORY)』の5曲目は【FIRST SONG (FOR RUSH)】(以下【ファースト・ソング】。


 ライナーノーツに【ファースト・ソング】が『ミズーリの空高く』の輪郭を成す最重要曲との記述がある。しかしこれは誤りである。
 『ミズーリの空高く』の輪郭を成す最重要曲は【ザ・ムーン・イズ・ア・ハーシュ・ミストレス】であって【ファースト・ソング】は,その前奏曲として位置付けられている。

 【ファースト・ソング】は,チャーリー・ヘイデンの代表曲の再演であり,ファン待望のパット・メセニーとのデュエットときている。これは確かにヘイデン・ファンにとってのビッグ・ニュースである。
 しかし,パット・メセニーとのデュオは,言うなれば“記念碑的な演奏”に終始している。「こんなのもやりましたで〜。パット・メセニーともやってみましたで〜」みたいな…。

 管理人には,スタン・ゲッツデヴィッド・サンボーンによる【ファースト・ソング】の方が“しっくり”くる。【ファースト・ソング】の持つ「悲哀に富んだ情感」は,アコギの名手=パット・メセニーが逆立ちしても「サックスの温もり」にはかなわない。

 そう。【ファースト・ソング】は,チャーリー・ヘイデンパット・メセニー,2人の親友による“記念”であって,そこには残念ながら第三者が入り込む余地は残されていない。

CHARLIE HADEN : Bass
PAT METHENY : Acoustic Guitars and all other instruments

チャーリー・ヘイデン & パット・メセニー / ミズーリの空高く / TWO FOR THE ROAD4

 『BEYOND THE MISSOURI SKY (SHORT STORY)』の4曲目は【TWO FOR THE ROAD】(以下【ツー・フォー・ザ・ロード】。


 【ツー・フォー・ザ・ロード】の美メロを是非堪能してほしい。この美メロは,作曲者=ヘンリー・マンシーニの才ではない。アドリブ不要の美メロを限界ギリギリまで崩したパット・メセニーの美才である。

 特筆すべきは中盤でのギターソロ。美メロを一音一音愛おしむかのように響かせていく…。【ツー・フォー・ザ・ロード】の美メロと一人で向き合ったパット・メセニーが,完全に悦に入っています。はい。
 コード進行を完璧に生かし切り,一音一音の存在理由を示すかのようなパット・メセニーの演奏は,もはや「アドリブではなく作曲だ」と叫びたくなってしまう。とは言え,少々作曲が過ぎたきらいもあるが…。

 そう。【ツー・フォー・ザ・ロード】の聴き所は,3分43秒で登場するラスト・テーマ! パット・メセニーが【ツー・フォー・ザ・ロード】のテーマを前にして,アドリブで崩すべきか崩さざるべきかの狭間で揺れ動いている様子が伝わってくる! 美は芸術家自身の己との格闘の上に成り立っている。

CHARLIE HADEN : Bass
PAT METHENY : Acoustic Guitars and all other instruments

チャーリー・ヘイデン & パット・メセニー / ミズーリの空高く / MESSAGE TO A FRIEND5

 『BEYOND THE MISSOURI SKY (SHORT STORY)』の3曲目は【MESSAGE TO A FRIEND】(以下【メッセージ・トゥ・ア・フレンド】。


 【メッセージ・トゥ・ア・フレンド】は,99%パット・メセニーの音世界である。しかし決定的な1%のインパクト,それがチャーリー・ヘイデンウッド・ベースにある。

 繊細で奥深い2人だけの会話。【メッセージ・トゥ・ア・フレンド】を聴く限り,チャーリー・ヘイデンギターを弾き,パット・メセニーウッド・ベースを持っても成り立つであろう“ディープな”交歓の音世界が構築されている。
 そう。パット・メセニー作の【メッセージ・トゥ・ア・フレンド】をチャーリー・ヘイデンが,作者=メセニー以上に理解し“芸術”の域にまで昇華させている。

 その瞬間が,3分1秒からのチャーリー・ヘイデンベース・ソロ! これはあたかもパット・メセニーチャーリー・ヘイデンに乗り移ったかのようなベース・ソロ。ベーシストパット・メセニーが弾いたであろうベース・ソロなのである。真に2人が同化した“奇跡の瞬間”の記録であろう。

 さて【メッセージ・トゥ・ア・フレンド】は,パット・メセニージョン・スコフィールドとの共演盤『I CAN SEE YOUR HOUSE FROM HERE』の収録トラック。
 管理人はてっきり【フレンド】=ジョン・スコフィールドのことだと思っていたが,ライナーノーツによると【フレンド】の真実はチャーリー・ヘイデンとのこと。まさか他の人との共演盤でラブコールを贈っていたとは…。

 夢はかなう! おめでとう・パット・メセニー! HAPPY・パット・メセニー

CHARLIE HADEN : Bass
PAT METHENY : Acoustic Guitars and all other instruments

チャーリー・ヘイデン & パット・メセニー / ミズーリの空高く / OUR SPANISH LOVE SONG4

 『BEYOND THE MISSOURI SKY (SHORT STORY)』の2曲目は【OUR SPANISH LOVE SONG】(以下【アワー・スパニッシュ・ラヴ・ソング】。


 【アワー・スパニッシュ・ラヴ・ソング】は,情熱の国・スペイン流のミディアム・バラード! スペインで愛を語り合うのに深い時間帯は似合わない。いや,深い時間になるまで待ちきれない。真っ昼間から街路で人目をはばかることなく,多くのカップルが“愛の交歓”を表現している。

 【アワー・スパニッシュ・ラヴ・ソング】は,チャーリー・ヘイデンパット・メセニーにとっての“音楽愛の交歓”である。
 図式としては,まず多くを語っていくのがパット・メセニーであり,チャーリー・ヘイデンパット・メセニーの言葉の受け止め役。
 パット・メセニーがやけに饒舌に聴こえるのは,オーバー・ダビングによるサイド・ギターのせいである。

 一般にサイド・ギター=コード楽器であるが【アワー・スパニッシュ・ラヴ・ソング】でのパット・メセニーのサイド・ギターが凄い! 時折,リード・ギターの主旋律を押しのけて美メロを奏でている。
 この“やりすぎ具合”が実にパット・メセニーらしい。オーバー・ダビング中にデュオで録音した時の感動がよみがえり“もうちょっとだけ,ほんの少し書き加えるつもりが”手が滑ってしまって? やっぱりパット・メセニーは,幾つになっても音楽少年。愛すべき音楽バカでした。

 そんな“やりすぎ”メセニーを見事にカバーするチャーリー・ヘイデンの底力! 本来コードを弾くはずのサイド・ギターに代わってベースでコードを付けている。本来,ベースでコードは付けられない。でもこのベース・ラインは紛れもなくコード!
 管理人は【アワー・スパニッシュ・ラヴ・ソング】におけるチャーリー・ヘイデンベースは,誰が何と言おうと“コード楽器”だと言い切っている。

CHARLIE HADEN : Bass
PAT METHENY : Acoustic Guitars and all other instruments

チャーリー・ヘイデン & パット・メセニー / ミズーリの空高く / WALTZ FOR RUSH5

 『BEYOND THE MISSOURI SKY (SHORT STORY)』の1曲目は【WALTZ FOR RUTH】(以下【ワルツ・フォー・ルース】。


 【ワルツ・フォー・ルース】の,ほんの数秒のイントロを聴いた瞬間『ミズーリの空高く』の成功を確信した! 繊細なのに奥深い=アコースティック特有の“美の世界”が,眼下に広がる「ミズーリの大地」を描き出していく!
 このインパクトは,正に音楽のビッグバン! ビッグバン理論が正しければ,今,この瞬間にも宇宙は膨張を続けている。
 仮にその場に立ち会うことができたなら,そこは【ワルツ・フォー・ルース】の“美の世界”なのかもしれない。

 パット・メセニー奏でるナイロン弦ギターの何と豊かな響きなのだろう。優しさが溢れ出している。「意外と低音も響くなぁ」と思えば,それこそチャーリー・ヘイデンウッド・ベースであった。素晴らしいインタープレイである。
 ユニゾンとは異なる(更に上を行く)一糸乱れぬデュオ名演。それぞれの楽器の「地声」で語っているが,2人は同じ言語で語り合っている。心でつながっている。心で感じあっている。
 
 【ワルツ・フォー・ルース】は「とにかくいいから聴いてみて」と,強引にお奨めできる数少ないトラック。
 2分26秒から始まる,チャーリー・ヘイデンベース・ソロのバックで鳴り続く“弦のかすれ音”が最高である。こんな“弦のかすれ音”が無意識に聴こえてくる辺りに『ミズーリの空高く』成功の秘訣がある。

CHARLIE HADEN : Bass
PAT METHENY : Acoustic Guitars and all other instruments

チャーリー・ヘイデン & パット・メセニー / ミズーリの空高く5

BEYOND THE MISSOURI SKY (SHORT STORIES)-1 管理人とチャーリー・ヘイデンとの長い付き合いは,管理人のフェイバリット=キース・ジャレットパット・メセニーからの“友人紹介”がきっかけであった。

 キース・ジャレットとは「アメリカン・カルテット」で,パット・メセニーとは「オーネット・コールマン」絡みの諸作で,チャーリー・ヘイデンベースを聞いてきた。
 「聴」ではなく「聞」で接してきたので,年月の割りには“浅い”付き合いである。印象としては「そう言われればいつもあいつらのそばにいたよなぁ」と思い出す類の“影の薄い”ダチ。“友達の友達”なのである。

 こんな変な付き合いになってしまったのには訳がある。一方的に弁解させていただくと,それこそチャーリー・ヘイデンの演奏スタイルにあるのだが,チャーリー・ヘイデンは誰とでもすぐに馴染んでしまう“水溶性のベーシスト”。しかも何でもこなす“根っからのオールラウンダー”である。
 そう。“八方美人のスタイルフリー”は,悪く言えば“没個性”。個性炸裂のジャズ界の中に身を置けば必然的に埋もれてしまう。特に魅力を感じないのだから“顔見知り”程度のまま何年も過ぎ去ってしまった。チャーリー・ヘイデンと親友気分の今にして思えば,何とももったいないことをしてきたものだ。

 キース・ジャレットにしてもパット・メセニーにしても,チャーリー・ヘイデンといち早く親友関係を築いたジャズメンは皆,チャーリー・ヘイデンの持つ“順応性”に注目していたのだろう。
 この“溶け込み上手”の才能こそ,バンドの“要”を担うベーシストにとっては,とりわけ重要なポイントである。

 実際,チャーリー・ヘイデンベースは,共演者と音楽について常に対話している。
 チャーリー・ヘイデンのポリシーとは,テクニック云々を超越した次元で音楽そのものを“どう表現するか”にあるように思えてならない。“対話を重ねながら創り上げていく”ハーモニーの中に,一瞬きらめく,チャーリー・ヘイデン・オリジナルの味付けの妙! チャーリー・ヘイデンの加える“隠し味”が後から後から効いてくる。 

 そんな“対話型”のチャーリー・ヘイデンだけに,大人数よりも少人数,そして共演経験が増えれば増えるほど実力を発揮する。その代表作が『BEYOND THE MISSOURI SKY (SHORT STORY)』(以下『ミズーリの空高く』)である。
 『ミズーリの空高く』で,管理人とチャーリー・ヘイデンとの距離が急速に縮まった。ついにチャーリー・ヘイデンの魅力的な特質を目の当たりにし,永遠の友になれた気がした瞬間であった。

 『ミズーリの空高く』は,チャーリー・ヘイデンパット・メセニーによる,アコースティックデュオCD
 20年来の付き合いを持つ2人が,数年間2人きりで構想について語り合い,練り上げてきた。結果,当然のごとく“大傑作”の誕生である。
 しかしそれでは言葉が足りない。これはジャズを越え音楽をも越えた“崇高な作品”と呼ばれて然るべきである。

 『ミズーリの空高く』を1枚最後まで聴き終えるまでもなく1曲目から終始“魂を揺さぶられっぱなし”。
 いつしか「自然って,地球って,宇宙って素晴らしい」。普段考えることの少ない「人生の本質を問われたかのような」感覚に陥ってしまう。本当はもっとじっくりと考えねばならない大切な事があるはずなのに…。そのことに十分気付いているはずなのに…。人間って何て愚かけかなのだろう…。

 幸せだった子供時代の記憶が鮮明によみがえってくる。故郷や家族への愛が呼び覚まされる。そう言えば子供の頃って「ボーッ」と雲を眺めているのが好きだったよなぁ。明日,久しぶりに原っぱ横になってみるか…。
 ウッド・ベースアコースティック・ギターの音色が,自分では手を伸ばしても決して届かない「心の琴線」にまで達し“優しく撫で回してくる”。うれしい。このままずっと聴き続けていたい。音楽に心の底から感動している肌触りが残る。

BEYOND THE MISSOURI SKY (SHORT STORIES)-2 この全ては『ミズーリの空高く』を支配する“音の空間美”のせいであろう。
 元来,パット・メセニーの音楽はどれも映像的であるのだが『ミズーリの空高く』は,まだ見ぬ『ミズーリの空』を,なぜだか明確に思い浮かべることが出来る。ジャケット写真の“黄色の雲”を遠い昔の記憶として懐かしく感じてしまう。
 この不思議な感覚は何? まるで上質な映画を観ているような気持ちになる。この辺りが『ミズーリの空高く』に付け足されたサブタイタル=『ショート・ストーリー』の所以であろう。

 不要な音を徹底的に削ぎ落とし,本当に必要な一音勝負に出た“音の映像作家”パット・メセニー。そのパット・メセニーの音世界をキャッチし,音のパレットを共有しながら色付けに励むチャーリー・ヘイデン。2人がついに完成させたのが“音の空間美”そして“静寂のハーモニー”である。
 暖かい音色と美しい響きを伴って,静かにゆっくりと音が,時が流れていく。幸福の本質とは何なのかを問いかけながら…。

 “対話型”のチャーリー・ヘイデンは『ミズーリの空高く』において,共演者のパット・メセニーだけではなく,管理人にも“対話”を投げかけてきた。
 チャーリー・ヘイデンに返す言葉はすでに準備できている。しかしその言葉は,もうしばらく,管理人の心の内にしまっておこうと思う。言葉を発した瞬間に『ミズーリの空高く』の美しさが色褪せてしまうようで怖くなる。やっと掴んだ幸せが,するりとこぼれ落ちてしまいそうで怖くなる。

 言葉を越えた音楽がある。『ミズーリの空高く』はそんな1枚である。

  01. Waltz for Ruth
  02. Our Spanish Love Song
  03. Message to a Friend
  04. Two for the Road
  05. First Song (for Ruth)
  06. The Moon Is a Harsh Mistress
  07. The Precious Jewel
  08. He's Gone Away
  09. The Moon Song
  10. Tears of Rain
  11. Cinema Paradiso (love theme)
  12. Cinema Paradiso (main theme)
  13. Spiritual

(ヴァーヴ/VERVE 1997年発売/POCJ-1365)
(デジパック仕様)
(ライナーノーツ/チャーリー・ヘイデン,パット・メセニー,成田正)

人気ブログランキング − 音楽(ジャズ)
livedoor プロフィール
記事検索
Categories
Keith Jarrett Gallery

キース・ジャレット(真田馨子) おんがく日めくり(c) keiko sanada
Pat Metheny Gallery

パット・メセニー(野々口和仁)
(c) Kazuhito Nonoguchi
ジャズ・アフィリエイト
セラビー厳選CD

パリ・コンサートパリ・コンサート
キース・ジャレット

THE WAY UPTHE WAY UP
パット・メセニー・グループ

イン・ア・サイレント・ウェイイン・ア・サイレント・ウェイ
マイルス・デイビス

HEAVY WEATHERHEAVY WEATHER
ウェザー・リポート

BRAINCOOL STRUTTIN'
ソニー・クラーク

MINT JAMSMINT JAMS
カシオペア

HUMANHUMAN
T-スクェア

フル・ハウスフル・ハウス
ウェス・モンゴメリー

ザ・シーン・チェンジズザ・シーン・チェンジズ
バド・パウエル

セロニアス・モンク・トリオセロニアス・モンク・トリオ
セロニアス・モンク

枯葉枯葉
チェット・ベイカー

MOANIN'MOANIN'
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

BLOWIN' THE BLUES AWAYBLOWIN' THE BLUES AWAY
ホレス・シルヴァー

ウィントン・マルサリスの肖像ウイントン・マルサリスの肖像
ウイントン・マルサリス

メイティング・コールMATING CALL
タッド・ダメロン

Blu-spec CD ジャコ・パストリアスの肖像ジャコ・パストリアスの肖像
ジャコ・パストリアス

ザ・キング・イズ・ゴーンザ・キング・イズ・ゴーン
マーカス・ミラー

FIRST MEETINGファースト・ミーティング
テザード・ムーン

スペシャル・エディションSPECIAL EDITION
ジャック・デジョネット

ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリングYOU MUST BELIEVE IN SPRING
ビル・エヴァンス

STEP BY STEPSTEP BY STEP
ステップス

2424
DIMENSION

GANAESIAガネシア
渡辺香津美
カズミ・バンド

コンプリート・ピック・ヒッツ・ライヴPICK HITS
ジョン・スコフィールド

ニューポートの追想V.S.O.P.
ハービー・ハンコック

アス・スリーUS THREE
ホレス・パーラン

Manhattan StoryBLUE'S MOODS
ブルー・ミッチェル

AFRICAN PIANOOFF TO THE RACES
ドナルド・バード

AFRICAN PIANOAFRICAN PIANO
ダラー・ブランド

Manhattan StoryMANHATTAN STORY
アキコ・グレース

SPELLBOUNDSPELLBOUND
ジョー・サンプル

ランデヴーRENDEZ-VOUS
木住野佳子

RETURN TO FOREVERRETURN TO FOREVER
チック・コリア

BRAINBRAIN
上原ひろみ

イン・ラインIN LINE
ビル・フリゼール

ザ・サウンド・オブ・サマー・ランニングザ・サウンド・オブ・サマー・ランニング
マーク・ジョンソン

スインギン・マケドニアスインギン・マケドニア
ダスコ・ゴイコビッチ

タイム・スレッドTME THREAD
小曽根真 & ゲイリー・バートン

フルーツケーキFRUITCAKE
フルーツケーキ

THE DROPPERTHE DROPPER
メデスキ,マーチン&ウッド

Doin' SomethingDOIN' SOMETHING
ソウライヴ

SALT IISALT II
塩谷哲

Dance Your HeartDANCE YOUR HEART
Saya

地球は愛で浮かんでいる地球は愛で浮かんでいる
松永貴志
アンケートボードA

★当ブログについて望むことは?
アルバム単位で批評してほしい
同じ曲をテイク別に批評してほしい
多くのジャズメンを幅広く批評してほしい
一人のジャズメンを掘り下げて批評してほしい
超有名曲をもらさず批評してほしい
発売直後の新作を批評してほしい
初心者を意識したほんわかサイトにしてほしい
マニアを意識したニッチなサイトにしてほしい
オーディオについて批評してほしい



-Mini Vote-
アンケートボードB
How Much Is Your Blog Worth?

My blog is worth
$38,953.26

How much is your
blog worth?

最新コメント
Copyright (C) 2005-2017 アドリブログ All Rights Reserved.